伊藤淳史。 伊藤淳史!チビノリダー!大学は?弟は?原因は?結婚は?

伊藤淳史×中村梅雀、“信濃のコロンボ”新シリーズ誕生

伊藤淳史

特に原作モノを中心に、有名作家の最新作や過去の名作の新たなキャストでのリメイク、更には名の知られていない隠れた傑作等、骨太で大人の鑑賞に耐えるドラマ作品を取り揃え、「プレミア」な時間をお届けします。 信濃追分で身元不明の遺体が見つかる…。 さらに事件から4日目。 竹村とは旧知の仲、警視庁捜査一課のキレ者警部・岡部和雄を演じるのは三浦貴大。 さらに竹村のマイペースで明るい妻・陽子を演じるのは美村里江。 そして、竹村の上司で長野県警の刑事部長・大森修治を、テレビ東京のコロンボシリーズ全18作で竹村岩男を演じた中村梅雀が演じます。 今シリーズは新旧コロンボ、そして実力派俳優達の名演技にもご注目ください! ・ドラマ場面写真公開! あらすじ ある冬。 被害者は身元不明の初老の男(山上賢治)。 ドアにもたれ掛かるように絶命していたが、第一発見者の店主・丸岡一枝(篠原ゆき子)は男に見覚えがないという。 さらに事件から4日目。 今度は東京・本郷追分の「八百屋お七の墓」前に初老の男(ホリベン)の絞殺体が。 警視庁のキレ者・岡部が捜査にあたるが、やはり被害者の身元がわからぬまま…。 関連性を疑った竹村と岡部は協力しながら事件を追い始めるが、手掛かりが少なく身元もつかめず捜査は難航する。 美村さんとは、夫婦のコミカルな芝居、三浦さんとは、コンビ感たっぷりの芝居、そして中村さんには、自由にお芝居をさせてもらえる空気を作って下さいました。 「前シリーズを気にせず、楽しく、自由に演じて下さい」と仰って頂き、現場でも楽しい時間を過ごしました。 プレッシャーもありますが、前作までのコロンボファンの皆様にも、新たなコロンボを楽しんで頂けたら、幸いです。 豪華キャスト、スタッフの皆さんと、魅力たっぷりな作品を目指して頑張りましたので、是非、ご覧下さい! 三浦貴大のコメント 伊藤さんとは初共演ですが、フィーリングが合うというか、気持ちの良い間があり、一緒に芝居をしていて非常に楽しかったです。 芝居への取り組み方も共感できる部分がたくさんあり、頼りがいのある兄貴、といった感じでした。 岡部を演じるにあたり、竹村さんとの距離感、関係性を大切にしました。 あえて言葉にはしない信頼関係、場所は違えどバディのような雰囲気がでるといいなと思っていました。 信濃、東京、事件が様々なところから繫がっていきますので、推理しながら見ていただきたいです。 ぜひ楽しんで下さい。 美村理江のコメント 竹村刑事の捜査はとても地道で、独特の直感はあれど「現場百篇」のような足で稼ぐ捜査が基本です。 困難な状況でも諦めず必要なことをコツコツと積み上げていく姿には、勇気付けられるものがあります。 鑑賞後少しでも元気を得て頂けたら幸いです。 事件周りのシリアスさに比べ、夫婦のシーンはややコメディタッチです。 歴代の陽子を演じられた先輩方のお芝居も参考に、帰宅した岩男さんがリラックスできる抜け所のある奥さんを目指しました。 私も元々コメディが好きなんですが、伊藤さんがとてもうまく間合いを作ってくださるので、より楽しく演じることができました。 三浦さん含め年が近いので、空き時間中の雑談も大変楽しかったです。 中村梅雀のコメント オファーを聞いたとき、正直言って複雑な思いでした。 竹村岩男はまだ私にとっては生々しい記憶だからです。 私の頭の中では大森修治は里見浩太朗さんですし悩みました。 しかし、11年も離れていて、もう世の中のトレンドは変わっています。 西田敏行さんも『釣りバカ日誌』のスーさんを違和感なく演じておられます。 「もはや頭を切り替えなければ」と、思い切ってお受けすることにしました。 台本を初めて読んだ時、どうしても竹村の台詞に意識がいってしまう。 そして大森刑事部長を読むと里見さんの声が聞こえます。 これには参りました(笑)「何事も切り替えが大切」を学びました。 伊藤さんとは初共演でしたが、思った通りの、そのまんまの伊藤淳史さんでした(笑)一所懸命で真面目な方ですね。 今回、大森役を演じるにあたっては、「とても大らかな人物であること」「強く大きな正義感の持ち主」「竹村岩男の良き理解者であること」「竹村の捜査を俯瞰的に見てサポートすること」「竹村を信じ、結果を待ち、一緒に蕎麦を食べることを何よりも楽しみにしている」というスタンスを基本に、伊藤淳史さんの空気感に合わせて演じました。 旧作と同じ題材を扱っても、空気感がこれだけ違うということがはっきり出ていると思いますので、伊藤淳史さんのコロンボの魅力を楽しんで欲しいです。 番組概要 【番組名】月曜プレミア8 内田康夫サスペンス「新・信濃のコロンボ 追分殺人事件」 【放送日時】放送日未定 【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送 【出演者】 伊藤淳史 三浦貴大 美村里江 国生さゆり 徳重聡 長谷川朝晴 利重剛 戸田昌宏 矢島舞美 堀内正美 林与一 中村梅雀 【原作】内田康夫『追分殺人事件』 ハルキ文庫・刊 【脚本】入江信吾 【監督】星野和成 【チーフプロデューサー】中川順平 テレビ東京 【プロデューサー】阿部真士 テレビ東京 、見留多佳城 G・カンパニー 、神崎良 G・カンパニー.

