こくしぼう本名。 黒死牟 (こくしぼう)とは【ピクシブ百科事典】

黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察

こくしぼう本名

つまり、 鬼舞辻無惨を除く鬼の中では 最強の鬼なんです。 今までは鬼殺隊最強の柱でさえ、上弦の鬼との闘いには苦戦を強いられ再起不能に陥る剣士もいました。 上弦の中でも随一の実力を誇る黒死牟との闘いは、まさに死闘となります。 そしてなんと黒死牟には鬼の中でも 特別な驚くべき能力があります。 それは、鬼殺隊と 同じ呼吸法を使い剣技で闘うということ。 黒死牟はという呼吸法を使い禍々しい剣で闘います。 鬼殺隊の剣士しか使えないはずの 呼吸法を操る鬼。 どう考えても絶望的です。 最強かつ最恐の鬼を本当に倒せるんでしょうか!? そして誰が倒すのでしょう? 気になりますよね…。 Ah… and mind your step. 4人の鬼殺隊の連携した剣技の末、黒死牟の首は斬られます。 そこには4人それぞれの攻撃すべてが欠かせませんでした。 それは、 霞柱が黒死牟に刀を突きさした攻撃です! そこから、不死川玄弥が黒死牟を南蛮銃でうちます。 銃の球には黒死牟自身の血鬼術が含まれていました。 その血鬼術で、黒死牟、霞柱を一緒に固定します。 この固定は失敗してしまいますが、 2度目の固定で黒死牟が動けなくなってしまいました。 その間に決定打の 岩柱と風柱の連携攻撃 ! 岩柱が彼の武器である鉄球を黒死牟の後頭部に直撃させ、その威力を増させるように風柱の日輪刀が鉄球に振りかざされます。 鉄球の勢いと日輪刀の勢いが合わさり、そのパワーはついに黒死牟の首を断つのです。 そしてこの命を賭けたこの闘いにて、 霞柱と不死川玄弥が犠牲になります。 には感動しました。 鬼殺隊は大変大きな戦力を失いました…。 これでになります。 悲しいですね。 ですが、この戦いは貴重な柱どうしの連携を見せてくれました! 色々な意味ですごい戦いでしたね。

