受け取った 敬語。 【種類別】「受け取りました」の適切な敬語表現・メール書き方

「受け取る」の意味を表す敬語とは?種類とマナーをチェック!

受け取った 敬語

「受領」とは 「受領」とは「受け取ること」の意味 「受領」は「じゅりょう」と読み、「金や物などを受け取ること」という意味です。 ただし単に受け取るという意味ではなく「正式に重要なものを受け取る」という意味で使われることが多いのが特徴です。 ビジネスでの取引などでもよく使われる言葉です。 例文: 「メールを受領しました」 「先月分の利用料を受領しました」 「こちらが受領書になりますので、お受け取りください」 日本史に出てくる「受領」は「任地に行った国司」 平安中期以降に、認知に赴任して政務を務めた国司の最高責任者のことを「受領」(ずりょう)と呼びました。 国司として出向くことで集めた税金をすべて自分の財産とできたことから、中央政界に進出しない中小貴族にとっては好ましい職務だったようです。 一方、任地に赴かなかった国司を遥任(ようにん)と言いました。 「受領」「領収」「受理」の違い 「領収」は主に金銭を受け取ること 「領収」には受領と同じように「受け取ること」という意味があるのですが、特に金銭の受け取りのときに「領収」が使われます。 「領収書」と「受領書」の違い 「領収書」とは金銭を受け取ったことを証明する書類で、物品の受け取りには使われません。 一方「受領書」とは金銭を受け取ったことを証明するための生類としても使われますが、物品の受け取りにも使われます。 「受理」とは「書類や願書を受領すること」 「受理」とは公的機関や会社などが、申し出などの書類や願書を受け取ることです。 「受領」が重要なもの一般を受け取ることに対して、「受理」は誰が何を受け取るかが限定されます。 公的機関なら婚姻届けや請願書類など、会社なら辞表や訴状などを受け取るときに「受領」が使われます。 「受領」を意味する敬語表現 ビジネスシーンでよく使われる「受領」という言葉ですが、この言葉自体は尊敬語ではありません。 そこで「受領」を使った敬語表現から、ビジネスシーンで使える受領を意味する言い換え表現を見てみましょう。 「受領いたしました」 「する」の謙譲表現である「いたす」を使い、「受領いたしました」という表現は、目上の人にも使えます。 ただ少し硬い印象を与える表現ですので、取引先など尊敬表現を必要とする相手に使いましょう。 「受け取らせていただきました」 受領の意味で、尊敬語を使った言い換え表現です。 よく使われる表現で、顧客や取引先に使えます。 「拝受しました」 受領を意味する尊敬語「拝受」は、「謹んで受けること」という意味になります。 そのため「拝受いたしました」のように二十敬語にならないように気をつけましょう。 「受け取りました」 丁寧な表現で受領を意味します。 同僚や目下の人にも使え、親しい間からの目上の人にも使える便利な表現です。 「お受け取り致しました」 「受け取りました」では砕けすぎる印象のときに、「お受け取り致しました」が使えます。 目上の人や取引先などに送る受領確認のメールにも使うことができます。 受領確認メールの書き方 受領の取り急ぎメールの書き方 取引先から資料等を受け取った際に、受け取ったことを伝えるためにメールを送信しますが、取引先との関係が親密なら、「受け取りました」と伝えるだけで十分でしょう。 例文: 「お世話になります。 〇〇の資料を受け取りました。 お忙しいところ、ご対応いただきましてありがとうございました」 取引先と親密でない場合の受領確認メールの書き方 ただし受領確認メールの受け取り手とあまり親しいわけではないのなら、正しい言葉遣いが必要です。 例文: 「お世話になっております。 社内で確認した後、ご返信を差し上げます。 お忙しい中、ご尽力いただきありがとうございました。 」 「受領」の英語表現 受領は英語で「receipt」 受領は英語で「receipt」です。 買い物をした時にもらうレシートの語源になります。 使い方のポイントは、「受領」という言葉自体に敬語表現は含まれていませんので、丁寧に言うときは「受領いたしました」など受領に続く表現を工夫します。

次の

「受け取る」の尊敬語・謙譲語・丁寧語は?敬語の使い方と用例を徹底解説!

