塾 講師 キャリア。 塾講師から転職する方の20代のキャリア形成につい徹底解説!

キャリアカウンセリング講師募集

塾 講師 キャリア

>30代位迄の講師の方が多くて、50代位の年配者が少ない この理由だけですがいいですか? ほかにやりたい仕事があってまだ資格を取ってないという方が 「食いつなぐために一応正社員している」 というのが多いですよ 塾の講師がしたくって一生その仕事をという方はほぼ皆無です だからお年を召した方が少ないのです 自分の目指した道へ行く方はもちろん 挫折したかたでも塾講師は続けず 別の道へ進む方が多く 上の幹部に進んでいく方は私の周りにいないですね 塾の子供は次々に代謝していきますので 年数がたてばたつほど感覚も話も合わなくなってきます あまり年齢が行くと保護者面談でも「あの先生ではちょっと・・・」と母親からの苦情が来ます 子供はもちろん親だってお年寄りの方とは話があうはずもないです 経営陣からしてもごくまれなスター講師ならまだしも 普通の年齢だけいった(時間単価の高い)講師は早くやめてもらいたいのです プログラマーと同じく35歳定年説はこの業界にもあります ユーザーID:• そういえば、おじさんの先生ってみませんね。 中学一年生の母です。 うちの子は小3から県内の中堅どころの塾に通っていました。 社員は室長と講師ふたりくらいであとはアルバイトだと思います。 当時室長は27、8歳くらいで教師になれなかったので大手塾に3年くらいいて、転職し、2年目で新規開設塾を任されたと言っていました。 うちの子は、「兄貴」という感じでとてもよくしてもらいました。 小6のとき(室長は31歳くらい)、その室長に私立高校から誘いが来て、迷っていたようですけど、念願の教師になりました。 次の室長はできる子供しか受け付けないタイプだったので、中学生になるときに、うちの子供は少人数対応(大手)の塾に変わりました。 塾の先生は学校相談会などで高校の受験担当者と仲良くなったりするので(せび、うちの学校に生徒を!って感じで)そこから高校への就職の機会があったみたいです。 今の塾の先生は、10年目っていっているので、33、4歳くらいですね。 へとへとのぼろぼろでちょっと可哀相なくらいです。 35歳以上の塾の先生にはまだ会ったことがありません。 ユーザーID:• 塾講師 こんにちは。塾講師は学校とは違う教育の違う一面を担っており、素晴らしい職だと思います。でも同時に、息子さんの目指す塾がどの程度の規模かによって随分先が不安定な職だと思います。 私は受験までは予備校通い、そして大学時代にずっと塾講師のバイトをしていたものです。小中高の少人数制の塾で、やりがいもってやってました。しかし、少人数制の塾であるとアルバイトが非常に多いし経営者は別にいて、社員の入れ替えが激しいです。 予備校などで本を出版したりする人気講師はかなりの年配の方もいらっしゃいますが、大抵の塾は、どんどん後釜ができてきて長く勤めるのが非常に難しいと思いました。 私のやっていた塾で正社員の30代の塾長は実家が酒屋でいずれ跡を継ぐという約束があるので好きなときまで塾で働くといってました。現在は塾で知り合った人と結婚して実家の仕事を手伝ってるようです。 塾は学校が終わってからの仕事なので午後5時から11時など非常に遅い仕事だということも家庭を持つと続けるのが難しい理由と思いました。 ユーザーID:• 全くお勧めできません 国立大の文系学部を出ました。 教員免許を取る人が多く、大手予備校などの塾講師になった人が複数いました。 卒業後15年経ってちょうど雇用が不安定になった時期ですが、 ・大手予備校の名物講師でDVDや参考書を出している この人は大成功。 例外中の例外で、1名だけです。 ・大手予備校の講師マネジメント(事務管理職) この人は何とか生活できています。 ・大手予備校のフランチャイズ店を細々と経営 この人は、生活できているとは言い難く、ネット上で通販等の副業をして生計を維持しています。 ・私立・公立高校の教師に転身、会社員に転身 早めに不安定な講師に見切りをつけ、20歳代半ばから後半のうちに教員採用試験などの勉強をして転身した人は多数。 普通の会社員になった人は、こっちが100倍マシだと言っていました。 ・大手予備校から小規模塾などに転身したタイプ 困窮の噂の後、同窓会などにも来なくなり以後消息が不明です ・・・ということで、一生の職業にはなり得ないと思います。 ユーザーID:• 意欲次第です 入社する際、年令を若く設定するのは、年令が高い人の中には、塾の研修に対して変な我を出してしまったり、すでに自分のスタイルを確立してしまっていて、塾の望む「色」に染まりにくいことがあげられると思います。 また、塾業界は経験と力のある若年講師が年長の新人を研修したり監督することがありますので、それに適応できずに辞める40代が多いです。 講師の大半は20代〜30代半ばくらいですが、教室長・人事・総務・教務など責任のある立場には40〜50才くらいの方が何人もいました。 ある程度組織だった大きな塾であれば、年令を重ねてもある程度のポストにつくことができるのではないでしょうか。 ただ塾産業事態がわりと若い産業でもありますし、教育制度・世相に左右されるので言い切れません。 ユーザーID:• 子供の生きてゆく力を信じよう 「塾講師の行く末」を心配するおかあさんへ。 息子さんの人生なのだから、お母さんがそんなことを口出ししたり、小町でトピをたてて、調べなくてもいいと思います。 「親の役目は、『子供の自立する力』をつけること」です。 成人した子供の「転ばぬ先の杖」を親がやってどうするのですか?あなたの子供はいつまでたっても頼りない子供ですか? 「本人の生きる力を信じて、夢の実現を見守ること」これがあなたのすべきこと。 たとえそれがうまくいかなくても、人生において無駄な経験は何ひとつないと思うし、そうやって豊かな人生を積み重ね、成長してゆくものではないですか? なるべく安易な道を歩いて欲しい、という親の願いは 単に親が安心したいため。 子供の人生の目的は、「親を安心させるため」では ないですよ。 期待する答えでなくてすみませんでした。 ユーザーID:• 若い人が多いのは事実だが本人次第 私が大学生のときにアルバイトで教えていた大手学習塾(一部上場企業)では、 講師の主力は学生講師でしたから社員は拠点毎に数人しかいませんでした。 社員になる人はやはり新卒で元学生講師が多いようです。 ある程度年齢を重ねてから転職してくる方はいないようです。 一方で辞める方はいるわけですから35歳以上の割合は低くなりますよね。 もちろん35歳以上の社員も珍しいわけではありませんが、 それだけ長くいるわけですから何らかの役職付きの方が多かったです。 また、授業を見るとさすがに教え方や生徒の扱いが上手だと感心します。 上記は現場の話ですが、生徒と直接は接することのない仕事もあります。 例えば、授業で使うテキストを作成したりする部署等です。 35歳以上になってそちらへ移ることも考えられます。 色々書きましたが、塾によってシステムは違いますし、 その会社の規模や地域によるところも大きいと思います。 ご心配な点は息子さんに直接お話しされるのがよいでしょう。 拠点が全国にある場合は3〜4年毎に転勤もあるかもしれませんよ。 最終的には本人の望む道を選ぶのがベストであることは変わりません。 ユーザーID:• ご心配はもっともだと思いますが・・・ 元塾予備校関係者です。 確かに多くの塾で、第一線で働いてるのは30代位までの方々ですね。 ただそれは、生徒と直接接する塾講師としては30代位の方が多いということです。 ある程度以上の規模の塾ですと、その位の年齢から第一線から退いて、テキスト作成や教室管理・営業・広報・総務など、裏方的な仕事を受け持つようになります。 