弾性 ストッキング 看護。 弾性ストッキングは術後いつまで装着すればいいの?

弾性ストッキングとDダイマーの関係が知りたい|ハテナース

弾性 ストッキング 看護

弾性ストッキングと弾性包帯って何? そもそも弾性ストッキングと弾性包帯って何か。 弾性ストッキングって、 きつーい靴下のことなんです。 弾性包帯は、 硬くて丈夫な包帯のこと。 これを患者さんの下腿に巻き上げて使用します。 ふたつの主な違いは何?って聞かれたら、 弾性ストッキングは一定の圧をかけることができ、着脱も簡易。 弾性包帯は弾性ストッキングではサイズが合わないような足に、調整しながら巻き上げて圧をかけることができます。 って感じかな。 このふたつは、全身麻酔後の患者さんや整形治療中の患者さん、寝たきりの患者にとても重要なアイテムです。 まず、このふたつの「効果ってなに?」ってところから理解していきましょう。 弾性ストッキングと弾性包帯の【効果】 弾性ストッキングと弾性包帯の効果を知るためには、まず 「下腿」の解剖理解が必須。 下腿の血管は歩いたり走ったりすることで、筋肉が収縮して、血管のなかの血液を押し上げています。 「 筋ポンプ作用」とも呼ばれています。 画像引用:様 健康なひとは普段の歩行や運動で、下肢に血液が滞らないように、下肢の「筋ポンプ作用」が働いているんですね。 下肢に血液が滞り、筋ポンプ作用が働かなくなると、下肢の血管内に「血栓」ができてしまいます。 血液は流れていることで、固まらないようになってますからね。 なので、普通のひとは下肢の血栓ができたりすることはありません。 だけど、なんらかの病気で入院している患者さんって、 安静や麻痺、意識レベル低下が原因で、なかなか歩いたりすることができません。 下肢や骨盤、腰部などの骨折や外傷がある場合、安静が必須。 こういった病気をきっかけに歩行しなくなった患者さんは、下肢の血管に血液が滞って血流が悪くなります。 血栓ができる可能性が高くなるわけです。 そうならないように、足を外部から圧迫して血液が滞らないように助ける。 つまり、筋ポンプ作用の筋肉のような働きを代わりにしてくれるのが、「弾性ストッキング」もしくは「弾性包帯」なんですね。 どれくらいの圧が必要なの?? 理想的な血栓予防のための圧迫圧は• 足首 18mmhg• ふくらはぎ 14mmhg• 膝窩部 8mmhg• 大腿下部 10mmhg• 大腿中間部 8mmhg だといわれてます。 (sigelらの研究より) 弾性ストッキングと弾性包帯の【目的】 以下のようなひとは、下肢の血流が悪くなりやすく、下肢に血栓ができやすいリスクがあります。 寝たきり• 術後や治療等、長時間にわたり安静が必要な人• 立ち仕事• 極度の肥満• 長時間同じ体勢でいる人(エコノミー席での長時間フライト等) 長時間同じ体位でいたり、急激な体型の変化で血流が悪くなる人は、下肢に血栓ができる可能性が高くなります。 長時間同じ体位でいないといけない飛行機のエコノミー席で、肺塞栓が起こったりすることから、エコノミー症候群ともいわれることがあります。 入院中患者で長期間の安静(もしくは寝たきり)になる場合、下肢筋ポンプ機能が働かないため、下肢の血管内で血流が滞って血栓ができやすいんです。 大地震でエコノミー症候群? 熊本を中心で起きた大地震「熊本大地震」では、地震による危険から多くのひとが車内生活を与儀なくされました。 多くのひとが長時間車内で同一体位をとらざるおえなくなった結果、普通では考えられない肺塞栓が多発。 11人の震災関連死となりました。 