勝 新太郎 の 息子。 鴈龍

勝新太郎の若い頃や豪遊伝説!息子の真剣事故・家族の現在を総まとめ

勝 新太郎 の 息子

不祥事を起こしながらも、多くのファンから愛された「勝新太郎」さん… そんな勝さんに日本映画界を揺るがす大事件が起きたのは1979年7月のことでした。 黒沢明監督(当時69歳)がメガホンを取る製作費12億5000万円の戦国大作「影武者」で、主役に抜擢された勝さん(当時47歳)が突然、主役を降板したのです。 この降板劇の背景には一体何があったのでしょうか? 名前:勝新太郎(かつしんたろう) 本名:奥村利夫(おくむらとしお) 生年月日:1931年11月29日~1997年6月21日(享年65歳) 職業:俳優、歌手、脚本家、映画監督 出生地:東京市深川区(現・東京都江東区) 学歴:旧制法政中学校(現・法政大学中学高等学校)中退 Sponsored Links 初めて黒沢作品に出演する勝さんは武田信玄とその影武者の2役を演じるはずだったのですが、リハーサル2日目の18日に早くも黒沢監督と衝突してしまい… その後、撮影現場に戻ることは二度とありませんでした。 原因は勝さんが「現場でビデオを回したい」と言い出したのが発端だったのです。 いつも自分の演技をビデオに収めて研究している勝さんは黒沢監督に直談判… その申し出に黒沢監督は強い口調で「断る」と言った後、「ボクが見ているから必要ないでしょう」と続けたのです。 「あっちが世界のクロサワなら、オレは天下の勝新だ!」と不満を露わにした勝さんが黒沢監督の目を射るように見ると、黒沢監督も負けずに睨み返し、「気に入らないのか!」と吐き捨てました。 その言葉にカッとなった勝さんは、後ろも振り返らずスタジオを出ていってしまったのです。 勝さんは衣装部屋に戻ると衣装を脱ぎ捨て、カツラもむしり取り、外に止めてあった自身のワゴンカーに立てこもりました。 プロデューサーが車内に入り、説得に当たったのですが、勝さんは「帰る」の一点張り… 事情を聴いて、さすがにこれではまずいと思ったのか、黒沢監督も勝さんのいる車に乗り込みました。 黒沢監督の顔を見ると勝さんは「こんな気分では芝居はできない」と言いました。 だいぶ落ち着き、自分の方から折れようという気持ちに傾いていたのですが、黒沢監督が来たからといって急に軟化するわけにもいきませんでした。 ところが、勝さんの言葉を聞くと黒沢監督は冷徹に「それならやめてもらうしかないな」と言い放ちます… 車を降りていこうとする黒沢監督に、勝さんは立ち上がり、殴りかかろうとしました。 ここは小柄なプロデューサーが必死になって勝さんを羽交い締めにして、なんとか押し止めたといいます。 実は、この時点ではまだ降板が決定的だったわけではありませんでした。 黒沢監督は勝さんが謝れば許す気で、勝さんもこんな低次元のケンカで降りるのはバカらしいと考えていたのです。 しかし翌19日朝、スポーツ紙が事件を詳しく報じたことで関係修復の機会は完全に失われてしまいます。 勝さんに惚れ込んで起用を決めて絵コンテを何十枚も描き、影武者のイメージも出来上がっていましたが、表沙汰になった以上、勝さんを許すわけにはいかなくなってしまいました。 その日の午後6時、黒沢監督は記者会見を開き、勝さんの降板を発表… その最中に黒沢監督のマネジャーが仲代達矢さんに電話し、勝さんの代役を頼みました。 一方、同日午後8時から会見を開いた勝さんは記者から「未練はないのか?」と問われると言葉に詰まり、30秒近くも沈黙しました。 仲代さん主演の「影武者」は1980年に公開され、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞… 当時、邦画としては過去最高の配収を記録しました。 勝さんの逃した獲物はあまりに大きかったと言えるでしょう。

