ホワイト国除外の理由。 韓国のホワイト国除外はいつから?パブリックコメントを残す方法も

韓国をホワイト国除外する理由はなぜ?日本と韓国への影響も解説!

ホワイト国除外の理由

妥当な判断である。 韓国の反発に揺るがず、国家の意志を貫いたものとして支持したい。 韓国には、日本から輸出された、軍事転用の恐れがある物資の管理体制に不備がある。 その改善に向けた信頼ある行動も期待できない。 そのような国の特別扱いをやめるのは当然である。 こうした当たり前のことすら遠慮してきたのが従来の対韓外交だった。 それをいいことに文在寅政権は反日的行動を重ねてきた。 だが、もはや韓国の日本に対する甘えは許されない。 そこを明確にした点でも、今回の決定は大きな意味を持つ。 輸出手続きの厳格化により、韓国企業のみならず日本側に影響が及ぶことも想定しておかなければならない。 そうであっても、未来志向の健全な日韓関係を築くための重要な布石だと認識すべきである。 韓国は、日本を翻意させるため米国の仲介に期待している。 だが、輸出管理をどう運用するかは、主権国家として日本が自ら判断すべき問題である。 PR 措置の是非を韓国と協議する必要もなければ、米国の仲介を受ける話でもない。 日本は粛々と必要な対応をとればよい。 ホワイト国からの除外は、先に決定した半導体材料の輸出管理厳格化に続く第2弾だ。 ホワイト国であれば、軍事転用が可能な品目の輸出手続きを簡略化できる優遇措置を受けられる。 韓国は日本側の一連の措置を、もっぱら「徴用工」訴訟をめぐる対抗措置ととらえ、世界貿易機関(WTO)ルールに反すると批判している。 だが、こうした指摘は的外れである。 安全保障上の輸出管理は、大量破壊兵器などの拡散を防ぐ措置であり、これを適正に運用することは、国際社会に果たすべき日本の責務だ。 自由貿易に反するどころか、これを悪用させないためにも欠かせない。 禁輸などの数量制限をかけるわけでもなく、優遇措置を外すだけだ。 韓国が日本の輸出品を適正に扱っているなら、日本からの部材供給が止まることはない。 ホワイト国は欧米中心の27カ国だが、アジアでは2004年に認めた韓国のみだった。 日本企業と密接なつながりのある台湾や東南アジア諸国もホワイト国ではない。 韓国はこれと同じ扱いに戻るにすぎない。 PR かねて日本は韓国に、兵器転用可能な品目の管理体制などが不十分だと懸念を伝えていた。 それでもホワイト国にしてきたのは韓国が適切に対処すると期待していたからだ。 ところが最近の韓国はそのための協議にさえ応じなかった。 信頼を裏切る行為である。 海外で日本を貶(おとし)める悪口を広め、自衛隊機には火器管制レーダーを照射した。 これでもかというほど反日行為を重ねながら、特別扱いだけは続けよというのは虫がよすぎる。 韓国は、日本側の根深い不信感を直視しなければならない。 その上で輸出管理体制の不備を改めるのはもちろん、国と国との約束を守り、信頼に足る国として振る舞う必要がある。 それとは正反対の反応をとる文政権には失望せざるを得ない。 文大統領は「状況を悪化させた責任は日本政府にある」「加害者である日本が、盗っ人たけだけしく大声を上げる状況は座視しない」などと、異様なほど強い言葉で日本を非難した。

