ソフトバンク 5gエリア。 KDDIとソフトバンクが合弁会社を設立!5Gエリアの拡大は今後どうなる?

ソフトバンク 5Gの料金プラン・5G対応機種の比較!何が変わるのか?

ソフトバンク 5gエリア

ソフトバンクが次世代移動通信「5G」の商用サービスを3月27日に開始すると発表。 対応する4つのスマートフォンや料金プランも発表しました。 今回、Engadgetで掲載したソフトバンクの5Gに関する記事をまとめました。 ソフトバンク「5G」を3月27日開始。 4G料金プラス1000円、キャンペーンで2年分無料 ソフトバンクは次世代モバイル通信サービス「SoftBank 5G」を3月27日に開始します。 料金は4G LTEの料金プランに「プラス1000円」するかたち。 8月31日までに5Gに契約を切り替えたユーザーに対して、当初の2年分は追加料金を無料にするキャンペーンを実施します(つづく) ソフトバンクが5Gスマホ発表、AQUOSやOPPOなど4機種 Xperia 1 IIはナシ ソフトバンクは、3月27日に開始予定の5G商用サービスに対応するスマートフォンを発表しました。 国内ですでに発表済みの「AQUOS R5G」に加え、「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の計4機種を用意。 このうち「OPPO Reno3 5G」は、国内の通信事業者としてソフトバンクだけが取り扱います(つづく) ソフトバンク、5Gサービスエリア公開 当初は極めて限定的 ソフトバンクは、3月27日に商用サービスを開始する「5G」のエリアマップを公開しました。 直近ではエリアは非常に限定的で、東京都心部の主要ターミナル駅でもカバーされているエリアは少なく、夏以降の対応となっています(つづく) SoftBank 5G、当初は「ミリ波」なし。 下り最大2Gbpsからスタート ソフトバンクが3月27日からスタートする次世代モバイル通信サービス「SoftBank 5G」。 同サービスの展開当初には、5Gで高速化のカギを握るとされる"ミリ波帯"が利用されません(つづく) ソフトバンクの5Gになぜ「Xperia 1 II」と「アンリミテッド」がなかったのか(佐野正弘) 2020年より国内でも商用サービスが始まる、次世代モバイル通信規格の「5G」。 その先陣を切って3月5日にソフトバンクが発表会を実施し、3月27日より5Gを開始することが明らかにされました(つづく) 外部サイト.

次の

【地域別】日本の5Gはいつから始まる?