次の

《鬼滅の刃》黒死牟(こくしぼう)の声優は〇〇さん!?徹底予想してみた

こくしぼう本名

『鬼滅の刃』黒死牟(こくしぼう)の素顔とは? 新刊単行本鬼滅黒死牟ファンな人はおすすめです — グレムトフォンテニスンバケット少佐 kokuou721 黒死牟(こくしぼう)は無惨が結成した最強とされる 12名の鬼【十二鬼月(じゅうにきづき)】の一人です。 戦闘力の強さは、異次元的強さと言われ無惨が一目置く存在でもあります。 では、鬼の中で一番強いとされる黒死牟の素顔についてご説明します。 黒死牟の素顔・強さは?:十二鬼月について 相変わらずパワハラ全快な無惨 響凱さんの時といい、この上司プレッシャーのかけ方が生々し過ぎる…… そして暫定的なパワーバランスが判明 十二鬼月上弦>柱>十二鬼月下弦なのね 累は家族ごっこで力を分け与えて弱体化してた説もあるけど、下弦の平均値が気になる — だみー poisonouspit 十二鬼月は『上弦の月・6名』『下弦の月・6名』に分かれています。 黒死牟は 『上弦の月』というボジションなので、かなりの強さであることがわかりますね。 そんな 『上弦の月』では刻まれた数字により強さを表しているようです。 黒死牟の素顔・強さは?:上弦の数字の意味 黒死牟の過去を考えたら、ある意味自分を目標に必死に強くなろうとしてる猗窩座は弟的な可愛さがあったのかも — N. 壱から順番に強いとされており 「入れ替わりの決戦」で鬼の強さを決めています。 そのため 壱の数字が目に刻まれている黒死牟が鬼の中で一番強い存在だと言えます。 では、実際に黒死牟と戦うと、どのような結果になるのでしょうか。 黒死牟と『鬼滅隊』との戦いの結末は? 黒死牟戦ノーダメRTA走者まだかな・・・ — 伊豆ジャルゴン 冬コミ新刊委託 jargon01 胡蝶しのぶが上弦の鬼との戦いについて話している場面があります。 上弦の鬼の強さは柱3人分の力に匹敵します。 「鬼滅の刃」コミックスより しのぶの言った事は現実となり、黒死牟の使うや鬼血術に苦戦する風柱・岩柱・霞柱の3名。 やっとしますが、鬼滅隊2名は死亡する結末となっています。 柱を3人相手にして一歩も怯まない姿が黒死牟の強さを象徴していますね。 そんな黒死牟の正体とは何なのでしょう。 黒死牟(こくしぼう)の正体は:本名はみちかつ!? 単行本派だから19巻までしかわからんけど…。 あがさねー。 煉獄さん回はガチ泣きした!ぼくは時透君と黒死牟が好きです!!!! — はさみうち mendokusai0308 『鬼滅の刃』第165話「愕然と戦慄く』(19巻)にて霞柱・時透無一郎と戦いの場で自分の名を明かしています。 名前は 継国巖勝(つぎくに みちかつ) ちなみに 霞柱・時透無一郎が継国の子孫であることも19巻で判明しました。 しかし、刀鍛冶の里にあった顔がそっくりなカラクリは名前が 「縁壱 よりいち)零式」なので別人のようです。 黒死牟と同じ顔の縁壱 よりいち)とはなんなのでしようか。 それでは、黒死牟と縁壱の関係について説明したいと思います。 黒死牟の正体は:始まりの剣士 死んでほしいとさえ思っていた弟縁壱が、死ぬまで自身が渡した笛を持っていたことに涙する黒死牟。 全てを捨てても追いつけず、臓腑を焼くような嫉妬に苛まれていた黒死牟が、死の間際に鮮明に思いだすのは縁壱の顔で、遺品の笛を持ち続けたところに愛憎入り混じった感情が表されています。 道中に鬼に襲われていた所を疎遠となっていた弟・縁壱 よりいち)に助けられ「鬼滅隊」になり、死ぬまでの巖勝のエピソードが描かれています。 「日の呼吸」の使い手であった弟・縁壱に指導を受け呼吸会得のため巖勝は、鍛錬に励みますが習得できませんでした。 代わりに「月の呼吸」を生み出す巖勝でしたが「日の呼吸」の劣化と考え、弟に剣術で負けていることに落胆します。 ある日、縁壱と同じ「始まりの剣士」特有のが巖勝も現れました。 そのアザを理由に巖勝は人生を大きく左右する決断をすることになります。 鍛錬を重ねる時間が欲しい… そう思っていたときに無惨が現れ巖勝を誘惑します。 「鬼となれば無限の刻を生きられる。 お前は技を極めたい。 私は呼吸とやらを使う剣士を鬼にしてみたい」 【鬼滅の刃】コミックスより そんな無惨の誘いを魅力的だと感じた巖勝は 寿命から解放され鬼となりました。 しかし死ぬ間際、鬼となったことを無意味だったと語る巖勝。 とても悲しい結末へとなってしまいます。 『鬼滅の刃』黒死牟(こくしぼう)の素顔と正体とは!?まとめ 今回は黒死牟の素顔や正体についてご紹介しました。 コミックを読むだけでは整理がつかない部分などを、まとめてみて黒死牟がどのぐらい強いのかや過去を再確認できました。 黒死牟が死に残るは無惨戦のみとなり『鬼滅の刃』の今後の展開に目が離せません。

