嫁 浮気 修羅場。 浮気 修羅場

【妻の浮気】嫁両親と嫁の浮気現場に突入した結果…浮気修羅場チャンネル

嫁 浮気 修羅場

自称鬱の嫁と離婚した。 鬱だから何もしたくないといって寝てばかり。 見かねて俺が家事をすれば 「私がこんな状態なのに これみよがしに掃除して当てつけがましい」 と泣く。 嫁が寝てから掃除をすれば 「こそこそしているところが気に入らない」 「やましいことがあるんだろう、浮気しているんだろう」と責められて 毎日携帯チェックと財布の中身をチェック。 月2万の小遣いで携帯料金と ガソリン代はそっから払うんだから、手元には何も残りませんって。 おかげで毎日昼食抜きで 体重は減ったのにお腹がポッコリ・・・。 靴下は穴だらけ、靴もボロボロ、 服も何年も買ってない。 ろくに散髪もできない。 見かねた親がこっそり小遣いをくれたら 財布チェックで巻き上げられた上に 「夫さんだけお小遣いをあげるだなんて差別だ! 嫁いびりだ!私が病気だからって本当はなんたらかんたら」 と妙は被害妄想で俺親に泣きつく。 仕方なく俺と嫁に等しくお金をくれても、 家に帰ってから嫁に巻き上げられる。 そんなんでも子供のため、こんな状況だからこそ俺がしっかり働かなくては と思ってずっと我慢してきた。 なのに嫁の借金発覚。 あいつ、生活費をパチンコにつぎ込んでやがった。 その上、ストレスを理由にカードローンで買い物依存症だとさ。 いつの間にかクレジットカードが一切使えなくなってたよ。 この時も離婚話になったけど嫁が反省して心を入れ替える、ちゃんと仕事に出る というので再構築した。 俺の両親から300万を借りてクレジットカード関係と消費者ローンは清算した。 まずは治療に専念してからゆっくり頑張ろうと いうことになって数ヶ月。 借金返済のために必死で残業すれば 「あなたは家庭を顧みない」と泣く。 「私が病気なのにちっとも〜〜してくれない」 「あなたは病気に理解がない」 「私はこんなに苦しんでるのに全然わかってない」 だの、 気に入らないことがあるたびに泣き叫ぶ。 そんで知り合いのツテでようやく入れた会社も 病気を理由にまた仕事を勝手にサボってクビになりパチンコ三昧。 「友達だったのに彼女は私を妬んでクビにした」 と被害妄想ばかり。 俺の出勤前に車のキーを隠すもんだから、 俺が怒って取り返したら 「大声あげて力ずくで奪うなんてDVよ!」 とかヒステリックに喚いて警察を呼ばれたよな。 もうこれはどうにもならんと思って離婚することにした。 離婚に関しては何も苦労はなかった。 だって嫁が二言目には離婚離婚って言うから 「じゃあ離婚しよう」 って言っただけ。 嫁、俺が引き留めてくれると思って ポカーンとしてやんの。 「あなたと別れたら実家の近くにアパートを借りて子供と暮らす。 生活保護を受けて、 あなたからのDVの慰謝料と養育費2人分で 今より自由で楽な生活ができるんだから、あなたなんかいらないのよ」 って ここまで言われて頑張ろうと思える奴なんかいないだろ。 ATMにも程がある。 その後もアホなことばかりいうので、 俺には慰謝料を払う必要がないこと 嫁の連れ子なので離婚すれば 養子縁組解除となって養育費の支払い義務がなくなること などを説明。 嫁、アテが外れたらしく必死でジュリメールよこしてきてるよ。 でももう緑の紙は提出したし! で、今は家の中を整理してるんだけど、いろいろ泣けてきた。 嫁さ、俺の知らないうちに パン作りだの 高級料理教室、 アクセサリー教室に通って 雑誌に載ってカリスマ主婦扱いされてんの。 俺、そんな料理 家では食ったことも見たこともないよ。 玄関やらタンスを片付けてたら、 嫁の服や靴ばっかりゴロゴロ出てきて 履いてるのを見たことがないブランド物のブーツが 5足も出てきた。 さらに子供の連絡帳があってさ。 嫁、すげえ見栄っぱりなの。 子供のクラスに中国人がいて、言葉が上手く通じないらしいの。 それで嫁、 「自分の知り合いに外国語ペラペラな人がいて、 私も多少は言葉がわかるので、 私でよければ是非面倒を見させてください。 