パソコン 強制 終了 の 仕方。 【初心者向け】Windows10がフリーズ!安全に強制終了する方法!

パソコンアプリ強制終了のやり方と方法,Mac,Windows

パソコン 強制 終了 の 仕方

Windowsを強制終了する前に 例えばWindows7や8. 1からWindows10へのアップグレードでは、途中でフリーズしたのかと思うぐらい画面変化がない状態が続きます。 通常のWindowsアップデートでも、スペックの低いパソコンでは時間がかかることが少なくありません。 また、3次元CADやCG処理では長時間反応しないこともあります。 パソコンは、基本的には単一の動作を行っていくため(近年では並列処理も主流になりつつありますが)、非常に重い処理をしているときにはフリーズしたと思うくらいに動作が重くなります。 処理中にさらに負荷をかけるような動作を取ってしまうと、本当にフリーズしてしまうことになりますので、このような場合は、「そのまま待つ」ことが最良の対応です。 できることなら電源を入れたまま数時間放置して、変化を待つことが大切です。 何かの作業中なのであれば、例えば、ブラウザであればページの読み込みボタンが動いているかどうかを見ることや、ファイルの移動中であれば表示されたプロセッシングバーの進捗率が数分に一度動かないかといった部分を見ると分かることがあるのです。 一方で、重い処理の心当たりがなければ、タスクマネージャーで応答なしのアプリケーションがないか確認します。 キーボードの「CTRL」キーと「ALT」キーを押しながら「DEL」キーを押します。 これでも反応がなければwindowsの強制終了しかありません。 以下、画像はwindows10ですが、他のバージョンでも基本は同じです。 表示された画面から「タスクマネージャー」をクリックします。 タスクマネージャーを起動しただけでフリーズ状態が解消されることも少なくありません。 タスクマネージャーは利用した履歴に応じて「簡易表示」か「詳細表示」で表示されます。 左下を選択すると切り替わります。 タスクマネージャーの具体的な使い方は、次のようになります。 タスクマネージャーはタブも多岐にわたり、PC専門用語で構成されているために、一見すると、どれをどの様に弄ればいいのか戸惑ってしまいますが、実際にユーザーが操作することでフリーズ状態を解消するためには、さほど複雑な操作は必要ありません。 それでは、具体的な解消方法を確認していきましょう。 ここで、プログラム名の後(詳細表示では「状態」欄)に「応答なし」と表示されているプログラムがあれば、それがフリーズの原因です。 「応答なし」のプログラムはタスクマネージャーで強制終了させます。 ただし、ここで強制終了を実行すると、その場合、最後に保存処理をして以降の保存していない作業データは消えてしまいます。 普段から、作業中にこまめにファイルの保存を行っていくことができればベストですが、急にフリーズしてしまったということも当然起きるでしょう。 少しでもデータを救済したい場合は、画面をキャプチャしておくか、アナログな方法ではありますが、スマホ・デジカメなどで画面を撮影しておきます。 タスクマネージャーの簡易表示で、対象のプログラムを右クリックして、「切り替え」を選択すると、対象のプログラムが最前面に表示されるかもしれません。 プログラムを終了させるには、対象のプログラムを右クリックして「タスクの終了」を選択します。 「応答なし」の表示がない場合は、CPUやメモリーの使用量を確認しながらプログラムを終了させていきます。 一般的には、フリーズする主な問題としてパソコンのメモリー容量が起動しているソフトウェアに大半が抑えられてしまい、余力が不足している場合に起きるため、負荷が過度にかかっているソフトウェアを落とすことで解消される可能性が高いのです。 それでもだめな場合はwindowsの強制終了となります。 パソコン本体がフリーズしていない場合もある また、時々遭遇するケースとしては、マウスやキーボードが動かず、それをパソコンのフリーズと勘違いする場合があります。 後者の無線接続のケースでは、昨今bluetooth無線接続をしているデバイスが増えているため「混戦状態」に陥っている可能性が高いのです。 bluetooth無線接続をするには、その周波数の帯域に存在できるデバイスの数が限られているため、近辺にその数量を上回る台数のデバイスがある場合には、接続がしにくくなるか、動作を停止してしまう場合があるのです。 解決策としては、デバイスを減らすことが最も効果的な方法ですが、オフィスなどではそれも難しい場合もあるでしょう。 Windowsの強制終了 1• Androidでインターネットを... 404,014件のビュー• Android端末を利用している... 377,078件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,080件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,545件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,404件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 228,131件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,024件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,810件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,514件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,163件のビュー.

