粗大ごみ処理手数料券取扱店 大阪市。 粗大ごみの収集方法

豊中市でベッドの処分方法に困ったら(大阪府編)

粗大ごみ処理手数料券取扱店 大阪市

大阪府豊中市でベッドの処分にお悩みの方のお役に立てばと思います。 引越しや整理などでベッドの処分をしたいけれど、どのような方法でベッドを処分できるのか悩んでしまう部分もあると思います。 ベッドはフレーム部分とマット部分に分かれシングルベッド程度ですと一人で対応もできますが、セミダブルベッド、ダブルベッドと大きくなりますと一人で対応も難しくなります。 ベッドを処分する際には色々な方法がありますが、人手は必要か?処分まで時間はあるのか?車はあるのか?などそれぞれの状況により処分方法の選択方法も変わると思います。 ここでは大阪府豊中市でベッドの処分をするにはどんな方法があるかを考えて行きたいと思います。 大阪府豊中市でベッドを処分する方法は? 大阪府豊中市でベッドの処分を考えた時にどんな方法でベッドを処分できるのか見て行きたいと思います。 リサイクルショップでベッドを買取してもらい引取してもらう。 メルカリ、ジモティ、ヤフオクなど個人売買でベッドを処分。 不用品処分業者にベッドを引取処分をしてもらう。 豊中市の粗大ゴミでベッドを収集してもらい処分する。 豊中市のゴミ処理施設に自己搬入してベッドを処分する。 以上5つがベッドを処分する際の主な方法になるかと思います。 それでは5つの処分方法を詳しくしらべて見て行きたいと思います。 スポンサーリンク 豊中市のリサイクルショップでベッドが買取可能か問い合わせて見る 豊中市のリサイクルショップでベッドを買取もしくは無料引取してもらう事によりベッドを処分すると言う方法になります。 リサイクルショップでは出張買取など出張サービスを行っている為、人手が無い場合や車が無い場合などでもリサイクルショップで全てを行ってくれるので何もする必要が無く大変便利です。 ですが・・・ベッドについては買取をおこなっていないお店ほとんどでやみくもにリサイクルショップへ問い合わせても断られれるだけで電話代の無駄になります。 いくつかヒットすると思いますので買取品目などリサイクルショップのホームページを詳しく確認して電話してみましょう。 その他リサイクルショップの買取ブログなどでベットの買取記事など見つけましたらそちらのリサイクルショップはベットの買い取り実績がある事になりますので確認してみましょう。 上手くベッドを買取してもらえるお店を見つける事が出来ましたら買取してもらいベッドを引取してもらいましょう。 リサイクルショップを利用する際のポイント! リサイクルショップには出張買取など出張サービスがありますので人手や車が無くてもベッドを処分できます。 リサイクルショップでもノーブランドや低価格のベッドは買取が難しく断られる事が多いですが、シモンズやフランスベッドなど高価なベッドは買取してもらえる可能性があります。 安価なベッドや使用感の有るベッドなどはリサイクルショップでは買取・引取が難しいため処分の検討をおススメいたします。 個人売買でベッドを処分 ジモティ、メルカリ、ヤフオクなど個人売買のサイトを利用してベッドを個人売買する事によりベッドを処分する事が出来る場合があります。 サイトを利用する事により豊中市内はもとより、豊中市近郊や遠くの方とも取引が可能となります。 ヤマトのらくらく家財宅急便などを利用すると発送する事も可能ですので、取引相手と折り合いが付けば発送する事も可能です。 値段設定も自由に行う事が出来ますので1円など処分価格から欲しい価格まで自由に行う事が出来ます。 良い事ばかりに感じてしまいますが、利用には登録などの手続きが必要であったり手間のかかる部分もあります。 売れなければベッドを処分する事が出来なかったり、売れてもスムーズに取引が進まず取引が出来ないと言ったトラブルなどが起こる可能性もあります。 取引までに時間が掛かりますので処分までの時間に余裕のある方の場合には個人売買で処分を検討する方法もありかと思います。 個人売買でベッド処分のポイント 登録手続きや写真撮影、取引方法など準備に手間がかかります。 