セナルトン。 亀城市

「イライラするね」エヴァートン指揮官、アーセナル戦の判定に激怒

セナルトン

スラッターはその名の通りスライダーとカッター(カットボール)の中間の球種です。 このような名前の付け方としては、スライダー+カーブ=スラーブなどの例がありますね。 どういうボールをイメージするのかは人によりますが、個人的には速いスライダーというイメージよりも、曲がるカットボールと言う方がしっくり来るかなと思っています。 代表的なスラッターの使い手と言えば、阪神の藤浪投手、桑原投手や西武の菊池雄星投手などでしょうか 楽天の則本選手や横浜の濱口投手などは「スラッター」が自分の持ち球であると公言しています。 ネット上や記事のみではなく、プロの選手もその存在を認めているということになります スラッターの有効性 スラッターには具体的にどのような効果があるのでしょうか。 そもそもスラッターの元となるカットボールという球種は左投手なら右打者、右投手なら左打者に対して食い込むような軌道を描いて、打者にゴロを打たせるために生まれた球種です。 それに対してスライダーはカーブを高速化したものとも言われており(諸説あり)、空振りを取ることに特化した球種です。 スラッターはこの2つのいいとこ取りといったような球種と言えば分かりやすいでしょうか。 空振りも取れる球種であり、バットに当たってもゴロになる割合が比較的高い(個人差はあり)のが特徴です。 どんなにすごい曲がり方をする変化球でも打者に打たれたり、見切られたりしてしまえば意味がありません。 そのためにはより、真っ直ぐに近い軌道から曲げていくことが重要になります。 金子千尋投手は真ん中から球が各方向にズレていくのが自分の理想だと話していました。 そのイメージにも近い球種だと言えるでしょう。 抜け球のリスク 変化球で最も怖いのは抜けて甘いゾーンに入って長打を喰らうというのが最も怖く、投手が嫌がるポイントだと思います。 しかしスラッターは抜けた場合においても、ジャイロ気味になるため浮き上がる、もしくはそれに近い軌道になるため、抜け球でも空振りが取れることがあるのも特徴の一つです。 阪神ファンの方なら桑原投手が抜けたような球で三振を取っているシーンを見たことがあるのではないでしょうか。 あれがここで述べている抜けスラッターというものです。 あれがスライダー程度の球速なら捉えられてしまう確率も高いのですが、スラッターは球速もそれなりにあるため、空振りしてしまうということになります。 スラッター普及の理由 ここまで急速にスラッターが普及しているのにはおそらくその投げやすさも大きな要因の一つではないでしょうか。 例えばナックルが現代の野球に有効だ!という話題になったとして、1チームに5人も6人もナックルボーラーが出てくるとは思えません。 しかしスラッターを投げる投手はこれからますます増加していくものと思われます。 1チームから10人以上スラッターを投げる投手がいるチームも出てくるでしょう。 現代ではスライダー、カットボールはほとんど全ての投手が持ち球として備えています。 スライダーやカットボールを投げられるような投手であるならば少し意識を変える、握りを変える程度の工夫で投げられてしまう場合があります。 プロになるような投手は指先の感覚もバケモノのような人達ばかりなので、投げることはそう難しくないのではないでしょうか。 何故"今"ブームなのか どのスポーツにも時代によってトレンドがあります。 サッカーだったら4バックが流行ったり、3バックが流行ったり、0トップが流行ったりとか。 野球における現在のトレンドと言えばフライボールレボリューション(FBR)ではないでしょうか。 この流れは何故生まれたのかというと、少し前のメジャーは動くボールが流行していました(もちろん今も主流なのですが)。 その動くボールに対応するために、「動くボールだろうが、なんだろうが、全てのボールを打ち上げてしまえばいいんだ」という流れに至ります。 そこで次はスピードもあり、曲がりの大きな変化球が求められたという流れによって現在のスラッターのブームに繋がったのではないかと考えています。 スラッターはハイレベルな戦いによって生み出された新時代の変化球です。 おそらくスラッターに対抗するような戦術、技術も今後出てくることでしょう。 これからのより一層のハイレベルな戦いに期待したいですね。 ちなみに次の流行は高速チェンジアップだと個人的には思ってます。 スラッターがどんな球種なのか、どんな曲がり方で誰が投げているのかなどを知りたい方はこちらのraniさんの動画をご覧ください。