次の

伊藤淳史×中村梅雀 新旧コロンボが強力タッグ!“信濃のコロンボ”新シリーズ誕生!/新・信濃のコロンボ 追分殺人事件

伊藤淳史

順調な人生を歩んでいたと思われていた伊藤隆大ですが、2009年3月8日に神奈川県相模原市で死亡しているところを発見されました。 乗用車内で後頭部座席にもたれかかっていたところを発見。 車内からは練炭、兄・伊藤淳史や家族にあてた遺書が見つかり、警察からは自殺と発表がありました。 遺書の内容の公開はなく、自殺理由などの発表はありませんでした。 兄・伊藤淳史や周りの友人など、自殺の前触れを感じることがなかったようです。 ブログでもそのような発言はなく、明るい内容が多く自殺する理由になるものはありませんでした。 兄・伊藤淳史は伊藤隆大の自殺にかなり大きなショックを受けていました。 当時、伊藤隆大の年齢は21歳でした。 伊藤隆大が自殺した車内からは遺書が8通が発見されたと報道されています。 遺書の内容や誰にあてた遺書なのか発表はされていませんが、1つは兄・伊藤淳史にだと思われます。 また、自殺理由についても発表はありません。 兄・伊藤淳史に対するコンプレックスなど、不確かな情報ばかり飛び交っていて、ネットにある情報に信憑性はありません。 2018年現在も理由について公表されていません。 兄の伊藤淳史さんが「誰にでも優しく、常にいいところを見せようと頑張りすぎる」とコメントしていたこともあり、この性格が悩みを人に打ち明けることができず自殺の前触れを兄・伊藤淳史も含め、誰も感じることができなかった理由ではないでしょうか。 兄・伊藤淳史に対しても悩みを話すことはなかったようです。 伊藤淳史の代表作といえば、2005年にフジテレビで放送された『電車男』です。 オタクの主人公が電車で酔っぱらいに絡まれた女性 女優・伊東美咲 を救ったことから、2人の恋愛が始まる恋愛ドラマです。 先に公開された映画では同じ役を山田孝之が演じていましが、伊藤淳史が演じた主人公も評価が高く、中には伊藤淳史に適役だったとの声が上がっています。 伊藤淳史はこの映画で、弟・伊藤隆大と初共演を果たしました。 同年に放送された大河ドラマ『義経』でも共演しています。 このあと伊藤淳史は、海猿、西遊記、チーム・バチスタシリーズなど、多くの作品に出演していきます。 チーム・バチスタシリーズで伊藤淳史は主演を必ず演じるなど欠かせない存在になっています。 今は、日本を代表する実力派俳優として伊藤淳史の名前を知らない人はいないでしょう。

