大國 魂 神社。 開運の神社仏閣・パワースポット

七五三 写真

大國 魂 神社

当社の御祭神は、大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]で武蔵の国魂の神と仰いでお祀りしたものである。 この大神は素盞鳴尊[すさのおのみこと]の御子神で昔この国土を開拓され、人民に衣食住の道を授け、医薬禁厭等の方法をも教えこの国土を経営された。 当社の起源は、第12代景行天皇41年(西暦111年)5月5日大神の託宣に依って造られたものである。 出雲臣天穂日命[いづものおみあめのほひのみこと]の後裔が初めて武蔵国造[むさしのくにのみやつこ]に任ぜられ当社に奉仕してから、代々の国造が奉仕してその祭務を掌られたといわれる。 その後、孝徳天皇(596-654)の御代に至り、大化の改新(645)ののち、武蔵の国府をこの処に置くようになり、当社を国衙の斎場とし、国司が奉仕して国内の祭務を総轄する所にあてられた。 又、国司が国内神社の奉幣巡拝、又は神事執行等の便により国内諸神を配祀した、これが即ち武蔵総社の起源である。 後に本殿の両側に国内著名の神、六所[ろくしょ](小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神)を奉祀して六所宮とも称せられるようになった。 文治2年(1186)頼朝は武蔵守義信を奉行として社殿を造営し、また貞永元年(1232)2月に将軍頼経の代にも武蔵守資頼を奉行として社殿が修造せられた。 又、天正18年(1590)8月、徳川家康が江戸へ入城してからは武蔵国の総社であるために殊に崇敬の誠をつくし、社領五百石を寄進され、社殿及びその他の造営に心力をつくされた。 正保3年(1646)10月、類焼により社殿は焼失したが、寛文7年(1667)将軍家綱の命により、久世大和守広之が社殿を造営し現在に至る。 形式は三殿を横につらねた朱塗りの相殿造りで、屋根は流造りであり、慶応年間に檜皮葺(ひわだぶき)が銅葺に改められた。 本殿は都文化財に指定されている。 明治元年(1868)准勅祭社に列せられ、同7年(1874)県社に列し、同18年官幣小社に列せられた。 当社はもともと大國魂神社と称したが、中古以降武蔵国の総社となり、又国内著名の神六社を配祀したので「武蔵総社六所宮」の社号を用い、 明治4年(1871)にもとの社号に復し「大國魂神社」と称するようになった。 当社は神威殊に顕著であるので、古来より崇敬者は武蔵の国はもちろん、関東一円に亘っている。 5月5日には例大祭が行われるが、この祭が有名な国府祭で、当夜八基の神輿が古式の行列を整え、消燈して闇夜の中御旅所へ神幸するので、俗に「くらやみ祭」といわれている。 昭和36年(1961)より神輿の渡御は夕刻に改められた。

次の

大國魂神社 車のお祓いについて詳細|交通安全祈願・車のお祓いどっとこむ

大國 魂 神社

大國魂神社 交通安全祈願・車のお祓いの様子 大國魂神社 境内入口にある境内案内図の様子 こちらの境内案内図で車祓い所の位置を確認しましょう。 大國魂神社 境内案内図 車清祓所の駐車場部分拡大 上の写真のように、同神社の車のお祓いの場所は、拝殿・本殿の右側(地図上だと西側)の参拝者用の駐車場の中にあるのが分かります。 大國魂神社 駐車場の案内看板 案内看板にあるように、同神社への参拝者と車清祓い用の駐車場であることが分かります。 この入口を車のまま入っていきます。 大國魂神社 専用入口入ってすぐの様子 鳥居をくぐって行くと左折するように案内があります。 大國魂神社 参拝者・車清祓用駐車場の様子 大國魂神社 参拝者・車清祓用駐車場の様子と各案内看板の様子 この駐車場に停めて、本殿での祈祷などをお願いする方は、本殿に向かいます。 車のお祓いの方は、さらに少し奥に進みます。 大國魂神社 車祓い専用の駐車スペースの様子(写真左側) 写真左側(緑のバイクがある辺り)が、車のお祓い(とバイクのお祓いも)の専用駐車スペースになります。 車はバックで駐車し、前向きになるように駐車しておきます。 大國魂神社 自動車お祓い所の看板の様子 左側の看板にあるように車のお祓い専用の駐車場になるので、他の車は駐車できません。 ここにある手順に沿って申し込みを行いに行きます。 また看板にあるように祈祷の申し込みの際、車のナンバーが必要になるので、ナンバーを控えておきましょう。 大國魂神社 祈祷受付への入口の様子 こちらを進んでいくと、本殿のあるところに出て、その近くに祈祷の申し込みを行う祈祷受付があります。 大國魂神社 祈祷受付の様子 こちらが車のお祓い、交通安全祈願を含めた祈祷の受付の窓口になります。 大國魂神社 祈祷受付所窓口の様子 祈祷の受付はこちらで行います。 こちらで申込用紙に記入をし、初穂料を渡して祈祷を依頼します。 窓口の奥が待合所になっており、神社側の準備が整うまで、その待合所で待ち、その後さきほどの車清祓所に神職の方とともに行き、祈祷・お祓いを受ける形になります。 大國魂神社 公式サイト(交通安全祈願・車のお祓いに関するページ) 大國魂神社へのアクセス(公式サイト アクセスページへのリンク).

次の

大國魂神社|令和最初の正月限定御朱印と元旦初詣の混雑状況や待ち時間|御朱印たび時間

大國 魂 神社

気になる大國魂神社の お正月や 元旦、 三が日の 御朱印についてまとめていきましょう。 全国各地、東京エリアには、季節ごと、行事や祭事、お正月、節分、七夕などなど、記念となる限定御朱印を頒布する神社が多く存在しています。 大國魂神社の御朱印ですが、どうやら特に 「お正月限定の特別御朱印」などは頒布されていないようです。 「本当に限定御朱印はないの?」という方のために、下記で過去のお正月、元旦の御朱印を探してみました。 大國魂神社の過去の正月元旦御朱印の画像 大國魂神社では本当に正月や元旦の限定御朱印はないのでしょうか。 過去の御朱印を確認してみるのが一番わかりやすいかも知れませんね。 通常のの御朱印 まずは、大國魂神社で通常いただける御朱印です。 墨書の大変整った美しい御朱印です。 大國魂神社に初詣してお焚き上げをしてもらおうと思ったら、鳥居が遥か遠くに見えるほどの混雑。 大國魂神社の元旦初詣の御朱印の混雑状況 さて、気になる御朱印に並ぶ混雑状況です。 どれだけの待ち時間があるのか気になりますね。 参拝するのにピークで2時間ですから、混雑と待ち時間は ある程度覚悟しておきましょう。 5月1日令和元旦の御朱印は 2時間待ちでした。 同じくらいの待ち時間を想定しておくと良いかもしれません。 受付をすると、整理券が配られますので、呼ばれるまで静かに待ちましょう。 「書き置き」の御朱印があり、こちらは待ち時間もさほどなくいただけるようです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 大國魂神社ではお正月や三が日など初詣でいただける 特別なデザインの御朱印はありません。 ただし、元旦や三が日、年明けにいただける御朱印は特別な記念となりますので、おすすめです。 お正月の混雑に関しては、大國魂神社へ初詣にに行かれるご予定の方は、 2時間ほどの待ち時間を想定しておくとよいかもしれません。 御朱印も同じく元旦や三が日はそのくらいはかかるでしょう。 ただし、 「書き置き」の御朱印がありますので、待てない方は書き置きをいただけば、待ち時間の長い行列に並ぶ必要はないようです。 それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の