次の

勝新太郎と中村珠緒の息子『真剣事故』とは?謎の死亡事件に陰謀説も

勝 新太郎 の 息子

有名な謝罪会見など必見です。 「勝新太郎さんのプロフィール」 芸名:勝新太郎 本名:奥村利夫 生年月日:1931年11月29日 没年齢:65歳 没年月日:1997年6月21日 出身地:東京市深川区 血液型:O型 身長:わかりません。 出身小学校:わかりません。 出身中学校:旧制法政中学校(中退) 出身高校:なし 出身大学:なし ・家族構成 お父さんとお母さん。 勝新太郎さんの兄弟(姉妹)は、1人目は 2歳年上の男兄弟で「若山富三郎」さん。 ・結婚暦 勝新太郎さんは、1962年に女優「中村玉緒」さんと結婚。 玉緒さんとの間に、1人目・娘「奥村真粧美」さんが誕生。 2年後の64年に、2人目・息子「奥村雄大(鴈龍太郎)」さんが誕生。 ・芸能界入りのきっかけ 長唄と三味線の深川の芸者さんに弟子入りし、稽古をつけたのがきっかけ。 勝新太郎さんの死因は? 勝新太郎さんの死因は、「咽頭がん」だということです。 勝新太郎さんというと、お酒をよく飲むというイメージがあるんですよね。 そして、タバコもスパスパと吸う感じもありますからね。 お酒やたばこばかりで、周りが体を気遣って検査を受けるように勧めることができる時代なら良かったですよね。 今の医学なら、バリウムを飲んで検査するという形です。 体を酷使しているためそれじゃ病気が見つからないかもしれないということで、内視鏡の検査もありますからね。 のどの内側の組織のがんのことで、症状は声が枯れてしまうんですよ。 そして、原因はタバコやお酒などがあげられます。 ただ、芸能人といった声や喉を酷使する仕事の人でも、咽頭がんになる可能性があります。 勝新太郎さんのお兄さんは? 勝新太郎さんのお兄さんは、「若山富三郎」さん! 若山富三郎さんは、俳優としていろいろな役を演じ、歌手としていろいろと歌ってます。 テレビドラマ限定の監督もしていたようですよ。 そして、時代劇に出てくる殺陣では当代随一の名手だったそうです。 小さい頃は、勝新太郎さんとお兄さんで長唄の修行を一緒に始めたことがあったんです。 勝新太郎さんは、長く続けていたんですが、お兄さんは長唄に専念することはなくいろいろと問題もあった。 長唄は長続きしなかったお兄さんですが、柔道にはかなり熱が入っていたようです。 というのも、師範をめざして猛特訓していたらしいですよ。 Sponsord Link ただ、お兄さんが二十歳の時に何故か長唄の和歌山富十郎さんのお弟子さんになったんです。 その時に、今の若山 富三郎と芸名を付けたそうで、新東宝からスカウトをされて演技は全然経験なしの新人なのに、給料は物凄く高く、車はドライバー付きで送り迎えを約束させたそうです。 それから、新東宝に入社することを決めたんですよ。 勝新太郎さんの妻は? 勝新太郎さんの妻は、「中村玉緒」さんで女優をしています。 勝新太郎さんの娘は? 勝新太郎さんの娘は、1人いて「奥村 真粧美」さん! 勝新太郎さんの息子は? 勝新太郎さんの息子は、1人いて「鴈 龍」さんです! 勝新太郎さんの子供は? 勝新太郎さんの子供は、息子と娘が1人ずつの合計2人いますよ。 勝新太郎さんの伝説は? 勝新太郎さんの伝説は、数々あるんですよ。 しかも、ただの伝説ではなく豪快破天荒伝説という物があるんですよ。 これは、過去に「スマステ」で放送されていたことがあるものです。 1つ目は、パンツ疑惑! これは、今から28年前の90年の1月16日のこと、場所は日本ではなくハワイ・ホノルル空港でのことです。 何故か、マリファナを下着の中に隠し持っていたんです。 それで、現行犯逮捕されてしまったということ。 2つ目は、今では大物俳優を怒鳴りつけた! その大物俳優というのが、松平健さんでその当時はまだ俳優デビューする前の事でした。 なぜか、撮影中だというのに、勝新太郎さんは撮影を止めて松平健さんをその場でカメラテストさせたそうです。 3つ目は、病気なのに怖くない! 死んでしまう病気、がんになっているのにそれを恐れていないような態度を取っていたんだそうです。 いつでも、サービス精神を忘れず、勝新太郎さんは死の直前の時にも記者からの質問に答えていたらしく、矛盾があるんですがタバコを吸っているのにもかかわらず、「タバコはやめた」と言ったようです。 本来は、お酒を飲んではいけないんでしょうが、ビールを飲んでいたらしいです。 4つ目は、大物ハリウッドスターと運命的な出会い! アメリカで、ジェームス・ディーンさんと出会ったことがあるんです。 と少しですが、凄い人だと感じてしまいますね。

次の

中村玉緒の息子は鴈龍!娘は奥村真粧美!

