コチュジャン。 コチュジャン活用の時短ワザで作る!簡単おかずレシピ5選

コチュジャンのおすすめ11選!チューブタイプや甘口の日本産も

コチュジャン

辛味のある中国料理に使用されているイメージが強い「豆板醤」。 最近はスーパーでもよく見かける調味料ですが、似たような調味料がありますよね。 豆板醤に名前が似た調味料には、「コチュジャン」や「甜麺醤」があります。 それぞれ、辛味のある料理に使われるような印象がありますよね。 では、豆板醤・コチュジャン・甜麺醤には、 どのような違いがあるものなのでしょうか? 今回は、豆板醤・コチュジャン・甜麺醤の3つに関して、それぞれの違いを解説していきます。 また、比較として塩分や糖分比較、どれが一番辛いのか?を紹介していきましょう。 他にも、それぞれ代用として使用できるか?他の代用品はあるのか?を解説します。 では、はじめていきましょう! 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤のそれぞれの特徴と違いとは? では、早速本題に入っていきましょう。 以上の3つの調味料には、どのような違いがあるのでしょうか?この3つの調味料の違いには、 「原料」と「原産地」、「辛味の違い」があります。 <具体的な違いとは?> 原料 原産地 味 豆板醤 ソラマメ 中国・四川 辛い コチュジャン 米・もち米 朝鮮半島 甘辛い 甜麺醤 小麦粉・塩 大豆 中国・北京 甘い 原料や原産地、味の違いを表にまとめると、以上のようになります。 みなさんが感じる部分といえば、やはり 「味」の違いでしょう。 豆板醤は辛味が強いため、中国料理では頻繁に使用されるものです。 コチュジャンは辛味の中に甘みがあり、韓国料理で多く使用される調味料となっています。 また、日本で作られているものは、 韓国のものよりも甘みが強めであるという特徴もあります。 甜麺醤は甘めの味噌という印象。 日本の「八丁味噌」に似ていますが、八丁味噌よりも甘く作られており、日本の甜麺醤は、 八丁味噌に砂糖を入れ、作られているという話も聞きますよね。 辛さ的な順位では、 豆板醤>コチュジャン>甜麺醤という形でしょう。 では、ここからは、それぞれの調味料の具体的な特徴を解説していきます。 豆板醤の特徴を解説 ソラマメを原料とし、麹に加えて発酵させる、中国の発酵食品。 塩やごま油、米などを加え、味付けをすることが多い。 中国・四川が発祥とされ、今では世界中で食べられている。 ソラマメの皮を剥き、蒸さずに麹に入れて半年発酵させる。 その後、唐辛子を追加し、1ヶ月ほど発酵させ完成。 最近は、製造方法が短縮化されており、高温短期間で発酵させ、製造されている。 もともとは、ソラマメを麹で発酵させたものを「豆板醤」と呼び、唐辛子を追加したものは 「 豆板辣醤(トウバンラージャン)」と呼ばれていた。 現在では、唐辛子入りのものも「豆板醤」と呼ばれている。 麻婆豆腐や回鍋肉といった中国料理で使用されることが多い。 コチュジャンの特徴を改札 米、もち米を麹で発酵させた調味料。 韓国料理など朝鮮半島で非常に親しまれている調味料で、18世紀から製造が始まったと言われている。 米やもち米を使用しているため、 辛味の中にある「甘み」が味の特徴となる。 米やもち米を発酵させた後、塩や醤油を用いて味付けをする。 その後、唐辛子を加えて味を調節する。 日本のコチュジャンは 韓国で使用されるものと味の違いがある。 それは、砂糖を多く使用しているからで、韓国のものよりも甘みが強い点が特徴である。 代表的な料理としてビビンバがあり、その他にも鍋物や焼き肉などで使用されている。 甜麺醤の特徴を解説 小麦粉と塩を原料として、麹に混ぜて発酵させた黒味噌。 色は黒だけでなく、赤みを帯びた赤褐色の甜麺醤も存在している。 豆板醤、コチュジャンとは違い、甜麺醤は「味噌」に分類される調味料です。 豆板醤やコチュジャンは、一つのカテゴリーとして成り立っていますが、甜麺醤は味噌のカテゴリーに入るわけですね。 多く生産されているのは北京で、最近は使用する麹や製造方法を工夫し、大量生産が可能になりました。 そして、原料にも変化があります。 最近は輸入品の多くが、 小麦粉ではなく大豆を原料としたものがほとんどです。 甜麺醤はもともと小麦粉から作られていましたが、今はそのほとんどが大豆から作られています。 甘みが強めで、そのままでも食べることができる点が特徴の一つです。 回鍋肉や北京ダック、麻婆豆腐によく用いられている調味料となっています。 原産地や原料、辛味の違いがあることがわかりましたね。 カロリーや塩分、糖質の違いを比較 カロリー kcal 塩分 g 糖質 g 豆板醤 60kcal 17. 8g 3. 5g コチュジャン 256kcal 3. 89g 40g 甜麺醤 256kcal 7. コチュジャン、甜麺醤ともに、カロリーが高めの原料を使用しているため、糖質を含めて高めの数字ですね。 こちらの栄養成分は100g当たりの含有量ですので、一食当たりに換算するなら、 大体10分の1をした値で考えると良いでしょう。 ヘルシーさでは豆板醤が圧倒的に勝っていて、辛味成分を含むため、汗をかきやすい体質に変えてくれます。 ダイエットには最も適した調味料であることがわかりますね。 どれも家庭にあるアイテムばかりなので、調味料を上手く混ぜ合わせて、味を作ってみましょう。 コチュジャンと甜麺醤を比較すると、同じ構成になっています。 実際は少し味が違うのですが、調味料で混ぜ合わせるのであれば、以上のような組み合わせで作ってみましょう! まとめ 今回は、豆板醤、コチュジャン、甜麺醤の違いはどのような部分にあるのか?について比較をしていきました。 豆板醤、コチュジャン、甜麺醤は原料や原産地に違いがあり、辛味の要素も若干違うものとなっています。 ただ、それぞれの代用品として用いることが可能で、麻婆豆腐などを作る際は、色々な味に挑戦できそうですね。 では、今回のまとめをしていきましょう。

