コロナ ウイルス map。 北海道【新型コロナウイルス感染者数】市町村別の分布図マップ【6月8日最新コロナマップ】

「コロナウイルス感染症マップ」まとめ。世界・日本国内感染数が見られる/ジョンズ・ホプキンズ大学、日経、ジャッグジャパン株式会社 など

コロナ ウイルス map

新型コロナウイルスがどこまで広がっているかをリアルタイムで確認できるサイトが、米システム科学技術センターによって世界保健機構(WHO)と米国、欧州、中国の疾患管理センターのデータを元に作成されました。 このサイトでは コロナウイルスによる感染者と死者数がリアルタイムで表示され、他にもコロナウイルスについての役立つ情報が載っています。 マスクを安く入手する方法はこちら 現在かなりマスクが枯渇していますので、店頭や大手のAmazonなどでの購入はまず無理です。 ですがAliExPressを使えばまだ安くマスクを購入することが出来ます。 さらに 現在はコードを入力で2100円分のクーポンが発行されますので、 実質無料でマスクを手に入れることが出来ます。 なるべく早めに購入しましょう。 コロナウイルスの対策 現段階でのコロナウイルスに対しての対策は、うがい手洗いマスクなどのインフルエンザと同じような予防で十分とされています。 を確認すると現在では中国全土に広がっている状況が目立っていますが、この 新型コロナウイルスは潜伏期間中にも感染するという事が指摘されているため、日本でも爆発的な感染者の増加が予想されます。 (日本では人から人への感染は確認されていません) 実際に確認済み感染者の増加率を見ると、 日に日にその増加率は上昇傾向にあります。 今は確認されている感染者が少ないですが、 潜伏期間を終えて実際に発症する人が多く出る事も考えられなくないので、細心の注意が必要です。 コロナウイルスオンラインマップの見方 の見方を紹介します。 スマートフォンだと小さく格納されているため、それぞれの右上にあるボタンを押して大きくしてください。 合計感染確認人数 右上の Total Confirmedでは合計感染者数が表示されています。 合計死亡者数、合計回復者数 右上の Total Deathsが合計志望者数、Total Recoveredが合計回復者数です。 赤丸の規模の説明 死亡者数と回復者数の左に3つの四角があります。 その真ん中をクリックすると、 現在の赤丸の大きさに対する合計感染確認者数の確認が出来ます。 更に 赤丸の真ん中にバツ印がある場合は、 そこで死亡者が発生したことを示しています。 地図の種類変更 先ほど紹介したボタンの右では、地図の種類変更が出来ます。 デフォルトではグレー基調の地図が表示されていますが、他にも 航空写真や川などが確認しやすい地図の種類が用意されています。 都市ごとの感染確認人数と死亡者数 合計死亡者数と合計回復者数の下の欄では、 各都市ごとの感染確認人数と死亡者数を確認できます。 感染者の出身地 左上の合計感染確認人数の下では、 感染が確認された人の出身地が表示されています。 感染確認人数のグラフ 右下のグラフでは 感染確認人数がグラフで分かりやすく表示されています。 ここでは 中国本土とそれ以外の土地で集計が分けられています。 地図の見方 メインの地図では赤い丸が都市ごとに表示されています。 この赤丸が大きければ大きいほど感染者が多いという事です。 更に 真ん中にバツ印がある都市では死亡者が発生したという事です。 マスクを安く入手する方法はこちら 現在かなりマスクが枯渇していますので、店頭や大手のAmazonなどでの購入はまず無理です。 ですがAliExPressを使えばまだ安くマスクを購入することが出来ます。 さらに 現在はコードを入力で2100円分のクーポンが発行されますので、 実質無料でマスクを手に入れることが出来ます。 なるべく早めに購入しましょう。 嘘の情報に注意を このような危機的状況の際、 インターネット上で嘘の情報を拡散する人が一定数いますので、そのようなウソの情報に振り回されずに落ち着いて行動してください。 僕の住んでいる北海道で起きた胆振東部地震の際にも多くの人が嘘の情報に振り回されていました。 自分の身の危険を感じる状況で焦るのはわかりますが、 その様なネットに転がっている情報を鵜呑みにしないように気を付けてください。 以下に信用できる情報を提供している所を載せておきます。 他にも信頼できる情報ソースを知っている方はTwitterのリプにお知らせ下さい。