売れなければいつまでも処分する事が出来ません。 売れた場合にも取引が進まなかったりトラブルが起きる場合もあります。 自分で取引の内容を決める事が出来るので価格や引取に来てもらうなど取引条件の自由度が高いです。 豊中市内など近場で取引相手を見つける事が出来た場合には引き取りに来てもらえたりスムーズに取引が進みやすいです。 豊中市の不用品処分業者にベッドを引取処分をしてもらう 豊中市の便利屋、リサイクルショップなど不用品処分を行っている業者にベッドを処分してもらうと言う方法になります。 便利屋やリサイクルショップでも不用品の処分を行っている所がありますので処分を依頼しますと出張でベッドの方を引き取りに来てもらい処分する事が可能です。 「豊中市 便利屋」「豊中市 ベッド 処分」などで検索をしてみましょう 処分を行っている便利屋、リサイクルショップはホームページに処分を行っている旨書いてありますので確認してみましょう。 不用品処分業者では分解、部屋からの運び出しなどを行ってもらう事が出来てベッドを引き取りに来てもらえますので、全てを処分業者に任せる事が出来ますので大変便利です。 ベッドの解体から処分まですべてを行ってもらえ便利ですが、自分で処分するよりはグッと金額が高くなります。 不用品処分業者でベッド処分のポイント こちらで指定した日時にベッドを処分する事が可能。 ベッドの分解、運び出しなど全て業者に任せる事が出来る。 業者がすべてやってくれる分、自分で処分するのと比較すると金額が高いです。 階段作業やベットが大きいなど条件が悪くなるほど金額が高くなります。 不用品処分業者でベッド処分はこんな方におすすめ! 人手が無い方や時間が無い方でお金が掛かっても手早くベッドを処分する必要がある方。 お金が掛かっても処分業者にベッド処分を任せて楽に処分をしてしまいたい方。 スポンサーリンク 大阪府豊中市でのベッドのごみ区分 ベッドは大体の市町村では粗大ごみと言う区分になりますが、処理を行っていないなど市町村によりベッドやベッドマットレスのごみの区分が異なります。 豊中市の行政でゴミを処分するうえでベッドやマットレスはどの様なゴミの扱いなのかを知る必要があります。 ベッドマットレス スプリング付きマットレス 粗大ごみ スプリングのないマットレス 粗大ごみ ベッド ベッドのフレーム 粗大ごみ パイプベッド 粗大ごみ 大阪府豊中市でのベッドのゴミ区分は上記となります。 豊中市の粗大ごみ収集でベッドを処分 豊中市に粗大ごみとしてベッドを収集してもらい処分してもらうと言う方法になります。 粗大ごみの収集には事前に依頼をする必要があります。 粗大ゴミでベッドを処分する場合には戸別収集してもらう事が出来ますが、家の前など指定場所にベッドを運び出す際は自分で運び出す必要があります。 電話して収集日を予約 粗大ごみ受付センターへ申し込む 電話番号:0570-666-861 受付日時: 月曜日から金曜日 (祝日も含む)午前9時から午後5時15分まで 申込時に氏名、住所、電話番号、粗大ごみの種類、サイズ、重量などを伝えます。 折り返し料金、収集日などの返答をもらいます。 粗大ごみ処理券を購入 粗大ごみ1点につき、指定金額分の粗大ごみ処理手数料券が必要となりますので取扱店で購入します。 受付センターで確認した金額分の粗大ごみ処理券を購入します。 購入した粗大ごみ処理券に受付番号もしくは氏名を記入して排出する粗大ごみに張り付けます。 指定収集日に排出 指定収集日の朝8時30分までに、玄関先、門の前など道路に面した場所など屋外の決められた場所に粗大ごみを出します。 注意事項 処理料はベッド 1,200円・スプリング入りマットレス 1,200円となります。 収集車が通れるかどうかの確認が必要です。 その他インターネット申込なども可能です。 粗大ゴミでベッド処分のポイント 収集してもらえる日が決まっていますので指定日に合わせる必要があります。 指定場所への運び出しは自分で行う必要があります。 自分で作業をしますのでベッドの処分費用のみとなりますので安いです。 粗大ごみでベッド処分はこんな方におススメ! 