マイクラ fill コマンド。 【Minecraft】プレイヤーの周囲の水を消すコマンド:いおた@マイクラ日誌

マイクラのアイテムID・ブロックID全1360種一覧!JE/BE対応 | nishiのマイクラ攻略

マイクラ fill コマンド

記述はFillではなく fill。 小文字であることに注意。 コマンドの性質からサバイバルではお勧めしませんが、クリエイティブモードでは整地をする際によく使われるコマンドです。 選択範囲が32768ブロックを超えてしまうとコマンドは失敗してしまうので注意。 ブロックIDの後に続けて記述します。 指定した範囲でブロックを置き換えるfillコマンドですが、元からあるブロックをどのように処理するかも指定することができます。 replace 範囲選択したすべてのブロックを指定したブロックに置き換えます。 何も記述しないと、デフォルトがreplaceになります。 hollow 範囲選択した枠部分のブロックを指定したブロックに置き換えます。 置き換えられたブロックの内側は空気ブロックに置き換えられるので、大きなビルを建てたりする時にも重宝します。 keep 範囲選択したブロックで、空気部分のブロックを指定したブロックに置き換えます。 空気を水に変えたりする時に使用するのかな。 outline 範囲選択した枠部分のブロックを指定したブロックに置き換えます。 hollowと違い、置き換えられたブロックの内側は影響を受けず、そのままの状態で残ります。 その中は空間になる。

次の

コマンドのベテランに学ぶ「/Fill」コマンドの使い方と建築における具体例まとめ

マイクラ fill コマンド

fill 制限 初導入 () () 指定したブロックで一部もしくは全てを埋める。 Java Edition fill [データ値 状態] [元のブロックの処理] [データタグ] fillコマンドは replace を用いることで、別の構文が存在する。 fill replace [ replaceTileName] [ replaceDataValue]• Bedrock Edition fill [ tileData: int] [ oldBlockHandling: string] [ replaceTileName: string] [ replaceDataValue: int] 色マーカーは読みやすくするためのものである。 引数 x1 y1 z1 と x2 y2 z2 BE: from: x y z and to: x y z ブロックで埋めるための範囲(以下、選択範囲)を任意の2点 x1 y1 z1 と x2 y2 z2)を対角に取ることで指定する。 を使用することでコマンド実行の際に相対距離を指定できる。 選択できる範囲は32768ブロック以内までに限る。 The blocks that make up the corners extend in the positive direction from the coordinates used to identify them. For example, 0 0 0 0 0 0 has a 1-block volume, and 0 0 0 1 1 1 and 1 1 1 0 0 0 both identify the same region with an 8-block volume. ブロック PE: tileName: string 選択範囲内を埋めるブロックを指定する。 で指定し、 minecraft:stone というように記述する。 データ値 PE: tileData: int 省略可能 埋めるブロックに使用するデータ値を指定する。 0~15である必要がある。 指定したブロックに見合うものである必要がある。 有効なブロック状態はブロックによって異なるため、ブロック状態の記事を参照。 元のブロックの処理 PE: oldBlockHandling: string 省略可能 次のうちのどれかを選択する。 destroy - 指定したブロックで選択範囲内の全てのブロック(空気ブロック含む)を破壊し、存在しているブロック 変更されていないものも含めて)とブロックの中身のエンティティがエンチャントされていないダイヤのやダイヤので採掘されたような状態でドロップする。 ただし、のようにはさみのみで採掘されるブロックや液体はドロップしない。 hollow - 指定したブロックで選択範囲の枠部分のみを置き換える。 内側のブロックは空気ブロックに置き換えられ、それらの中身はそれ自身ではなくエンティティとしてドロップする。 選択範囲が十分に小さく、内側が存在しない場合、 replace と同じような結果になる。 keep - 指定したブロックで選択範囲内の空気ブロックの部分のみを置き換える。 outline - 指定したブロックで選択範囲の枠部分のみを置き換える。 内側のブロックには影響を与えない。 選択範囲が十分に小さく、内側が存在しない場合、 replace と同じような結果になる。 replace - 指定したブロックで選択範囲内の全てのブロック(空気ブロック含む)を置き換え、ブロックや中身のエンティティはドロップしない。 必要に応じて、置き換えるために指定したデータタグを指定する代わりに、ブロックIDとデータ値を指定して置き換えるブロックを制限することができる(以下、 replaceTileName と replaceDataValue 参照)。 何も選ばなければ、デフォルトで replaceになる。 replaceTileName や replaceDataValue と組み合わせることは出来ない。 replaceTileName BE: replaceTileName: string 省略可能 replaceDataValue BE: replaceDataValue: int 省略可能 元のブロックの処理 が replace のときのみ、この引数は有効である。 もし replaceDataValue が指定されていなければ、はどのブロックでも無視される。 どちらの引数も指定していない場合、選択範囲内の全てのブロックが置き換えられる。 結果 次の場合、このコマンドは失敗する。 引数が正しくない。 選択範囲が描画されていない。 選択範囲が 32768ブロックを超えている。 データ値やデータタグが指定ブロックに見合わない。 ブロックが全く変更されなかった場合。 ただし、Bedrock Edition では、 選択範囲がどの辺も2ブロック以上の場合無制限に埋めることができる。 [ ] 成功すると、選択範囲を指定したブロックに変える。 このページの最終更新日時は 2020年4月20日 月 00:09(日時はで未設定ならば UTC)。 特に記載がない限り、内容はのライセンスで利用できます。 Game content and materials are trademarks and copyrights of their respective publisher and its licensors. All rights reserved. This site is a part of Fandom, Inc. and is not affiliated with the game publisher.