次の

黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察

こくしぼう本名

十二鬼月の構成おらさい ここでは、鬼舞辻無惨に属している上弦を紹介するのだが、その前に下弦も含めて十二鬼月の序列や下克上システムをさらっと紹介しておきたい。 出典:鬼滅の刃6 吾峠呼世晴 集英社 十二鬼月はその名の通り十二名の鬼から構成されています。 上弦は壱から陸(ろく)、下弦も壱から陸(ろく)までいます。 上弦の壱が一番強くて、下弦の陸が一番弱い。 つまり、与えられた数字がそのまま十二鬼月内での実力ということになる。 上弦の鬼たちは、いずれも両の目に数字が刻まれているのに対し、下弦は片目のみ数字が刻まれているという違いがあったります。 十二鬼月 上弦 下弦 壱 黒死牟(こくしぼう) 壱 魘夢(えんむ) 弐 童磨(どうま) 弐 轆轤(ろくろ) 参 猗窩座(あかざ) 参 病葉(わくらば) 肆 半天狗(はんてんぐ) 肆 零余子(むかご) 伍 玉壺(ぎょっこ) 伍 累(るい) 陸 堕姫(だき) 陸 釜鵺(かまぬえ) 下克上方式採用と無惨の短気 十二鬼月を束ねる無惨さんは、強い鬼になってもらうべく順位入れ替えのための 血戦(けっせん)を認めています。 血戦とは、下位の鬼が上位の鬼に入れ替わりを賭けた戦いを挑むことができるというもの、下位の鬼が勝てば十二鬼月の順位が入れ替わる。 一見するとナイスな制度と思いきや、無惨さんの短気クセが出て負けた鬼を生かしておかない可能性もあるため、鬼たちにとっては命を懸けた戦いなのかもしれないw 現に下弦の伍・累(るい)が倒されたときには、他下弦の鬼全員がとばっちりをくらい、無惨さんによって全滅させられてます。 上弦がクソほど強い理由 そのため、下弦はすでに誰一人としていません。 多くの下弦は鬼殺隊にではなく、無惨の短気により死亡しています。 鬼を倒すための刀。 鬼殺隊になるための最終選別合格者に与えられる刀。 特別な鉱石でできており、鉱石は隊士自らが選ぶ 下弦の伍・累(るい)と炭次郎との戦いで、ヒノカミ神楽の呼吸で首をはねたとき累は生きてはいた、けど、これは日輪刀で首を切る前に自ら頭部を切り離していたから生きていた。 炭次郎の剣技は累のスピードよりも遅かったため、あのときタイミングよく切り離すことができたというわけ。 富岡しかり、柱だったら確実に首チョンパされている。 日輪刀で首をはねれば鬼は死亡する、、、はずなのだが、音柱・天元により堕姫の首は確かにはねたのだが、それでも倒れることはなかった。 妓夫太郎・堕姫の血鬼術 堕姫(妹)は帯使い 堕姫の血鬼術は帯を使った攻撃もろもろ、攻撃はもちろんだが、食糧のために確保した人間を帯の中に収納することもできるッ! 出典:鬼滅の刃10 吾峠呼世晴 集英社 堕姫の帯は通常花街のあちこちに張り巡らされており、日夜獲物となる人間を品定めしている、だが、帯が堕姫の元へと戻ることで本領が発揮される。 ただ、それでも音柱・天元から言わせれば上弦の実力が全く感じられないほど弱い。 実際、堕姫単体では上弦になれる実力は確かにない。 妓夫太郎は普段は妹の体内に潜んでいる 妓夫太郎は己の血を武器に攻撃してくる。 さらに愛鎌の「血鎌(ちがま)」を使用、鎌には猛毒が塗られておりかなり厄介だ。 出典:鬼滅の刃11 吾峠呼世晴 集英社 さらに兄は妹を操りながら戦うこともできる。 己の視界と妹の視界、妓夫太郎は二人分の視界情報を得ながら戦いに活かすことができる。 兄と妹の二人一組の鬼だが、戦いでは兄のコントロールの元戦う。 ちなみに、兄が出てくると妹の額に第三の目が開眼するが、情報をより多く収集するためのものと思われる。 妓夫太郎・堕姫は二人同時に首をはねることで倒せた。 百年越しに上弦の陸を撃破!しかし、すぐに新しい陸が登場することに。 新・上弦の陸 獪岳(かいがく) 堕姫ら旧・上弦の陸の代わりに新たに陸になったのが獪岳。 上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)により血を分け与えられ鬼と化した元雷の呼吸の鬼殺隊。 善逸の兄弟子! そんな縁もあってか、獪岳は善逸とタイマン勝負に挑んでいる。 元鬼殺隊のため呼吸も操ることができ、しかも人間の頃は相当な使い手だったようだ。 雷の呼吸の使い手 雷の呼吸には六つの型が存在する。 