次の

フリーズしたパソコンを強制終了する方法 ( Windows 10 )

パソコン 強制 終了 の 仕方

Author by 齋藤 実 IT トラブルの現場をよく知る専門性を買われて、All About、Biz コンパス、ウイルスバスターチャンネルといった専門色の強い大手 WEB メディアでも活躍中。 雑誌やラジオへ出演したこともあり。 こんにちは、パソコンが苦手な人でも安全で簡単にできるトラブルシューティングを書きました。 この記事がトラブル解決に役立ったならとても幸いです! ぜひご活用いただければと思います。 10周年の節目になりましてホームページを新デザインに移行中です。 古いページが表示されることもありまして、ご面倒をおかけします。 また Internet Explorer は機能が古く非対応です。 大変申し訳ありません。 システムの復元が終わらないトラブルの対処法 昨日の夜にシステムの復元をスタートしたものの朝になっても終わっていない、という「システムの復元が終わらない」トラブルのお問い合わせがコンスタントにあります。 そしてシステムの復元が終わらないトラブルの対処法はパソコンの強制終了と再起動です。 ほとんどのケースで、電源ボタンの長押しによる強制終了後に再起動したら、問題なく起動したとお聞きします。 つまり、システムの復元の完了画面が表示されなかったものの、作業自体は正常に終わっていたため再起動で解決できたと判断できます。 ちなみに、システムの復元をかけるということは、もともと何かしらのトラブルが起きていたわけでして、その影響でシステムの復元の完了画面が表示されないなどの異常があっても不思議なことではありません。 もし強制終了後にパソコンが正常に起動しない場合ですが、原因として、パソコン部品の熱暴走や、システムの復元を実行するプログラムや復元ポイントのトラブルなどでシステムの復元が止まっていることが考えられます。 それらを改善することでシステムの復元が無事完了します。 それではシステムの復元が終わらないトラブルの対処法を以下のメニューでレポートします。 Windows10 で書いておりますが Windows8 でも作業方法は同じです。 この作業には、 回復ドライブが必要になります。 すべてを作業する場合は最大で 12時間かかります。 強制終了と再起動 円すいマークがハードディスクのアクセスランプです。 システムの復元が終わらないトラブルのまず試したい対処法は強制終了になります。 ただし、強制終了を行いますので注意点もあります。 あくまでも、システムの復元の完了画面が表示されなかっただけで、しっかりと完了していることが大切です。 既に作業が完了していれば強制終了しても問題ありません。 その確認方法は、パソコンのハードディスクのアクセスランプです。 もし点灯または点滅している場合は、システムの復元の作業中のため強制終了はしないでください。 作業中に強制終了してしまうとエラーが残ってしまい、その後でシステムの復元が試せなくなります。 ハードディスクのアクセスランプが消灯している場合は、システムの復元作業が完了していますので強制終了してください。 電源が落ちたら念のため、放電しておきます。 コンセントから外して 1 時間程度休ませてください。 ノートパソコンの場合はバッテリーも外します。 放電が完了しましたら、電源を入れてみてください。 *これでトラブルなく、正常に起動します。 もしパソコンにアクセスランプが搭載されていない場合は、時間を基準にするしかありません。 私の経験ですと、システムの復元で一番長い作業時間は 3 時間です。 その倍の 6 時間、さらに倍の 12 時間も経過していれば強制終了して問題ないでしょう。 万が一、強制終了後に再起動してもパソコンが正常に起動しない場合はパソコンの冷却をお試しください。 パソコンの冷却 システムの復元が途中で止まってしまう理由として、システムの復元のバックアップにエラーが起きていたり、システムの復元を実行するプログラムにエラーが起きていることが考えられ、回復ドライブの「スタートアップ修復」が解決方法になります。 回復ドライブは USB メモリで作成した Windows のメンテナンスツールです。 トラブルが起きているパソコンで作成することはできないため、たとえば職場内や家族の正常なパソコンで作成し、トラブルの起きているパソコンで使います。 回復ドライブの作り方は、、、 でご確認ください。 手順を細かくレポートしています。 使い方につきましては 、、 でご確認ください。 回復ドライブのシステムの復元 スタートアップ修復が完了しましたら、次に「システムの復元」を試していきます。 こちらの作業も回復ドライブから行うと間違いがありません。 システムの復元が完了したら(システムの復元が終わらない場合も、アクセスランプが消灯していたり、時間で強制終了し)再起動してください。 無事に起動する場合はこれで作業完了です。 ちなみに、システムの復元の途中で強制終了したら、その後からシステムの復元がエラーでできなくなった、なんてお話を聞くこともあります。 システムの復元は長い時で 1 時間くらいかかるときもありまして気長にお待ちください。 データが多いなどの理由で空き容量が少ない場合は、3 時間程度かかることもあります。 その他の注意点については、 でご確認ください。 セーフモード この PC を初期状態に戻す、は回復ドライブを使いません。 システムの復元が終わらないトラブルの対処法の最後の砦が「この PC を初期状態に戻す」です。 マイドキュメントなどユーザーアカウント内のデータを残すオプションが選べますが、システムの復元とは違い、Windowsやアプリ、設定などは、購入時の箱から出した状態になります(ユーザーアカウントのデータはそのまま残っています)。 