収集日が決まっていますので時間的に余裕がある方。 費用を抑えてベッドを処分したいと言う方。 部屋から運び出しなど行う必要がありますので人手がある方。 豊中市のゴミ処理施設に自己搬入してベッドを処分する 豊中市のゴミ処理施設へ自分で持込ベッドを処分する方法になります。 処理施設にベッドを自己搬入を行う場合には車でご自身にて運び入れる必要がありますので、運搬する車等が必要になります。 豊中市のゴミ処理施設は豊中市にお住まいの方しか利用する事が出来ず、入場時に免許証の確認、用紙に記入など居住確認があります。 利用料等の費用についてはホームページもしくは施設で確認を。 ごみ処理施設でベッド処分のポイント 大阪府豊中市に住んでいる方ですとごみ処理施設を利用する事が可能で、受入時間内ですとベッドを持込処分に行く事が可能です。 自分で作業を行い持ち込みをする分、費用も安く抑える事が可能です。 ごみ処理施設でベッド処分はこんな方におススメ! 引越しまでの時間が無いけど車があるので持ち込めると言う方。 ベッドの処分費用を出来るだけ抑えたい方。 ベッドの他にも処分したい物があるのでまとめて持ち込みたい方。 大阪府豊中市でベッド処分のまとめ ベッドの処分方法について5つの方法をご紹介しましたが、条件により向き不向きがあります。 豊中市で用意しているサービス(粗大ごみ、ゴミ処理施設)は費用を抑えてベッドを処分する事が出来ますが、自分で運び出しなど行う必要がありますので作業を行う必要があります。 民間サービスでは(リサイクルショップ、処分業者)ではお任せでベッドを処分する事が可能ですが費用はかなり掛かります。 選択肢が広がった所でご自分の状況に合わせてベッドの処分方法を選択してもらえたらと思います。

次の

大阪市の粗大ゴミの出し方は?料金や置き場所、捨て方のルールを解説

粗大ごみ処理手数料券取扱店 大阪市

引越し、片付け、買い替え…などなど。 そんな時につきまとう問題が、不要となった 家具などの粗大ごみの処理です。 「そもそも どうやって処分すれば良いかわからない」• 「処分料金が 高い」• 「自力では指定場所まで 運べない」• 「収集日が指定できなくて 都合が合わない」• 「回収業者って ちょっと不安」 大阪市にお住まいの皆さんは、これらのお悩みをかかえたことはありませんか? ここでは、そんな粗大ごみの処分方法についてご案内いたします。 この記事をお読みになる前に この記事で紹介させていただくことは、リペアやリメイク、修復などしなければ売れないようなものや壊れているもの、分解しているものなどの、誰かに 譲ったり売ったりはできなさそうな家具の処分方法をご紹介しております。 そもそも粗大ごみって? 大阪市のHPによると、粗大ごみは以下のように定義されています。 家庭の日常生活から出されるごみで、最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものです。 また、家庭の引越しや大掃除などで一時的に多量に出されるごみについても、粗大ごみで収集します。 様々な粗大ごみがありますが、今回はタンスを例にとりご紹介いたします。 粗大ごみを処分する3つの方法 粗大ごみの処分は大きく3つに分けられます。 方法1 ごみ処理施設へ持ち込む• 方法2 大阪市粗大ごみセンターへ収集依頼• 方法3 不用品回収業者へ回収依頼 それぞれの料金目安や、処分方法などをご紹介いたします。 最も安い!ごみ処理施設へ持ち込み ご自身で運搬可能な方限定となりますが、この方法が 一番安い処分方法です。 また、処分する不用品の 数が多ければ多いほどおすすめです。 管轄施設と予約方法 持ち込みは、前日までにお住まいの区(ごみの発生区)に応じたごみ処理施設への 予約が必要となります。 ただし、最大辺が1mを超えるもの等については、お住まいの区(ごみの発生区)に関係なく破砕処理が必要です。 その場合は 舞洲工場(破砕設備設置)へ問い合わせして下さい。 予約が多い場合や工場の稼動状況などによっては、 ご希望日に予約できない場合があります。 