ファイヤー スティック ミラーリング。 「Fire TV Stick」でiPhoneやiPadの画面をテレビなどの大画面に映し出すミラーリング方法

Fire TVのミラーリング方法のまとめ

ファイヤー スティック ミラーリング

というわけでAmazon fire TV stickを買ってみました。 私の主な目的はMacbookやiPhone・iPadの画面をテレビに表示させる、いわゆるミラーリングをしてみたかったからです。 普通、Amazon fire TV stickを買うならばテレビでネット動画番組を見ることが目的の方が多いと思いますが、実はそれだけではAmazon fire TV stickの魅力を半分しか発揮していないわけです。 さっそくミラーリングの設定方法をご紹介します。 【追記】Amazon fire TV stickが2018年12月にアレクサAlexaに対応しました!アレクサAlexaを使いたいだけなら、わざわざ 新しい4K対応のFire Stickは買わなくても大丈夫です。 逆に値下がりしたが買い時です。 詳しくは文末に追記します。 もくじ• Amazon fire TV stickならパソコンやスマホの画面をテレビに映し出せる? Amazon fire TV stickを買った理由は、小学生の娘の服を買うのによくネット通販を利用しますが、そのときに Macbookの画面をテレビに大きく映し出しながらネットショッピングできればいいなあと思ったからです。 家族旅行の打ち合わせなんかにも便利そうだし。 できることならiPhoneの画面もテレビで観れたらいいなあと。 いわゆる ミラーリングってやつですね。 それも無線ミラーリングです。 ちょっと調べてみると、WindowsやAndroidスマホの画面をテレビにミラーリングするだけなら、Google ChromeCastとか選択肢がたくさんあるようです。 Miracastなんかは怪しい中華ドングルも売られていますし。 ですが、 Google ChromeCastやMiracast機器はMacやiOSには対応していません。 なのでMacbookやiPhone・iPadの画面をテレビにミラーリングするには、AppleTVが必須なんだと思い込んでいました。 かといってミラーリングだけのために2万円超のAppleTVを買うのには躊躇していました。 まあMacで使い倒すだけならAppleTVがベストなのは分かってますけどね。 そんなとき、 Amazon fire TV stickにAirPlayアプリを入れればいいんじゃね?というブログ記事を読み、実際にやってみたかったわけです。 AirPlayとは、Mac・iPhone・iPadなどの画面や音声を無線で飛ばす機能のことですが、AppleFire TV StickはFire OSというAndroid OSのカスタマイズ版を搭載していますから、スマホのようにアプリを追加すれば色んなことができちゃうんです。 私はにもなっているのでも見放題、も聴き放題だから、もしミラーリングがうまくいかなくても無駄にはならないかなと思いまして試してみました。 Amazon fire TV stickの開封レビュー そんなわけでAmazonでFire TV Stick をポチりました。 税込み4,980円でした。 もちろん送料無料。 衝動買いができる価格に感謝。 実はFire TV Stickは楽天やYahoo! ショッピングでも売っているので、その場合は楽天ポイントやTポイントも使えますが、後述の通り、Amazonから買った方が設定が少しだけ楽です。 我が家にfire TV stickが到着しました。 相変わらずの過剰梱包にも慣れてきましたね。 Amazon fire TV stickのパッケージはこんな感じ。 裏はこんな感じ。 同梱物は、音声対応リモコン、リモコン用単三電池、HDMI延長ケーブル、ACアダプタ、充電用USBケーブルといったところ。 必要なものは全て揃っています。 Wi-Fi接続が基本なのでLANケーブルは付属しません。 付属品のACアダプタは5V1Aのものなのでスマホ用のACアダプタなんかでも代用が可能。 最近の家庭用大型テレビにはUSB端子が付いているものがあって、そこから給電することも可能ですが、アンペア数が足りない場合があるそうです。 我が家もそうでしたが、USB充電・給電の機器が増えてしまいコンセントが充電器だらけでお困りの方は、複数台同時に充電・給電できるUSB式ACアダプターが1台あるとテレビ周りがスッキリして幸せになれます。 安物だとiPhoneやiPadなどの充電速度が遅いので、このへんの高アンペア急速充電対応モデルがオススメです。 Fire TV StickをテレビのHDMI端子に刺しただけなのに、テレビ画面を見てみると早くもセットアップが始まってます。 あわててリモコンに電池を入れ、ホームボタンを長押しして認識させます。 