それは職種が遅い時間の立ち仕事なので、腰痛など身体を壊す人もでますし、生徒との年齢も開いてきてしまうと、やはり親しみやすさが減るというか・・・はっきり言って一般に人気が無くなってくるからです。 生徒にとって親と同世代だと、気安く話しにくいですからね。 なので塾講師になると考えるより、「教育産業に就職」と考えた方が良いと思います。 息子さんが「生徒に教えるのが楽しい」とだけ考えるのなら、バイトで止めた方が良いでしょうね。 会社員としてどんな仕事でもやる気構えがないと、旬を過ぎた講師は簡単に放り出されてしまいます。 大学生のアルバイト講師の方が人気・実力が上なこともしばしばですから。 また、塾の規模・沿革・財務体質などもきちんと調べてくださいね。 ユーザーID:• 正社員ではありませんが、長い間塾の講師をしていました。 周りの正社員の先生たちの言葉によると「長い間つづけられる職業じゃない」とのことでした。 実際に年配の講師はほとんど現場で見たことはないです。 「結婚するのなら職をかえなきゃな…」とこぼしている先生もいました。 生活リズムが普通とは違うことや、いつまで働けるかわからないことなどからです。 (かなりの激務ですし、人気商売です)実際に転職をする方も多いです。 大手の塾かこじんまりとした塾かでも対応が違いますけど…。 息子さんは、きっと講師をずっとされていたんじゃないでしょうか?だとしたら、このようなことは分かりきっているはずですので、それを踏まえてもまだやりたい理由があるのかもしれませんね。 ユーザーID:• 長くお勤め出来るか を気にされていらっしゃるのでしょうか?それなら答えは勤める方の気持ちや、やる気次第かと。 私は新卒で塾講師として3年間私塾で勤務しました。 常勤講師の平均年齢は他の業界に比べると、総体的に若いとは思います。 年長の方でも30代、40代というところでしょうか。 塾講師はたいてい教職員免許を取得しているものが多く、最終的には学校の教師(公務員)を希望し転職する場合が多いのも理由の一つかもしれません。 先行き不安な業界だからではなく、本来は先生を目指している、という方が集まりやすい業界だからと取れます。 定年まで塾講師として勤務し続ける方が他の業界に比べてその数か少ないのは、教育産業としての塾、予備校という歴史がまだ浅いからではないのでしょうか? ユーザーID:• 確かに不安でした。 4月まで塾の教室長をしていた者です。 息子さんの勤める塾の形態にもよりますが 企業として割と大きい所でしたら普通の会社と 同じように、行く末は本社勤務で SVや企画室・広報室など出生の機会もあるのでは ないでしょうか? 教室長は校舎運営にかかわる全ての業務が仕事です。 講師業だけですと加齢は不利です。 何故か。 単純に言えば、若くてイキが良く、生徒と年齢が 近い世代の方が、生徒受けが良いからです。 ただ、教室長まで行ったとしてもそこから更に 上に昇れるのはほんの一握りだと思います。 私の印象としては、長く勤める業界ではないと 思っています。 私は結婚を機に退職しましたが、長時間重労働 おまけにわが子に必死の保護者の相手、言うことを 聞かない講師の管理、成績管理に運営管理・・・ 楽しかった部分もたくさんありましたが 2回ほど入院しました・・ ユーザーID:• 皆様に感謝致します。 皆様のレスの助言から、良い点も悪い点も 何となく想像してた感じの答えを頂きました。 お勧め出来ないと云う意見も特に有り難く感じます。 (知り合いの教室長と全く同じ意見でした。 ) それを踏まえた上で、やはり少数意見である 【本人次第】に淡い期待を掛けて 応援してあげようと決意が固まりました。 元々は、テキスト作成が第一志望だった様ですが、 「若い内は、現場で頑張りたい」との事ですので 年配者は、裏方に回されると云う《元学生講師》様や 《バキラ》様の意見は、とても心強かったです。 