弾性ストッキングと弾性包帯の注意点 弾性ストッキングや弾性包帯を使用するとき、注意してほしいことがあります。 患者の状態によっては、下肢を圧迫することで状態がより悪くなるひとがいるんです。 注意したいところですね。 弾性ストッキング着用の禁忌事項 急性期の深部静脈血栓症の患者 弾性ストッキングで圧をかけることで、すでに出来ている血栓が押し上げられ、肺血栓塞栓症を発症する恐れがあります。 動脈血行障害、うっ血性心不全の患者、下肢に炎症性疾患、化膿性疾患、急性創傷のある患者 圧迫により症状を悪化させる恐れがあります。 急性循環不全等、末梢循環が不安定な患者 血流量低下により壊死が起こる可能性があります。 糖尿病患者 血行障害や神経障害が発症する恐れがあります。 下肢表在静脈の血栓性静脈炎の患者 静脈炎の状態を悪化させ、肺血栓塞栓症を発症する恐れがあります。 皮膚の感染症、開放創、皮膚炎、潰瘍がある患者 皮膚圧迫により、血流を阻害させ、回復を妨げる可能性があり、症状を悪化させる恐れがあります。 患肢に知覚・神経障害がある患者 痛みや刺激がわかりにくいことで、合併症の早期発見が遅れる可能性があります。 ストッキング素材に対する過敏症がある患者 ポリエステル、ポリウレタン及びナイロンの皮膚アレルギーを誘発する恐れがあります。 参考URL 寝たきり、麻痺、意識レベルが低い患者は「医療機器関連圧迫創(褥瘡)」にご注意? 麻痺や筋力低下があり、訴えが出来ない患者の場合、弾性ストッキングの圧によって皮膚トラブルが起こることがあります。 弾性ストッキングや弾性包帯で起こる皮膚トラブルを 「医療機器関連圧迫創(褥瘡)」と言います。 長期にわたり、弾性包帯やストッキングを使用すると、この 「医療機器関連圧迫創(褥瘡)」が起こることがあります。 「医療機器関連圧迫創(褥瘡)」の高リスク患者は、 ストッキングや包帯がきつくて、食い込んだり、圧で褥瘡ができても、自分から訴えられない患者です。 つまり、意識レベルが低い患者や、寝たきり、筋力低下でなにかしら自分の訴えを自分でできない患者さん。 定期的に弾性ストッキングや弾性包帯を脱がせて皮膚状態を観察しないと、 知らない間にとんでもない褥瘡ができることがあります。 そうなってしまうと弾性ストッキングも着用できなくなるし、褥瘡の治療も増えて、患者さんにとっても医療者にとってもマイナス。 弾性ストッキングや弾性包帯は、血栓予防にとても有利ですが、 着用する以上は看護師サイドから定期的な観察が必要ですね。 麻痺がある患者や意識レベルが低い患者だけに限らず、皮膚状態や足背動脈、膝窩動脈の触診など、しっかり全身を観察することがベストです。 余談ですけど、血栓予防を医療的に管理していると、305点の「 肺血栓塞栓症予防管理料」っていう保険点数がつくみたい。 靴下はいただけなのに、すごいね。 弾性ストッキングと弾性包帯【まとめ】• 弾性ストッキングと弾性包帯は、血栓予防を目的にした医療アイテム• 弾性ストッキングと弾性包帯の使用前に、禁忌事項がないかチェックが必要!• 弾性ストッキングと弾性包帯には「医療機器関連圧迫創」に注意して 毎日のように弾性ストッキングと弾性包帯を使っているので、記事にまとめてみました。 こうあらためて見てみると、リスクもあるし、禁忌もあるもんですね。 効果ってホントにあるのかなーとか思うけど、実際弾性包帯や弾性ストッキングには血栓予防効果があるみたい。 わたし、しごと中履いてみたら実際に足のむくみがほとんどできてなくてびっくりしました。 めんどくらいから、あんまりはかないけど。 てことで、弾性ストッキングと弾性包帯についてはこの辺で。