受け取った 敬語

敬語は、尊敬語と謙譲語と丁寧語に大きく分類することができます。 そして、「もらう」「受け取る」の敬語表現も、謙譲語か丁寧語かによって変わります。 どの場面でどの種類の敬語を使うのが適切なのかを知るために、まずは敬語の基本をおさえておきましょう。 尊敬語の主人公は相手です。 「相手の行動や相手の物を敬った表現」を敬語表現を尊敬語と言います。 基本的に「お~になる」「お~られる」「お~くださる」という使い方をします。 「自分を相手よりも下位にして、へりくだった表現」をする時に使います。 基本的に「お~いただく」「お~させていただく」という表し方をします。 行動の主体はどちらでもありません。 基本的に「です」「ます」口調と言われているものは、丁寧語になります。 ビジネスで大事な「受け取る」「もらう」の尊敬語 尊敬語は相手に対して敬意を払う言葉です。 「もらう」「受け取る」を尊敬語に直すとどのような表現になるのでしょうか。 もらう・受け取る、を使う場面は日常的にあります。 正しい敬語表現ができるように確認しておきましょう。 「お受け取りになる」「お納めになる」が正しい敬語 受け取ると貰うの尊敬語は「お受け取りになる」「お納めになる」です。 もらう・受け取るを敬語にして、自分より目上の上司やお客様が受け取る際には、「お受け取りになる」や「お納めになる」と表現しましょう。 何かを受け取ってくださいと伝える時、具体的にどう使うのか、例で確認しておきます。 」 「どうぞ。 お受け取りください。 」 「ささやかですが、お納めください。 」 別の敬語表現も覚えておこう! 受け取るともらうには別の敬語表現もあります。 例えば「ご査収ください」は、よく調べた上で受け取ってください、という意味で使われます。 FAX送信後の締めの言葉でよく見かけますね。 また、つまらないものですが受け取ってください、というのを「ご笑納ください」と言うときがあります。 こちらは、お歳暮やお土産を贈るときに使われます。 「受け取る」「もらう」の謙譲語 受け取るともらうといった「受け取りました」という言葉を謙譲語に直すとどうなるのでしょうか。 同じ敬語でも、敬語の種類によって表現法は異なる点に注意です。 「頂く」「頂戴する」が正しい敬語 受け取るともらうの謙譲語は「頂く」「頂戴する」が正解です。 もっと丁寧になると「賜る」や「拝受する」という言い方をするときもありますので、「受け取りました」の謙譲語の例を参考にしっかり覚えておきましょう。 例) 「受け取りました」 「素敵なプレゼントを頂きました」 「プレゼントを頂戴する」 「受け取る」「貰う」の謙譲語はほかにもある 敬語は形を変えて同じ意味を持つものが多くあります。 そして、受け取るともらうといった「受け取りました」の言葉も言い換えることができ、「賜る(たまわる)」を使います。 それでは、例で確認しておきましょう。 例) より丁寧な「受けとりました」 「上司から、ためになるご本をたまわった」 受け取る・もらうの敬語は、謙譲語が「頂く・頂戴する」、尊敬語が「お受け取りになる・お納めになる」 今回は「受け取る」と「もらう」の、正しい敬語表現について見てきました。 ビジネスでも「受け取ってください」や「受け取りました」など「受け取りに」に関する敬語はよく使うので、正しく覚えておきましょう。 正しい敬語を使うために一番大事な点は、受け取る、もらう、を敬語に直す場合に行動の主体は誰なのかを考えることです。 敬語は使い方を間違えると、失礼な表現になってしまう時もあります。 受け取るのは誰なのか、もらうのは誰なのか、をまず考えて、尊敬語や謙譲語としっかり使い分けるのが重要です。

次の

「受領」の意味とは?「受理」との違いや敬語表現など

受け取った 敬語

Q 製造業に従事しております。 よろしくお願いします。 客から製作を依頼された商品があり、その商品が完成したので、その旨をFAXで連絡し、引き取りに来てもらうことがあるのですが、その「引き取りに来て下さい」ということをFAX上で上手く表現する方法を教えていただけないでしょうか。 これまでは、 「ご都合の良い時に、引き取りの方、よろしくお願いします。 」 といった感じで使ってたのですが、「引き取り」という言葉はあまり良い意味で使われないことも多いので、何か別な表現がないものかと悩んでおります。 あまりかしこまった表現でなくてけっこうです。 FAXを見た相手が不快に思わない表現で何か良いものがありましたら、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 一応その道の専門家です。 「取りに行く」は、 動詞「取る」と「行く」を助詞「に」でつないだものです。 このように動詞を連続して使用する場合、 最も正しい敬語の用法としては、後に来る動詞のみを敬語とします。 (両方とも敬語にしてしまうと『二重敬語』という誤用になります) 尊敬語か謙譲語か、については、文の主語が誰なのかによります。 (『私』なのか『あなた』なのか、どちらでもない『物』なのか) この場合は、「私が取りに行く」のですから謙譲語を使用します。 これをふまえて、「取りに行く」は「行く」の謙譲語を用い 「取りに伺う」 「取りにお伺い(を)する」 「取りに行かせていただく」等となります。 では、あなたの文の前文を最も好ましいと思われる敬語に書き換えます。 (あくまでも一例です) 言葉遣いも丁寧に、クッション言葉を入れてみました。 あいにく明日は都合が悪く、 おそれ入りますが書類を取りに行くことが出来かねます。 あいにく明日は都合が悪く、 残念ながら書類を取りにお伺い致しかねます。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の