トランプ 娘。 イヴァナ・トランプの若い頃の画像!大統領との離婚理由や慰謝料は?

イヴァンカ・トランプの夫や娘について。クリントンの娘とは親友?

トランプ 娘

クシュナー氏はハーバード大学を卒業し、ニューヨーク大学でも法学の学位と経営学修士(MBA)を取得。 トランプ氏同様、クシュナー氏も不動産業界の大物である父親の跡を継いだ。 彼の父チャールズ・クシュナー氏は、不動産デベロッパー、慈善活動家、そして民主党への大口献金者でもあるが、センセーショナルな刑事事件により、その評判は地に墜ちてしまった。 2004年、彼は脱税、証人買収、選挙資金の違法献金など計18件の訴因で2年間の実刑判決を受けた。 この裁判において、彼は、検察官に協力的だった義弟の評判を落とすために、売春婦を雇ってモーテルの1室で義弟と関係を持たせ、その様子を密かに撮影したビデオを義弟の妻、つまりチャールズ・クシュナー自身の妹に送りつけた。 奇妙な偶然だが、チャールズ・クシュナーを訴追した検察官は、現在のニュージャージー州知事で、やはりトランプ氏の顧問として活動しているクリス・クリスティー氏だった。 息子のジャレッド・クシュナー氏は正統派ユダヤ教徒で、妻のイバンカさんも結婚前にユダヤ教に改宗している。 クシュナー家ではユダヤ教の戒律に従った食事をとり、安息日を守り、ニューヨークのアッパーイーストサイドにある上流階級向けのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)に通っている。 反ユダヤ主義をめぐる論争 右派ウェブサイト「ブライトバート・ニュース」を主宰していたスティーブン・バノン氏は8月、トランプ陣営の責任者に就任。 当時の関係者によれば、トランプ氏とその子女、それにクシュナー氏がバノン氏のアドバイスと分析を信頼していることが明らかになったことを受けての動きだという。 「ブライトバート・ニュース」は、白人至上主義者、反ユダヤ主義者、その他多文化主義に反発する人々による緩やかなネット上での連携である「オルタナ右翼」運動と深い関係がある。 来年1月20日に大統領に就任するトランプ氏は、13日、バノン氏を首席戦略官・上級顧問に任命した。 クシュナー氏が経営する新聞で記者として働くユダヤ人のダナ・シュワルツ氏は7月、トランプ氏がツイッターへの投稿で、100ドル紙幣を背景にした「ダビデの星」の画像を使ってクリントン氏の政治腐敗を攻撃したことを批判。 その後、大量の反ユダヤ主義的なツイートを浴びせられたシュワルツ氏は、クシュナー氏に公開書簡を書いた。 シュワルツ氏の文面は、こうだ。 「あなたはどうしてこんなことを認めているのか。 そう、あなたがこれを認めている。 (トランプ氏の)背後に、娘婿であるあなたが黙って微笑みながら立つことによって、彼の支持者のなかでも最も憎悪に溢れた人々に、あなたは暗黙の承認を与えている」 クシュナー氏はこれに応え、オブザーバー紙に「私が見るところ、『レイシスト』『反ユダヤ主義者』といった非難があまりにも無頓着にやり取りされており、そうした言葉が意味を失ってしまいかねない」と書いた。 さらに、自分の祖父母はナチスによるホロコーストを免れた生存者だが、他の親戚はそうではない、と述べた。 「現実の危険な不寛容と、政治的な得点稼ぎのために応酬されているレッテル貼りの違いは分かっている」とクシュナー氏は書いた。 クシュナー氏は父親が有罪判決を受けた後、20代半ばにして不動産業界の主役となった。 2006年、彼が26歳のときには、単一のビル購入としては米国史上で最高額となる取引、すなわちマンハッタンの5番街にある41階建ての高層ビルを41億ドルで購入する案件を手配した。 クシュナー氏はその後、業界誌「リアル・ディール」に対し、「ニューヨークでは機敏に動かなければ、他人の後塵を拝してしまう」と語っている。 (執筆:Will Dunham 翻訳:エァクレーレン).

