炭 カナ 子供。 竈門炭治郎は栗花落カナヲと結婚する?炭カナ公式カップルは恋人同士に?【鬼滅の刃最終回】|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

#炭カナ #竈門炭治郎 暁から東雲に至る頃

炭 カナ 子供

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】なぜ炭カナが人気? カナヲは何においても 自らの意思で決めたりすることはありませんでした。 物事を決定するときはコイントスで決めていたのです。 誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。 それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。 炭治郎とも、炭治郎が挨拶をしても、話しかけても、褒めても返事をせずにただ微笑むだけです。 そしてコインを取り出しコイントスをして炭治郎と話すかどうかを決めるのです。 なぜ自分で話すかどうか決めないのかと炭治郎が聞いても、カナヲは 全てどうでもいいことだから自分では決められないと話すのです。 それがカナヲの価値観でした。 炭治郎は、 この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言いました。 そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。 驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。 カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。 カナヲの手を取って炭治郎は励ましました。 そのコインを握りしめてから、 少しずつカナヲはかわいらしい人に変わっていきます。 主人公・炭治郎に出会ったことによって成長できるヒロインという事で、炭カナが人気なのだと思います。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】カナヲを上回る炭治郎の成長 現在、炭治郎の能力は 鬼殺隊の中で、評価はとても高いです。 身体的強化・周りとの共鳴効果をもたらす痣の発現は世代唯一である事から今後何か特別な待遇を受けるのは間違いないなさそうです。 また、 日の呼吸(全呼吸の原点)を使いこなすことにより鬼の滅殺は大幅に上がりそうです。 鬼殺隊の若手達がなかなか育たない中で、炭治郎たちが上弦の鬼を倒した時に蛇柱・伊黒が驚くシーンもあります。 機能回復訓練として、蝶屋敷の人々と炭治郎は訓練を重ねます。 懸命に修行をするうちに、 全集中の呼吸を覚え、自分よりもずいぶん強かったカナヲとの勝負で勝てるようになります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】カナヲは炭治郎に会って変わった? カナヲは何においても自らの意思で決めたりすることはありませんでした。 物事を決定するときは コイントスで決めていたのです。 誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。 それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。 しかし炭治郎と出会って、炭治郎から、この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言われます。 そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。 驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。 カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。 カナヲの手を取って炭治郎は励まされ、その頃からカナヲは少しずつ変わってきたのです。 昏睡状態の炭治郎が目覚めた時、みんなが集まって騒ぎ出すと、カナヲは一生懸命静かにしてと注意をするまでになりました。 自分の意思を主張することができるようになったのです。