次の

阪神ドラフト2019|セナルトン|note

セナルトン

2年夏の甲子園では16奪三振完封という見事な投球を披露したが、それ以上にド派手なガッツポーズが話題に。 生え抜きの絶対的エース不在のタイガースに於いて、所謂「エース」となれる逸材。 夏の甲子園出場は叶わなかったが、予選では昨年よりも球速をUPさせ、スプリットの精度も向上しており確実に成長を遂げている。 プロでは今の大きなスライダー系統に加えてカット気味のボールを覚えることが必須となってくると思われるが、幸い阪神の2軍はこのスラッター習得に定評があり、あまり大きな心配は不要だろう。 U-18の大会でホームラン王を獲得するなど、バッティングも非常に魅力的。 手術歴のある膝の状態が不安視されており、守備・走塁の評価は高くなかったが、50m6秒3の足と遠投100mと本来は身体能力の高い選手である。 「金属打ち」との声もあるが、個人的にはそこまで違和感のあるスイングには見えなかった。 そもそも高校生で完璧なスイングができる選手など、ほとんどいないので、少しずつプロのレベルを経験することによって確実に成長していけるだろう。 以前、Twitterでも発言したように、ホームランの形を複数持っていることも評価できる。 前で捌いたようなホームランも有れば、しっかりと引き付けてパワーで放り込んだホームランまで様々な形を持っており、ホームランバッターとしての才能を感じる選手である。 しかし、これほど「将来性」豊かな投手もなかなかいない。 未完成ながら最速153キロを投げられるポテンシャルは間違いなく世代屈指だろう。 まずは2軍でしっかりと身体を作り、自分のフォームをしっかりと完成させることからのスタートになると思われるが、それが完成した時にはリーグを代表するサウスポーに成長できるのではないだろうか。 技術的な面では、ストレートとスライダーの2ピッチになってしまっているのが現状なので、高校時代にほとんど投げていなかったチェンジアップの精度を上げ、使用頻度をもう少し増やしていかなければならないだろう。 打撃は世代屈指の完成度を誇り、高校通算45発のホームランを放っている。 広角に打てるのも強みで、プロでは長距離というよりも中距離のスプレーヒッターとしての活躍を期待したい。 個人的には2Bとして大成するところが見てみたいが、本人は「ショート一本」と宣言しており、一学年上の小幡とのライバル関係にも注目だ。 1と評価している。 2塁へのスローイングタイムは1. 79というプロでも屈指の数字。 50m6秒3も捕手としてかなり優秀な数字でフットワーク面も問題なさそうだ。 捕手に求められる能力が年々高まってきている現代野球において、必要不可欠な能力は全て兼ね備えていると言えるだろう。 山田コーチの元で英才教育を受け、梅野の後釜として正捕手に育ってくれると期待したい。 持ち球はカットボールとチェンジアップと最近のトレンドをしっかりと押さえている。 1年時には熊本地震、その後も自身の怪我や部員の不祥事による出場停止処分を受けるなど、かなりの苦労人。 阪神得意の下位指名投手育成メソッドに乗り、下克上なるか。 000を超えることも珍しくなく、トップクラスの選手であることは疑いようのない事実だが、4年春の全国大会では打率1割、6三振とかなり厳しい成績で、惜しくも支配下指名を逃してしまい、入団会見で涙を流した姿は阪神ファンの胸を打った。 他球団に比べて右打ちの外野手が少なく、伸び悩み気味の選手も多いタイガースではチャンスも多いだろう。 持ち前のフルスイングを貫き、育成の星となれるか。 