次の

コチュジャンのおすすめ人気ランキング15選【ビビンバ・キムチチゲにも!】

コチュジャン

しかし、 唐辛子に含まれるカプサイシンは脂溶性のため、水にはほとんど溶けません。 そのため、 水を飲んでもなかなか辛さはとれません。 辛味を抑えたい場合は、お酒やスープ、オイルなどを入れることで緩和されますので、試してみてくださいね。 コチュジャンの特徴 2番目に辛いコチュジャンにも唐辛子が入っているのでピリッとした辛味があります。 しかし、原料にもち米麹が含まれているので 辛さの中に甘みやコクがあるのが特徴です。 豆板醤の強い辛味と比べると、 コチュジャンは甘辛い調味料です。 コチュジャンは料理に辛味を足すときに使われますが、 加熱すると焦げやすいので注意が必要です。 そのため、ビビンバや焼き肉など 出来上がった料理に加えられることが多いですよ。 甜麺醤の特徴 豆板醤やコチュジャンとは少し違って、辛さよりも コクと甘みが強いのが甜麺醤です。 唐辛子の代わりに砂糖が使われているため、別名 「中国甘味噌」とも呼ばれています。 中華料理によく使われ、少し加えることでグッとコクが出て本格的な味になります。 Sponsored Link 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤の使い分け方は?代用はできる? 似ているようで違う3つの調味料を上手に使い分けて、いつもの料理をワンランクアップさせてみませんか? それぞれにおすすめの料理をご紹介します。 3つの使い分け。 どんな料理に最適? 味や辛さにも違いがある豆板醤、コチュジャン、甜麺醤の3つの調味料ですが、それぞれ向いている料理に違いがあります。 豆板醤 まず、辛味の強い豆板醤は四川料理には必要不可欠です。 麻婆豆腐や麻婆ナス、エビチリなどの料理は定番ですよね。 豆板醤は油で加熱することで旨みが増します。 そのため、 肉や野菜を炒める時に加えるのもおすすめです。 豆板醤を入れるタイミングは、油でニンニクなどを炒めた後です。 野菜や肉を炒めた後では味がぼやけてしまいます。 また、そのままでも食べることができますのでタレとしても万能ですし、サラダのドレッシングとしてもぴったりです。 ほかにも鍋やうどんに加えれば、ピリッとした刺激で食欲も増しますよ。 コチュジャン コチュジャンはたくさんの韓国料理に使用されます。 定番はやはり ビビンバでしょう。 しかし、それ以外にも相性のいい料理がたくさんあります。 から揚げなどの下味に使えば、辛味とコクが加わります。 牛肉と野菜の和風スープに加えれば、ピリッと辛いクッパ風のスープになります。 豆板醤のようにタレとしても使うことができるため、 餃子やお刺身のタレに少し溶くだけで普段とは違った味わいを楽しむことができますよ。 甜麺醤 甜麺醤は、日本の家庭ではあまり使われない調味料でしょう。 代表的な料理は北京ダックの付けダレですが、多くの四川料理にも使われているんです。 豆板醤が使われる 麻婆豆腐や回鍋肉、青椒肉絲(チンジャオロース)といった料理にも加えるとコクと甘味が増して本格的な味になりますよ。 代用するには? この3つの調味料のうち1つくらいは持っていても、全てが揃っている家庭はあまりないのではないでしょうか。 あまり使う機会が多くないという場合、わざわざ購入するのはもったいないですよね。 そういう時に、家庭にあるもので代用してみてはいかがでしょう。 豆板醤の代用には八丁味噌 日本の調味料で豆板醤の代用に最適なのは 八丁味噌でしょう。 八丁味噌に唐辛子や醤油、ごま油を加えると豆板醤によく似た調味料の出来上がりです。 家庭にコチュジャンだけはあるという場合にも代用ができます。 コチュジャンにごま油、醤油、ニンニクや唐辛子を加えれば豆板醤と同じような風味のある調味料になります。 コチュジャンは豆板醤で代用 豆板醤がコチュジャンで代用できるように、その逆も可能です。 豆板醤に味噌、砂糖、唐辛子を加えて混ぜ合わせることで、甘辛いコチュジャン風の調味料になります。 