私、昔は通訳だったので英語もかなり出来る方なので、 何かあったら呼んでください」 とか書いてあんの。 お前、英語とPCが堪能だから 就職には困らないとかいってたけど、 結局何も出来てなかったじゃん。 そんなとこで見栄はってどうすんだよ・・・。 なんかもう疲れた。 連れ子とはいえ、子供の事は気になるけれど 俺は住宅ローンと嫁のこさえた借金返すのに手一杯で、 子供の面倒まで見れない。 可哀想だとは思うけれど、俺にはどうすることもできない。 でも毎日毎日、子供のことを思うと辛くて仕方がない。 まだちっさいのにさ 「また僕の名字がかわるのはどうして?」 って聞くんだよ あー、こういうのも時間が解決するんだろうか。 俺、嫁が憎いのと同時に自分が情けなくて仕方ない。 どうしたら子供が幸せになれるんだろ・・・ 318: 名無しさん@お腹いっぱい。 俺のところもそうだったな。 しょっちゅう 「離婚。 離婚」 って言うから、 「じゃ、それでお願いします。 今回はやっぱりやり直そうなどと言って前言撤回は無しで。 」 結局 「やっぱりやり直そう」 と言ってきたが無視。 俺は離婚できて良かったぜ。 子供に関しては、 本人が頼ってきたら、出来る範囲で応援してやれ。 お前が壊れる前に決断出来て良かったんだよ。 よく頑張ったな。 俺のように新しい出会いがあると思うぞ。 今は、結婚なんて嫁の理不尽な行いを耐えるだけのもの と思っているかも知れないが、 「そ ん な 嫁 は そ う そ う い な い」 とにかく御目出度う。 321: 名無しさん@お腹いっぱい。 疲れてるはずなのに全然眠れない。 明日も仕事なのにやばいな。 構ってちゃんみたいで情けないけれど、 ずっと長いことやることなすこと 否定されてばかりだったから、 誰かに共感してもらえるってことが物凄く嬉しい。 愚痴を聞いてくれてありがとう。 嫁は高校時代の先輩で、入籍前は上手くやっていたんだ。 嫁の作る飯はうまかったし、美人で賢くて気だてもいい。 子供は懐いてくれてかわいいし、義両親もめちゃくちゃ優しくて・・・ これだけ恵まれているんだったら、 連れ子がいるという問題だって楽にクリアできそうな気がしてたんだ。 結婚して家を建てたら、嫁にも義両親にも手のひらを 返されたかのように酷い扱いされたけど。 何度も何度も離婚と言われてきて、 子供のためにも再構築はできないだろうかと言ってきたけど、 嫁の答えは 「子供のために自分の人生を犠牲にするなんて考えられない。 どうして子供のために私が我慢しなければならないの? 私はまだ女を捨てたくない」 だった。 そんな女でも子供にとっては大事な母親だし、 子供自身が母親と一緒に行くことを選んだのだから、 俺にはもう何もできないけど。 嫁からは 「ごめんなさい、本当に大事なものが何かやっとわかったの」 「あなた以上に優しい人なんかいなかった」 「私、あなたと一緒にいる幸せに慣れすぎて わがまま言ってしまったのね」 「あなたがいなくなって、何を食べても全く味がわからない。 体重も凄く落ちてしまったの」 「あなたがいない人生なんて考えられない。 もう生きる気力もなくて、鬱病の治療もままならない状態なの」 などなど 山ほどメールが来てる。 どれを見ても、何が悪かったのかなんて全くわからず 子供の事にも一切触れず、 可哀想な私を助けなさいって感じでウンザリする。 俺には多額の借金と住宅ローンだけが残ったけれど、 頑張って暮らしていくよ。 もし子供が大きくなって、 俺に会いたいって思ってくれたときに 情けない父親のままじゃ顔向けできないしな。 しばらくのんびり好きなことでもして これからの事を考えようと思う。 それじゃあ本当にありがとう。 名無しに戻ります。 325: 名無しさん@お腹いっぱい。 自由を満喫して下さい。 もう怒鳴られる事もないぞ。 329: 名無しさん@お腹いっぱい。 寂しくなったり空しくなったりしたからって、 ガードをゆるくして受け入れたら元のもくあみだぞ。 歯を食いしばって切り抜けてくれ。 早く健康な気持で毎日が送れる様になるといいな。 負けるな。 330: 名無しさん@お腹いっぱい。 とりあえず、ゆっくり独りの生活を楽しめ。