次の

質問です(弾性ストッキング履く理由、術前でルート確保で20ゲージ使う理由):看護学生お悩み相談掲示板

弾性 ストッキング 看護

Point• 弾性ストッキング着用の適応とを判断する• 弾性ストッキング着用前の確認事項を理解する• 予防的の必要性を理解する 松本衣代 (神戸大学医学部附属病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師) 野口まどか (神戸大学医学部附属病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師) 丸尾 郁 (神戸大学医学部附属病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師) 寺師浩人 (神戸大学医学部附属病院 形成外科 教授) 〈目次〉• はじめに 深部静脈血栓症(deep vein thrombosis;DVT)予防のためには,弾性ストッキングの着用が有用です。 しかし,一方で弾性ストッキング着用による医療機器関連圧迫創(褥瘡)が問題となっています。 効果的に弾性ストッキングを使用するためには正しく選択し,正しく着用することが大切です。 正しく選択するためには,弾性ストッキングの種類や特徴を知っておく必要があります。 そのうえで,病態によって,圧迫圧,タイプ(ハイソックスタイプ,ストッキングタイプ,パンストタイプなど),着脱の容易さ,装着時の不快感などを考慮します。 弾性ストッキングによる圧迫創は,適応を誤ると浅い傷にとどまらず,の切断に至る可能性もあります。 着用前に確認すべき点は何か,着用することによりを作らないようにするための正しい着用方法を確認しておきましょう。 弾性ストッキング着用の適応と禁忌 弾性ストッキングを着用する目的にはDVTの予防と,静脈疾患やリンパ浮腫の治療があります。 予防と治療では弾性ストッキングの圧迫圧や構造が違います。 圧迫圧は,予防目的では15〜20 mmHg,治療目的の場合は15〜40 mmHgのものが多くあります。 構造の違いは,DVT予防用の弾性ストッキングには,の色を直接観察できるよう,つま先なしタイプかモニターホールがついていることです。 モニターホールの部分から足先が出ていて,第1足趾,第5足趾外側が圧迫され皮膚障害が起こることがあるため注意が必要です。 弾性ストッキング着用の適応 静脈疾患の治療 やDVT後遺症の下肢の疼痛・潰瘍の治療のために使用します。 圧迫を加えることで静脈環流が改善し,潰瘍の治癒や下肢の疼痛の軽減につながります。 DVT予防 手術後の安静や異常で血栓が形成されるとDVTが起こりやすくなります。 その血栓が遊離して肺を閉塞すると症が起こり,突然死の原因となります。 弾性ストッキングを着用することで筋のポンプ作用(ふくらはぎのの収縮で下肢の静脈を圧迫してをしぼり出す作用)と,静脈弁機能(下肢に血液が溜まるのを防止する逆流防止機能)を改善することができます。 リンパ浮腫の治療 リンパドレナージというマッサージ法と弾性ストッキング装着の圧迫療法を組み合わせることで有効な治療となります。 弾性ストッキング着用の禁忌 下肢の流が低下している末梢動脈性疾患(PAD)やバージャー病などの患者への使用は,原則として禁忌です。 下肢に一定の圧力を加えることで静脈環流やリンパ還流の改善を図る反面,動脈を圧迫することにもなるからです。 また,やせて骨が突出している患者,骨変形のある患者の場合,突出している部位の圧力が強くなり皮膚の血流障害により局所のや潰瘍を生じる可能性があるため注意が必要です。 神戸大学医学部附属病院での事例 患者は,悪性と末梢動脈性疾患のため当院形成で両足趾切断後の状態でした。 両眼白内障の手術のために入院し,局所麻酔で手術を受けています。 その手術直前に両下肢に弾性ストッキングを着用し術後1〜2時間で除去しています。 術中より疼痛がありましたが,患者は我慢して訴えず,術後に右足趾皮膚色不良を自覚しました。 もともと,足背・後脛骨動脈は触知もドプラでの聴診もできない状態でした。 その後,第1足趾,第5足趾は切断となりました()。 図1弾性ストッキングの着用基準見直しの契機となった事例 この事例を経験し,当院では弾性ストッキングの着用基準を見直しました。 弾性ストッキング着用前の血流の確認 前項の事例を受けて検討された弾性ストッキング着用前の確認事項を紹介します(・)。 表1弾性ストッキング着用前のチェックポイント 図2弾性ストッキング着用前の確認事項 後脛骨動脈・足背動脈を触知します。 両動脈とも触知できれば,着用「可」としています。 どちらかが触知できなければ,ドプラ血流計で確認し両動脈ともに聴取できれば着用「可」です。 