ごみには 家庭から生じるゴミ(家庭系ごみ)と 事業活動によって生じるゴミ(事業系ごみ)があり、事業系ごみには、事業系一般廃棄物と産業廃棄物があります。 事業系ごみとしてごみ処理施設に持込めるのは 事業系一般廃棄物のみで、産業廃棄物の持ち込みはできません。 また、危険物や資源化可能な物、リサイクル家電なども 持ち込み不可となっています。 持ち込めない品目について詳しくはこちらをご覧ください。 ・家庭系ごみ 月曜日〜金曜日 9時〜11時または13時〜15時 ・事業系ごみ 火曜日または金曜日 9時〜11時または13時〜15時 持ち込みの料金 大阪市の場合、1kgあたり9円という計算になっており、入り口で車ごと重量を計量、施設内でゴミを下ろし出口で再度車の重量を計量、その差分で処分費が決まる仕組みです。 5m縦1. 8mの40kgのタンスですと、 約360円となります。 メリットとデメリット メリット• 料金が最も安い• 予約さえすれば時間は比較的自由に選べる デメリット• 車と搬出運搬の労働力が必要• 最大辺が1mを超えるもの等は舞洲工場まで行く必要がある あらかじめ1m以内に潰しておけば受け取り可能• 持ち込めない品目がある 持ち込みの注意点など 大阪市HPに記載されている注意点を引用します。 持ち込みの前にご確認ください。 ・持ち込みは1日1回1台(4トン車までに限る)• ・ダンプ車以外の車両で持ち込む場合は、2人以上で搬入する事• ・ごみの飛散・落下防止のため、シートをかぶせるなどして運搬する事• ・此花区及び福島区以外の区から舞洲破砕設備へ搬入する際は、阪神高速湾岸線を通行する事• ・持ち込みできない物が発見された場合は、持ち帰りになる場合がある• ・車検証をご持参する• ・持ち込み時に、処理施設からごみを自ら持ち込んでいることを確認する場合がある。 ・破砕処理施設へ持込む場合は、木製家具などの可燃性の粗大ごみとスチール製本棚や自転車などの不燃性の粗大ごみを、混載(積合せ)して一度に持ち込むことはできない• ・可燃性の粗大ごみと不燃性の粗大ごみは、分別して別々の日に持ち込む 費用が安く、手間もあまりかからない!大阪市粗大ごみ収集センターへ収集依頼 収集料金代わりである 粗大ごみ処理手数料券を購入し貼り付けたり、指定日に指定場所まで出さなければならないといった手間がかかりますが、料金は比較的安価に収まりますので 非常にオススメの方法です。 収集依頼方法 大阪市粗大ごみ収集センターへ受付の電話をします。 申し込みには、 住所・氏名・電話番号・粗大ごみの品目などが必要です。 また、予め粗大ごみの サイズをはかっておくとスムーズです。 収集日は、 申込みから4日後〜1ヶ月後となります。 大阪市粗大ごみ収集センター 0120-79-0053 携帯電話からは06-6377-5750 月曜日〜土曜日(祝日も受付)午前9時〜午後5時 受付が終わったら 指定日指定位置に、粗大ごみ処理手数料券を貼り付け出します。 粗大ごみ処理手数料券は取扱店(「粗大ごみ処理手数料券取扱店」の表示がある大阪市内のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、郵便局等)で購入することができます。 粗大ごみ処理手数料券について詳しくはこちらをご覧ください。 品目や大きさにもよりますが、 200円〜1,000円で引き取ってもらえます。 5m縦1. 8mの40kgのタンスですと、 1,000円となります。 メリットとデメリット メリット• 料金が明解で、木製製品などは比較的安価• 先払いなので安心 デメリット• 指定日に指定場所まで運ばなければならない• 申し込みから最短で4日後以降の収集となる 収集依頼の注意点など 粗大ごみ処理手数料券が貼られていない場合または金額が足りない場合は 収集してもらえない他、解体が必要な品目もあります。 受付の際に確認が必要です。 最も楽で早い方法!不用品回収業者へ回収依頼 最後にご紹介するのが、出張回収・買取業者、いわゆる不用品回収業者へ回収依頼をすることです。 粗大ごみ処分3つの方法の中で最も 手間をかけず、早くに処分ができる方法です。 