ソフトバンク 5gエリア

筆者も5G端末を入手。 選んだのはシャープ「AQUOS R5G」のドコモ版だ とはいうものの、実はまだ、5Gでの通信はまったく行なえていない。 なぜなら、東京は外出自粛の最中で、しかも、端末が届いたのは金曜日 27日 になってから。 自宅 東京都大田区内 はまだ5Gエリアではないので、端末を設定したはいいものの、4Gでしか使えていない、という状況にある。 同業の友人達がすでに都内などで5Gエリアに移動してテストしているが、彼らも「エリアを探すのに手間取った」と話す。 現状の5Gエリアは、特定の建物の中だけだったりその建物の周囲だけだったりと、本当にごく狭い地域に限られているからだ。 4Gがスタートした時よりもずっと厳しい状況と言っていい。 今の状況で「自宅に5Gの電波が入っている」という人など、ほぼ皆無ではなかろうか。 もちろん、こうしたことは予想済みの自体ではある。 ただ、新型コロナウイルスの影響もあって「5Gエリアのテストすらままならない」事態になる、とは予想していなかったが。 以下の画像は、各社が公開している5Gのエリアだ。 とても狭い。 3社の中でとても狭い。 NTTドコモは「スポット」として確実に使える場所の名前をリストアップしている。 地図になっていないので、一見「一番エリア拡大が進んでいない」ように見えるかもしれないが、むしろこれは「確実なところだけを誠実に表記した」形といっていい。 4Gとは違う、より高い周波数帯であるのに注目 5Gで使われる帯域は、俗に「Sub6」「ミリ波」と呼ばれる。 前者が3GHzから6GHzまでで、日本の場合には「3. 7GHzから4. 6GHz」になる。 それに対して後者は24. GHzから52. 6GHzまで。 そのうち日本で使うのが「27GHzから29. 5GHz」ということになっている。 現在、4Gで使っている帯域は700MHzから3. 5GHzまでを、いろいろな形で使っている。 電波は、周波数帯が低いほど遠くまで届き、建物なども回り込みやすい性質を持つ。 一方、高い周波数帯の電波は直進性が高く、様々なものに遮られやすい。 建物や壁での反射を使う方法もあるのだが、あくまで一般論として「低い周波数帯を使っている方が、広いエリアのカバーには向いている」と思っていただいて構わない。 ソフトバンクが携帯電話に参入した当初、「プラチナバンド」という言い方をしていたのをおぼえているだろうか? あれは900MHz帯のことなのだが、「つながりやすい貴重な帯域=プラチナバンドを最初から使っているドコモやKDDIに対して不利だ」という孫正義氏一流のアピールの結果だ。 2012年には900MHz帯の電波を得て、エリア問題は大きく前進した。 このことからもわかるように、単にエリアを塗りつぶすのであれば、低い周波数帯を使うのが有利ではある。 5Gは現状、高い周波数帯を使っている。 3Gや4Gとは大きく条件が異なるのだ。 しかも、3. 7GHz帯は衛星通信との干渉問題もあり、なかなか活用が難しいとされている。 問題を解決するには、いままで以上に基地局を多数配置していく必要がある。 そしてそれでも、面的にべったりと、確実な5Gのサポートが進むに、相当の時間が必要になる。 そしてそれは、今回の新型コロナウイルス騒動によって、さらに長期化する可能性が出てきた。 「DSSがあれば大丈夫」は優良誤認?! 一方で対策もある。 4Gに電波を使いつつ、同じ周波数で5Gを同時展開する「DSS ダイナミック・スペクトラム・シェアリング 」という技術の導入だ。 これを使うと、800MHz帯・900MHz帯といった低い周波数帯で5Gが展開可能になるため、エリア拡大においては劇的な効果が見込める。 ソフトバンクやKDDIは活用に積極的、と言われている。 年内には総務省との間で利用の調整がつき、利用が可能になると見られている。 「なあんだ、これで一件落着……」 そう思ってはいけない。 NTTドコモはそうした認識を「優良誤認」とまで言う。 筆者も同感だ。 エリアカバーは重要だが、「5Gの高速ネットワークがどこでも使えるようになる」と考えるのは間違いだからだ。 5Gはなぜ速いのか? 新技術が導入されているから、というのは事実なのだが、それだけが理由ではない。 「いままで使われなかった電波帯を広く使っているから」というのが最も大きな理由だ。 例えば、NTTドコモが使う例えば、NTTドコモが使う800MHz帯 バンド19 は、上り・下りそれぞれ15MHz分しかない。 それに、それに、複数の帯域、例えば1. 5GHz バンド や1. 7G Hz バンド3 、3. 5GHz バンド42 など複数の帯域を組み合わせると、より広い帯域にすることで通信速度を稼いでいる。 いわゆる「キャリアアグリゲーション CA 」という技術だ。 各周波数帯で入る場所は異なるが、複数を組み合わせることで速度とエリアを充実させているわけだ。 だが、5Gは今のところ違う。 Sub6の帯域、ミリ波の帯域ともに各社へたっぷりと与えられているから、速度が出ているのだ。 4Gでも同様だが、高い周波数帯ほど使いづらいため、利用状況に余裕があって帯域を広く使える。 5Gではさらに高い、利用が進んでいない帯域を贅沢に使うがゆえに速度が出ているのだが、それを無理矢理4Gの帯域で使っても、割り当てられる周波数帯は狭いので、速度は出ない。 たしかにアンテナの表示は「5G」になるけれど、Sub6やミリ波を掴まなければ結局速度は出ず、価値が最大化されないのである。 こうした課題のシンプルな解決方法はない。 時間をかけてエリアカバーを広げていくしかなく、結果的にコストと時間が必要になる。 だからこそ、5Gエリアのカバーが完璧でない数年間は、「いかに4Gと同居して快適なサービスを作るのか」ということが重要になる。 KDDIの高橋誠社長は、「5Gのためには4Gをピカピカに磨きあげる必要がある」とコメントしている。 これは、4Gのネットワークがまだ弱い楽天への牽制であると同時に、5Gが弱い数年間、通信会社が必要とされる本質的な価値を一言で示したものでもある。 「分離プラン」は状況を悪化させる要因に 冒頭で、筆者がまだ5Gサービスを使えておらず、「単なる使い放題サービスになっている」と書いた。 だが、これはある意味、携帯電話事業者にとって「想定どおり」の状況だ。 ほとんどの場所で4Gながら「使い放題」の状況を体験してもらい、じっくりと5G化していくことで「高速で使い放題」へと移行し、顧客体験を高める必要がある。 となると本来は、「エリア外に住んでいる人にも先行して気軽に5G端末を買ってもらい、エリア展開を待ってもらいつつ、顧客単価を高めていく」というのが、携帯電話事業者にとって望ましい戦略である。 だが、端末については、昨年「分離プラン」がルールとして定められてしまったため、高価になった5G端末が買いにくい状況になっている。 XiaomiやOPPOなど、中国系メーカーがこの時期に、積極的な価格戦略に出て来ている。 だから当面、「低価格な5G端末を求めるなら中国メーカーに」ということになるだろう。 3月27日に開催されたXiaomiの新端末発表会の映像より。 KDDIでも販売予定の「Mi 10 Lite」は、349ユーロ 約42,000円 と、5G対応ながら安価。 日本でも安価な5G端末として期待できる 本当は、「5G端末については販売奨励補助を認める」という産業推進が必要だと思う。 低価格な機種はより安く、高価な機種でも手が届く価格になる……という形にして、ネットワークを先取りする形で5Gを広げることが重要だ。 そうしないと、携帯電話事業者もなかなか「積極的な5G展開」に出られない。 ユーザーの声があってエリアが拡大する、というのもまた事実だからだ。 だが、総務省の考えは逆だったようだ。 今の経済状況を鑑みても、「分離プラン徹底」はマイナスのようにも思えるのだが。 西田 宗千佳 1971年福井県生まれ。 フリージャーナリスト。 得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。 主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。 朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、週刊朝日、AERA、週刊東洋経済、GetNavi、デジモノステーションなどに寄稿する他、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。 近著に、「顧客を売り場へ直送する」「漂流するソニーのDNAプレイステーションで世界と戦った男たち」 講談社 、「電子書籍革命の真実未来の本 本のミライ」 エンターブレイン 、「ソニーとアップル」 朝日新聞出版 、「スマートテレビ」(KADOKAWA)などがある。 メールマガジン「」を小寺信良氏と共同で配信中。 Twitterは.