それでもやはり、教員免許などの保険は、 最低限必要だと判りましたので、 本人にも助言して、様子を見る事にします。 貴重なご意見・体験談を話して頂き 誠に有難うございました。 ユーザーID:• 私が働いていた塾も まだそこで定年を迎えた人は出ていませんでした。 新卒初任給は比較的よいと思います。 ただ30代以降になったら役職についていない限り共稼ぎでないときついのでは?という給与形態でした。 なのでその辺りまでに見切りをつけて出て行く人も多かったです。 ただやはり独特な業界なので、新卒で塾業界に入ってしまうと転職のときに厳しいかもしれません。 教育産業以外への転職を考えたら塾での勤務は実務経験としては見られないと思います。 勤務時間帯も世間とずれていますしね。 将来的に結婚を考えたときにお見合いで考えたら給与も生活時間帯も条件としては決していいとはいえないと思います。 人相手の仕事なので本当にやりがいがあるし飽きることがないとは思いますが、やはり私企業は利益あってのことなので営業的側面が大きくなってくるであろうことがアルバイト講師と正社員の違いだと思います。 ユーザーID:• 杞憂かもしれませんが 現在交際中の彼(30代前半)が、今年の春まで全国展開する某塾で教室長を勤めていました。 彼は塾の仕事にやりがいを感じていたようですが、将来の収入(給料)の不安と勤務時間の長さから、今は転職して全く違う仕事に就いています。 まず、給料はかなり低かったようです。 「役職につくか、自宅から通える独身者」でないとキツいと聞いたことがあります。 勤務時間は12時間越えることがよくありました。 (でも給料は8時間分)休日も入塾の申込や問い合わせで休めなかったようです。 (給料はでません) なので、就職する際は「残業代や手当(転勤したときの住宅手当など)」「勤務時間」をしっかり確認した方が良いと思います。 志が高くても周りの待遇で潰れていくのは可哀想です。 ユーザーID:• 独立しました! 引き続き、アドバイスを頂き誠に有難く思います。 実は、最初に本人が不安だった項目は、 皆さんが、仰ってた通りの事でした。 普通のアルバイト学生は、30分前に教室に入り 授業準備をするのに対して、息子は 2時間以上前に入ります。 帰るのも一番最後です。 (当然、時給は出ませんが・・・) こんなにやりがいがあって、生徒や保護者にも 感謝される仕事なのに世間で《社会的地位》が 低いのには驚かされました。 特に経験した人達の意見なので、全く無視出来ません。 特に《小十郎》様が心配なさって下さってる >志が高くても周りの待遇で潰れていくのは可哀想です。 と云うのが、母親(私)・知り合いの教室長の本音でもあります。 その他のお勧め出来ないとの意見を 下さった方々にも同じニュアンスを感じました。 その中で今回も《健太郎》様の様な方の 体験談を伺うと、とても勇気付けられます。 ユーザーID:• 続き・・・ 私も、塾の雇われ先生が若い方ばかりなのは、人望が集まると独立して個人塾の自営を始めるからじゃないかな?と思います。 私の近所で一番評判の良いのは、20年以上ご夫婦だけで塾を切り盛りしている個人塾です。 (ご夫婦とも50代) 大手進学塾だと、教材代や暖房費など学費以外の出費も多いのが、個人塾には有りませんから、教え方が丁寧という評判で、割安だし評価は高いようです。 知人のお父さんは、60歳過ぎですが、個人塾の先生で現役です。 当然、どちらの先生の子供さんも国立大学出です。 知り合いの進学塾講師の先生も、30代後半で独立して個人塾を始めました。 自営業となると更に不安は大きいかもしれませんが、真面目に信用を得る仕事をしていれば、会社勤めでは味わえない能力給と言う達成感を感じられると思います。 (業種は違いますが、家族も脱サラ自営なので、人に信頼されて仕事を任される充実感と安定性は判ります) 打ち込める仕事になると良いですね! ユーザーID:.