次の

新型コロナウイルス 各国の感染状況マップ

コロナ ウイルス map

2020年06月09日 11時08分 Googleマップに新型コロナウイルスによる移動制限や医療施設の情報を確認できる機能が追加 Googleは、Googleマップに車や公共交通機関の利用に関する新型コロナウイルスの情報を確認できる機能を追加したことを2020年6月8日 月 に発表しました。 新型コロナウイルス対策に伴う規制や変更などの情報を得るために役立つGoogleマップの新たな機能は、アメリカを中心に順次導入が予定されています。 Get around safely with these new Google Maps features Googleマップに追加される新たな機能は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動制限の影響を受ている地域で公共交通機関の経路検索をすると、地域の交通機関に関連するアラートが表示されるというもの。 記事作成時点で対象となっている国はアルゼンチン・オーストラリア・ベルギー・ブラジル・コロンビア・フランス・インド・メキシコ・オランダ・スペイン・タイ・イギリス・アメリカの13カ国です。 新型コロナウイルス感染拡大による交通機関のダイヤ変更や、マスクの着用要求がある場合にアラートが表示されます。 アラートは、Googleマップで経路を表示する際に以下のように表示されます。 赤枠の部分をタップすると、公共交通機関の減便や運休情報の詳細を確認できるようになっています。 また、カナダ・メキシコ・アメリカにおいて、国境を越えるルートを表示する際にもアラートが表示されるようになりました。 例えばメキシコからアメリカへ国境を横断するルートでは、以下の画面のように「出発前に新型コロナウイルスに関する入国制限を確認してください」とアラートが表示されます。 さらに、医療施設に向かうルートを表示する際、地域医療への負担を軽減するため各施設のガイドラインを確認するように注意喚起するアラートが、2020年6月第2週からインドネシア・イスラエル・フィリピン・韓国・アメリカで導入予定となっています。 例えば以下の画像のように、「この施設で新型コロナウイルス感染症の検査を行うには予約が必要な場合があります。 行く前に情報を確認してください」と表示されるとのこと。 新型コロナウイルスに関するアップデートについて、Googleマップのプロダクトマネージャーであるラメシュ・ナガラジャン氏は「Googleマップで表示される新型コロナウイルス関連のアラートは、地方自治体や政府から取得した信頼できるデータを使用しています。 世界中の機関と積極的に協力して、Googleマップを通して有用なデータをより多くのユーザーに提供しています」とコメント。 また、公共交通機関の混雑を避けるため、2019年にGoogleマップに導入された も合わせて利用することをナガラジャン氏は推奨しています。 なお、新たな機能が日本のGoogleマップに導入されるかどうかは、記事作成時点では未定です。

次の

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

コロナ ウイルス map

日々増えていく 新型コロナウイルスの感染者(陽性確認)のニュース。 どこでどうなっているのか、自分のエリアではどうなのか、あちこちから飛んでくる感染者情報に翻弄され、ただただ不安になるのではなく、正確な情報をまとめて得る事で、少しは安心して個々が日々の生活の中での行動を選択できたらいいなと思い、 情報をまとめて確認できる「コロナ感染マップ」をGoogleマップを利用して作ることにしました。 個人の住所ではありません)  皆さんのご参考になって、それが、結果的に コロナ感染抑止に繋がればいいなという想いで作っています。 基本的に 公式で公開されている情報、ニュースの情報を反映させていますが、個人様からの情報も信憑性があるものに関しては追加していきたいと思っています。 地元は川崎市。 青山学院女子短期大学(英語学科)卒業後、児童英会話講師、子どもの社会参画活動をするNPOでスタッフ、カナダワーホリを経て、WEBデザイン業務に従事後、ITベンチャー(現在、東証一部上場)の創業メンバーに。 その後、結婚妊娠を機に退職し、2人の子育てをしながら、フリーでデザイン、広報業などをしながら、自身で複数のメディアを運営しています。 小中学校時代に体験した、教師の体罰や、学校内でのいじめ、不登校問題に対して疑問を抱き、そこから子どもの権利や居場所問題に関心を抱くようになりました。 すべての子どもたちが、ありのまま自分らしく居られる「居場所」があって、未来に希望がもてる毎日を暮らせる社会にするための活動をしています。 大人になっても日々、学びの連続です。

次の