次の

ソフトバンクとKDDIが「5G JAPAN」を設立 5Gネットワークの地方展開を加速

ソフトバンク 5gエリア

ソフトバンクが、3月27日に5Gの商用サービスを開始する。 ただし当初はエリアが限られることから、月額1000円(税別)の5G基本料は取らず、2020年8月までに申し込めば無料とする。 では、ソフトバンクの5Gはどこで使えるのか。 ソフトバンクは、3月31日時点で対応している5Gのエリアを「住所リスト」の形で公開している。 なお上記エリアのうち、東京都、大阪府、広島県広島市、千葉県、愛知県の一部エリアは、3月27日のサービス開始時点では5Gには対応しておらず、3月31日から対応する予定。 関連記事• ソフトバンクが、2020年3月27日に5Gの商用サービス「SoftBank 5G」を開始する。 これに伴い、5Gの利用料金を発表。 現在契約している料金プランに1000円を加えると利用できるが、2年間は無料とする。 ソフトバンクが、5Gに対応するスマートフォン4機種を発表。 ラインアップは「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の4機種。 AQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gは3月27日に発売する予定。 ソフトバンクが、新たな端末購入プログラムとして「トクするサポート+」を2020年3月27日から提供する。 対象機種を24回払いで購入して返却すると、最大半額の支払いが免除される。 2020年3月27日以降に発売する機種が対象。 2019年10月から電気通信事業法が改正され、端末購入補助の上限が2万円に制限された。 この競争環境の変化を、ソフトバンクは「トリプルブランド戦略」で乗り切ったという。 5Gサービスでは4Gの周波数を5Gに転用する技術も駆使しながらエリアを構築していく。 総務省が「5G」用の電波(周波数帯)を各キャリアに割り当てた。 これから、各キャリアはどのようにエリアやサービスを展開していくのだろうか。 総務省の資料などを参考に考察してみよう。 関連リンク•

次の