後脛骨動脈は主に足底側,足背動脈は足背側を栄養しているため,どちらも触知あるいは聴取できることがとても重要です。 どちらかでも触知・聴取できない場合は,着用を「不可」としています。 皮膚障害予防のためのスキンケア 弾性ストッキング着用前に,下肢の皮膚の状態(乾燥,色調,皮膚温,創傷の有無など)を確認します。 着用を開始した後も弾性ストッキングの圧迫や蒸れによる皮膚障害が発生していないか,皮膚の観察,清潔,のケアを行う必要があります。 とくにドライスキンの場合,健康な皮膚がもつバリア機能が低下しているため,外部からの摩擦や刺激により皮膚障害を生じやすい状態になっています。 そのため,適切にスキンケア用品などを使用し保湿する必要があります。 弾性ストッキングによる皮膚障害の実際と対策 骨突出部の保護 をみてください。 図3骨突出部の保護 るい痩があり,骨突出部に強い圧力がかかり,発赤が生じています。 この場合,骨突出部の保護のために保護材を貼りがちですが,突出部がさらに高くなり骨突出部にかかる圧力が強くなります。 そのため対策としては,骨突出部の両サイドにクッション性のある素材の保護材を貼付し骨突出部の圧迫を軽減することを推奨します。 また,骨突出部にかかる摩擦やずれから皮膚を保護するため,保湿することも重要です。 足部の皮膚障害 をみてください。 図4足部の皮膚障害 弾性ストッキングによる圧迫がかかりやすい部位に発赤が生じています。 一部中央が黒色で,深部の損傷が疑われる状態になっています。 足部は皮下脂肪層が薄く外力が骨に伝わりやすい部位であるため,深部に損傷が及びやすくなります。 皮膚色が黒色に変化したり,潰瘍ができたりする前に,皮膚の異常を発見し対処することが重要です。 対策としては,毎日弾性ストッキングを脱いで皮膚の状態,動脈の触知を行い異常の早期発見に努め,異常が発見された場合は弾性ストッキングの着用を中止します。 ストッキングの皺に一致した皮膚障害() 図5ストッキングの皺に一致した皮膚障害 上端が丸まっていたため,その部位に強い圧迫が加わり,傷になっています。 ストッキングを着用するとき,必要以上にストッキングを伸ばし過ぎると,長さが余ってしまい皺になったり,上の部分が丸く固まりになってしまったりします。 引っ張りすぎないように着用するのがコツです。 に着用方法を整理しました。 図6弾性ストッキングの装着方法 この症例では,アキレス腱部に皮膚障害が発生しています。 これは,その部位にできた弾性ストッキングの皺に一致してできていました。 皺ができないように着用後ストッキングの上からマッサージするように撫でるときれいに着用することができます。 また,履き方だけでなく,サイズが適切かを確認することも重要です。 着用前にサイズを計測し,適切なものを選択します。 浮腫などによりサイズが変化する場合もあります。 サイズが合わなくなったときは,適切なサイズのストッキングに変更するか,弾力包帯に変更するなどの対策が必要です。 弾性ストッキングのサイズ選びについて 弾性ストッキングを選ぶ際は,足関節の太さを基準にサイズを決めます。 製品により規格が異なるため(),製品ごとのサイズ表で確認し,サイズを決めなければいけません。 表2製品によるサイズの違い(足関節部,cm) おわりに 近年,さまざまな医療機器の装着により生じる医療機器関連圧迫創が問題となっています。 とくに弾性ストッキングによる創傷では,足趾切断など重篤な状態に陥る危険性があります。 治療,予防のために必要で有効な機器を,安全に使用することが大切です。 着用前,着用中の確認を確実に行い,患者の足と体をケアしましょう。 [引用・参考文献]• 1 平井正文・岩井武尚(編):新 弾性ストッキング・コンダクター.へるす出版,pp68-76,2010• 2 日本フットケア学会(編):フットケア 第2版 基礎的知識から専門的技術まで.医学書院,pp78-88,2012.• 3 井口 巴ほか:深部静脈血栓症予防用具に起因する圧迫創予防ケアの検討〜弾性ストッキングと間欠的空気圧迫装置の膝関節付近と踵部における圧測定調査より〜.日本褥瘡学会誌,15(4):484-491,2013. [Profile] 松本衣代(まつもと きぬよ) 神戸大学医学部附属病院 看護部 皮膚・排泄ケア 1992年 神戸大学 医療技術短期大学部 卒業,同年 神戸大学医学部附属病院 入職。 2006年 WOC看護認定看護師資格 取得。 消化器外科病棟,手術室,形成外科外来勤務,褥瘡対策専従看護師を経て,現在,看護外来で主にストーマケアを担当。 本記事は株式会社医学出版の提供により掲載しています。 74~「DVT予防のための弾性ストッキングによる圧迫創対策」.