Fire TV Stickのリモコンは赤外線式ではなく無線式なので、Fire TV Stick本体がテレビの影にあっても遠くからでなければ反応してくれます。 おお、起動した。 言語選択画面です。 リモコンの丸い部分が十字キーになっていますので、下の方を押して日本語にセットして・・・ ネットワーク接続設定画面です。 勝手にWi-Fiをつかもうとしているので、男らしくWPSなんざ使わずにAPを直接指定します。 リモコンの矢印ボタンを使ってWi-Fiのパスワードを入力していきます。 つながるか、、つながるか、、 つながると既に私のアカウントがFire TV Stickに登録されているらしく、私の本名が表示されました。 なお、より無線環境が不安定な場所や無線LANのない環境でFire TV Stickを使用する場合は、このようなアダプターを使用します。 アダプターに有線LANケーブルを刺し、アダプターとFire TV StickはminiUSB端子で接続します。 もちろんFire TV Stick 4kでも使えます。 AmazonからFire TV Stickなどの端末を購入するとアカウント設定済みで送られてきます。 このままアカウントを選択でOKっと。。 Wi-Fiのパスワードをアマゾンに保存しますか?とのこと。 おそらく他のKindleとか買ったら自動的に同期されるんでしょうな。 とりあえず「いいえ」で。 機能制限の選択画面となります。 自分以外の家族の誰かにFire TV Stickで別料金動画の視聴や1クリック購入、アプリ内課金などをさせたくない場合は、機能制限を有効にします。 うちの場合は機能制限なしにしました。 すると突然、普通に使えるようになりました。 うちのテレビがパソコンになったみたいです。 なんと簡単な。 試しにiPadで途中まで観てたのガンダムオリジンを選択してみると・・・ おお、月面で暴れる赤いザクがテレビ画面いっぱいに現れますた。 嫁は64が観たいと申しておりました。 どうぞどうぞ。 ちなみにAmazonをブラウザで開くと、過去にAmazonで購入した商品や興味がありそうな商品が表示されますが、Fire TV Stickの画面上にはそれらは表示されません。 個人の趣味が家族にバレずにすみますのでご安心下さい。 Fire TV Stickで、MacBook・iPhone・iPadの画面をテレビに映す「無線ミラーリング」を試してみた Fire TV Stickのネット接続や表示が成功したところで、お次はFire TV StickにAirPlayアプリをインストールしたいと思います。 画面上のメニューから「アプリ」を選択して、AirPlayアプリを探してみるとがありました。 評価が一番高そうなのでこれに決定。 AirPlayとGoogleCastに対応しているのにたった300円でした。 Amazonアカウント認証も初期設定と共に済んでいるので、支払い情報の入力もすることなくサクサクとインストール開始。 ちなみにFire TV Stickの便利なところは、パソコンでAmazonのサイトからFire TV Stickアプリを申込み又は購入すると、自動的にFire TV Stickにダウンロード&インストールされるところです。 わざわざFire TV Stickのブラウザからアプリを買わなくていいのは気軽でいいですね。 するとMacbook AirのメニューバーにあるAirPlayの出力先に見慣れぬ「AFTT-4」が出現。 よく分かりませんが選択してみます。 テレビ画面にMacbook Airの内容が表示されました。 あっさり成功。 macbookの画面をテレビに映し出せました。 ついでにiPad miniの「画面ミラーリング」を見てみますと・・・ 同じように「AFTT-4」が出現。 おもむろにタップします。 こいつもあっさりとミラーリング成功。 iPadの画面をテレビに映し出すことができました。 iPad側で設定は何もしていないのにここまで簡単とは素晴らしい。 さらに AndroidスマホでもFire TV Stickでミラーリングすることが出来るか試してみました。 テストに使用したのはSony Xperia XZ(DOCOMO SO-01J Android 9 )です。 画面縦方向にスワイプしてメニューを出して「キャスト」をタップします。 「機器への画面のキャスト」でAFTT-1 AirRecieverが表示されますのでこれをタップします。 来たコレ。 Androidスマホの画面をテレビにミラーリングすることができました。 Androidスマホの場合はAirPlayではなく、のGoogleCast(ChromeCast)機能によりミラーリングを行えました。 横位置のアプリやゲームを起動するとこうなります。 Fire TV Stickでスマホ画面をミラーリングした際の画面の反応速度は早いとは言えません。 特にコマ落ちはしませんがワンテンポ遅れて表示されます。 