次の

トランプ氏、娘のブランド販売中止で百貨店攻撃 民主党は非難

トランプ 娘

政府機関オフィシャル画像(2020年2月) 生誕 イヴァンカ・マリー・トランプ Ivanka Marie Trump 1981-10-30 (38歳) 、、 国籍 出身校 職業 活動期間 - 政党 配偶者 (2009 - ) 子供 アラベラ・ローズ ジョセフ・フレドリック セオドア・ジェームス 親 (父) (母) 親戚 (曾祖父) (祖父) (同母兄) (同母弟) (異母妹) (異母弟) イヴァンカ・マリー・トランプ( Ivanka Marie Trump、名は日本語では イバンカとも 、 - )は、の女性、、 ()、 、大統領補佐官。 不動産王で第45代と実業家の娘であり、の副社長を務めた。 来歴 [ ] ニューヨークの名門女子校の一つである ()に通った後、15歳での校に転入。 同校卒業後、に2年間在学した後、にの一つ私立の(学士課程)に転入し優等 cum laude で卒業。 の号 bachelor of science in economics を取得する。 テレビでの活動 [ ] 幼少期から芸能界に興味を持ち、ミュージカル『』のオーディションを受けて落ちたことがある。 1997年に父がオーナーの一人である『』の司会を務め、テレビ界にデビューした。 に父が出演する『』第五シーズンで、審査員キャロライン・ケプチャーの代役として5話のエピソードに出演。 第六・七シーズンにはケプチャーに代わりレギュラー審査員となった。 同年『』にゲスト出演し、に口ぶりなどに父の影響が見られるとコメントされた。 、『』第四シーズン第六話に夫と共にした。 モデルとしての活動 [ ] 、モデルとしてデビュー。 両親の知名度もあり、すぐに注目を浴びた。 彼女が初めて表紙を飾った雑誌は「」で、のことだった。 それ以来、などの有名ブランドのファッションショーに起用されるようになる。 の広告に起用された際はイギリスの男性誌「 ()」、号の表紙を飾りフィーチャーされた。 これまで「」「」「 」「」などの表紙も飾っている。 実業家としての活動 [ ] 大学卒業後にいくつかの不動産企業で勤務した後、父ドナルドがCEOを務めるトランプ・オーガナイゼーションに入社し、不動産開発・買収部門のを務める。 父譲りといわれるビジネス手腕を発揮し、、パートナー企業であるダイナミック・ダイヤモンド・コーポレーションとオンライン・ジュエリー・ブティック『ivankatrumpcollection. com』を立ち上げた。 海外事業も多数手がけ、特に時給1ドルのを行っていたの工場に依存していたとする疑惑は物議を醸し 、批判された際は中国の国営紙が擁護の論陣を張り 、現地で労働実態調査していた活動家も中国当局に拘束されている。 中国政府関係者が関わってるとしてイバンカの関わった事業がで捜査されてるとも報じられ 、でイバンカの提携先の中国企業が対中関税を免除されたことや父ドナルドによるの販売禁止解除に伴ってイバンカが中国で申請していた商標登録が承認された際は市民団体や議会からであるとして追及を受けた。 1月、トランプ政権の間、トランプ・オーガナイゼーション及び自身のブランドの経営から退くことが発表された。 政治・要人としての活動 [ ] アメリカ大統領選挙に関して、には親友のの母親(元大統領夫人)へ1000ドルを寄付(同時に兄ドナルドは4000ドル、元継母のは1000ドルを寄付) 、 にはへの支持を表明。 翌のではのコーリー・ブッカーを支援し、夫とともに4万ドルの寄付を集めた。 で立候補した父ドナルドの政治活動でも出馬会見や集会で前座を務め、選対本部長や閣僚の人選に介入し 、トランプがをミサイル攻撃した際も決定を後押ししたとされ 、世界各国の指導者との会談に同席し、政府の役職に就かずして機密情報へのアクセス権とホワイトハウスに執務室を得る など父ドナルドの顧問となった夫とともにその絶大な影響力から「政治を私物化してる」という批判もあり 、「才色兼備」としても注目を集めている ことから父ドナルドの「秘密兵器」とも呼ばれている。 3月29日には無給の大統領補佐官に任命されて夫婦でホワイトハウス入りした。 同年5月、大統領の初外遊である中東歴訪に国務長官、夫のクシュナー大統領上級顧問とともに同行した。 同年、6月にで開催されたでは大統領に同行。 期間中に開催された「アフリカや移民に関する会議」では、席を外した大統領の代わりに一時的に着座、イバンカがのとのの間に座り、会議に参加している様子が報道された。 同年9月、当初計画されたイヴァンカと夫のクシュナーの中国訪問が中止され、首都で行われたの記念式典に夫婦揃って出席して中国の国務院副総理と会見した。 イヴァンカらの訪中取りやめは、中国との非公式な関係が政権の逆風となることを懸念したとが同年11月に予定するトランプ大統領の公式中国訪問を優先したことによるとされてる。 2月23日、に出席するためにを訪問し、韓国のとの会談で朝鮮半島の非核化を目指して北朝鮮に最大限の圧力をかけることを再確認した。 また、翌24日付ののインタビューで北朝鮮を抑圧的な政権の1つと非難して「北朝鮮から来る誰とも会う計画はない」と表明し 、ホワイトハウスも同日に「北朝鮮側と交流したり接触したりする計画はない」と述べた。 25日の平昌五輪の閉会式ではイバンカは文在寅大統領の妻の夫人と中国の劉延東国務院副総理の間に座って出席した。 26日に帰国し、北朝鮮関係者との接触はなかった。 5月14日、での在イスラエル米大使館開設式に夫のクシュナーとらとともに出席した。 2018年11月、公務に連邦記録規則に違反する私用メールを使っていたことが明らかになる。 他の大統領補佐官やホワイトハウスのスタッフに対する公務に関するメール数百通を私用のメールアドレスを通じて送信していた。 日本との関わり [ ] 11月、米ニューヨークにある米大統領の自宅にて、同氏と首相の非公式会談の席で、夫と共に安倍首相と初対面した。 