電話一本で来てくれて、家の中にある不要品を搬出し引き取ってもらえるので、大きく重たいものでも 問題なく処分できます。 しかし、デメリットもあります。 それは後述する料金の高さです。 持ち込みや収集依頼と比べ、手間がかからない分、タンスやクローゼットといった 大型家具類は料金が高くなる傾向にあります。 回収依頼方法 業者のHPや、業者を紹介しているウェブサイトから業者を選び、電話やメールで問い合わせや依頼をします。 その際には、粗大ごみ収集センターに収集依頼する時と同じように、不要品のサイズや材質などを業者に伝えるとスムーズです。 回収料金 業者により違いはありますが、横1. 5m縦1. 8mの40kgのタンスですと、 3,000円〜5,000円程度となります。 メリットとデメリット メリット• 面倒な手続きが不要の上、運び出してくれるので手間がかかりません。 市では粗大ごみとみなされないものも引き取ってくれます。 回収日時をこちらの都合で指定できるので、忙しい方でも安心です。 メリット• 家具の回収費用は他の手段に比べ高額となることが多い• 業者によって金額にバラつきがある 回収依頼時の注意点など 回収料金は各業者が独自に定めているため、 業者によって金額にばらつきが生まれることがあります。 そのため、複数の業者に見積もりを取り、 最終的な料金と回収日などの兼ね合いで依頼先を決定することをオススメします。 粗大ごみ処分のまとめ 大阪で粗大ごみを処分したい際は、お客さまの 状況により依頼先を決めることがオススメです。 以下に、それぞれの特徴をまとめましたので、ぜひご参考ください。 手間をかける分、処分にかかる費用が少なく済みます。 逆に、手間を掛けられない場合や時間的猶予がない場合は、 不用品回収業者への依頼がオススメです。 処分費用は少し高くなってしまいますが、手間を一切かけずにすばやく処分ができます。 おまかせリサイクルでも、粗大ごみの回収を承っています。 詳しくはこちらをご覧ください。

次の

大阪市の粗大ごみ収集がインターネット申込対応で便利になった

粗大ごみ処理手数料券取扱店 大阪市

粗大ゴミシール・処理券とは?必要な場合やメリット・デメリットを解説 まずは粗大ゴミシールや処理券とは何か、また、シールや処理券が必要な場合と、そうではない場合の違いを解説していきます。 粗大ゴミシール・処理券は自治体に支払う処分手数料 粗大ゴミシールや処理券は、住まいの自治体に粗大ゴミの回収を依頼する際に支払う「粗大ゴミの処分手数料」です。 シートと処理券の2つがありますが、両者に大きな役割の差はありません。 その自治体が「粗大ゴミシール」という呼称でシールを配布しているか、「粗大ゴミ処理券」と呼んで券を配布しているかくらいの違いです。 ちなみに、なぜ事前に粗大ゴミシールや処理券の購入が必要になるかと言うと、現行の全国の行政や自治体の粗大ゴミ回収では、回収に来た人とお金のやり取りをしなくて済む仕組みが採用されているためです。 粗大ゴミシール・処理券が必要ない場合 行政や自治体に粗大ゴミの回収を依頼すると、基本的には粗大ゴミシールや処理券が必要です。 しかし、なかにはシールや処理券がいらない粗大ゴミ(つまり、自治体が回収できない粗大ゴミ)もあり、以下の物が該当します。 家電リサイクル法の対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)• 小型家電リサイクル法の対象品目(パソコン、ゲーム機、デジカメなど)• 事業で発生した粗大ごみ、オフィス家具類• 消火器、タイヤ、金庫、ピアノ、大型バッテリー• 石油類(ガソリン、軽油、灯油、シンナー塗料など)• ガスボンベ(プロパンガス・酸素など)• 有害性・引火性・危険性のある物、著しく悪臭を発する物、毒物• 特別管理一般廃棄物(PCB部品・医療系感染性廃棄物など)• 石・砂・土などの自然物• 長さや高さが180cmを超えるもの(物干し竿、スキー板、サーフボードなど)• 大人2人で持ち上げられないような重量物 また、粗大ゴミと思える物でも、自治体によっては指定のゴミ袋に入りさえすれば、可燃ゴミや不燃ゴミなどの一般ごみとして捨ててもよいとされています。 