クリスマスといえば イラスト。 クリスマスといえば「くるみ割り人形」が定番なのはなぜ? 欧米と日本の根本的な違いはここでした!(experience-ga.ctb.comサプリ 2015年12月19日)

クリスマス (くりすます)とは【ピクシブ百科事典】

クリスマスといえば イラスト

12月25日は、キリスト誕生の日といわれ、キリスト教の盛んな国ではお祝いのパーティーが各地で催されます。 日本もキリスト教とともにクリスマスが伝来して以来、各地でイベントが開かれるようになりました。 クリスマスといえば子どもに玩具を運ぶサンタクロース。 赤い服と赤い帽子をかぶり、白いひげを生やしてお腹の出た大きなおじさんが、オモチャなどが入った白い大きな袋を抱えてトナカイのソリに乗ってやってくる。 煙突から家の中へ入り、子どもの枕元にある靴下の中へプレゼントを入れて帰っていくイメージで有名ですが、これは聖書学者クレメント・クラーク・ムーアの歌の中で書かれたサンタのイメージがひろがったものと言われています。 クリスマスにはケーキを食べますが、昔はこのケーキを使って今の王様ゲームのようなゲームが行われていたといいます。 まずケーキを男性用、女性用に2等分します。 それぞれにエンドウ豆を入れて、さらに小分けします。 参加者に一切れづつ配り、エンドウ豆の入っていたケーキを食べた男性は王、女性は女王となり、参加者になんでも命令できるというゲームです。 クリスマスの前夜祭をイブと言います。

次の

12月といえば?花や旬の食べ物、 イベントや行事、歌、記念日とは?

クリスマスといえば イラスト

今年も心踊るあの季節がやってきます。 街路樹はイルミネーションで輝き、クリスマスソングが彩りを加えるホリデイシーズン。 今回は、数あるクリスマスソングの中でも、僕たち日本人の間で定番となった楽曲を集めました。 何年たっても色あせる事なく聴き継がれる永遠のポップソングたち。 毎年この時期に必ず聴きたくなる魔法の23曲です。 山下達郎 「クリスマスイブ」 言わずと知れた、日本のクリスマス・スタンダード。 1988年 JR東海CMソングへの起用を契機に大ヒットとなった同曲もオリジナルリリースは1983年というから驚きだ。 毎年クリスマスの時期が近づくとチャートにランクインしており、「日本のシングルチャートに連続でチャートインした最多年数の曲」としてギネス世界記録にも認定されている。 自身も「詞・曲・編曲・演奏・歌唱・ミックス、すべての要素がバランスよく仕上がった数曲のひとつ」と ALL TIME BEST『OPUS』のライナーノーツに綴っている。 DREAMS COME TRUE 「雪のクリスマス」 90年にシングルでリリースされたものの、長らくアルバムには収録されず "隠れた名曲" と言われてきたが、発売から27年が経った今ではすっかりドリカムの代表曲であり、クリスマスの定番ソングだ。 昨年リリースされた『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』にて、初めて新たにレコーディングしたバージョンが収録された。 なお、94年には WORLDWIDE VERSION として、同曲の英語版「WINTER SONG」がリリースされており、こちらはさまざまなベスト・アルバムなどに収録される事もあったため、英語版のほうがなじみ深い方も多いかもしれない。

次の

印刷物に無料で使える12月にぴったりの和風イラスト素材

クリスマスといえば イラスト

クリスマスがイエス・キリスト……キリスト教の信仰と関係があるというのは、なんとなく知られているようですね。 12月25日はイエス・キリストが誕生した日で、つまり、イエスの誕生日を祝うと思っている人も多いようです。 しかし、聖書のなかには、イエス・キリストがいつ誕生したか、という記載はありません。 逆に、聖書を読むと、イエスが誕生したのは12月25日ではない、と解釈することができます。 【イエス・キリストが12月25日に生まれたのではないとする理由】 ・聖書には、イエスが生まれた頃の状況が書かれています。 「そのころ、世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。 住民登録は出身地で行うもので、移動が難しい真冬には決して行われないものでした。 ・マリアがイエスを産んだのが冬期ではなかったというのは、その知らせを最初に聞いた羊飼いたちの生活からもわかります。 「さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた」(ルカの福音書2章8節)ときに、彼らはイエスが馬小屋で誕生したと御使いから聞かされます。 しかし、羊飼いの群れが野営できる季節は4~10月までで、11月以降は冬期の上、雨季でもあるので野営しないとされています。 12月には野原に出ることなく、羊飼いたちが真冬の寒空の下、夜番をしているなどありえないことでした。 12月25日が選ばれた理由 結局のところ、「イエスが生まれた日」については諸説ありながら確証はなく、正確なことは「わからない」ということのようです。 「冬至」の時期であるこの日前後には異教の祭りが重なっており、当時の教会が布教拡大を狙って、この日をイエス誕生を祝う日としたものと思われます。 従って12月25日は、イエス・キリストの誕生を祝う日ではあっても、誕生日ではないことがわかりますね。 イエス・キリストって何をした人? 「イエス・キリスト」の名前なら子どもでも知っているでしょう。 でも、何をした人なのか、どうして十字架に架けられたのか……具体的なことは、あまり知られていないようです。 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。 それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである」(ヨハネの福音書3章16節) 聖書の福音(good news の神髄を表し、「小聖書」とも呼ばれる有名な聖句です。 ここにある「神のひとり子」がイエス・キリスト。 つまり、イエス・キリストは、人のかたちをしてこの世に遣わされた神(神の子は神)なのですね。 なぜ、神であるイエスが、わざわざヨセフとマリアの息子としてこの世に生まれたのかといえば、「御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つため」でした。 聖書では、人間が生まれ持っている、自己中心や傲慢、情欲、神などいないという不信仰……を罪だと言います。 つまり、人間はすべて「罪人」であり、その罪ゆえに、永遠の滅び(=死)を免れない者でした。 神の子であるイエスが十字架に釘付けにされたのは、人間の罪を身代わりとなって償(つぐな)うため、人間が永遠の滅びに堕ちるところを救い上げ、永遠の命へと変えるためでした。 イエス・キリストが「救い主」と呼ばれる由縁(ゆえん)ですね。 あなたの御国の位にお着きになる時には、私を思い出してください」とイエスを神としてあがめました。 (ルカの福音書23章42、43節) 過去にどんな大罪を犯していても、悔い改めて神の前にひれ伏す時、罪は許され、パラダイス(=天国)へ迎えられるというのです。 聖書にある「福音」とは「よい知らせ=good news」という意味ですが、本当に、これ以上の「good news」はないのかもしれません。 クリスチャン人口は1%未満といわれる日本では、クリスマス本来の意味は無視され、お祭り騒ぎで終わってしまう感があります。 せっかくのクリスマス、今年は、今まで素通りするだけだった教会に、足を踏み入れてみるのはいかがでしょう。 讃美歌を聴きながら、心静かに祈りを捧げてみるのもいいかもしれません。

次の