7月、発展途上国の女性運営を支援する『女性起業家資金イニシアティブ』を、内に基金設立する発起人の一人として名を連ね、ハンブルク・サミットにおいて日本も含む13カ国が融資に協力を表明した。 しかし日本国内では「共同通信」「毎日新聞」「朝日新聞デジタル」「産経ニュース」などが『イヴァンカ氏基金』という私設と混同するような題目で報道をしたため、一部で物議を醸した。 同年11月、国際女性会議出席のため初来日。 安倍首相も同席して講演に臨み、女性の起業や自立を広く訴えた。 来日に伴い、本人がに立ち上げたファションブランド『イヴァンカトランプ』の商品が、日本国内で大きく売り上げを伸ばした。 しかしにブランドそのものが、政治的な理由もあって事業終了している。 6月、日本で開かれたG20大阪サミットにて、米大統領トランプの補佐官として夫クシュナー上級顧問と共に再来日。 会合にも出席し、女性の社会進出促進をテーマにした演説を行った。 夫ジャレッド・クシュナー 2017年4月 同母兄弟( - )と( - )、異母妹(の娘、 - )、異母弟(の息子、2006年 - )がいる。 に、不動産開発会社クシュナー・カンパニーズの跡取りで『』 のオーナーのと結婚。 に第一子となる女児アラベラ・ローズを出産。 に男児ジョセフ・フレドリックを出産。 に男児セオドア・ジェームスを出産 した。 娘のアラベラにはを学ばせており、にアラベラとともに中国大使館を訪問し 、訪米した習主席と夫人の前でもアラベラに中国語で唐詩と民謡のを披露させてる。 父のドナルドも訪中した際に孫娘のアラベラがを暗唱している動画を習主席と彭夫人に披露している。 のとして育ったが、現代正統派のユダヤ教徒の夫との結婚に先立つ2009年7月、を避けるために にし 、ヤエルというユダヤ名を選んだ。 を訪れた際はユダヤ教への篤い信仰と熱烈なへの支持も発言している。 ギャラリー [ ]• 2017年4月20日閲覧。 2008年11月18日閲覧。 2017年3月29日. 2017年4月21日閲覧。 New York Magazine、2004年12月13日号• ニューヨークタイムズ 2007年12月27日. 2008年9月14日閲覧。 コスモポリタン 2016年11月8日. 2016年11月14日閲覧。 marie claire. 2008年9月14日閲覧。 、2016年12月07日• ELLE Top Model n. 10 June 1996 p26-28• 2017年5月18日. 2017年5月31日閲覧。 2017年2月24日. 2017年5月3日閲覧。 2017年5月31日. 2017年5月31日閲覧。 2017年5月31日. 2017年5月31日閲覧。 2018年3月2日. 2018年4月7日閲覧。 2018年5月29日. 2018年8月19日閲覧。 NY magazine、2017年1月11日• WWD Japan、2017年1月11日• 、April 23, 2007• 、July 17, 2013• 2016年7月21日. 2016年10月14日閲覧。 2016年11月14日. 2016年11月14日閲覧。 2016年11月12日. 2016年11月12日閲覧。 2017年4月14日. 2017年4月20日閲覧。 2017年3月22日. 2017年3月27日閲覧。 2016年11月24日. 2016年11月25日閲覧。 2016年11月19日. 2016年11月21日閲覧。 2016年1月24日. 2016年2月22日閲覧。 2016年2月21日. 2016年2月22日閲覧。 2017年7月9日閲覧。 2017年7月9日. 2017年7月9日閲覧。 2017年9月18日. 2017年10月5日閲覧。 2017年9月28日. 2017年10月5日閲覧。 2017年9月20日. 2017年10月5日閲覧。 2018年2月23日. 2018年2月26日閲覧。 2018年2月24日. 2018年2月26日閲覧。 朝日新聞 2018年2月25日. 2018年3月1日閲覧。 BULGARIAN NEWS AGENCY 2018年2月25日. 2018年2月26日閲覧。 産経新聞 2018年2月27日. 2018年3月1日閲覧。 2018年5月15日. 2018年5月25日閲覧。 朝日新聞2016年11月18日• HUFFPOST 2017年11月03日• 読売新聞 2017年11月02日• 産経ニュース 2017年11月3日• 女子SPA! 2018年7月28日. 2018年8月18日閲覧。 時事ドットコム 2019年6月29日. 2019年6月29日閲覧。 , New York Times• LexiB 2009年10月26日. "LexiB. net". 2009年10月26日閲覧。 People. com 2009年10月25日. 2011年2月21日閲覧。 Herald Sun. July 17, 2011. Retrieved July 17, 2011. Washington Post. July 17, 2011. Retrieved July 17, 2011. Trump, Ivanka 2013年4月11日. Twitter. 2013年5月21日閲覧。 Trump, Ivanka 2016年3月29日. CNN. 2016年3月28日閲覧。 2017年2月3日. 2017年2月8日閲覧。 2017年4月7日. 2017年4月9日閲覧。 2017年11月9日. 2017年11月9日閲覧。 2016年6月23日. 2016年11月15日閲覧。 2008年10月30日. Messer, Lesley. , , July 17, 2009. Accessed February 23, 2014. The View, October 26, 2009• 2016年10月28日. 2016年11月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 IvankaTrump -• IvankaTrump -• - Jewelry Collection• - (英語).