よって、このようなケースでも粗大ゴミシールや処理券は不要です。 粗大ゴミシール・処理券を買って粗大ゴミを処分するメリット 粗大ゴミの処分は実は自治体以外にも民間業者が請け負っていますが、それに依頼するときと比べると、費用は安いです。 どの自治体を見ても、粗大ゴミシール・処理券の最高値は1,000円前後で、ダブルベッドのマットレスのサイズであっても1,000円ほどで回収してもらえます。 これを、自宅まで取りに来てもらえる粗大ゴミの回収業者に依頼すると、5,000円~10,000円と程かかります。 値段のバラツキはあるものの自治体に依頼するケースと比べ、大きな差があるのが分かります。 また、安価な粗大ゴミ回収業者のなかには、回収したゴミをそのまま不法投棄している悪質な業者もいます。 自治体や行政のサービスであれば、そういった点の心配も無く利用できます。 粗大ゴミシール・処理券を買って粗大ゴミを処分するデメリット 粗大ゴミシール・処理券を購入して、行政や自治体に粗大ごみの処理を依頼するデメリットとして、まず手間が多い事が挙げられます。 電話もしくはインターネットで事前に申込み、料金を調べて指定日までにスーパーやコンビニで粗大ゴミシール・処理券を購入しておかなければいけません。 料金も各自治体によって差異があり、サイズや品目の違いも判断し辛い物も多いので、電話で確認するのが確実です。 また、指定した日付まで粗大ゴミを出すことは出来ないため、それまで保管しておく必要があります。 また、粗大ゴミの回収場所まで自分で運ばなくてはいけないという身体的な負担もあります。 粗大ゴミシール・処理券の流れ!買い方・書き方・貼り方など 粗大ゴミシールや処理券も含めた、自治体への一般的な粗大ゴミ回収依頼の流れは以下のとおりです。 インターネットもしくは電話で問い合わせ• 回収品目・数量・集荷場所を選択肢し、回収依頼日を予約する• シール・処理券の取扱所で処分手数料相当のシールや処理券を購入• 所定欄に必要情報を記載、粗大ゴミに貼付• 回収日前日までに粗大ゴミを予約した集荷場所へ運ぶ• 回収日に業者に引き取ってもらう 工数がかかるだけで、そのまで難しいことはないのですが、しいて言えば、行政や自治体の粗大ゴミ回収は、思いのほか予約が取りづらく、待つときは1ヶ月先くらいからしか予約できないケースもあります。 また、上記はあえて一般的と紹介しましたが、粗大ゴミは自治体に1箇所は設置してある「粗大ゴミ受付センター」に直接持ち込んで処分依頼することも可能です。 インターネットもしくは電話で申込み• 品目、搬入日時を知らせる• 搬入場所や手数料が通達される• 予約した粗大ゴミ品目の処分手数分の• シール・処理券の取扱所で処分手数料相当のシールや処理券を購入• シール・処理券を品物に貼り付け、搬入日に処理場へ持ち込む 持ち込みの場合、自治体によっては、収集時の手数料から最大半額程度で収まることもあるので、自力で粗大ゴミの運搬ができる方は検討してみてもいいでしょう。 なお、いずれの処分方法の場合も、粗大ゴミにはシールや処理券の貼付がないと回収・持ち込みはできないので、購入や必要事項の記載、貼付忘れのないように注意しましょう。 ちなみに、粗大ゴミシールや処理券の記載事項は以下のとおりです。 依頼主名(予約時の氏名)• 受付番号• 集合住宅に住んでいれば部屋番号 自治体によっては、日付と依頼主名だけでOKなところもあります。 詳しくは実際にシールや処理券を購入してから確認してください。 粗大ゴミシール・処理券はどこで購入できる?券の種類や支払い方法も解説 次に粗大ゴミシールや処理券が買える場所や、券の種類、支払い方法についてかいせつしていきます。 粗大ゴミシール・処理券を購入できる場所 粗大ゴミシールや処理券は、「粗大ゴミ処理券取り扱い店」のステッカーがあるお店で、具体的には、次の場所で購入できます。 