いただき ます 手 を 合わせる。 ご飯を食べる前、手を合わせて食べないのって変ですか?

食事前の手合わせは某宗教の習慣?

いただき ます 手 を 合わせる

書き下ろし 兵庫県 ・盛重寺住職 平尾宗信 お寺にお参りに来ると手を合わせます。 法事やお葬式の時も手を合わせますね。 仏教ではまず手を合わせる事から始まります。 右手と左手を合わせるから「合掌」といいます。 神社にお参りしても「かしわ手」といって合掌と形は少し遣いますが手を合わせます。 また仏教や神道だけでは無く、キリスト教や様々な宗教でも手を合わせるという事からスタートします。 では何故手を合わせるのでしょうか。 右手と左手というのは同じ手でありながらそれぞれ役割があり、常に違った働きをしています。 右手が箸を持てば左手はお茶碗を持ちます。 右手がペンを持てば左手は紙を押さえます。 また右手を私とすれば左手は相手となります。 仏教では右手が私なら左手が仏様、神道では右手が私なら左手が神様となります。 仏様と自分とが一つになり、神様と自分とが一つになります。 ご飯をいただく時にもまず手を合わせますね。 食事をいただく時には、食材の命と自分の命が一つになる。 相手と自分とが一つになるというところから始まります。 ひいてはこの世に生きるもの全ては姿形は違い、様々な役割があり、違った生き方をしていますが、決して別々のものではなく皆同じです。 皆寸分変わらぬ同じ命を持って生まれて来ています。 その同じ命が一つになるのです。 草も木も、太陽もお星さまも、神様も仏様も皆自分と一つになるのです。 そこにはなんの差別も隔たりもなく、喧嘩も、戦争もありません。 それが合掌の心なのです。 両手を合わせる、両手でにぎる、両手で支える、両手で受ける、両手の愛、 両手の情、両手合わしたら喧嘩もできまい、両手に持ったらこわれもしまい、 一切衆生を両手に抱け (坂村真民『両手の詩』).

次の

「手を合わせる」の意味と使い方・心理・マナー|仏壇/神棚

いただき ます 手 を 合わせる

作ってくれることは当たり前のことではありません。 いただきますはもちろんですが、たまには「いつもありがとう」と言ってあげることも大切かもしれませんね。 食べれることに対して また、いただきますは、ごはんを食べれることにも感謝。 食べれる体に生まれてこれたこと、食べれるという日常の行為ができることは、当たり前のようですがとても尊いことなのです。 自分の両親、先祖、また自分自身に心を込めて手を合わせましょう! ごちそうさまでした いただきますは大切なことですが、「ごちそうさまでした。 」も大切な言葉です。 武道にも用いられていますが、 食事も「礼に始まり礼に終わる。 」 いただきますと同じような意味を持っていますが、食事を作ってくれた人にあらためてお礼をするためや、いただいた命へのありがとうの意味を持っています。 まとめ 「 いただだきます」の言葉には多くの感謝の気持ちが込められており、1つの食事には、尊い命や料理になるまでに様々な人の労力が込められているのです。 また、「ごちそうさま」もいただきますと同様の意味を持っています。 どちらも一言ですんでしまう言葉ですが、意識して言うことで深いありがたみを感じることができます。 「自分1人では生きられないんだなー。 」とふと気づくきっかけになる言葉ですので、たまには感謝の気持ちを持ちながら、手を合わせてみると良いでしょう。

次の

[mixi]【シリーズ】いただきます★ごちそうさま

いただき ます 手 を 合わせる

右手を仏さま、左手を自分、そして両の手のひらをシッカリと会わせると… それは堅実心合掌と言って仏さまといつも一緒という祈りの姿。 その手のひらと手のひらのお腹の部分の力を自然に緩めてみると、 これが虚心合掌といって仏さまとともに自然に素直に祈る姿です。 そして、もう少し合わせた手のひらの間に空間を作ると… 何か蓮の花のツボミのように見えませんか? それが未敷蓮華合掌と言って 合掌するあなた自身の心に「仏さま」のつぼみが膨らんだ事を 表している祈りの姿です。 何はともあれ、合掌は自分は決して一人ではないという祈りの姿であると思います。 誰であろうと、どんな時であろうと、 決して人は一人ではなく仏さまと一緒であるという事を 思い出し、思い出させる祈りの姿ではないでしょうか? ゆうじ様 川口英俊でございます。 問いへの拙生のお答えでございます。 合掌に関しましては、以前にも下記の問いにてお答えをさせて頂きました。 問い「お坊さんに向かって合掌するのは何故ですか」 この際において、合掌は、如来の悟りの内実や働きを顕す手印の一つとしてご説明をさせて頂いております。 『・・私たちが普段行っている合掌は、「堅実心合掌」となります。 実は、密教においては、この右手と左手を組み合わせて、如来の悟りの内実や働きを顕すことを手印(しゅいん)と申しますが、合掌もその一つであって、多様な形態がございます。 私たちが合掌をするということの一つは、仏・法・僧の三宝に敬礼(きょうらい)するということ、更には悟り・涅槃を目指して精進努力致しますということの表れと言えるのではないかと存じております。 堅実心合掌も、悟りへと目指すための堅実な菩提心の表れと考えることができます。 ・・』 誠に合掌する度に、悟りへと向けた仏道に精進する気持ちを更に堅固なものとして、日々の行いを清く正しくより善くに調えて参りたいものでこざいます。 また、食事の際における合掌は、特に食させて頂くために死したる動物たちへと、あなた様の有り難く尊い「いのち」を頂いて、生かされてあることに感謝することから「いただきます」と述べて行うもので、少し堅実心合掌とは異なるものですが、無数の縁によりて生かされている自分の存在に気づき感謝するのは、仏教的にも大変に重要なことであり、支え合い、分かち合い、助け合いが大切となるこの世界において、思い遣りや慈しみ、利他の心、親切心・報恩心を滋養していく上でも大いに役立つこととなります。 どうか、自らも含めて、一切衆生がやがて皆、悟り・涅槃へと至れますようにと、拙生も日々「合掌」申し上げます。 あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか? 友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。 そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。 なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。 心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

次の