次の

韓国を日本のホワイト国から除外するのは制裁や報復措置?分かりやすく説明するよ

ホワイト国除外の理由

全部の物資が、というわけじゃ無くて、特に中国に横流ししていたような物資に関しては、 過去三年間の実績を書け という欄がどうやっても埋められないでしょう。 中国に横流ししてました、管理してませんでした、紛失しました、どれもアウトでしょう。 実態として、フッ酸は、どう考えても必要な量の何倍もを輸入していたんで、どこか、あるいはかなりの会社が、輸入できなくなるでしょう。 只手続きが複雑になるんじゃありません。 悪事を働いていれば入手できなくなるんです。 そして悪事を働いていたんです。 サムスンだと、サムスンの海外工場へ流してないか、という辺りが怪しいでしょう。 やってないなら大丈夫では。 朝鮮人というのは5千年の輝かしい歴史を気付いてきた世界で最も優秀な偉い民族なんです。 ただし中国に次いで。 なのに、倭人如きが俺様に指図しやがって、ということです。 それ以上は、キチガイの考えることやることなので、考えるだけ時間の無駄です。 1)ホワイト国除外理由 単純に言えば、今回の3品目の「最終ユーザー」が、完全には追跡出来ない、と 言うことでしょう。 その理由を、韓国が認めてしまうと、潔白の証明をしようとすれば、「最終ユーザー」が 誰であるのか、韓国が追跡して、公表しなければなりません。 しかし、それは第3国への輸出や、背取り等にも波及するので、韓国としては そのアプローチは取れない。 そのため、「徴用工問題に対する経済報復」だと、論点をすり替えています。 韓国も日本の決定が覆らないことは承知していると思いますが、この論点の すり替えは、純粋に韓国の「国内問題」で、反日に強く出て、国内の支持基盤を 強固にするのが目的です。 WTOやあちこちの国際会議で、騒ぎ狂っているのも、「国内向けアピール」です。 「韓国政府は、こんなにも、あらゆる機会を通じて、反日してます。 」という事 でしょう。 2)サムスン電子 サムスンが動いたのは、当初だけで、後は静かではないか、と思います。 恐らく、「ホワイト国除外」の影響範囲が解ってきたので、「まっとうに輸入」し、 自社が「最終ユーザー」であれば、手間がかかるだけなのが、解ったのでしょう。 問題は、「最終ユーザー」を明示できない輸入業者で、恐らくは、韓国政府と 何らかの関係があれば、「最終ユーザー」との「契約不履行」が発生する 可能性が大きい、ということでしょう。 (日本は知ったこっちゃありませんが。 ) 3)怒っている理由 韓国は「情緒」の国、「ポピュリズム」の国なので、怒っているのは、 完全に「国内向け」だと思います。 文政権の政策は、あらゆる面で失敗しており、経済に関しては「ガタガタ」です。 本当なら、弾劾を受けるレベルなのに、「ホワイト国除外」をチャンスに、 反日をして、国内支持を確保したい、また、自分たちの「失政」の原因を 日本の「徴用工による経済制裁」に持っていきたいのです。 今後も韓国のヒステリーは継続すると思いますが、だからといって経済が 好転するわけでもなく、限界は近いように思います。 手厚く優遇してやるとそれが当然の権利と勘違いしだすのが朝鮮人です。 特別扱いを受ける自分はえらい人。 そーゆう思考の民族ですから逆に普通の扱いに戻すといえば見下されたと逆上するのです。 常に日本よりもえらいのだと精神勝利していないと安心できないのが朝鮮人。 まっ、ほんとのところを言えば、よその競業他社に対して有利な条件で商売させてもらっている特権をはずされたらたちまち立ち行かなくなるのが韓国の産業です。 日本がかつて独占状態でかせいでいた半導体業界が韓国へ移転したのも日米間の経済摩擦を回避するための方便でした。 日本の素材メーカーを存続させるための苦渋の決断として半導体生産工程を譲ったのです。 早い話し、韓国経由の迂回輸出ですね。 それを朝鮮人は日本から勝ち取ったと勘違いしてトチ狂っているんです。 今の状況はなるべくしてなったものであります。 恩を仇で返す朝鮮人に未来はありません。 砂上の楼閣が音を立てて崩れていきます。

次の

韓国はなぜホワイト国除外問題を大きくするのか

ホワイト国除外の理由

外務省で取材に応じる河野太郎外相=2019年8月22日、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社 輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する政令が施行 韓国を輸出管理の優遇対象国から外す政令が、28日午前0時に施行された。 韓国は輸出管理の対象として新たに設けられたA~Dのうち、グループBに位置づけられている。 世耕経済産業大臣)引き続き、外為法の規定に基づく厳格な審査に努めると共に、正当な民間取引であると確認できた輸出については許可をしていく方針であります。 いままで通り、粛々と運営していきたいと思っております。 飯田)閣議決定したのは今月(8月)の頭でした。 それが28日午前0時をもって施行されたということです。 高橋)予定通りですね。 飯田)これで完全に韓国へ、物が輸出できなくなるわけではないですよね。 高橋)品目も全部ではなくて、いろいろな段階でいろいろな規制があって、物によって違うので、それはよく見た方がいいと思います。 通常は許可を取るのが当たり前なので、これでどうということはないし、サムスンへの重要な物質も長期にわたって優遇ができるとわかっているので、それほど大きな話ではないのです。 ただ制度上、グループAではなくなるだけです。 日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説する文在寅大統領(韓国・天安)=2019年8月15日 写真提供:時事通信 韓国が問題を拡大させ、引き延ばす理由 高橋)それに対して、韓国の反応が過剰過ぎるのですよ。 GSOMIA破棄にまで持って行くようなことではない、輸出管理の話です。 管理の政令のところに理由が書いてありますが、それに沿ったものでないと日本としても対応できないのです。 そもそもGSOMIAの話は防衛省で軍事情報の話ですから、世耕さんに言っても関係ないのですよ。 韓国が「このように輸出管理をしています」と言えばいいのです。 日本から輸入したものはこうやって消費して、第三国へ輸出していると言えばいい。 逆にそういうリストを出して貰ったら、日本としては何もできないのですよ。 本当に横流ししているのではないかと疑ってしまいます。 飯田)日本が指摘しているのは、フッ化水素がイランやシリアへ渡っているということです。 フッ化水素はサリンの原料になるので、ちゃんと管理しましょう、だからリストを出してください、ということですよね。 高橋)側近のスキャンダルもあるし、自分の経済政策の失敗で、失業率が高くなっているのですよね。 飯田)特に若い人たちの。 高橋)そちらの話を隠したいのかと思ってしまいます。 FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00.

次の