スーパーのサービスカウンター• コンビニの店頭• 郵便局の窓口• 金融機関の窓口• 自治体の環境課• 街の個人商店 など なお、購入可能場所は住まいの地域ごとにやや異なるので、一番確実な粗大ゴミ処理券取り扱い店情報は、行政のホームページを参照してください。 粗大ゴミシール・処理券の種類 粗大ゴミシール・処理券の基本的な使い方は変わりませんが、いくつか種類があり、設定金額が異なります。 具体例を挙げると、東京23区のおおよその地域では、粗大ゴミ処理券A(200円)、処理券B(300円)の2種類が用意されています。 また、神奈川県横浜市では、粗大ゴミ収集シールとして、200円・500円・1,000円の3種類のシールが用意されています。 そして、なかには「粗大ゴミシール・処理券」という呼称ではなく、「ポイント制」を導入している地区もあります。 たとえば、東京の市街地エリアではポイント制度で運用されています。 とはいえ、ポイント制度も1ポイント100円分のようになっているだけで、基本的なルールは同じです。 仮に1,000円の処理手数料が必要だとしたら。 10ポイント分の購入したポイント券を購入して、粗大ゴミに貼りつけます。 粗大ゴミシール・処理券の支払い方法 粗大ゴミシールや処理券を購入には粗大ゴミシールや処理券の取扱所に行って、現金で支払います。 たとえば、近年普及しているメジャーなキャッシュレス決済やクレジットカード、交通系ICカード(SuicaやICOCAなど)、Quoカードでは支払うことができないので留意しておきましょう。 しかし、例外としてセブンイレブンでは「nanacoカード」、ファミリーマートでは「FamiPay」など一部の支払い方法でも可能となっています。 より正確な支払い情報は、お住まいの自治体のホームページを参照してください。 粗大ゴミシール・処理券の品目ごとの一般的な料金・相場は? 粗大ゴミの処分手数料は、その粗大ゴミの大きさと、行政や自治体によって若干値段設定に差があります。 ここでは大まかな相場をご紹介します。 住まいの自治体の粗大ゴミ処分手数料が知りたい方は、自治体のホームページに確実な料金情報が載っているので、そちらを参照してください。 品目 料金・相場 ソファー 800円~2,000円 テーブル 800円~2,000円 食器棚 500円~2,000円 タンス 500円~2,000円 収納ケース 400円~1,000円 シングルベッド(フレーム) 700円~2,200円 シングルベッド(マットレス) 700円~2,200円 掛け布団 300円~500円 敷き布団 300円~500円 こたつ 300円~500円 カーペット 400円~2,000円 自転車 300円~500円 扇風機 300円~500円 粗大ゴミシール・処理券に関するFAQ!記名したくない場合やほかの自治体の物は利用できる? 粗大ゴミシールや処理券に関する情報の最後に、シールや処理券に関する質問で自治体へ問い合わせが多いものを集めました。 ここまで読んで細かい疑問を感じている方もいると思うので、ぜひ参考にしてください。 粗大ゴミシール・処理券に名前を書きたくない!無記名で出した場合はどうなる? 粗大ゴミシール・処理券に名前の記入がないと、回収されない場合もあります。 というのも、回収予約をした粗大ゴミが集積地点にあったとしても、回収をしにきた粗大ゴミ業者が「本当にそれで合っているのか?」判別するのは困難だからです。 もしも粗大ゴミを回収してもらえなかった場合、もう一度自宅へ運び戻して、次の回収予約を立て直し、回収日まで保管しておく必要があるので、明らかな二度手間になってしまいます。 ただし、ケースバイケースで、事前に行政や自治体に相談することによって、名前を書かないままで回収してもらえる可能性はあります。 なかには、ネット予約時点でハンドルネールなどを登録してそれで回収予約をおこなうこともできます。 そのため、どうしても自分の名前を書かないで回収依頼をしたい場合は、電話で事前確認して正式に許可をもらうか、可能な自治体であれば、ハンドルネールを作って、それで予約するなどしてみましょう。 粗大ゴミシール・処理券が貼りにくい場合は? 粗大ゴミシールや処理券が貼りにくい場合でも、テープで補強するなどして粗大ゴミ本体に貼り付けておく必要があります。 