一方で成績的にはあまり芳しくなく、すぐに支配下というタイプの選手ではないだろう。 しかし、秘めたポテンシャルを一気に爆発させることができればチームの中核になることも十分にあり得る。 育成1位の小野寺同様、右打ちの外野手は枯渇しており、チャンスは間違いなくやってくる。 そのチャンスを一発でモノにすることができるか。 理想の選手像:大田泰示 全体的な指名プラン 今年の指名プランは皆さんもお分かりのように2軍・チーム全体の若返りでしょう。 矢野監督は明言していませんが、平均年齢31歳という異常な環境であった鳴尾浜へのテコ入れ、終盤戦で浮き彫りとなった先発投手の不在など、明確となっている課題にピンポイントの指名だったのではないかと思っています。 念願だった長距離砲候補の指名にも成功しました。 3位という事実が今回の指名をさせた理由だとするならば、矢野監督には感謝しないといけませんね笑 即戦力は必要ではなかったのか 個人的にはかなり満足しているこの「高卒ロマン」ドラフトですが、一方で 「上位で即戦力候補を指名するべきではなかったか」 という意見も散見されます。 確かに今シーズンの阪神タイガースは圧倒的な力を見せつけて優勝した訳でもなく、巨人と熾烈な優勝争いを繰り広げたわけでもありません。 リリーフ陣と終盤の神がかり的な連勝で3位に滑り込んだのが、チームの現状です。 しかし、そんなチーム状況にも関わらず、2軍からの突き上げはほとんど無いに等しく、江越・陽川・中谷あたりが交互に1. 2軍を行き来するのが恒例になっていました。 その上平均31歳というかなりの高齢化で、有望な若手がルーキーの小幡しかいないという異常事態でした。 即戦力を必要とする意見はもちろん正しいのですが、今後のチームの事を考えれば、どこかで大博打が必要だったのです。 所謂「高卒ロマンドラフト」という大博打が。 なので、それがたまたま今年であったというだけで、今後のタイガースにとっては必要であった指名であると私は考えています。 今オフ、タイガースは何をするべきか 上記にもあるように今年のタイガースはドラフトで来年すぐに活躍できるような選手はほとんどいないと考えていいでしょう。 しかし、現有戦力が他球団に比べて整っている訳でもありません。 なので、今オフは「補強」が間違いなく必要なシーズンになったと言えるでしょう ・ローテーションを張れる先発候補 ・4番候補のスラッガー獲得 この2つが実現しなければ来シーズンのタイガースは厳しい戦いを強いられる事になるでしょう。 もちろん現有戦力の選手がみんな成長してくれれば何の問題もないのですが、パワプロみたいに簡単に行くほど現実のプロ野球は甘くありませんので、補強は必須と呼べるオフになったということが言えるでしょう。 「若さ」は簡単に補強できない 戦力の補強としてはFA・新外国人獲得・トレード・ドラフト、というこの4つが主だって考えられます。 しかしFAは最低でも8年、新外国人も若い選手が来てくれることは稀ですし、トレードも色々な事情があるので、若い選手を簡単に放出するということはあまり考えられません。 「若さ」を補強できるのは今のプロ野球でドラフトしかないのが現状なのです。 阪神はチームに欠けている部分である「若さ」をドラフトで補強することに成功した これは疑いようのない事実なのではないでしょうか 今日は阪神タイガースのドラフト会議2019に関して色々と書いてきました。 個人的には応援してる選手がいっぱい入ってきてくれたのでめちゃくちゃ嬉しかったです笑 1人でも多くチームの戦力になることを願ってます。 最後まで読んで頂いてありがとうございました 去年のドラフトは大成功.

