スプレッド シート プルダウン。 スプレッドシートのプルダウンを連動させよう!同じシートの中で設定する基本編

Googleドライブ スプレッドシートで行を固定する方法。 » ブロードヒューマンネットワーク社員ブログ

スプレッド シート プルダウン

カテゴリー• 149• 141• 172• 257• 1,371• 437• 169• 238• 113• 168•

次の

スプレッドシートでプルダウンリストを連動させた表を作ろうとしています。仕...

スプレッド シート プルダウン

IMPORTRANGE "スプレッドシートキー", "範囲の文字列" この 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたいセル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1セルを参照したい場合は、 "データベース! A1"と入力すれば大丈夫です。 表(範囲セル)を参照する 表を参照したい場合は、 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたい範囲セル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1からG9を参照したい場合は、 "データベース! A1:G9"と入力すれば大丈夫です。 集計したデータや表引きを参照する方法 ただ、値を引っ張ってをくるだけじゃ面白くないですよね! IMPORTRANGE関数は、他の関数と組み合わせることでその真価を発揮します。 例1:合計金額を参照する(SUM関数) 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。 例えば、次のような表があったとします。 ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。 ほら、こんな感じで参照することができました。 IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。 スプレッドシートすごすぎません?Excelには出来ない芸当ですよね。 例3:スプレッドシートを簡易的なデータベースとして使う 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。 スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。 詳しくは割愛しますが、気になる方はこの記事をどうぞ!.

次の

【小技集】意外と知られていないGoogleスプレッドシートを便利にする技まとめ

スプレッド シート プルダウン

IMPORTRANGE "スプレッドシートキー", "範囲の文字列" この 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたいセル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1セルを参照したい場合は、 "データベース! A1"と入力すれば大丈夫です。 表(範囲セル)を参照する 表を参照したい場合は、 『範囲の文字列』のところに、 "持ってきたいシートの名前! 持ってきたい範囲セル"を入力します。 例えば、 データベースという名前のシートの A1からG9を参照したい場合は、 "データベース! A1:G9"と入力すれば大丈夫です。 集計したデータや表引きを参照する方法 ただ、値を引っ張ってをくるだけじゃ面白くないですよね! IMPORTRANGE関数は、他の関数と組み合わせることでその真価を発揮します。 例1:合計金額を参照する(SUM関数) 合計金額だけを参照したいときは、SUM関数とIMPORTRANGE関数を組み合わせます。 例えば、 別のシートのA列の合計金額を参照したい場合は、次のようにSUM関数と組み合わせます。 例えば、次のような表があったとします。 ここで『1002』をキーとして、商品名である『ぶどう』を参照したい場合は、次のように記述します。 ほら、こんな感じで参照することができました。 IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数を組み合わせれば、このように他のスプレッドシートであっても表引きを実現できるんです。 スプレッドシートすごすぎません?Excelには出来ない芸当ですよね。 例3:スプレッドシートを簡易的なデータベースとして使う 集計したデータや表引きしたデータだけをIMPORTRANGEで持ってくるということは、スプレッドシートをデータベースのように扱うことができます。 スプレッドシートは200万個のセルにしか値を入力できませんが、IMPORTRANGEを使えば実質無限のセルを使うことができるんですよ。 詳しくは割愛しますが、気になる方はこの記事をどうぞ!.

次の