特にFPSゲームなどはプレイ自体はスマホ画面を見て行い、それを周りの人に見てもらうくらいの感覚でされた方がいいと思います。 ちなみにFire TV Stickには元々Miracast機能がありますので、 Windows10のパソコン画面はAirRecieverを使わずにミラーリングすることができます。 その方法は、Fire TV Stickで「設定」>「ディスプレイとサウンド」>「ディスプレイミラーリングを有効にする」にした状態で、Windows10画面右下の吹き出しアイコン>「接続」>「ワイヤレスディスプレイに接続する」をすればミラーリングが可能です。 ただしちょっと古いパソコンではWindows10を入れていてもMiracastに対応しないものがあります。 非対応のパソコンではWindows10画面右下の吹き出しアイコンに「接続」が表示されません。 うちのレッツノートCF-J10・CF-MX3も非対応でした。 あと少し紛らわしいのですが、標準機能として Miracast機能があるのはFire TV Stick(第2世代)の方だけです。 4Kに対応した新型のFire TV Stick 4Kの方ではMiracast機能がありません。 でもAirRecieverなどのGoogleCast(ChromeCast)機能対応アプリを入れれば、Fire TV Stick 4KでもWindows10からミラーリングすることが可能です。 【追記】2019年4月頃の自動アップデートにより、Fire TV Stick 4KもMiracastに対応しました。 【追記】 2018年12月に発売された新型のFire TV Stick 4K は、アレクサに対応しているということで話題になりました。 ところが 従来のFire TV Stickもアレクサに対応開始となりました。 以前から持っていたFire TV Stick も特にファームウェアアップデートなどは不要でそのまま対応します。 もともと従来のFire TV Stickも音声認識リモコンが付属していてアレクサに対応していましたが、米Amazonアカウントの場合にのみ英語で利用が可能だったのです。 4K発売を機に今回、日本のAmazonアカウントでの日本語対応を果たしたのです。 ということで、 アレクサが使いたいがために新型のFire TV Stick 4K を買う必要はありません。 私は買っちゃいましたけどね。 実際使ってみたら4Kの方が動作が全然早いのがいい感じ。 あと Fire TV Stick 4Kのリモコンは大変便利になりました。 4Kリモコンだけでの販売もしていますのでよかったらご確認ください。 新型のFire TV Stick 4K と従来の新型のFire TV Stickとの比較記事はこちらです。 ミラーリングをすると画面はもちろん音声もテレビから出力されますので、iPhoneに入っている曲をテレビで聴くこともできますね。 Instagramのストーリーズを大画面テレビで観たりするのも楽しいです。 とにかく、Fire TV Stickそのものやミラーリングする方法も、あまりの簡単さに感動すら覚えました。 少しくらい詳しくないと使いこなせないデジタルガジェットではなく、もはや家電の域です。 Wi-Fi設定ってなんじゃそりゃ?という人でなければ誰にでも使えます。 こんなに簡単に安くミラーリングできるなら早くやっておけばよかったと思う文鳥でした。 ちなみに、Amazonプライムに加入している一人が、 Fire TV StickやFire TV Stick 4Kを複数台使うことも可能です。 実利用上は10台までは可能です。 「一台Fire TV Stickを持っているけど、Fire TV Stick 4Kを買い足すよ」「リビングと寝室、子ども部屋でも使うよ」ということが可能です。 今なら4Kに付属しているテレビリモコン機能付きリモコンが同梱されています。 私のようにFire TV Stickでミラーリングするのが主な目的であったとしても、せっかくFire Stickを買うなら、 Amazonプライムビデオを観れるようにしておいたほうが便利ですね。 会員(年間4900円 or 月額500円)に加入すると色んな特典があるわけですが、そのなかのひとつとしてAmazonプライムビデオが無料で見放題になるわけです。 実際、うちなんかはと、Netflixと試してきましたが全部解約してだけにしちゃいました。 1ヶ月の無料期間もありますので、その間に解約しちゃえば料金はかかりません。 連休中だけでも気軽にお試しあれ。 いや、映画やドラマ、アニメはあんまり見ないんだよ、という人も会員なら、BGM垂れ流しに最適なが使えます。 は、会員になっていれば 無料で100万曲が聴き放題の音楽配信サービスです。 よりは少ないですが意外と有能です。 詳しくは以下をご覧下さい。 関連記事:「」 【追記】 Alexsa音声認識リモコン付きの新型Fire Stick 4K が発売されましたのでレビュー記事を書きました!.

