福山 雅治 石田 ゆり子。 “初共演”福山雅治&石田ゆり子、大人のラブストーリーに挑む『マチネの終わりに』

福山雅治と石田ゆり子の6年の恋が 『マチネの終わりに』予告編公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

福山 雅治 石田 ゆり子

福山雅治と石田ゆり子が昇仙峡へ!昇仙峡って? 今回、二人が訪れた山梨最強のパワースポット 『昇仙峡』 名前からしてすごく縁起が良さげですがどんな 曰くのある場所なんでしょうか? 昇仙峡は花崗岩の断崖絶壁と清流がおりなす 自然の造形美を見て取れる日本でも最高峰の 景勝地。 名前の由来もご想像どおり、昔から修験者が この地で修業をしたことに由来するそうです。 仙人になることを目指していたんでしょうか? 有名な場所としては『覚円峰』や『仙娥滝』に 『金桜神社』などがあります。 エリア全体パワースポットというほど 開運のご利益がある場所として知られて います。 福山雅治と石田ゆり子が訪れた昇仙峡のパワースポットは? 今回の放送で福山雅治と石田ゆり子が映画の ヒット祈願に訪れたわけですが、どこのスポッ トを訪れたかをまとめます。 弥三郎岳 ロープウェイで行くほどの山の頂上にある一枚 岩で頂上にはとっても素敵なパノラマビューが 広がり富士山を一望できることもあり、強いパ ワーがもらえるパワースポットとして人気の場 所です。 なんでも龍脈の通り道だからパワースポットな んだとか。 頂上付近には水晶石の祠があり、お酒の神様が祭 られています。 ロープウェイで途中まで登り、そこから徒歩で 20分ほど山登りとなります。 そこそこの運動になるので足元はスニーカー などがいいですね。 40種類以上のブドウを栽培している農園で 季節によっていろんな種類のブドウが楽しめ ます。 ただ、ブドウの収穫時期が大体10月20日 くらいまでなので今季はちょっとギリギリに なりそうですね(放送時18日) シャインマスカットが安い! 今回の放送でかなり衝撃的だったのが この高品質なシャインマスカット。 番組調べでは東京で7000円はするであろう 品質のものだそうですがなんとこのお値段。 福山雅治の顔と同じ大きさのシャインマスカッ トがこの値段ってヤバイですね。 今年はおそらく終了してると思うので 来年の楽しみにしておきましょう。 まとめ 福山雅治と石田ゆり子が訪れた昇仙峡のパワー スポットは『弥三郎岳』 石田ゆり子の希望で訪れたブドウ狩りのブドウ 園は近藤農園。 以上となります! スクロールいただくとまだまだ面白い記事ありますので是非どうぞ!.

次の

“初共演”福山雅治&石田ゆり子、大人のラブストーリーに挑む『マチネの終わりに』

福山 雅治 石田 ゆり子

『マチネの終わりに』公開記念舞台挨拶に登壇した石田ゆり子&福山雅治 シンガーソングライター、俳優のが13日、都内で行われた映画『』(公開中)公開記念舞台あいさつに出席。 共演のが、映画の影響でクラシックギターを購入したことを明かすと、福山は「いいですね~」と破顔一笑していた。 本作は、芥川賞作家・の同名恋愛小説を、ドラマ・映画「昼顔」や現在放送中の月9「シャーロック」などの監督と脚本家・のコンビにより映画化。 クラシックギタリストの蒔野聡史(福山)と、フランスの通信社で働くジャーナリスト・小峰洋子(石田)の6年にわたる愛の軌跡を追う物語で、福山と石田は本作で映画初共演を果たした。 [PR] ミュージシャンとして普段からアコースティックギターやエレクトリックギターを弾いている福山だが、クラシックギターは奏法などが異なるため半年近くも猛練習。 以前のイベントでも「非常に難しい」と述べていたが、今ではすっかり虜になったようで「実は撮影の前後で6本もクラシックギターを買ってしまったんです」と明かす。 さらに、ずっと右手の爪を伸ばしているとも言い「この作品によってクラシックギターに出合えたことが大きい」としみじみ。 一方の石田も「『マチネの終わりに』に携わって一番得られたものは、クラシックギターなんです」と笑顔。 「本当に音色が好きで、一日中クラシックギターのCDを聴いているぐらい」と、どっぷりハマったそう。 家でも本作のサウンドトラックをずっと流しており「言ってもいいのかな……」とはにかみ、「実はわたしもクラシックギターを買ったんです」と告白。 クラシックギターにハマる石田ゆり子 石田の思わぬ発言に福山は「初耳ですよ」と驚いた様子で、石田は「聴いているうちに、自分でも弾けるんじゃないかと……頭がおかしくなっちゃったのかも」とはにかむ。 福山は「どこで買ったんですか? 一言言ってくれれば、ご協力できたかもしれないのに……」と続けて客席を笑わせていたが、石田は「まだ買っただけで何もやっていないんです。 3日後からレッスンを開始する予定で……。 とても難しいとわかっているのですが、スポコン魂で頑張りたい。 いつか上手になって二人で演奏できたら……」と福山にラブコール。 福山も「楽しみにしています」と歓迎していた。 福山は「いや、皆さんが思っているよりずっと難しいんですよ」と苦笑いを浮かべながらも「披露するかに関しては未定ですが、引き続き細々と練習はしていきたいです」と意欲を見せていた。 (磯部正和).

次の

福山雅治と石田ゆり子が昇仙峡へ!最強パワースポットとブドウ狩りの場所は?【ぴったんこカンカン】

福山 雅治 石田 ゆり子

福山雅治と石田ゆり子が7日、都内で行われた映画『マチネの終わりに』(11月1日公開)完成披露試写会に登壇し、20代に出演したCM以来の共演に運命を感じていることを打ち明けた。 この日は、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、板谷由夏、古谷一行、西谷弘監督も来場した。 本作は、芥川賞作家・平野啓一郎の小説を原作にしたラブストーリー。 日本、パリ、ニューヨークを舞台に、天才クラシックギタリストの蒔野聡史(福山雅治)とフランスの通信社で働くジャーナリストの小峰洋子(石田ゆり子)、惹かれ合う40代の男女の6年が描かれる。 石田は久々となる福山との共演に、「同い年なんです」と打ち明けつつ、「25年前にとあるコマーシャルでご一緒して以来、一度もドラマでも映画でもお会いしたことがなく、この作品で福山雅治さんと一緒になることになっていたんだな……と感無量でございました」と喜びのコメント。 福山も「運命の共演」と同調すると、聡史と洋子が6年で3度しか会わないにもかかわらず恋に落ちるという設定から、「作品の内容同様に(運命を)感じました」としみじみ。 また、オファーを受けてから原作を読んでいるときは、「洋子は石田さんをイメージして読んでいたので、早く洋子に会いたい。 おぉ洋子! という思いで(撮影)初日を迎えました」と情熱的に訴えて、会場の笑いを誘った。 本作に自信も見せる福山は、「自分が出てい(る作品を観)て、自分で感動するっていうのはどういう神経? と思う人もいるかもしれませんけど、試写会で素敵な映画だなと感動したので、『平野さん、いかがですか?』とうかがったら、『自分が書いた小説の映画を観て泣けるとは思いませんでした』とおっしゃってくださって、こんなうれしい誉め言葉はないなと思ってホッとしました」と吐露。 「ご自身の生きて来られた人生の大切な時間や人と、もう一度会いたくなるような映画になっていると思います。 みなさんの声をネット上等々で期待しております」と呼び掛けていた。 (取材:錦怜那) 外部サイト.

次の