なお、万が一剥がれてしまったときの対処法は、のちほど解説していきます。 出したい粗大ゴミの品目が見当たらない・料金が分からない 出したい粗大ゴミの料金を調べるには、住まいの自治体のホームページを確認するの方法が一番手軽です。 しかし、自治体によってはホームページが見づらく、目的としている粗大ゴミの品目が見つからない場合もあります。 基本的に粗大ゴミシールや処理券は、返品・交換ができないため、購入間違いを防ぐためにも、料金が分からない場合は、まず行政や自治体の窓口に電話で問い合わせるのが確実です。 他の自治体の粗大ゴミシール・処理券は利用できる? 粗大ゴミの回収は、各行政や自治体が主体でおこなっているため、ほかの市町村が発行している粗大ゴミシールや処理券を利用することはできません。 住いの地域によっては、複数種類の粗大ゴミシールや処理券の取り扱っているコンビニ・スーパーもあるので、購入前によく確認しておく必要があります。 粗大ゴミシール・処理券を多く買ってしまった… 粗大ゴミシールや処理券には有効期限がありません。 よって、多く買ってしまったときでも、今後利用する予定がある場合は保存しておくことで無駄を防ぐことができます。 どうしても不要になってしまった場合は、破棄するか、同自治体に住む人に譲るなどして処分してください。 なお、粗大ゴミシールや処理券は、どのような場合であっても返品することができません。 事前申込みの際に、必要な金額をしっかりと確認し、無駄なく購入することが大切です。 粗大ゴミに貼っていたシールが無くなってしまった… マットレスやソファーなど、粗大ゴミシールや処理券が剥がれやすい素材の粗大ゴミがあります。 また、雨や風などの天候、いたずらなどによってもシールが無くなってしまう可能性もあります。 そういったときに備えて、多くの自治体では粗大ゴミシール・処理券のテープを剥がした裏面を「控え」にしています。 もしも、粗大ゴミを出した後にシールが無くなり、回収されていなかった場合は、行政・自治体に電話でその旨を伝え、紛失したシールの代わりに保管していた控えを提示する必要があります。 粗大ゴミが収集前に持ち去られてしまった!手数料はどうなるの? この場合、残念ながら手数料は返ってきません。 もしも回収前に盗難に気づいたら、持ち去られてしまった旨を自治体に伝え、キャンセルする必要があります。 対策としては、回収日の前夜に指定場所に運ぶことです。 これで外に放置している時間を短くして、盗難させないようにしましょう。 粗大ゴミシールや処理券と、家電リサイクル券の違いは? この違いを説明する前に、家電リサイクル券が関係している、家電リサイクル法について簡単に説明します。 家電リサイクル法は、資源の有効活用を促進するため制定された法律です。 これにより、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の大型家電4品目は、粗大ゴミとして処分することができなくなりました。 家電リサイクル法の対象物を処分する際は、いくつかの方法があります。 買い替えの場合は、新たな商品を購入した販売店へ引き取り依頼• 処分のみの場合は、その商品を買った販売店へ引き取り依頼• 郵便局振込方式で料金を支払い、指定引取場所に直接持ち込む とくに2、3の方法を選択する場合に、郵便局で「家電リサイクル券」を購入して手数料を事前納付しておく必要があります。 粗大ゴミ回収・買取業者を利用すれば粗大ゴミシール・処理券は不要 粗大ゴミの回収を行政や自治体に依頼する以外にも、民間の回収業者や買取業者に処分依頼する方法があります。 行政や自治体へ粗大ゴミを出す場合は、処理券を買ったり指定場所に搬出したりと、回収直前まで自分でおこなう工程があります。 一方で粗大ゴミの回収業者や買取業者に依頼してしまえば、処分料は諸費用と共に作業後に支払う形になるので、処理券を用意したり、自力で搬出する必要がありません。 粗大ゴミ・不用品が大量にある方や搬出が難しい物がある方は、専門業者への依頼を検討してみましょう。

次の