また、甜麺醤ならあるという家庭でも代用ができます。 甜麺醤はコチュジャンに比べて甘味が強いため、唐辛子で辛みを加え、中華出汁や香味ペーストを加えてコクを足してあげましょう。 甜麺醤は家庭にあるもの代用 甜麺醤も家庭にあるもので代用することができます。 味噌、砂糖、醤油、しょうが、ごま油、水を混ぜ合わせ火にかければ完成です。 味噌は 八丁味噌を使いましょう。 砂糖が入っているため、加熱の際は焦がさないように注意が必要です。 豆板醤やコチュジャンと甜麺醤の大きな違いは、辛さです。 甜麺醤には辛味がないので豆板醤やコチュジャンで代用することは難しいでしょう。 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤は手作りできる? 市販の調味料にはたくさんの添加物が含まれています。 そこで一から手作りしてみてはいかがでしょう。 家庭にない材料もありますが、添加物が気になるという方は手作りに挑戦してみてください。 お好みの味の調味料を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。 豆板醤の手作りはヨーグルトメーカーがあれば簡単 ヨーグルトメーカーを持っているという家庭が増えていますね。 それを使えば簡単に手作り豆板醤にチャレンジできます。 【手順】 赤味噌、砂糖、酒、みりん、しょうゆ、ごま油を順番に合わせていき、その都度混ぜ合わせていけば完成します。 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤の保存期間や方法は? 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤を使う頻度はあまり多くない家庭が多いのではないでしょうか。 そこで、開封後の保存期間と保存方法について確認していきましょう。 保存期間は? 保存期間は、 保存方法によって違います。 常温の場合、季節や気温によって条件が変わるので具体的な日数は出せません。 塩分などが多く含まれているので細菌の繁殖はしにくいのですが、あまりに長期間保存してしまうのはよくないでしょう。 保存方法は? 開封後は冷蔵庫で保存しましょう。 だいたい1年ほどは保存がききます。 冷凍保存もできます。 ただし、瓶入りのものを購入してきたままの状態で冷凍するのは避けましょう。 冷凍すると中身が膨張してしまい、ふたが開けられなくなることがあります。 また、膨張することで容器が割れることもありますので、1回分ずつをラップに包んで保存しましょう(何回か分に分けてもOK)。 冷凍保存でも保存期間は1年ほどなので、冷凍保存よりも冷蔵保存がおすすめです。 そのほかに注意することは? 長期間保存していると調味料も腐ります。 カビが生えてたり、変色したり、乾燥してカラカラになっている場合は食べない方がいいでしょう。 また、見た目は変わりなさそうでも賞味期限をかなり過ぎている場合や、開封後に常温で長期間保管していた場合も食べない方がいい でしょう。 瓶で保存する時は、ふたの内側や瓶のねじ山もきちんと見ましょう。 カビが最も生えやすいところなので、使う時は少し に気にしてあげるといいかもしれません。 使用する箸やスプーンにも細菌はいます。 そのため、瓶から取り出す時にも繁殖を最小限にするためにも、 濡れているものを使用するのは避けた方がいいでしょう。 それぞれに合った料理に使用して、本格的な味にしましょう。 一見似ているように思われるこれらの調味料ですが、よく調べてみると違いが分かりましたね。 原料の違いだけでなく、辛さの特徴、それぞれに適した料理にも違いがあります。 どんな料理に適しているのかをきちんと見極め、 本格的な手作り料理で周りを驚かせてみてください。 一度購入すると長期間使わずに放置してしましまいがちな調味料。 きちんとした 保存方法と 保存期間を覚えておき、しっかり最後まで使い切ることができるよう工夫してみてくださいね。