次の

Fire TV Stickのキャスト、端末名変更、ミラーリング、スマホで操作する方法!

ファイヤー スティック ミラーリング

ハーイ ハイロー()です。 「Fire TV Stick」使ってますか? 僕は毎日のように使ってます。 いやー本当に 文明の利器だと思いますよこの商品は。 今では身近な存在となった 動画配信サービス(HuluとかNETFLIX)も、この商品が出るのと出ないのとでは、普及スピードに大きな差があったんじゃないですかねぇ~ この機器を使っている方の多くは、上記した動画配信サービスを利用する目的で購入したのではないでしょうか。 もちろんそれだけでも十分な活躍ですが、 Fire TV Stickのポテンシャルはこれだけにとどまりません。 今回はそんなFire TV Stickの機能を十二分に引き出すテクニックを紹介したいと思います! マジで便利ですから、是非読んでみて下さい。 Fire TV Stickを既に持っている方はこちらの記事もオススメ! 実際に使用するにあたって、 知っておくと捗るテクニックをまとめています。 ちょっと踏み込んだ取扱説明書としてこちらも是非ご覧ください。 ・ラインナップが貧弱 ・Fire TV Stickが熱を持ちやすいため、本体に大きな負担がかかる ・単純にリモコンでゲームしずらい ・リモコンのボタンがヘタレる恐れ ゲーム自体はちゃんと動くんです。 試しに無料版のテトリスをプレイしてみましたが、サクサク動作しました。 ただし上記のことを考えると、スマホゲーで良くないか?という結論に至りますなぁ・・。 特に4点目の「リモコンボタンのヘタレ」は経験済みです。 我が家のリモコンの 決定ボタンは少し押し心地が固くなってきています。 リモコンはスマホアプリで代用が可能なためあまり不安視はしていませんが、わざわざFire TV Stickを利用してゲームをプレイしようとは思わなかったので、このような評価になりました。 家族でオセロとかをやる場合にはいいかもしれません。 その4 音楽が聞ける Amazonプライムミュージックや、Spotify、など音楽配信サービスも充実しています。 私はアマゾンのプライム会員なので、 プライムミュージックを愛用しています。 このアプリです。 マイミュージックでは自分の好きな曲をプレイリスト化することが出来ます。 うん、良い。 ホームボタンを押してトップ画面に戻ってもバックグラウンドで再生し続けてくれるので、音楽を流しながら見たい映画を探す、なんて使い方も出来ますね。 Fire TV stickを使って音楽を再生する方法は大きく3通りあります。 ポップなデザインで天気を教えてくれます。 初期位置が「松原」となってますが、設定から地域を変更可能です。 風景も変更可能です。 スマホでも天気は確認できるので使用頻度はあまり高くありませんが、無料アプリなのでインストールしておいて損はありませんよ。 まとめ こんなに機能が盛りだくさんの機器が約5000円で買えるのは、革命です。 3種の神器ならぬ、4種目の神器といっても過言ではないでしょう。 記事を書いている今も、家族がFire TV stickを利用して番組見てます。 良いことばっかり言っててなんか気持ち悪いですが、ホントに良いことしかないのでこうしか書けません 笑 アナタのテレビ生活が変わりますよ。 通常モデル コスパ最高の一品.