勝 新太郎 の 息子

不祥事を起こしながらも、多くのファンから愛された「勝新太郎」さん… そんな勝さんに日本映画界を揺るがす大事件が起きたのは1979年7月のことでした。 黒沢明監督(当時69歳)がメガホンを取る製作費12億5000万円の戦国大作「影武者」で、主役に抜擢された勝さん(当時47歳)が突然、主役を降板したのです。 この降板劇の背景には一体何があったのでしょうか? 名前:勝新太郎(かつしんたろう) 本名:奥村利夫(おくむらとしお) 生年月日:1931年11月29日~1997年6月21日(享年65歳) 職業:俳優、歌手、脚本家、映画監督 出生地:東京市深川区(現・東京都江東区) 学歴:旧制法政中学校(現・法政大学中学高等学校)中退 Sponsored Links 初めて黒沢作品に出演する勝さんは武田信玄とその影武者の2役を演じるはずだったのですが、リハーサル2日目の18日に早くも黒沢監督と衝突してしまい… その後、撮影現場に戻ることは二度とありませんでした。 原因は勝さんが「現場でビデオを回したい」と言い出したのが発端だったのです。 いつも自分の演技をビデオに収めて研究している勝さんは黒沢監督に直談判… その申し出に黒沢監督は強い口調で「断る」と言った後、「ボクが見ているから必要ないでしょう」と続けたのです。 「あっちが世界のクロサワなら、オレは天下の勝新だ!」と不満を露わにした勝さんが黒沢監督の目を射るように見ると、黒沢監督も負けずに睨み返し、「気に入らないのか!」と吐き捨てました。 その言葉にカッとなった勝さんは、後ろも振り返らずスタジオを出ていってしまったのです。 勝さんは衣装部屋に戻ると衣装を脱ぎ捨て、カツラもむしり取り、外に止めてあった自身のワゴンカーに立てこもりました。 プロデューサーが車内に入り、説得に当たったのですが、勝さんは「帰る」の一点張り… 事情を聴いて、さすがにこれではまずいと思ったのか、黒沢監督も勝さんのいる車に乗り込みました。 黒沢監督の顔を見ると勝さんは「こんな気分では芝居はできない」と言いました。 だいぶ落ち着き、自分の方から折れようという気持ちに傾いていたのですが、黒沢監督が来たからといって急に軟化するわけにもいきませんでした。 ところが、勝さんの言葉を聞くと黒沢監督は冷徹に「それならやめてもらうしかないな」と言い放ちます… 車を降りていこうとする黒沢監督に、勝さんは立ち上がり、殴りかかろうとしました。 ここは小柄なプロデューサーが必死になって勝さんを羽交い締めにして、なんとか押し止めたといいます。 実は、この時点ではまだ降板が決定的だったわけではありませんでした。 黒沢監督は勝さんが謝れば許す気で、勝さんもこんな低次元のケンカで降りるのはバカらしいと考えていたのです。 しかし翌19日朝、スポーツ紙が事件を詳しく報じたことで関係修復の機会は完全に失われてしまいます。 勝さんに惚れ込んで起用を決めて絵コンテを何十枚も描き、影武者のイメージも出来上がっていましたが、表沙汰になった以上、勝さんを許すわけにはいかなくなってしまいました。 その日の午後6時、黒沢監督は記者会見を開き、勝さんの降板を発表… その最中に黒沢監督のマネジャーが仲代達矢さんに電話し、勝さんの代役を頼みました。 一方、同日午後8時から会見を開いた勝さんは記者から「未練はないのか?」と問われると言葉に詰まり、30秒近くも沈黙しました。 仲代さん主演の「影武者」は1980年に公開され、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞… 当時、邦画としては過去最高の配収を記録しました。 勝さんの逃した獲物はあまりに大きかったと言えるでしょう。

次の