次の

豆板醤・コチュジャン・甜麺醤の違い!辛味の違いや使い分けは?

コチュジャン

しかし、 唐辛子に含まれるカプサイシンは脂溶性のため、水にはほとんど溶けません。 そのため、 水を飲んでもなかなか辛さはとれません。 辛味を抑えたい場合は、お酒やスープ、オイルなどを入れることで緩和されますので、試してみてくださいね。 コチュジャンの特徴 2番目に辛いコチュジャンにも唐辛子が入っているのでピリッとした辛味があります。 しかし、原料にもち米麹が含まれているので 辛さの中に甘みやコクがあるのが特徴です。 豆板醤の強い辛味と比べると、 コチュジャンは甘辛い調味料です。 コチュジャンは料理に辛味を足すときに使われますが、 加熱すると焦げやすいので注意が必要です。 そのため、ビビンバや焼き肉など 出来上がった料理に加えられることが多いですよ。 甜麺醤の特徴 豆板醤やコチュジャンとは少し違って、辛さよりも コクと甘みが強いのが甜麺醤です。 唐辛子の代わりに砂糖が使われているため、別名 「中国甘味噌」とも呼ばれています。 中華料理によく使われ、少し加えることでグッとコクが出て本格的な味になります。 Sponsored Link 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤の使い分け方は?代用はできる? 似ているようで違う3つの調味料を上手に使い分けて、いつもの料理をワンランクアップさせてみませんか? それぞれにおすすめの料理をご紹介します。 3つの使い分け。 どんな料理に最適? 味や辛さにも違いがある豆板醤、コチュジャン、甜麺醤の3つの調味料ですが、それぞれ向いている料理に違いがあります。 豆板醤 まず、辛味の強い豆板醤は四川料理には必要不可欠です。 麻婆豆腐や麻婆ナス、エビチリなどの料理は定番ですよね。 豆板醤は油で加熱することで旨みが増します。 そのため、 肉や野菜を炒める時に加えるのもおすすめです。 豆板醤を入れるタイミングは、油でニンニクなどを炒めた後です。 野菜や肉を炒めた後では味がぼやけてしまいます。 また、そのままでも食べることができますのでタレとしても万能ですし、サラダのドレッシングとしてもぴったりです。 ほかにも鍋やうどんに加えれば、ピリッとした刺激で食欲も増しますよ。 コチュジャン コチュジャンはたくさんの韓国料理に使用されます。 定番はやはり ビビンバでしょう。 しかし、それ以外にも相性のいい料理がたくさんあります。 から揚げなどの下味に使えば、辛味とコクが加わります。 牛肉と野菜の和風スープに加えれば、ピリッと辛いクッパ風のスープになります。 豆板醤のようにタレとしても使うことができるため、 餃子やお刺身のタレに少し溶くだけで普段とは違った味わいを楽しむことができますよ。 甜麺醤 甜麺醤は、日本の家庭ではあまり使われない調味料でしょう。 代表的な料理は北京ダックの付けダレですが、多くの四川料理にも使われているんです。 豆板醤が使われる 麻婆豆腐や回鍋肉、青椒肉絲(チンジャオロース)といった料理にも加えるとコクと甘味が増して本格的な味になりますよ。 代用するには? この3つの調味料のうち1つくらいは持っていても、全てが揃っている家庭はあまりないのではないでしょうか。 あまり使う機会が多くないという場合、わざわざ購入するのはもったいないですよね。 そういう時に、家庭にあるもので代用してみてはいかがでしょう。 豆板醤の代用には八丁味噌 日本の調味料で豆板醤の代用に最適なのは 八丁味噌でしょう。 八丁味噌に唐辛子や醤油、ごま油を加えると豆板醤によく似た調味料の出来上がりです。 家庭にコチュジャンだけはあるという場合にも代用ができます。 コチュジャンにごま油、醤油、ニンニクや唐辛子を加えれば豆板醤と同じような風味のある調味料になります。 コチュジャンは豆板醤で代用 豆板醤がコチュジャンで代用できるように、その逆も可能です。 豆板醤に味噌、砂糖、唐辛子を加えて混ぜ合わせることで、甘辛いコチュジャン風の調味料になります。 