次の

イヴァンカ・トランプ

トランプ 娘

イヴァンカ・トランプ氏=2016年1月29日 出典: 金持ちの娘だけど、腐っていない 1981年10月生まれのイヴァンカ氏。 母親はトランプ氏の最初の妻で、チェコ出身のモデルです。 母親自身も「美人」で実業家。 まさに富と美貌を一身に集めて生まれました。 しかし「銀の匙をくわえて生まれてきた(裕福な家に生まれた)」にもかかわらず、イヴァンカ氏は努力家としても知られています。 自立するためにアルバイトも経験していたと言われています。 ちなみに、そのアルバイトはモデル。 79メートルの長身を生かし、16歳の時にモデルデビューし、最初に表紙を飾った雑誌は『Seventeen』でした。 その後『ELLE』『Harper's BAZAAR』などの著名ファッション雑誌にも登場しています。 また、就職は、あえて一族の企業ではない、他社の不動産会社「Forest City Enterprises」に入ります。 2007年12月のニューヨークタイムスの報道によると、当時の経営者Bruce Ratnerは次のように振り返っています。 「彼女は何でもやりました。 地に足がついた態度で(down to earth)、何の特権もなく、ほかの人と同じように働きました」 高学歴と経営者、完璧な家庭 しかも、イヴァンカ氏は有名大学出身で、成績も優秀でした。 イヴァンカ氏の公式サイト「Ivanka Trump Collection」によると、彼女は2004年にアメリカの名門ビジネススクールであるウォートン・スクールを首席で卒業しています。 その後、一族企業の「トランプ・オーガナイゼイション」の副社長を務めながら、兄弟の Eric と Donald Jr. と一緒にthe Trump Hotel Collectionを創設し、さらに彼女自身がデザイナーもつとめるオンライン・ジュエリー・ブティックのIvanka Trump Collectionも立ち上げ、働く女性のためのジュエリーや靴などのファッションアイテムを提供しています。 Ivanka is the Founder of the Ivanka Trump Collection. She graduated from the Wharton School of Business at the University of Pennsylvania in 2004. トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年12月7日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年10月14日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年11月10日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年11月10日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年12月8日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年5月5日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年5月5日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年6月16日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年9月25日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年9月25日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2015年9月25日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年1月18日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年1月18日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年1月18日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年1月29日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年1月29日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年2月10日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年2月1日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年2月1日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年2月9日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年2月9日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年2月9日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年4月6日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年4月7日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年5月3日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年5月3日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年5月4日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の娘、イバンカ・トランプ氏=2016年5月4日、ロイター 出典:REUTERS トランプ氏の応援演説をするイバンカ・トランプ氏=2016年2月、ロイター おすすめ記事(PR)•

次の