善逸は壱ノ型しか使えなかったが、獪岳は壱ノ型以外のすべての型を習得済。 強くなるためなら土下座だろうが泥水をすすろうがまい進し続けるタイプ、そして、いつしか人間をやめて鬼へとなってしまった。 出典:鬼滅の刃17 吾峠呼世晴 集英社 原作では善逸の型は白い雷だが、獪岳の型は黒い雷と描き分けられている。 善逸とのタイマン勝負では、早さにおいては善逸が一歩リードしていた。 だが、技の多様さや威力においては獪岳が圧倒。 鬼になったことで身体能力が爆上げされた上に、呼吸法でさらに強化。 鬼殺隊の呼吸法の要は肺の強化にある。 人間を捨てたことで雷の呼吸の威力が上がったことは当然といえば当然だ。 上弦の伍・玉壺(ぎょっこ) 出典:鬼滅の刃13 吾峠呼世晴 集英社 上弦の伍は壺に棲みつく鬼という、他の上弦とは一味違ったタイプの鬼、そしでその容姿は気持ち悪さ甚だしいw 自称芸術家を気取っているが、その美意識はツギハギとシンメトリー。 複数の人間の部位をツギハグことが彼なりの芸術らしい。 また、左右対称がお気に入り。 玉壺の容姿を見ても、左右対称になっています。 ちなみに玉壺の目の部分は口で、口の部分が目だ。 玉壺の血鬼術 玉壺の血鬼術は、壺を媒介にして技を繰り出していく。 壺から生物を生みだしたり、壺から壺へと瞬間移動することもできたりする。 技のレパートリーはさまざまだが、必ず壺を媒介していているのが特徴といえそう。 ただし、真の力は壺から出たときに現れる! 霞柱・時透無一郎との戦いで見せたのが玉壺の真の姿。 皮膚がクソほど硬く、金剛石よりも硬いんだとか、さらに拳もヤバメ。 生物・無生物関係なく、玉壺に触れられるとそこから鮮魚がわんさか出る。 攻撃に当たるのはもちろん、 触れただけでもアウト。 上弦の肆・半天狗(はんてんぐ) 上弦の肆は半天狗(はんてんぐ)。 いつもビクビク怯えている鬼で、命の危険が迫れば迫るほど強さを見せていく鬼だ。 炭次郎たちが戦ったときには、全部で六体の鬼が登場していたが、これはすべて本体である半天狗が血鬼術で生み出した鬼たち。 なら、本体の半天狗はどんな奴なのか? 出典:鬼滅の刃13 吾峠呼世晴 集英社 ちっさ! その容姿は小さな鬼、小人鬼が半天狗の正体。 その姿はだいたい数センチ程度しかないが、鬼を生み出す血鬼術により今まで多くの鬼殺隊を倒してきたのだろう。 半天狗の血鬼術 半天狗は鬼を生み出す能力を持つが、実際には分裂している。 そのため、生み出せる数には限界があるようだ。 鬼の舌には漢字一文字が刻まれており、本体を見破る参考になる。 ちなみに本体は逃げるばかりで直接攻撃はしてこなかった。 半天狗が生み出した鬼たち 名前 舌 特徴 積怒 怒 雷を操る錫杖を持つ、怒・楽・哀を取り込むと「 憎珀天」になる 可楽 楽 風を操る団扇を持つ 空喜 喜 翼を持ち、超音波繰り出す 哀絶 哀 十文字槍の使い手、斬撃を打ち出す 恨の鬼 恨 巨大な鬼、心臓部に本体が隠れていた 憎珀天(ぞうはくてん)爆誕! 憎珀天は積怒の第二形態とも言える姿。 可楽・空喜・哀絶の三体の鬼を無理くり吸収させることで誕生する鬼。 強敵のさいに姿を現す! 炭次郎の活躍や、恋柱・甘露寺蜜璃の参戦により不利になったときに登場。 憎珀天は木操ることができるようで、木竜(木の竜)を操っていた。 太陽を克服した鬼!? 無惨でさえ太陽の下では歩けないのだが、この半天狗、太陽の下でも歩けるというスゴイ特技の持ち主であることも判明しています。 出典:鬼滅の刃14 吾峠呼世晴 集英社 そのカラクリは小人サイズの鬼なので、自ら生み出した鬼の体内に隠れていること。 ここなら太陽の光は届かないためようだ。 また、太陽の下でも血鬼術は発動したままであることが判明してるため、半天狗なら昼間でも人間を食い殺すことが可能、十二鬼月の中でも、実はかなりの逸材! 上弦の参・猗窩座(あかざ) 上弦の参は猗窩座、炭次郎と因縁のある相手でもあります。 武を極めるためのみ生き続ける男で、そのためなら人間を捨て去ることも厭(いと)わない! 全身に幾何学模様の入れ墨を入れているが、これは元人間だったときの名残。 罪人に入れられる入れ墨が、鬼になったことで全身に広がったようだ。 刀をはじめ武器は一切持ちいらず、己の拳のみで戦う。 猗窩座は「闘気」を感じとれる鬼でもあり、これが強さの秘訣であり、限界でもあった。 