また、甜麺醤ならあるという家庭でも代用ができます。 甜麺醤はコチュジャンに比べて甘味が強いため、唐辛子で辛みを加え、中華出汁や香味ペーストを加えてコクを足してあげましょう。 甜麺醤は家庭にあるもの代用 甜麺醤も家庭にあるもので代用することができます。 味噌、砂糖、醤油、しょうが、ごま油、水を混ぜ合わせ火にかければ完成です。 味噌は 八丁味噌を使いましょう。 砂糖が入っているため、加熱の際は焦がさないように注意が必要です。 豆板醤やコチュジャンと甜麺醤の大きな違いは、辛さです。 甜麺醤には辛味がないので豆板醤やコチュジャンで代用することは難しいでしょう。 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤は手作りできる? 市販の調味料にはたくさんの添加物が含まれています。 そこで一から手作りしてみてはいかがでしょう。 家庭にない材料もありますが、添加物が気になるという方は手作りに挑戦してみてください。 お好みの味の調味料を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。 豆板醤の手作りはヨーグルトメーカーがあれば簡単 ヨーグルトメーカーを持っているという家庭が増えていますね。 それを使えば簡単に手作り豆板醤にチャレンジできます。 【手順】 赤味噌、砂糖、酒、みりん、しょうゆ、ごま油を順番に合わせていき、その都度混ぜ合わせていけば完成します。 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤の保存期間や方法は? 豆板醤・コチュジャン・甜麺醤を使う頻度はあまり多くない家庭が多いのではないでしょうか。 そこで、開封後の保存期間と保存方法について確認していきましょう。 保存期間は? 保存期間は、 保存方法によって違います。 常温の場合、季節や気温によって条件が変わるので具体的な日数は出せません。 塩分などが多く含まれているので細菌の繁殖はしにくいのですが、あまりに長期間保存してしまうのはよくないでしょう。 保存方法は? 開封後は冷蔵庫で保存しましょう。 だいたい1年ほどは保存がききます。 冷凍保存もできます。 ただし、瓶入りのものを購入してきたままの状態で冷凍するのは避けましょう。 冷凍すると中身が膨張してしまい、ふたが開けられなくなることがあります。 また、膨張することで容器が割れることもありますので、1回分ずつをラップに包んで保存しましょう(何回か分に分けてもOK)。 冷凍保存でも保存期間は1年ほどなので、冷凍保存よりも冷蔵保存がおすすめです。 そのほかに注意することは? 長期間保存していると調味料も腐ります。 カビが生えてたり、変色したり、乾燥してカラカラになっている場合は食べない方がいいでしょう。 また、見た目は変わりなさそうでも賞味期限をかなり過ぎている場合や、開封後に常温で長期間保管していた場合も食べない方がいい でしょう。 瓶で保存する時は、ふたの内側や瓶のねじ山もきちんと見ましょう。 カビが最も生えやすいところなので、使う時は少し に気にしてあげるといいかもしれません。 使用する箸やスプーンにも細菌はいます。 そのため、瓶から取り出す時にも繁殖を最小限にするためにも、 濡れているものを使用するのは避けた方がいいでしょう。 それぞれに合った料理に使用して、本格的な味にしましょう。 一見似ているように思われるこれらの調味料ですが、よく調べてみると違いが分かりましたね。 原料の違いだけでなく、辛さの特徴、それぞれに適した料理にも違いがあります。 どんな料理に適しているのかをきちんと見極め、 本格的な手作り料理で周りを驚かせてみてください。 一度購入すると長期間使わずに放置してしましまいがちな調味料。 きちんとした 保存方法と 保存期間を覚えておき、しっかり最後まで使い切ることができるよう工夫してみてくださいね。

次の