ポケット wifi 紛失。 【2020年版】ポケットWiFiの解約手順と違約金をゼロにする方法

楽天モバイルで端末・SIMカードを紛失した場合の対処方法

ポケット wifi 紛失

WiMAXは手軽に持ち運べ、どこにいても高速インターネットを利用することができます。 そのため、外出の際は常に持ち歩いている方もいるのではないでしょうか。 しかし、その手軽さから知らずのうちに紛失してしまう場合があります。 万が一悪意を持った人に拾われてしまうと、個人情報の流失や勝手に悪用されるなどのトラブルにつながります。 しかし、実際にWiMAXを紛失した場合、どのようなことをやっておけば良いのでしょうか。 そこで今回は、 WiMAXを紛失した場合に、慌てずにやっておきたいことについてご紹介します。 契約会社に連絡し、回線を停止させる WiMAXを紛失した際、まずは契約会社のカスタマーセンターに連絡してください。 紛失した旨を伝えると、回線を停止してもらえます。 回線を停止することによって、 勝手に第三者が使用することや、何かしらのトラブルに巻き込まれることを事前に回避することができます。 また、WiMAXの端末自体にパスワードやIDが記載されているシールを貼っている方はいませんか。 パスワードやIDがすぐ分かる場合は、すぐに悪用される可能性が高まるため、特に注意が必要です。 そのため、WiMAXを紛失したら 早急にカスタマーセンターに連絡し、回線を停止させる手続きを行いましょう。 WiMAXが見つかるまで、インターネットを利用することはできないため注意してください。 また、回線を停止した後にWiMAXが見つかった場合は、再度カスタマーセンターに連絡し、再利用の手続きを行ってください。 警察に紛失届を出す WiMAXを紛失して、いくら探しても見つからない場合、警察に届けられていることがあります。 そのため、WiMAXを紛失したらすぐに紛失届を出しましょう。 交番や警察署で紛失届を出すと、受理番号をもらえます。 受理番号をもらうことによって、WiMAXが見つかった際の受け取りがスムーズになります。 また、交番や警察署に行ってみたら、WiMAXがすでに届けられている場合もあります。 その際に、自分のWiMAXだと分かる 目印がついていると受け取り手続きが簡単です。 紛失することを想定して、事前にシールを貼るなどして自分だけの目印をつけておくと良いでしょう。 ネットワーク名などをオリジナルなものにしておくこともおすすめです。 受け取り書類を書く際に印鑑と本人確認書類が必要となるため、念のため事前に準備しておくと良いでしょう。 周辺にないか再度確認する WiMAXをどこかに落として紛失したと思っていても、案外自分の周辺にある場合があります。 そのため、 慌てずに再度周辺にないか確認しましょう。 オフィスに置き忘れていたり、前日着ていた洋服のポケットに入っていないか、入念に探してください。 紛失した経路を思い出すことも大切です。 紛失したと思われる場所や日時など、慌てずに思い出してください。 家族や友人と共用でWiMAXを使用している方は、連絡して確認しましょう。 また、 スマホやパソコンの受信状況も確認してください。 電波を受信している表示が出ている場合は、近くにWiMAXがある可能性が高いです。 スマホやパソコンを持って歩き、周囲をくまなく探しましょう。 おわりに WiMAXを紛失した場合にやっておきたいことをご紹介しました。 どこでも簡単に使用できるWiMAXは、日常生活に欠かせないアイテムの1つです。 しかし、もしWiMAXを紛失してしまったら、第三者による悪用などトラブルに巻き込まれる恐れがあります。 そのため、 慌てずに対処にあたることが大切です。 WiMAXを紛失した際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