次の

[mixi]オペ後の弾性ストッキングはいつまで?

弾性 ストッキング 看護

「弾性ストッキングをいつどのように使うのか分からない」といった方は多いですよね。 一般的なむくみ改善を目的とした市販の着圧ソックスに夜用があるため、弾性ストッキングも着けたまま寝て良いのか疑問に思われる方もいるでしょう。 そこで今回は、リンパ浮腫治療用の弾性ストッキングを寝るときにも着衣した方が良いのか、また着用の注意点などをまとめました。 夜は弾性ストッキングを履くことは推奨されていません リンパ浮腫とは、何らかの理由でリンパ管系や静脈還流に支障が生じ(機能不全を起こしていると言います)、リンパ液の回収ができずに四肢(腕や脚)にむくみが現れる病気です。 日本では、 生まれつきこのような症状を持つ方と、がんの手術や放射線治療・化学療法などの結果、症状が出てくる方がいらっしゃいます。 リンパ浮腫の治療には、スキンケア・マニュアルリンパドレナージ・圧迫療法・運動療法が組み合わせて行われます。 スキンケアは「保湿・保清・保護」を適切に行うこと、 マニュアルリンパドレナージは、見た目にはマッサージのような手技ですが、表皮に近い細いリンパ管(毛細リンパ管)に働きかけて、たまっているリンパ液を一定方向に流していこうとするもので、 一般的なリンパマッサージとは違った種類のものですし、非常に高度な技術を要するものです。 圧迫療法では、リンパ浮腫治療用の弾性ストッキングを使用したり、弾性包帯と呼ばれる特殊な包帯を巻いて圧迫をかけたりして、症状の改善をしていくことが一般的です。 運動療法は、圧迫療法と並行して実施するもので、筋肉や血流の働きを利用してリンパ液の流れを促進しようとするものです。 「寝ているときにも使用したほうが良いのか?」ということですが、結論からいうと、 就寝時の横になっている姿勢の時の使用は避けた方が良いとされています。 横になる姿勢では体内の圧力が下がっている状態です。 そこに弾性ストッキングを着用してしまうと、余計な圧力がかかってしまうことになります。 寝ている間は包帯を使った圧迫が推奨されていますが、正直なところ、巻き方がとても難しく、おぼえるのは大変です。 また、巻き方を覚えても、正しい圧力がかけられていない例も多いのが現実です。 しかし、昨今では、 夜用にデザインされた圧迫療法用治療具も発売されていますし、患者の方にも比較的巻きやすい包帯も発売されていますので、そうした新しい方法を利用した方が良いか、担当医と相談してみましょう。 弾性ストッキングを履くタイミングは?また、脱ぐときはいつ? 弾性ストッキングは、朝起きてからすぐに履きます。 また、 脱ぐタイミングは夜入浴前、もしくは寝る前が良いでしょう。 入浴後も就寝まで時間があく場合は着用してください。 弾性ストッキングは脱ぐときや履くときにとても力が必要です。 履き方や脱ぎ方のポイントは、まず、 かかとをしっかりと合わせて、足首まで入れること。 そのあとに少しずつ伸ばしながらゆっくりと脚の付け根に向かってはいていきます。 作業用の表面にゴムが貼ってある軍手などを利用すると、割とスムーズに引き上げていくことができます。 リンパ浮腫治療用弾性ストッキングを購入して箱を開けたときに、すごく短いと感じることがあるかと思いますが、これは、縦に正しい位置まで伸ばして使うことで、正しい圧力がかかるように作られているからです。 力が弱く、履くのが困難な場合は、ストッキング・ドナーと呼ばれる用具や器具を使うこともお勧めです。 日常生活では必ず使用すること 日常生活では必ず使用しましょう。 弾性ストッキングを着用しているときに、身体を動かすことは症状の改善に有効といわれています。 普段の生活のなかで足踏みをするといったことをして、少しでも身体を動かしふくらはぎの筋肉を動かすことを意識しましょう。 「運動」というとランニングやジョギング、ウォーキングなどのように特別にそのために時間を使わなければと思われたり、「苦手だ」と後ずさりをする方もいるかと思いますが、「膝を曲げたり伸ばしたりする」「足首をまわす」という動作でも、運動になります。 椅子に座ったままでもできることはありますから、日常のちょっとした時間に脚を動かすように心がけると良いでしょう。 少し行儀が悪いと言われるかもしれませんが、「貧乏ゆすり」のように、足を揺らすのも効果的です。 症状によっては「やっても良いこと悪いこと」がある場合がありますから、医師によく相談しながら進めていくと良いと思います。 普段から運動をされている方は、その運動を続けても良いか、続けるうえでどんな注意が必要か、聞いた方が良いでしょうし、普段運動をしない方や苦手な方は、どんなことをしたらよいか、どんなことはしない方が良いかを医師に聞いてみましょう。 万が一、足が赤く熱を持っているなど普段とは様子が違うようならば、使用をやめて医師に相談してください。 KEA工房では、弾性ストッキング・スリーブなど弾性着衣についてご相談を承っております KEA工房では、リンパ浮腫治療用のストッキング・スリーブといった弾圧着衣を種類豊富に取りそろえています。 弾性着衣には、強・中・弱といった圧迫力が設定されています。 この圧迫圧は一人ひとりの症状により選び方が変わります。 自己判断をすると症状の悪化につながる可能性もありますので、医師の指示に従った圧を選ぶ必要があります。 経験豊富なスタッフが在籍しており、弾性着衣に関するご相談をいつでも承っています。 手触りや布地の質感など、実際のアイテムを手にとってご確認いただけますので、KEA工房でご相談ください。 (ご希望のスタイルやサイズによっては、メーカーから見本を取り寄せる必要がある場合がありますので、必ず事前にお電話かメールにてご予約をいただきますようお願い申し上げます。

次の