次の

【浮気 復讐 修羅場】嫁が間男へのメールを娘に誤爆。嫁ベッタリだった娘を傷つけた嫁が許せないので、私は鬼になる

嫁 浮気 修羅場

(1)彼氏の父親が… 「私は彼の実家に遊びに行ったことがあり、ご両親とも親しくしていました。 ところがあるとき、彼の浮気を発見。 許すことはできないので、別れることにしました。 彼のご両親には申し訳ないと思いましたが……。 別れてしばらくして、仕事が休みの日でした。 家のインターホンが鳴ったんです。 ドアを開けると、そこに立っていたのは、彼の両親でした。 そして、その後ろに彼の姿もありました。 ただ、彼の顔があざだらけなんです。 すぐに状況を理解しました。 彼のお父さんは学生時代に空手をやっていて、かなりの武闘派。 別れた原因が彼の浮気であることを知り、ボコボコにしたんでしょう。 お母さんは泣いて謝ってくるし……。 ホント、浮気って罪だと思いました」ユウカ(仮名)/29歳 (2)グループLINEが… 「いつも一緒に遊んだり、飲みに行ったりする8人ぐらいのグループがありました。 私たちカップルも、そのなかのメンバーでした。 私たちが付き合って2年が経とうとしていたころです。 お互いに少しずつ距離ができていたことは認識していました。 その話はすぐ、仲のいいグループ内にも漏れたんですね。 グループLINEがあって、ひとりがそのことについて書き込みました。 原因は、ようするに彼の浮気だという内容でした。 確かに、時期的にはその女性と重なっていたかもしれません。 ただ、私たちのなかではすでに解決していたことだったんです。 それが蒸し返されることに……。 私を擁護する派と、彼を擁護する派に別れ、議論が展開されました。 そのやり取りで、グループLINEは荒れに荒れました。 それが原因となり、グループは崩壊。 会場内はまあまあの人の入りでした。 私たちは後ろのほうで見ていたんですが、しばらくしてひとりの女性が近付いてきました。 どうやら元カノのよう。 友だちは気が強いほうなので、一歩も引かず睨みつけていました。 すると、またひとり女性が近付いてきました。 私にはもう、それがどんな関係の女なのかは分かりません。 ただ、同じ男を巡る相手だということは分かりました。 そして三人は取っ組み合いの喧嘩に……。 髪や服を引っ張り合い、めちゃくちゃな状態に。 友だちは、許す気はないと。 その彼が話をしたいというので、一緒に付いてきて欲しいと言われました。 あるファーストフード店の前で待ち合わせていました。 私は店のなかにいるように言われ、窓際の席に座り、彼が来たら動画で撮って欲しいと頼まれました。 そこで、彼が登場。 私はカメラを回し始めました。 しばらく彼が頭を下げながら謝るような状況が続きました。 すると、彼女が男に後ろを向かせたんです。 彼のほうは状況が飲み込めていない様子でした。 そして次の瞬間、彼女は男の股の間の蹴り上げたのです。 男は悶絶。 その場に崩れ落ちました。 彼女は笑って店内に戻ってきました。 今でもその動画は残っていて、スカッとしたいときに見返しています」カナ(仮名)/31歳 (5)現場を見ていないけれど… 「私が住むマンションの部屋の隣は、男性が住んでいました。 彼女がいるようで、しょっちゅうその子が遊びに来ていたんです。 何度もすれ違っていたので、顔は分かっていました。 ある日、私が仕事から帰ってきたときです。 部屋に入ろうとしたら、同じタイミングで隣の部屋に入っていく女性がいました。 明らかに彼女ではない。 もしかして浮気……? ちょっと怪しいなって思ったんですね。 それからしばらくして、私がベランダに出たときです。 ふと下を見たら、隣の男の彼女がマンションに入っていくところでした。 鉢合わせるんじゃないかな……と思い、息を潜めていると……。 ガラスや皿が割れるような、ガシャンガシャンという音が鳴り響きました。 