次の

ポケットWi

ポケット wifi 紛失

安心サポートプラン未加入の場合、以下の端末代金が発生致します。 別途SIMカード再発行料金は発生します。 一部の端末のみ加入はできません。 引用元:縛りなしWiFiの公式ページより抜粋 これは 「縛りなしWiFi」に限った話ではなく、ポケットwifiレンタルというスタイルのwifi契約の全てに当てはまる内容です。 だから、wifiルーターの故障・紛失・水没などで生じる罰金は、どこも高額なので注意が必要です。 よって、縛りなしWiFiは、安心サポート(月額500円)を準備しています。 でも、縛りなしWiFiは、wifiルーターをレンタルするという考え方なので、色々と不正対策も考えての事だと私は思っています。 つまり、縛りなしWiFiも、意地悪で39,800円と言っているのではなく、不正利用を防ぐための対策なんですね。 縛りなしWiFiが故障・紛失・水没させない対策 ポケットwifiは、スマホと違って、普段、 手に取って持ち運ぶものではありません。 そこで、実際にポケットwifiを利用してる私がおすすめしているのは、 「ウエストポーチ」です。 しかし、普段、ポケットwifiを手に取って持ち運ばない分、一旦、バックから取り出してしまうと、置き忘れ等の確率はスマホよりも高くなりますので注意が必要です。 特に注意が必要なのは、バッテリー切れで充電する際など、置き忘れの確率が非常に高まります。 よって、おすすめしたウエストポーチからは、可能な限り取り出すことは避け、充電する時もモバイルバッテリー等でウエストポーチ内で充電することをおすすめします。 また、ポケットwifiを大切に持ち運ぶアイデアとして・・・、 万が一に備えて、ポケットwifiにはストラップを付けるようにしましょう。 さらに、私の場合、100円ショップで購入したデジカメ用ケースに入れています。 初期費用 0円、解約料金 0円は、もうあたり前! ポケットwifi最安値!月額3,300円 いつでも解約できる(年縛りなし) wifi使い放題(速度制限あり) 【追記】縛りなしWiFiの月額2,800円に騙されるな! 【追記】2019年5月に、縛りなしWiFiから、あらたなプラン「縛っちゃうプラン」が出てきました。 下記内容は非常に重要です。 読み飛ばさずに、しっかりと読んでくださいね! おそらく、この先、縛りなしWiFiの公式ページに進まれると、あなたを誘惑するプランがあることに気付くことでしょう。 それは、月額料金2,800円の「縛っちゃうプラン」です。 この縛っちゃうプランをよく見ると、縛りなしプランにある罰金39,800円が無くなっていることに気が付くと思います。 しかし、一人暮らしを始めたあなたは、この一見、お得に見える「縛っちゃうプラン」に騙されてはダメですよ! ちなみに、縛っちゃうプランの、 縛り期間は3年もあるんです! しかも 解約料金が15,000円(税抜き)になります。 ズバリ!言いますよ! 現在、月額2,800円は最安値のwifiになりますが、今後3年間、それを維持することは100%ないです。 (言い切れます) なぜなら、既に始まっている大手キャリアの値引き合戦や、2020年にサービスが開始される新しい通信規格「5G」の存在もあるからです。 自動運転のクルマの実用化• ドローン活用領域の拡大「運輸事業・各種点検」• 遠隔手術の実用化 上記に挙げた例は、既にメディアなどでも取り上げられており、ニュースなどでご存知の方も多いと思います。 また今後は、奇想天外なサービスも出てきそうな予感で、楽しみですよね。 ちなみに、現在おすすめしている「縛りなしWiFi」ですら、持って半年と、私は予想しています。 縛りなしWiFiは、一人暮らしの方におすすめですが、おすすめしているのは月額3,300円のプランです。 間違えないでくださいね!.

次の

【悪用されるかも?】ポケットWiFiを紛失したときの対処法

ポケット wifi 紛失

ポケットwifiを探す方法 もし、ポケットwifiが手元に無い、紛失したことが分かったら、まずは落ち着いて周辺を探してみるところから試みましょう。 ポケットwifiを探す方法は、• デバイスのwifi接続情報からポケットwifiのSSIDが表示されていないか確認• 紛失した可能性のある場所の心当たりに連絡 と大きく2つです。 デバイスのwifi接続情報からポケットwifiのSSIDの表示がないか確認 普段使っているパソコンやスマホなどのデバイスがポケットwifiからの電波を受信しているかというの確認してみましょう。 デバイスのwifi接続情報からポケットwifiのSSIDが表示されているかどうかで近くにあるかどうかが分かります。 で、もしSSIDが表示されていない様なら紛失している可能性が非常に高くなります・・・。 ただ、これはポケットwifiの電源が入っている場合に限り、電源が入っていない場合はどちらにしてもSSIDは表示されません。 紛失した可能性のある場所の心当たりに連絡 ポケットwifiを紛失した可能性のある場所に心当たりがあるのであれば、お店や駅など連絡できる場所であれば一度連絡をしてみると見つかるかもしれません。 ポケットwifiを紛失すると面倒ですが相当な連絡や手続き等が必要になりますので、出来る限り探しましょう。 ポケットwifi契約プロバイダへ一時利用停止の連絡 ポケットwifiを紛失した際は早急に契約しているプロバイダへの一時利用停止の連絡しましょう。 主なプロバイダのポケットwifiを紛失した場合の緊急連絡先 サポートセンター を表にまとめました。 ですので、誰かが警察に届けたりしてくれる可能性も非常に高いものとなります。 その後、ポケットwifiが見つかったら、プロバイダへ連絡して再利用の手続きを行いましょう。 ポケットwifiを紛失すると多くの場合に解約違約金は必須となり、そしてポケットwifiが必要な場合は新たなポケットwifiの契約も必要となります。 ちなみにポケットwifiを一時利用停止にした期間も利用料金は発生します。 ポケットwifiを紛失することもアンラッキーなことですが、紛失した後の各所への連絡や手続きなどといった追い打ちが本当に大変になります。 財布を落とした際に、 ・クレジットカード ・銀行のキャッシュカード などその他諸々の専用窓口に連絡したりするのに似ているといえば大変さが伝わりますでしょうか・・・。 ポケットwifiの端末補償サービス ポケットwifiには端末補償サービスといったポケットwifiを紛失した際に受けられるサービスがプロバイダによってはあります。 各プロバイダの端末補償サービスへ加入するには月額料金を支払う必要があります。 端末補償サービスに加入していれば、 ・登録料 ・解約違約金 ・モバイルwifiルーター端末代金 などポケットwifiを紛失した際にかかる費用を抑えることが出来ます。 まとめ ポケットwifiにはGPS 位置情報探索機能 などといった追跡機能は基本的にありません。 単純にまた新しいポケットwifiを買えば解決というわけにもいかないものです。 例えば、スマホを紛失したということであれば、iCloudやGoogleアカウント連動機能等を利用してパソコンやほかのデバイス側から探すことが可能です。 が、ポケットwifiにはそういったものはありません。 つまり普段から自らが常に注意しておかなければならないということです。 本当は紛失しないことが一番ですが、こういった場合に備えてポケットwifiのSSIDやパスワードなどのセキュリティー対策もしておくのがおすすめです。

次の