ちなみにですが、データを残したい場合は回復ドライブから作業できません。 回復ドライブの「ドライブから回復する」を行った場合は(回復ドライブのこの PC を初期状態に戻す機能です)、データや設定、アプリ、すべてが購入時の箱から出した状態に戻ります。 データを残したい場合は厳禁です。 もし「この PC を初期状態に戻す」又は「ドライブから回復する」が失敗する場合は、再インストールに必要なプログラムにもトラブルが起きている可能性があります。 長年お使いのパソコンでしたら、ハードディスクなどの部品故障の可能性も考えられます。 「この PC を初期状態に戻す」の手順については、 でご確認ください。 実際にデータが残るかの実験もしてみました。 万が一、お困りの時は… システムの復元が終わらないトラブルの対処法を網羅してみましたが、万が一、Windows が起動しない、困った…というときは、ぜひ当社のパソコン修理サービスにお任せください。 メーカーさんの修理とは違い、データを残したパソコン修理をしています。 の総合案内ページもぜひご確認ください。 当社秋葉原オフィスのバックヤード(立ち入り禁止エリア)です。 宅急便やお預かり品のパソコン修理やデータ救出作業をしています。 お持ち込みの場合は受付スペースのほうで対面で作業をしています。 よくある Windows 起動トラブルでしたら、回復ドライブのコマンドプロンプトから Windows システムを検査して直せます。 コマンドプロンプトからの作業はパソコンの初期化(リカバリ)ではなく、そのエラーだけを直しますので、保存してある写真などのデータもインストールしたアプリも、無線 LAN などの設定も、そのまま残ります。 こちらは です。 当社の実績ブログ(カテゴリ:起動修復)が開きます。 なお、長年お使いのパソコンでしたら部品故障などの「寿命」が原因ということもあります。 そのような重症なケースでもこのトラブルでしたら、当社の専用設備で大切なデータを救出できます。 「なんとかデータだけでも残したい」という場合でも安心してお任せください。 もちろん、データを救出した後で部品交換の修理も対応しています。 データ復旧実績は でご確認ください。 上記と同じ当社の実績ブログが開きますが、こちらはデータ救出実績を集めたページになっています。 パソコン修理とデータ救出のご相談はお電話( 電話受付は年中無休 8時 から 24時までです )又は からお気軽にお問い合わせください! 当社は IT の街、東京・秋葉原のオレンジセキュアサービス(株)です。 おかげさまで2008年から営業しています。 お持ち込みは対面で診断・修復作業をしておりまして 20 分から 60 分程度お立ち会いください。 遠方の方からの宅急便も歓迎です。 オレンジセキュアサービス株式会社• 東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル 4B 号• 電話:03-5823-1870• 加盟 : 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 2006年に創業し、サーバ保守メンテナンスやセキュリティ対策の提案と施工、またウイルス駆除やデータ復旧といったトラブルレスキューを一貫して行ってきました。 本社は埼玉県の杉戸町にあり、埼玉県の熊谷市、行田市、東京都の秋葉原(千代田区)に支社があります。 敷地の大きな本社でサーバやネットワークの技術研究、導入前テストを行い、また小さな事務所ですが世界に誇る IT の街 東京・秋葉原でサポート業務や営業活動を展開しています。 サーバや IT 業界の最新の情報を得るために(社)コンピュータソフトウェア協会に加盟しています。 トラブルレスキューやセキュリティ構築、保守の実績としては、市町村、国公立大学、高校、上場企業、中小企業、特殊法人、一般のお客様と幅広くご利用いただいています。 また大手 SIer、事務機器販売店、地域電器店の皆様の保守やサポートを代行しています。 オレンジセキュアサービスとぜひ交流を! | | |• このコラムで紹介している予防法や駆除方法など、すべての情報はユーザーの自己責任で利用して頂きます。 もし情報を利用することで損害等が発生しても一切責任を負いません。 また記事・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。 もちろん引用は可能ですが、引用元となる当サイトへのリンクは必ず行ってください(リンクはページリンク可)。 ご不明な点はお問い合わせください。

次の

【初心者向け】Windows10がフリーズ!安全に強制終了する方法!

パソコン 強制 終了 の 仕方

パソコンを使っていると、たまにフリーズ(何をしても反応しなくなる状態になること)することがありますよね。 フリーズしてしまった場合は• 動くまで待つ• パソコンの電源を切る の2択から選ぶことになりますが、いくら待ってもフリーズが解除されない場合は、電源を切るしか選択肢がありません。 しかし、フリーズしているとそもそもパソコンを操作できないので、「Windowsのメニューから電源を切る」ということができないことがあります。 そうなると、パソコンの電源ボタンから電源を切るしかないのですが そもそもフリーズしていると電源ボタンを押しても、反応しないことがあります・・。 こうなると、パソコン初心者の人は• 「パソコンのコンセントを引っこ抜くしかなくない・・?」• 「どうすりゃいいのおおおおおおおお!!」 などと焦るかもしれませんが、 パソコンには強制終了させる機能が付いています。 というわけで、このページではパソコンを強制終了させる方法について紹介したいと思います!.

次の