次の

俳優の伊藤隆大が自殺した理由!伊藤淳史の弟の遺書などの真相に迫る

伊藤淳史

竹村岩男(伊藤淳史)は長野県警捜査一課の警部。 泥くさいやり方でこれまで数々の難事件を解決してきた。 また自ら蕎麦を打つほど蕎麦好きで、その腕は名人級。 この日もわざわざ東京から警視庁捜査一課の警部・岡部和雄(三浦貴大)が竹村の蕎麦を食べに来ていた。 ところが軽井沢・信濃追分で殺人事件が発生したとの連絡が入り、慌てて現場の雑貨店『こぶし』へ向かう。 被害者は身元不明の初老の男(山上賢治)。 後頭部に打撲痕があり、雪の中、ドアにもたれ掛かるように絶命していた。 第一発見者は店主の丸岡一枝(篠原ゆき子)。 男に見覚えはないというが、前夜10時頃、人が近づくと反応するライトが点灯したといい、何者かが遺体を運んできたとされる。 また竹村は、飼犬コタローが犯人に吠えなかったという一枝の証言が気になっているようだ。 巡査部長の吉井正義(戸田昌宏)、巡査の木下真司(財木琢磨)、寺沢美由紀(矢島舞美)と共に捜査を始めた竹村は、ある蕎麦屋で、今年の初めに被害者と思われる人物が来たとの情報を得る。 近くで開催された「追分文化シンポジウム」の会場を尋ねられたという。 毎年行われるこのイベントは、労働歌「追分節」の歴史や継承に関するシンポジウム。 しかし来場者は300人にものぼり、男の顔を覚えている者は見つからない。 そこで竹村は鑑識の出崎孝治(長谷川朝晴)にイベントのアンケート用紙の指紋分析を依頼。 捜査は振出しに戻り、行き詰る竹村。 そんな中、長野県警刑事部長・大森修治(中村梅雀)からのある助言をきっかけに、遺体を運んだのは一枝の知り合いではと思い始める。 店の開店は3年前。 それまでは東京でOLをしており、コタローが慣れている人間は限られるはず... そう踏んだ竹村らが再び店を訪ねると、そこには人形作家・谷田恵美(国生さゆり)がいた。 店にある魔女人形や人形のキーホルダーはすべて恵美の作品だという。 だが竹村の追及を制止しようとするなど、恵美はやけに一枝に肩入れする。 しかもコタローは恵美に慣れている様子で...。 事件から4日目の朝。 東京では本郷にある「八百屋お七の墓」前で、初老の男(ホリベン)の絞殺体が発見され、岡部が捜査にあたっていた。 こちらも身元不明だが、近くの老舗酒屋に死亡推定時刻の前夜8時頃、被害者が来店したことが判明。 この辺りを本郷追分と呼ばれていることを知り、「追分節は残っているか」と尋ねて来たという。 追分節に絡む事件で捜査中の竹村を思い出した岡部が連絡すると、竹村は驚きの声をあげる。 なぜなら事件が起きた文京区白山は一枝の実家近くだったからだ。 偶然とは思えない竹村は、ちょうど上京する予定があった妻・陽子(美村里江)と共に東京へ赴く。 陽子は永井満良(林与一)が代表を務めるNPO法人「ブルーカナリア」の署名運動ボランティアに参加するというが...。 岡部と合流し「お七の墓」へ向かうと、骨董店『三叉路』の前で、車が邪魔だと地元民が騒ぎ立てていた。 その人こそ一枝の父・丸岡武人(堀内正美)。 どうやら娘が軽井沢へ行ったことを快く思っていないようだ。 一方、丸岡が罵声を浴びせていた骨董店の店員(徳重聡)は、3年前に丸岡と娘らしき人が言い争っているのを聞いたといい、竹村は「あの親子には何かある」と直感する。 長野に戻った竹村は、再び出崎にアンケート用紙と本郷の被害者の指紋分析を依頼。 今回もある用紙と指紋が一致するが、またも匿名で身元を特定するには至らなかった・・・。 信濃追分と本郷追分で起きた殺人事件。 いずれの被害者も同じシンポジウムに参加。 そして2つの追分に関わる疑わしき親子。

次の