イシュー から はじめ よ。 「イシューからはじめよ」生産性の高い人の特徴がわかった[要約・レビュー]

【7分で解説】イシューからはじめよ (本の解説)

イシュー から はじめ よ

正解 著者: 安宅和人 慶應義塾大学 環境情報学部教授 ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー) 1968年、富山県生まれ。 東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程修了後、マッキンゼー入社。 4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。 2001年春、学位取得(Ph. ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。 マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。 2008年よりヤフー。 2012年7月よりCSO(現兼務)。 全社横断的な戦略課題の解決、事業開発に加え、途中データ及び研究開発部門も統括。 2016年春より慶應義塾大学SFCにてデータドリブン時代の基礎教養について教える。 2018年9月より現職。 間違った 著者: 安宅和人 慶應義塾大学 環境情報学部教授 ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー) 1968年、富山県生まれ。 東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程修了後、マッキンゼー入社。 4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。 2001年春、学位取得(Ph. ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。 マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。 2008年よりヤフー。 2012年7月よりCSO(現兼務)。 全社横断的な戦略課題の解決、事業開発に加え、途中データ及び研究開発部門も統括。 2016年春より慶應義塾大学SFCにてデータドリブン時代の基礎教養について教える。 2018年9月より現職。 そのため、おおもとのイシューを「答えの出せるサイズ」まで分解していく。 分解したイシューを「サブイシュー」という。 イシューを分解するときは「ダブりもモレもなく」砕くこと、そして「本質的に意味のある固まりで」砕くことが大切だ。 ここまでくればあと一歩だ。 次のステップは分解したイシューに基づいて、ストーリーラインを組み立てることだ。 人に何かを理解してもらおうとすれば、必ずストーリーが必要となる。 それが研究であれば論文の流れであり、ビジネスであればプレゼンの流れだ。 ここでも「分析結果が出ないと考えようがない」とは言わない。 そのため、おおもとのイシューを「答えの出せるサイズ」まで分解していく。 分解したイシューを「サブイシュー」という。 イシューを分解するときは「ダブりもモレもなく」砕くこと、そして「本質的に意味のある固まりで」砕くことが大切だ。 ここまでくればあと一歩だ。 次のステップは分解したイシューに基づいて、ストーリーラインを組み立てることだ。 人に何かを理解してもらおうとすれば、必ずストーリーが必要となる。 それが研究であれば論文の流れであり、ビジネスであればプレゼンの流れだ。 ここでも「分析結果が出ないと考えようがない」とは言わない。 一つ目は「WHYの並び立て」、二つ目は「空・雨・傘」というものだ。 前者に関してはシンプルな方法だ。 最終的に言いたいメッセージについて、理由や具体的なやり方を「並列的に立てる」ことでメッセージをサポートする。 「第一に、第二に、第三に、というタイプの説明」と言えば理解しやすいかもしれない。 ここでも「あの論点はどうなっているんだ」と意思決定者や評価者から攻撃されることを防ぐために、重要な要素を「ダブりもモレもなく」選ぶようにする。 後者の考えは多くの人にとって馴染みやすいのではないかと思う。 「西の空が良く晴れているな 空。 今の空の様子では、当面雨は降ることはなさそうだ 雨。 だとすると、今日傘を持っていく必要はない 傘。 」という流れだ。 多くは、「雨」の部分で見えてきた課題の深掘りがどこまでできるかが勝負どころとなる。 一つ目は「WHYの並び立て」、二つ目は「空・雨・傘」というものだ。 前者に関してはシンプルな方法だ。 最終的に言いたいメッセージについて、理由や具体的なやり方を「並列的に立てる」ことでメッセージをサポートする。 「第一に、第二に、第三に、というタイプの説明」と言えば理解しやすいかもしれない。 ここでも「あの論点はどうなっているんだ」と意思決定者や評価者から攻撃されることを防ぐために、重要な要素を「ダブりもモレもなく」選ぶようにする。 後者の考えは多くの人にとって馴染みやすいのではないかと思う。 「西の空が良く晴れているな 空。 今の空の様子では、当面雨は降ることはなさそうだ 雨。 だとすると、今日傘を持っていく必要はない 傘。 」という流れだ。 多くは、「雨」の部分で見えてきた課題の深掘りがどこまでできるかが勝負どころとなる。 イシューからはじめよの著者を選んでください。 本書の中で著者は、「イシュー」をどのように定義しているか、正しいものをすべて選んでください。 本書では、価値のある仕事(バリューのある仕事)とは、どのような要素で決まると説明しているか、正しいものをすべて選んでください。 本書の中でバリューのある仕事を行うために、避けたい方法を「犬の道」として紹介されています。 「犬の道」の正しい説明を選んでください。 本書の中でイシュー度を高めるためには、仮説を立てることが大切であると説明している。 本書の中で紹介されている仮説を立てる方法として、正しいものをすべて選んでください。 本書中でストーリーラインを組み立てる際に、有効なフレームワークとして紹介されている方法をすべて選んでください。 東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程修了後、マッキンゼー入社。 4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。 2001年春、学位取得(Ph. ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。 マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。 2008年よりヤフー。 2012年7月よりCSO(現兼務)。 全社横断的な戦略課題の解決、事業開発に加え、途中データ及び研究開発部門も統括。 2016年春より慶應義塾大学SFCにてデータドリブン時代の基礎教養について教える。 2018年9月より現職。