さらに、何を言っているか分からないような悲鳴も上がり始めた。 現場を見なくても、音だけで十分その光景が目に浮かびました」レイナ(仮名)/31歳 (6)浮気相手が… 「束縛する彼と付き合っている友だちがいました。 そんな友だちも友だちですが……。 ある日、その友だちの家に遊びに行ったときでした。 しかも、今から彼が部屋に来ると……。 私は、なんてタイミングで来てしまったんだと、後悔しました。 そして、彼が到着。 私がいるのが分かっていながら、わめき散らす彼。 まさに修羅場。 すると、インターホンが鳴りました。 いったい今度は誰?と思ったらそれが彼女の浮気相手でした。 彼のほうはヤル気満々。 臨戦態勢でした。 しかし、浮気相手が入ってきた途端、大人しくなったんです。 なぜなら、浮気相手の見た目がイカツいんです。 角刈りにサングラスという出で立ち。 そっち系の人かと思うほど……。 相手が誰かも分かっていて、彼と同じ職場の女だそう。 しかも、住んでいるマンションまで分かっていると。 ある日、その子から連絡がありました。 今日、彼と浮気相手が会うことになっていると言うんです。 しかし、建物は分かるものの、部屋までは分からない。 すると彼女は、一軒一軒回っていくと言い出したんです。 なんという執念……。 本当に一階の一号室から、順にインターホンを押して尋ね始めました。 三階の途中で目的の部屋を発見。 出てきた彼は、顔面蒼白でした」ユズカ(仮名)/29歳 (8)許す代わりに… 「彼の普段の行動から、なんとなく浮気をしてるんじゃないか……ということは察していました。 でも、すぐには追及せず、しばらく泳がしていたんです。 そうしたら、やはり尻尾を出しました。 女と連絡を取り合っているのを発見したんです。 追及すると、すぐに認め、謝ってきました。 ただ、会ってはいるものの、カラダの関係にはなっていない様子。 激辛で有名なお店の、なかでも一番辛いヤツ。 それを5分以内に食べてと言いました。 彼はそれを受け入れて、顔から出せるすべての水分を出しながら必死で食べていました。 見事時間内に完食。 しかし、カラダへのダメージは大きく、翌日のお尻は酷い状態だったようです」フミノ(仮名)/31歳 (9)慰謝料を… 「同棲して三年になる彼がいて、結婚の話も出ていたんです。 しかし、それがあるとき彼の浮気が発覚。 失意のなか、別れることを決断しました。 年齢も三十代半ばを過ぎ、これから結婚なんてできるのかと、絶望の淵に立たされました。 そんな相談を、友だちにしたんです。 その発想はなかったので、目から鱗でした。 なんでも、三年以上同棲していると、内縁の妻のような扱いになるとのこと。 早速それを弁護士さんに相談。 結局、内縁の妻という扱いではなかったんですが、結婚の話も出ていたので、三十万円の慰謝料が請求できました。 ただ、お金は手にしましたが、虚しさが残るばかりでした……」トモコ(仮名)/35歳 (10)夜のセックス中に… 「彼の家に遊びに行った日です。 夜、ベッドの上で抱き合って寝ていたとき、彼が私の首に手をかけたんです。 いままでそんなプレイはしたことなかったので、ちょっと不思議に思ったんですね。 そして、その手に力が入り始めて、首を絞められているような状態になりました。 そうなんです。 彼の言う通り、実は私はそのときほかの男と浮気をしていました。 バレていたんですね……。 殺される……と思いました。 私はとっさに、ベッドのわきにあった置時計を掴んで、彼の頭部に叩きつけました。 すると彼が手を放し、ひっくり返った。 その隙に飛び起きて、着の身着のまま部屋から飛び出しました。 自分が悪いのですが、もうこんな思いはしたくないです。 」ナナ(仮名)/32歳 どれも壮絶な浮気エピソード いかがでしたか?10の浮気現場エピソードをご紹介しましたが、どれも壮絶なものばかり……。 一瞬の快楽のために失ったものは大きそうですね。