次の

【実録】キャリアコンサルタントは独立できるか?【フリーランス歴6年】

塾 講師 キャリア

入試までの間、ずっと順調に進める生徒はほとんどいません。 点数や入試結果という形でハッキリと成果が分かるため、努力が報われた際に感じるやりがいはひとしおでしょう。 講師は大学生が一番多いですが、主婦や年配の方もいます。 そのため、面接が苦になりませんでした。 大学生にとっては大きなメリットとなるのではないでしょうか? もっと体験談を読みたい人は、以下のページでご覧いただけます。 さまざまな生徒がいますが、皆に興味を持ってもらえるような授業をすることが大切。 そのため、分かりやすい解説ができる人や、惹きつけるようなトークスキルのある人が向いているといえます。 クラスが盛り上がると成績向上にもつながりますよ。 また、集団指導の場合は理解の進み方に差が出てくるもの。 トラブルで授業がストップすると全体の勉強が止まるので、時には臨機応変な対応力も試されるでしょう。 以下に集団指導塾でバイトするメリット・デメリットをまとめました。 私の職場はコマ給制だったので、授業以外の時間は給料が付きません。 でも、安心してください。 現在は、コマ給制度を改善する動きがあります。 実際に2018年2月には、神奈川県労働局において「塾講師は賃金不払等の労働基準法違反が生じていることが認められた」という内容の公表がありました。 結果、仕事内容の詳細と時間単価を明確に提示することが求められています。 参考:厚生労働省 神奈川労働局「」 今は以前と比べて、塾講師バイトの労働環境は格段によくなってきています。 次の章で紹介する内容を参考に応募する塾を選べば、より安心でしょう。 ブラックなバイト先を回避するためには、まず求人情報の詳細を確認することが大切。 授業以外の時間もきちんと時給が発生するかチェックしましょう。 求人情報に詳細がない場合は、電話して質問してみるのも手。 以下の記事を参考に連絡してみてください。 とにかく、応募前に確認することが大切です。 大手学習塾は、指導してきた生徒数や扱ってきた教材が多く、それまでの歴史から得たものをマニュアル化しているところがほとんど。 研修が充実している傾向にあります。 求人情報に研修の有無が掲載されているケースが多いので、チェックしてみてください。 ブラックバイトだったときの対処法 実際にバイトを始めてみたら過酷な労働環境だった場合はどうしたらよいでしょうか? おすすめの対処方法は以下の通りです。 おかしいと思うことを責任者や信頼できる人に打ち明けてみましょう。 そうすれば解説に至るかもしれません。 どうしても改善されない場合は、「労働基準監督署」などの専門機関に相談してみてください。 外部から指摘されることで、バイトの労働環境を見直してくれる可能性があります。 その場合は退職を検討するのもひとつの手。 我慢し続けて体を壊すようなことがあれば、自分にとっても生徒にとってもよくありません。 辞めることも視野に入れましょう。 以下の記事を参考にしてください。 体験談を通して見えてきた塾講師バイトのおすすめポイントは以下の3つです。 ・塾講師はやりがいがある ・同年代の講師仲間、特に教師志望の人が多い ・塾講師経験が就活に有利 合わせて、個別・集団指導についても解説してきました。 あなたがどちらに向いているか判断する材料にしてください。 働きやすい塾の選ぶには、 ・求人情報に給与の詳細が掲載してあるか確認する ・未経験者は研修がしっかりある塾へ応募する といった方法がおすすめです。 もし、勤め始めてからブラックな労働環境だと分かれば、 ・責任者や塾長へ改善を訴える。 気が引ける場合は周囲にいる信頼できる人へ相談 ・改善を訴えても対応してもらえない場合は専門機関へ相談する ・改善を求める気力が残っていない場合は辞める といった対処を検討してください。

次の

塾講師の正社員の仕事が辛い…塾講師からの転職は難しい?