次の

「イシューからはじめよ」の書評・感想~何に取り組むかが大事~

イシュー から はじめ よ

イシュードリブン(解く前に見極める)• アウトプットドリブン(実際の分析を進める)• メッセージドリブン(伝えるものをまとめる) 脱『犬の道』が生産性の高い仕事をするために最も重要 問題は解くものだと思って、いきなり目の前にある問題を解こうとすると思ってしまいがちです。 根性論に物を言わせてインプット・アウトプットすると『犬の道』に陥ります。 『犬の道』とは? 犬の道とは、 無駄なことが多いことです。 「ああでもない、こうでもない」 と、悩んでいて、ゴールに辿り着かないことを表しています。 仕事をするスピードが速いからではないんです。 結果を出している人に共通しているポイントはというと、『解くべき課題(イシュー)』の見極めが良いということなのです。 「何に答えを出すべきなのか」についてブレることなく活動に取り組むことがカギなのだ。 イシューを知り、それについて考えることでプロジェクトの立ち上がりは圧倒的に速くなり、 混乱の発生も予防できる。 目的地の見えない活動はつらいが、行き先が見えれば力が湧く。 つまり、知的な生産活動の目的地となるものがイシューなのだ。 イシュー度とは、解くべき課題の重要性を表します イシュー度とは、与えられた問題に対して解くべき(解決すべき)課題の重要性の高さを表しています。 解の質とは、そのイシューに対して、どこまで答えを明確に出すことができているのかという度合いを表しています。 「この問題(課題)は本当に解くべき問題(課題)なのか?」を確認する• まずは、解く前に仮説を立てること• つまり、問題を解く前に何に対して答えを出すのか=仮説(イシュー)を見極めていきます。 つまり、生産性の高いアウトプットを出すための重要なプロセスに欠かせない要素は次の3つです。

次の

イシューからはじめよ

イシュー から はじめ よ

Contents• 生産性の高いアプローチ 「イシュー」(答えを出す必要性の高さ)と「解の質」をあげることで価値のある仕事になる。 最初に解の質をあげようと頑張ると答えを出す価値のない仕事をするはめになる。 だから最初に「イシュー」を見極め、その後に「解の質」をあげることが生産性の高いアプローチになる。 仮説を出すことでするべきことがわかる 仮説がないまま情報を集め分析をすると、結果が十分なのか判断できず、余計な仕事を増やすことになる。 イシューを特定するための情報収集 イシューを特定するためには情報を集める必要があり、仮説を出すことにより、どんな情報が明確になるのでそれをもとに考える。 情報収集にもコツがある。 一次情報に触れる 一次情報というのは、本やインターネットで得た情報ではなく、直接現場で得た情報である。 たとえば、店頭に立って顧客の声を聞く。 実際に商品が使われている現場に行くなど。 そうすれば誰かのフィルターを通さないので情報をあますことなく得ることができる。 基本的な情報を得る 書籍や雑誌、専門誌、レポートから世の中の常識や基本的な情報を抜けやもれなく調べる。 「シェア」「規模感」「売上高」「客単価」など基本となる数字なども。 情報を集めすぎない、知りすぎない 情報収集はある程度まで行くと新しい情報が少なくなり、それ以上時間を費やしても労力に見合わない。 知り過ぎるとアイデアを考えようとしても手持ちの知識でどうにかなるの「自分なりの視点」が失われていく。 まとめ.

次の