次の

【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

炭 カナ 子供

丸い頭のつむじを見下ろしながら、ずいぶん熱心だなあと炭治郎は片目を瞬かせた。 薄暗い部屋はまだ起きるには早く、昨夜の疲れもあってまだ眠っていたいのだが、服越しとはいえこうも体に触れられて大人しく眠れる者がいるだろうか。 炭治郎が目を覚ましたのは、最近乳離れをした一番下の息子が久しぶりに夜泣きをしたわけでも、悪夢にうなされたわけでも、ならず者が家に侵入する気配を感じたわけでもない。 腕やら胸やら腹やらに触れる感触が単純にくすぐったかったからだ。 それが一緒に眠った愛しい妻の手によるものだと気付いたから、しばらくは目を閉じて眠ったふりを続けながら様子を伺うことにした。 昨夜散々愛し合って疲れているだろうカナヲが、眠る自分になにをするつもりなのか興味があったし、もし可愛らしく口付けでもされようものなら抱き込んで倍にお返しをしてしまおうと悪戯心が湧いたのもある。 それなのに、カナヲの触れ方はどうにも愛撫というには事務的で、なにか確認するような淡々とした手つきだったから、炭治郎は早々に自分が期待したようなことは起きないだろうと見切りをつけた。 こうして瞳を開けた炭治郎がその様子を見守りはじめてしばらく経つが、こちらが起きていることも気付いていない。 真剣さすらにじむ表情のカナヲに、いつ気付くのだろうかと炭治郎は口を挟まず好きなようにさせていた。 のだが。 その手がしきりに脇腹や腰を触り始めたものだから、いよいよ炭治郎は黙っていられなくなった。 流石に寝起きで腰回りを触られれば反応するものがある。 これで本人に煽ってる自覚がないのだからたちが悪い。 「くすぐったいよ」 「あ、炭治郎……」 遠回しな言葉だったが、手を止めてくれたカナヲとやっと目があった。 見上げる瞳にはやはり昨夜の名残は見えなくて、炭治郎は意識して呼吸を深める。 「おはよう」 「おはよ……まだ寝ててもいいのに」 「寝かせてくれなかったのはカナヲだろう」 「妙なこと言わないで。 炭治郎の方がよっぽど……」 むっと口を尖らせたカナヲはそこで言葉を切った。 瞳の奥の熱とほのかに色付く頰に、昨夜の事を思い返しているのだろうことが見てとれた。 表情とは裏腹に不機嫌さを感じさせる匂いはなく、恥ずかしいとか、嬉しいとか、そういった匂いがする。 ああ、なんと可愛らしいんだろう。 顔が緩むのを自覚しながら、炭治郎は黙ってしまったカナヲに続きを促した。 「よっぽど?朝からずいぶん積極的だから、足りなかったのかと思った」 「……そういうのじゃないって、わかってて言ってるでしょう。 炭治郎」 「うん、ごめん」 じとりと咎めるように見据えられて、炭治郎はすぐさま降参した。 これ以上は照れを通り越して拗ねてしまうかもしれない。 「それで、何か気になることでもあった?」 腰にある手をさりげなくとって指を絡める。 指先で手の甲をかくようにくすぐると、カナヲは存外素直に口を開いた。 「春先に、すみが結婚したでしょう」 「……ああ。 すみちゃん綺麗な花嫁さんだったなあ」 唐突な話題に話を逸らされたのだろうかと思わないでもなかったが、とりあえず話を合わせる。 蝶屋敷で看護婦をしていた少女のうちの一人、すみが祝言を挙げたのは、梅の花が香る早春の時季だった。 幸せそうに笑うすみを、カナヲもアオイもなほもきよも、時には涙ぐみながら祝福していた。 まだ鬼殺隊員だった頃、任務で怪我を負うたびに幾度となく世話になったのを思い出す。 初めてあった頃は幼く子供であった少女たちは、今や花も恥じらう乙女となって町の病院で看護婦を続けている。 「それでね、この間アオイと一緒にお宅に伺って、子供たちもおやつをもらったり喜んでて」 「うんうん」 「旦那さんは出かけてて会えなかったんだけど。 その旦那さんがね」 「うん」 「太ったんだって」 「太った?」 「うん、結婚する前に比べて、お腹が出るようになったって」 言われて炭治郎はすみの夫となった青年を思い出す。 中肉中背で穏やかそうな風貌をしていた彼とは、そういえば祝言以来で会ったことはなかった。 「あのね、結婚太りっていうんだって。 それでね、結婚太りは幸せ太りなんだって」 「幸せ太り?幸せだと太るのか?」 「わたしも、よくわからなかったけど……」 カナヲ自身疑問が残るようで首をかしげる。 お腹が膨れて幸せなことはあっても、幸せでお腹が膨れる経験はあっただろうかと炭治郎は自身を振り返った。 「それでね、炭治郎はずっと変わらないなあって思って。 背は伸びたけれど、お腹も出てないなあって」 ははあ、となんとなく炭治郎はカナヲの話と行動が繋がった気がした。 同時におかしくなる。 それを確かめるために、あんなに熱心に体に触れていたのだろうか。 見る機会なんてそれこそ昨晩何度もあったろうに。 「カナヲは俺に太ってほしいのか?」 そう尋ねると、カナヲはふと考えるように瞳を伏せて、すぐに首を横に振った。 「……ううん、そのままでいい。 そのままの炭治郎が、一番好き。 かっこいいよ」 「なんだかちょっと照れるな。 でも、カナヲに言われると嬉しい」 「ふふ……あ、でも」 「うん?」 「もしも太っても、きっと……私は炭治郎が大好き」 そういって見せた綻ぶような笑顔が少女のように可憐で、炭治郎の心も少年に戻ったようにときめいた。 夫婦になってからもう十年近く経つのに、未だにこんな瞬間が度々ある。 愛しく、尊いと思う。 