次の

【Minecraft PE】チートコマンド「Fill」を使って山を壊したりブロックを敷き詰めて埋め立てる整地方法

マイクラ fill コマンド

各アイテムのIDは、Java Editionではクリエイティブインベントリで確認することが可能です。 F3キーとHキーを同時に押して、高度な情報が表示される設定にします。 高度な情報が表示させる設定で、クリエイティブインベントリのアイテムにカーソルを合わせるとIDが表示されます。 統合版(BE)では、コマンドを途中までに入力するとアイテムIDの候補がアイコンと共に表示されるので、そこで確認することができます。 アイテムIDは、プレイヤーにアイテムを与えることができるgiveコマンドや、ワールドにブロックを設置することができるsetblockコマンド内で使います。 コマンドの入力については以下の記事で詳しく説明しているので、合わせて読んでみてください。 Java Editionは全てのIDが「minecraft:アイテム名」という形になっているのに対し、統合版は「minecraft:」がない形のIDです(実はJava Editionでもminecraft:の部分は省略できますが、記載するのが正式です)。 また一部のアイテムではアイテム名が異なっています。 そういったアイテムは、IDのあとに「データ値」を指定することによって種類を変更することができます。 例えば丸太はどちらも「log」というIDを使いますが、次のように記述することでそれぞれのアイテムを使い分けることができます。 setblockコマンドならIDの直後に、giveコマンドなら個数の後に半角スペースを入力し対応する数値を記述します。 丸太以外にも、石系のブロックやハーフブロック、色違いがあるブロックなどはデータ値によってアイテムを切り替えることになります。 Java Editionも1. 2以前のバージョンでは現在の統合版と同じ形式のIDだったので、古いバージョンで遊んでいる場合は統合版のIDを参考してみてください。 ということでマイクラのアイテムIDブロックID一覧でした。 燃えない木材や目には見えないブロックなど、特殊なブロックがいろいろあって面白いです。 ぜひあなたもコマンドを使って、たくさんのアイテムで遊んでみてください。 パーティクルIDは僕が載せたURLから行けると思います。 ぜひやってみてください。

次の