次の

iPhoneをFire TVにミラーリングする方法

ファイヤー スティック ミラーリング

Amazon『Fire TV Stick』と接続しているテレビなどにAndroidスマホの画面をMiracastを使って映し出すことができるミラーリングの方法です。 Fire TV Stickは元からMiracast(ミラキャスト)に対応しています。 なのでMiracastに対応しているAndroid端末であれば、アプリのインストールなどは不要で スマホの画面をテレビなどの大画面に映し出すミラーリングが無料でできます。 ちなみにiPhoneやiPadなどiOS端末の場合は、Miracastが使えませんが、アプリを使ってAirPlayで接続すればFire TV Stickでもミラーリングすることができます。 関連記事: 『Fire TV Stick』を使ってAndroid端末の画面をテレビなどに映し出す「ミラーリング」方法 スマホが対応していれば無料!Miracast(ミラキャスト)接続 Miracastは別にFire TV Stick専用のものではありません。 対応したスマホとデバイスがあれば、他の機器でも同じことができます。 最近はテレビ組み込みだったりもします。 関連記事: Fire TV Stickを待機モードに設定 まずはFire TV Stickをリモコンで操作してMiracast待機状態にします。 ホーム画面の上にある「設定」を選択します。 設定の中にある「ディスプレイとサウンド」を選択します。 「ディスプレイミラーリングを有効にする」を選択します。 この状態がMiracast待機状態です。 この表示が出ていればOKです。 Androidスマホから ステータスバーの設定にマルチスクリーンがある場合 ステータスバーを上から引っ張り出します。 タブをショートカットにあわせて、中にある「マルチスクリーン」をタップします。 Miracast対応端末の検索が開始されます。 Fire TV Stickが待機状態になっていて見つかればここに表示されます。 あとはその機器をタップすれば完了です。 ステータスバーの設定にマルチスクリーンがない場合(Xperiaなど) 設定を開きます。 中にある「Xperia接続設定」をタップします。 Xperia接続設定が開きます。 中にある「スクリーンミラーリング」をタップします。 スクリーンミラーリングをONをタップします。 Miracast対応端末の検索が開始されます。 Fire TV Stickが待機状態になっていて見つかればここに表示されます。 あとはその機器をタップすれば完了です。 Androidスマホの画面がテレビなどに出力されればOK Android端末の画面がFire TV Stickと接続しているテレビなどに映し出されればミラーリング成功です。 スマホを操作してテレビ上の画面も同じように動くことが確認できます。 このようにAndroidスマホがMiracastに対応していれば、Fire TV Stick側で特にアプリを入れる必要などもなく無料でミラーリングを行うことができます。 Miracastは幅広い端末に対応してきているので、Fire TV Stickをこのために購入する必要はないと思いますが、既に持っている方でAndroidユーザーの人は是非どうぞ。 [関連記事] ・ ・• カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の