「カナヲ、俺は幸せだよ」 ぎゅうっと柔らかい体を抱きしめると、カナヲは体の力を抜いて寄り添うように身を任せてくれる。 肩口に顔をうずめて深く息をすると、カナヲの香りで胸が満たされた。 柔らかくて甘い、炭治郎の好きなにおい。 「この気持ちを見せて証明することはできないけど。 カナヲと一緒になれて、子供にも恵まれて、家族で過ごせる毎日が何にも代えがたく大切で尊いと思うよ」 唯一生き残った肉親である大切な禰豆子が、信頼のおける善逸の元に嫁いでから、安堵と寂しさの中にあった炭治郎を支えてくれたのは他ならぬカナヲだった。 帰るべき場所になり、守るべきたくさんのものを作ってくれた。 溢れんばかりの感謝と愛おしさは、一生をかけて伝えていきたい。 「うん……わたしも、幸せだよ」 「俺と夫婦になってくれてありがとう」 「私もありがとう、炭治郎」 甘えるように細い腕が背中に回されて、トクトクと心臓の音が重なる。 服越しの体温とともにカナヲの気持ちが流れるように伝わってきて、満たされる側からもっと欲しくなって足を絡めた。 朝になったら母親になってしまうだろうカナヲを、もう少しだけ一人占めしていたくて、炭治郎は自分の体で隠すようにカナヲの体を抱きしめた。 [newpage] 「カナヲは俺が変わらないっていうけど、カナヲも変わらないな」 「私? 」 抱き合ったまま、体の稜線を辿るように手を滑らせると、擽ったいと笑ってカナヲが身じろぎする。 カナヲだって触ってただろうと返すと、ええ、と不満そうな声が上がったけれど、それきり何も言わなくなったから、炭治郎はそのまま細い腰に手を這わせた。 炭治郎と違ってカナヲの背は結婚当初の十代の頃からほとんど変わっていない。 妊娠も出産も経験している体がほとんど変わりもしないことの方が、炭治郎にはよほど不思議に思えた。 「カナヲだって変わらず細いまま……」 そこでふと、自分の胸を柔らかく押す双丘の存在を思い出して見下ろした。 やや乱れた寝間着の合わせからのぞく丸くて白い膨らみは、初めて肌を合わせた頃より確実に育って重さも触り心地も増している。 「な、なに……?私、もしかして太った?」 途中で言葉を切ったせいで、カナヲが慌てるようにわずかに体を離した。 よしんば太ったとしてそんなことで俺がカナヲを嫌いになるわけがない。 カナヲだって自分に対して先ほどそう言っていただろうに、同じ理論が自分に適応されるとは思っていない様子に少し寂しくなって、炭治郎は笑って首を振りながら細い腰を引き寄せた。 和ませるつもりでカナヲの胸の膨らみを包むように両手で触れる。 不思議に思って顔を見つめると、想定外の冷静な妻の瞳と目があって炭治郎は思わずたじろいだ。 「あの、」 「炭治郎、なんだかそういうの……ちょっと、おじさんみたい」 「え」 愛しい妻からの衝撃の一言に炭治郎の思考が停止する。 おじさん。 まだ20代なのに。 それはあんまりではないだろうか。 落ち込む炭治郎の様子を見て、カナヲが慌てて「中身だけだよ」と見当違いの励ましをする。 いや、それ本質的には励ましにもなっていないだろう。 なんだか今日はずっと振り回されている気がする。 これは一矢報いたい。 「きゃっ」 ごろんと体勢を変えてカナヲを押し倒す。 突然のことにカナヲは大きな目をパチパチと瞬いて呆けた顔をしていた。 対する炭治郎は意図してにっこりと笑いかける。 「おじさんを侮るとどうなるか、身をもって知ってもらおうか」 「……え?ちょ、ちょっと待ってたんじろ……え?まさか……」 戸惑うカナヲをよそに、炭治郎は白く浮き出た鎖骨に唇を落とすと強く吸い上げた。 赤く残る跡を舌で撫でると、そのまま着物の合わせ目に向かって這わせていく。 カナヲが制止するように肩を押さえたけれど、構わずにもう一つ吸い上げた。 「ま、まって炭治郎っ。 昨日たくさん……」 「先に煽ったのはカナヲだろう。 」 「あ、煽ってない!ダメだよ、みんな起きちゃう……」 「うん、だから声は我慢して」 「ちが、違う。 そうじゃなくて……っあ、あ、んっ……」 内腿を愛撫して硬くなった熱を腰に押し当てると、カナヲの体がふるりと震えた。 それが拒絶でなく、期待であることは鼻に頼らなくても明らかで、緩む口元を隠さずに帯を引っ張る。 あらわになった胸元に顔を埋めると、吸い付くような肌があたたかく迎えてくれるようで、炭治郎はまた一つ唇を落とすときつく吸い上げて跡を残した。

次の

炭カナ地雷

炭 カナ 子供

ついに最終回を迎えた大人気漫画「鬼滅の刃」最終回の205話では子孫たちの名前や年齢が明かされました。 子供の顔から、親の名前も推測できます。 最終回の205話に登場した、鬼滅の刃の子孫たちの情報をまとめました。 205話については別記事でまとめています。 その時に「ひいおじいちゃんが書いた嘘小説」という会話があることから、 炭治郎達の世代から3世代後の世界であることが判明しました。 顔が伊之助そっくり。 伊之助の結婚相手は誰かわからず。 神崎アオイの線が濃厚。 青葉のアオがアオイを匂わせますよね。 彼らは若くして命を落とした。 転生と思われます。 転生と思われます。 おそらく子孫で、鬼舞辻無惨の呪いが解けたため長寿になったと思われます すみ、きよ、なほ ランドセルを背負った小学生。 転生と思われます 鋼鐵塚さん おそらく子孫。 人物は描かれず、街中に「鋼鐵塚整備」と看板だけ登場。 鉄穴森さん、小鉄くん 小学生として登場。 子孫か転生か。 村田さん 学校の先生として登場(門を閉める)。 子孫かと思われます.

次の