お手紙 梅雨。 梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!|終活ねっと

梅雨見舞いの手紙や返信する相手に合わせた梅雨見舞い書き方例文procedure

お手紙 梅雨

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の

7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

お手紙 梅雨

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『 みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「初夏の候」と「初夏のみぎり」は全く同じ意味です。 ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。 「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。 また、「候」の読み方ですが、基本的には「 こう」と読みます。 初夏の候は「しょかのこう」と読みます。 時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。 麦にとってはこのころが刈り入れどきであり、稲でいう秋にあたるわけで、この名がつけられています。 (5月〜6月の茶色くなった麦畑を、秋のススキにたとえた季語ともいわれています。 ) 「プライベート」6月の手紙の書き出し• 梅雨前線が近づいてきました。 (お変わりなくお過ごしでしょうか)。 梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。 梅雨空のうっとうしい季節となりました。 (お元気でしょうか)。 梅雨空が恨めしいこのごろとなりましたが、(いかがお過ごしでしょうか)。 連日の雨も一休み、きょうは久しぶりの青空です。 (貴地方ではいかがでしょうか)。 毎日毎日よくもまあ飽きずに降るものですね。 (お元気でいらっしゃいますか)。 庭のあじさいが、雨に美しく濡れています。 (お健やかにお過ごしでしょうか)。 梅雨明けが待たれる今日このごろですが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。 梅雨が上がったとたん、真夏日を思わせるような毎日が当地ではつづいております。 梅雨明けの空がすがすがしい季節となりました。 (お健やかにお過ごしのことと存じます)。 今年はから梅雨だそうで、水不足が心配です。 (お変わりありませんか)。 山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。 (お元気でお過ごしのことと存じます)。 色鮮やかに咲く紫陽花のように、(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。 梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、…。 ここ数日、梅雨寒の日が続いていますが、…。 うっとうしい雨の日が続いていますが、…。 ここ二、三日、梅雨の中休みに入り、久しぶりに青空が広がっていますが、…。 今年は空梅雨らしく、早くも真夏を思わせる強い日ざしの日が多くなりましたが、…。 梅雨のない御地がほんとうにうらやましく…。 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが、…。 梅雨の晴れ間にのぞく青空に夏らしさを感じていますが、…。 衣替えの季節となりました。 衣替えを迎え、道行く人の装いにもしろがめだつようになりましたが、…。 せめて気分だけでもうっとうしさを忘れようと、新しいレインコートを買いました。 今年も、早くも半分を過ぎようとしていますが、…。 街はすっかり夏の装いに変わり、活気に満ちてきましたが、…。 夏本番も、もうすぐですね。 梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ、…。

次の

梅雨の手紙!挨拶書き出し例文や結びの言葉

お手紙 梅雨

梅雨の季節の挨拶文 走り梅雨 梅雨の走り、迎え梅雨 の季語文• 走り梅雨に漏れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。 今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気の日が続いております。 入梅を間近にひかえ、落ち着かないお天気が続いています。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り 入梅 の季語挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いております。 梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです。 ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いております。 入梅の報に気を曇らせる今日この頃、選択物が乾かない季節ですね。 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです。 梅雨の中休み 梅雨晴れ、梅雨の晴れ間 の季語挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の気配です。 梅雨も中休みとなったのか、今朝はさわやかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 梅雨も今日は中休みとか、久しぶりのお日様の陽射しが眩しいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、ひさしぶりの青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨 から梅雨、雨が少ない の季語挨拶文• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせるような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。 今年は空梅雨になるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 梅雨明け 出梅 前の季語挨拶文• 待ちに待った梅雨明けも、もうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。 梅雨明けも間近となり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨が明けたかな、と思うとまた雨。 もうたくさんですね。 お元気ですか。 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け 出梅 後の季語挨拶文• 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 梅雨明けの候、七夕飾りの商店街がにぎやかになってまいりました。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 梅雨も明け、海や山の恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが心配です。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 長雨 雨続き の季語挨拶文• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますが、お元気でしょうか。 連日の雨ですっかり気が滅入っているこのごろです。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお身体にはお気をつけください。 長雨が続き肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 長雨が続き、肌寒いような日もございますが、お元気ですか。 長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 雨また雨の毎日で、心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨寒 梅雨冷え の季語挨拶文• こちらでは、このところ梅雨冷えの日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調をくずされてはいませんか。 お元気でしょうか。 思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してまいりました。 梅雨の季節の結びの言葉• もうすぐ梅雨がやってまいります。 どうかご自愛専一に。 梅雨入りも間近ですが、お健やかな日々をお過ごしください。 梅雨も間近となっていますので、どうかおからだをおいといください。 思わぬ梅雨寒に、お風邪など召されませんように。 梅雨明けを心待ちにする毎日、どうかお元気でお過ごしください。 梅雨晴れの青空を期待しつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。 この梅雨を無事に乗り越えられますようお祈りいたしております。 こっちもCHECK!! 新年のご挨拶(目標記載)... 年始の挨拶メール... 年末年始の営業日を下記のとおりご案内申し上げます。... 季節の挨拶文1月のうち、主に1月の上旬に使用されるものの文例・例文集です。... 11月・霜月の結びの挨拶... 結びの挨拶(12月・師走)... ・年末でお忙しい毎日とは存じますが、どうか、ご自愛下さいますようお願い申し上げます。... ・いよいよ冬が近付いて参りした。 お身体ご自愛下さい。... ・秋冷、日増しに加わります。 よろしくご自愛のほどをお願い申し上げます。... ・年内も残り少なになって参りました。 この一年はどんな年だったでしょうか。... ・そぞろに冷たい日が続いておりますが、時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。... 新涼のみぎり、いよいよご多忙のことと存じます。... 敬老会が地域の方々のご尽力とこのように多くの皆さまのご参加により、盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上... 皆様にお集まりいただき、恒例の敬老の日の集いを開催できますことは、私ども一同喜ばしい限りです。... 7月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 11月の礼状の前文 結びの挨拶 書き方例文... 10月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 9月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 8月の礼状(手紙)の前文 結びの挨拶 書き方例文... 平成24年度 町内会納涼盆踊り大会の開催にあたり大勢の方々の御協力と、過分なる御芳志を賜り誠に有難うございまし... 今夕は蒸し暑い中をようこそおいで下さいました。 結びの挨拶。 残暑厳しきおり、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたします。... 残暑厳しき折ですが、皆様にはお元気にお過ごしのことと存じます。... 残暑ひときわ厳しく、体力維持に昼寝が欠かせない毎日です。... お盆休みを故郷で迎えるのが楽しみなころとなりました。... つきましては、ささやかではございますが謝意を表したく、にて別便お中元の粗品をお送りいたしましたので、ご笑納く... さて、本日お中元のおしるしまでに、別便にて心ばかりの品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸いです。... お中元を送る時期に役に立ちそうな、時候の挨拶(季節を表わす言葉)をご紹介します。... 5月(皐月)の書き出しの文例 「~の候」「~の折」「~のみぎり」をつけて使います 新緑 若葉 薫風 暮春 惜春 初夏...

次の