猗窩座の血鬼術と闘気 出典:鬼滅の刃7 吾峠呼世晴 集英社 猗窩座は相手の闘気を感じながら戦っていくスタイル。 そのため、彼の戦術のキモになってくるのが破壊殺・羅針である。 羅針とは、磁石を使い方位を知る道具、いわば方位磁石。 猗窩座の場合は、血鬼術により闘気を察知する技が破壊殺・羅針。 炎柱の煉獄さんや水柱の富岡と戦い、いずれも優勢。 とくに富岡は痣が発現し身体能力が一段階上がったにもかからず、猗窩座はなんなく対応しており、その強さがうかがえる! 闘気の向こう側 猗窩座は武を極めるために日々鍛錬をおこなっていたが、彼が言う「 至高の領域」に達することは結局できなかった。 体が透き通って見える世界。 炭次郎が半天狗戦ではじめて見せていた。 この世界に入ることでさらなる身体的向上が見込める。 上弦の弐・童磨(どうま) 上弦の弐は童魔。 万世教教祖として人間の世界に紛れ込んでいる鬼。 いつもニコニコ微笑を浮かべているが、感情の揺らぎがないだけ。 童魔は蟲柱・胡蝶しのぶと因縁がある鬼、しのぶもいつも微笑んでいるが、彼女の心は怒りで煮えたぎっていた点で童魔のそれとはまったくの別物。 鬼になったのは猗窩座より後ではあるものの、猗窩座をあっさり抜き上弦の弐へと上りつめたおとから、武を極める猗窩座にとっては憎らしい存在か。 童磨の血鬼術 童磨の血鬼術は氷を自在に操れる技だ。 愛用の武器は二つの黄金の扇。 そして対鬼殺隊との交戦にかなり長けていた鬼でもある。 今まで登場した上弦たちは、いずれも己の技と武器のみで戦ってきたが、鬼殺隊の弱点を狙った技はほとんど繰り出していない。 玉壺の水獄鉢くらいか 出典:鬼滅の刃16 吾峠呼世晴 集英社 鬼殺隊の弱点は肺。 身体強化のための呼吸法を潰せば弱体化は必須、だが、肺を狙った攻撃はあまり見られなかった、ところが童磨はまずはじめに肺を確実に潰しにかかってきた! 己の血を凍らせ霧状にする、血鬼術の一つ蓮華氷(はすはごおり)がまさにそれだ。 蟲柱のしのぶの肺を確実に潰すことで本来の力を封じこめた。 胡蝶家との因縁! 童磨は鬼殺隊の宿敵ではあるものの、とくに胡蝶家との因縁のある鬼でもあった。 花柱だった胡蝶カナエは童磨によって喰われてしまう。 現胡蝶家家主である胡蝶しのぶは、姉の仇をとるため童磨を追い続けていた。 そして、姉の仇は継子のカナヲも同じ気持ちであった。 胡蝶姉妹が童魔と戦う場面では、しのぶが対童魔のために自らの命を懸けた秘策を隠しもっていたことが明らかになった。 上弦の壱・黒死牟(こくしぼう) 出典:鬼滅の刃12 吾峠呼世晴 集英社 上弦の壱は黒死牟、十二鬼月最強の鬼。 特徴的なのが六つもある目、秩序にかなりうるさく、上下の鬼の規律は厳しい態度で接する。 また、額には 痣の発現が確認できます。 元鬼殺隊の一人として鬼を滅ぼす側だったが、無惨様にそそのかされ鬼へと堕ちた。 鬼化前の名前は継国巌勝(つぎくにみちかつ)。 戦国時代に生まれた「はじまりの呼吸の剣士」の一人だが、武のために邪の道を進んだバカ者である。 黒死牟の血鬼術 人知を超えた鬼の身体能力にプラスして、呼吸法によるさらなる身体強化(痣発現)により、他の鬼を圧倒する強敵とし柱に立ちはだかった。 出典:鬼滅の刃19 吾峠呼世晴 集英社 月の呼吸から繰り出される一振りには、斬撃の周囲に三日月型の不規則で細かい刃がついているのが特徴だ。 一つ一つの斬撃が変則的な軌道を描くため、回避するには剣士としてのこれまでの経験則が必要になる厄介な太刀筋だ。 天才剣士と評される霞柱の無一郎が手も足もでなかったのは、経験の少なさゆえに、黒死牟の剣技を読み切れなかったことが敗因だった。 あぁ無常!十二鬼月上弦メンバーまとめ 十二鬼月 上弦 下弦 壱 黒死牟(こくしぼう) 壱 魘夢(えんむ) 弐 童磨(どうま) 弐 轆轤(ろくろ) 参 猗窩座(あかざ) 参 病葉(わくらば) 肆 半天狗(はんてんぐ) 肆 零余子(むかご) 伍 玉壺(ぎょっこ) 伍 累(るい) 陸 堕姫(だき) 陸 釜鵺(かまぬえ) 十二鬼月が存在してるのは、青い彼岸花を見つけ出すという名目があります。 ただ、そもそもの話、これって無惨さんの凡ミスが招いた種でした。 出典:鬼滅の刃15 吾峠呼世晴 集英社 やってることが変わらない無惨 ムカついた相手を容赦なく殺してしまう、下弦を皆殺しにしたように、千年前も今もやってることが何も変わっていない無惨さん。

次の