次の

前アーセナル指揮官のエメリがプレミア復帰へ…エヴァートン幹部と会談か

セナルトン

行政区画 25洞・18里を管轄する。 クァイル洞(クァイルトン)• 南山洞(ナムサンドン)• 南倉洞(ナムチャンドン)• 東門洞(トンムンドン)• 犂邱洞(リグドン)• 紡織洞(パンジクトン)• 芳峴洞(パンヒョンドン)• 白石洞(ペクソクトン)• 白雲洞(ペグンドン)• 上端洞(サンダンドン)• 上石洞(サンソクトン)• セゴル洞(セゴルトン)• セナル洞(セナルトン)• 西山洞(ソサンドン)• 西城洞(ソソンドン)• 城安洞(ソンアンドン)• 新興一洞(シヌンイルトン)• 新興二洞(シヌンイドン)• 薬水洞(ヤクスドン)• 陽下洞(ヤンハドン)• 駅前洞(ヨクチョンドン)• 雲陽洞(ウニャンドン)• 車興一洞(チャフンイルトン)• 車興二洞(チャフンイドン)• 青年洞(チョンニョンドン)• 金産里(クムサンニ)• 金豊里(クムプンニ)• 気龍里(キリョンニ)• 南山里(ナムサンニ)• 南興里(ナムンニ)• 大安里(テアンニ)• 東山里(トンサンニ)• 龍豊里(リョンプンニ)• 鉢山里(パルサンニ)• 白上里(ペクサンニ)• 新豊里(シンプンニ)• 五峯里(オボンニ)• 雲豊里(ウンプンニ)• 元鎮里(ウォンジンニ)• 朝陽里(チョヤンニ)• 中坊里(チュンバンニ)• 青龍里(チョンニョンニ)• 青松里(チョンソンニ) 歴史 現在の亀城郡の範囲は、1952年の北朝鮮の行政区画改変に形作られたもので、それまでは現在のを含んでいた。 1967年に市に昇格した。 年表 この節の出典• - 万年郡が置かれる。 - 亀州と呼ばれる。 - 定遠大都護府が置かれる。 朝鮮王朝時代 - 亀城郡、のち亀城都護府となる。 - 義州府亀城郡となる()。 - 亀城郡となる。 4月1日 - 郡面併合により、 亀城郡に以下の面が成立。 10面• 府内面・東山面・五峯面・芳峴面・西山面・蘆洞面・梨峴面・天摩面・沙器面・館西面• - 府内面が亀城面に改称。 10面• 12月 - 郡面里統廃合により、亀城郡亀城面・東山面・五峯面・芳峴面・西山面・蘆洞面および梨峴面の一部、院面の一部地域をもって、 亀城郡を設置。 亀城郡に以下の邑・里が成立。 1邑26里• 亀城邑・車興里・陽下里・東山里・金豊里・五峯里・気龍里・南興里・南倉里・雲陽里・雲豊里・白上里・西山里・犂邱里・上端里・龍豊里・南山里・朝陽里・鉢山里・青松里・王仁里・上石里・新豊里・中坊里・青龍里・吉祥里・大安里• 1邑2労働者区24里• 車興里および犂邱里・上端里の各一部が合併し、車興労働者区が発足。 南倉里および青松里の一部が合併し、芳峴労働者区が発足。 上端里・陽下里の各一部が亀城邑に編入。 - 吉祥里が元鎮里に改称。 1邑2労働者区24里• - 鳳鳴里の一部が元鎮里に編入。 1邑2労働者区24里• 10月 - 亀城郡が 亀城市に昇格。 16洞2労働者区19里• 亀城邑が分割され、東門洞・城安洞・駅前洞・青年洞・セナル洞・セゴル洞・西城洞・南山洞・白石洞・紡織洞が発足。 上石里が上石洞に昇格。 陽下里が陽下洞に昇格。 犂邱里が犂邱洞に昇格。 上端里が上端洞に昇格。 西山里が分割され、クァイル洞・西山洞が発足。 18洞19里• 車興労働者区が車興洞に昇格。 芳峴労働者区が芳峴洞に昇格。 20洞19里• 車興洞の一部が分立し、白雲洞が発足。 芳峴洞の一部が分立し、新興洞が発足。 25洞18里• 車興洞が分割され、車興一洞・車興二洞・薬水洞が発足。 新興洞が分割され、新興一洞・新興二洞が発足。 芳峴洞の一部が分立し、南倉洞が発足。 雲陽里が雲陽洞に昇格。 - 王仁里が金産里に改称。 25洞18里.

次の