塾 講師 キャリア

私が自己PRとしてアピールできる能力は、相手の気持ちを考えた言動ができるところです。 こういった目に見えない部分をアピールするときほど、具体的な数字を用いた方がいいと考えています。 私の場合だと、学生時代に塾講師をしていたので、「なかなか成績があがらない生徒に対して頭ごなしに怒るのではなく、なぜ上がらないのかやどうしたら上がるかを一緒に考えたことで学年10位以内に押し上げることができた」という感じでアピールすると思います。 具体的な数値があった方が、企業側も評価しやすくなるはずですし、印象にも残るのではないでしょうか。 言いたいことを明確に伝えられる• SPIの勉強がいらない• 予定管理• 「人に教える経験をしてきたことなので他社に寄り添える、共感性は活かされると思う」などのように、自己アピールに活かすと効果的といえそうです。 この記事では、塾講師経験を自己PRで活かすためのポイントや例文についてご紹介します。 塾講師経験を通して、自分の魅力をアピールしましょう。 インターンの時期までに、自己分析を終わらせておこう 就活には自己分析が必須。 遅くても、 インターンの時期までに終わらせる必要があります。 ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。 そんな時は、自己分析ツールのを活用してみましょう。 My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。 就活において、塾講師の経験をうまく自己PRできると、内定に近付くことができます。 ただ、塾講師をしていたというだけではアピールになりません。 就活を有利に進めるのであれば、企業が求めている人材について研究し、その結果に基づいたアピールをする必要があります。 企業の求める人材を下調べする 就活において、「自分という商品をしっかりアピールして売り出す」ということが重要です。 そのためには、自己PRで「企業が欲しい人材」であると採用担当者に印象付けなければなりません。 自己PRの内容を決める前に、企業が求める人材像を調べておきましょう。 そして、塾講師をしていた経験の中で、最も仕事に活かせると感じられる能力を自己PRする必要があります。 自分のアピールポイントを明確にする 塾講師として働く中で身に付いた能力と、企業の求めている人材像を照らし合わせてみましょう。 問題を努力や工夫で解決したエピソードや、就活が有利になりそうな能力を説明できるようにしておく必要があります。 自己PRをより効果的にするために、自分の持っている能力についてよく考えていきましょう。 塾講師の経験でコミュニケーション能力を自己PRする 塾講師のアルバイトでアピールできる強みの1つに、コミュニケーション能力が挙げられるでしょう。 塾講師は、生徒や生徒の保護者と常にコミュニケーションをとる必要があります。 したがって、様々な年代の人と会話を交わしていくうちに、自然とコミュニケーション能力が高くなっていることがあるのです。 より良い自己PRをおこなうために、コミュニケーション能力をアピールする方法についてみていきましょう。 簡潔かつ適切に伝える能力をアピール 塾講師は、限られた時間で生徒に効率よく勉強を教えなければなりません。 そのため、プレゼンテーションの能力が磨かれている人も多いです。 面接では、簡潔かつ適切に物事を説明することができるとアピールしましょう。 面接時に、要点が分かりやすくコンパクトにまとまった発言ができると、より良い評価を得られます。 質問への対応力をアピール 塾講師として働くうちに、生徒からの質問内容や意図を即時に把握して、回答する能力が身に付いている場合があります。 ポイントを踏まえて話す力が身についていれば、面接時もテキパキと質問に答えられるでしょう。 無駄なく的確に質問に答えられれば、面接官から好印象を得ることができます。 目を見て話せば説得力がアップ コミュニケーションは音声のみで行われるものではなく、その際の表情や仕草も重要です。 中でも「目を見て話す」は基本中の基本といえます。 就活の面接などでは、緊張して相手の目を見れなくなる人もいるので、身に付いていれば自己PRでの心強い武器になるでしょう。 【ES・面接に完全対応】魅力的な文章が作れる自己PRジェネレータ 大学時代は塾講師のアルバイトをしていました。 塾講師は子供が相手ですが、彼らにもそれぞれの考えや意志があり、どんな気持ちなのかを考えて接する必要があります。 子供だからという甘い考えで接するのは、かえって子供達に失礼だ実感しました。 また、一人一人に個性や理解するスピードというものがあり、各々に合う接し方・教え方というのを学べる貴重な場でもありました。 それに加え、子供達の後ろには保護者の方がいらっしゃいます。 私よりも当然、年上で社会人として経験も積んでこられた保護者の方と、子供達の学力の伸びや学習姿勢、進路について真剣に話す機会が多い事は、親世代の人達がどのような考えや意識をもってらっしゃるのか、塾講師だからこそ直に経験できてよかったと思っています。 勉強嫌いの中学生の塾講師をしていました。 その中学生は成績が芳しくありません。 そこで私は、なぜ勉強が嫌いなのかを知るところからはじめました。 そして、学校の先生の話、クラスの仲間の話、クラブの話など、その中学生と話をした結果、勉強に興味を持てなくなった理由が学校の授業のスピードにあるとわかりました。 自分が理解できていないのに、授業は先に進んでしまっていたのです。 そこで私は、その中学生の表情に注意しながら教えるように心がけました。 少しでもわかりにくい表現をすると、表情は変わるものです。 この点から私は、ただ単に解き方だけを教えるのではなく、まずは勉強に集中できる環境を作るのが大切であり、自分自身の価値観を押し付けた方法ではなく、対話の中から相手にとってベストな状況を作り出す大切さを学べました。

次の