次の

【修羅場 妻の浮気】汚嫁「ごめんなさい!許して…!」浮気修羅場チャンネル

嫁 浮気 修羅場

(1)彼氏の父親が… 「私は彼の実家に遊びに行ったことがあり、ご両親とも親しくしていました。 ところがあるとき、彼の浮気を発見。 許すことはできないので、別れることにしました。 彼のご両親には申し訳ないと思いましたが……。 別れてしばらくして、仕事が休みの日でした。 家のインターホンが鳴ったんです。 ドアを開けると、そこに立っていたのは、彼の両親でした。 そして、その後ろに彼の姿もありました。 ただ、彼の顔があざだらけなんです。 すぐに状況を理解しました。 彼のお父さんは学生時代に空手をやっていて、かなりの武闘派。 別れた原因が彼の浮気であることを知り、ボコボコにしたんでしょう。 お母さんは泣いて謝ってくるし……。 ホント、浮気って罪だと思いました」ユウカ(仮名)/29歳 (2)グループLINEが… 「いつも一緒に遊んだり、飲みに行ったりする8人ぐらいのグループがありました。 私たちカップルも、そのなかのメンバーでした。 私たちが付き合って2年が経とうとしていたころです。 お互いに少しずつ距離ができていたことは認識していました。 その話はすぐ、仲のいいグループ内にも漏れたんですね。 グループLINEがあって、ひとりがそのことについて書き込みました。 原因は、ようするに彼の浮気だという内容でした。 確かに、時期的にはその女性と重なっていたかもしれません。 ただ、私たちのなかではすでに解決していたことだったんです。 それが蒸し返されることに……。 私を擁護する派と、彼を擁護する派に別れ、議論が展開されました。 そのやり取りで、グループLINEは荒れに荒れました。 それが原因となり、グループは崩壊。 会場内はまあまあの人の入りでした。 私たちは後ろのほうで見ていたんですが、しばらくしてひとりの女性が近付いてきました。 どうやら元カノのよう。 友だちは気が強いほうなので、一歩も引かず睨みつけていました。 すると、またひとり女性が近付いてきました。 私にはもう、それがどんな関係の女なのかは分かりません。 ただ、同じ男を巡る相手だということは分かりました。 そして三人は取っ組み合いの喧嘩に……。 髪や服を引っ張り合い、めちゃくちゃな状態に。 友だちは、許す気はないと。 その彼が話をしたいというので、一緒に付いてきて欲しいと言われました。 あるファーストフード店の前で待ち合わせていました。 私は店のなかにいるように言われ、窓際の席に座り、彼が来たら動画で撮って欲しいと頼まれました。 そこで、彼が登場。 私はカメラを回し始めました。 しばらく彼が頭を下げながら謝るような状況が続きました。 すると、彼女が男に後ろを向かせたんです。 彼のほうは状況が飲み込めていない様子でした。 そして次の瞬間、彼女は男の股の間の蹴り上げたのです。 男は悶絶。 その場に崩れ落ちました。 彼女は笑って店内に戻ってきました。 今でもその動画は残っていて、スカッとしたいときに見返しています」カナ(仮名)/31歳 (5)現場を見ていないけれど… 「私が住むマンションの部屋の隣は、男性が住んでいました。 彼女がいるようで、しょっちゅうその子が遊びに来ていたんです。 何度もすれ違っていたので、顔は分かっていました。 ある日、私が仕事から帰ってきたときです。 部屋に入ろうとしたら、同じタイミングで隣の部屋に入っていく女性がいました。 明らかに彼女ではない。 もしかして浮気……? ちょっと怪しいなって思ったんですね。 それからしばらくして、私がベランダに出たときです。 ふと下を見たら、隣の男の彼女がマンションに入っていくところでした。 鉢合わせるんじゃないかな……と思い、息を潜めていると……。 ガラスや皿が割れるような、ガシャンガシャンという音が鳴り響きました。 さらに、何を言っているか分からないような悲鳴も上がり始めた。 現場を見なくても、音だけで十分その光景が目に浮かびました」レイナ(仮名)/31歳 (6)浮気相手が… 「束縛する彼と付き合っている友だちがいました。 そんな友だちも友だちですが……。 ある日、その友だちの家に遊びに行ったときでした。 しかも、今から彼が部屋に来ると……。 私は、なんてタイミングで来てしまったんだと、後悔しました。 そして、彼が到着。 私がいるのが分かっていながら、わめき散らす彼。 まさに修羅場。 すると、インターホンが鳴りました。 いったい今度は誰?と思ったらそれが彼女の浮気相手でした。 彼のほうはヤル気満々。 臨戦態勢でした。 しかし、浮気相手が入ってきた途端、大人しくなったんです。 なぜなら、浮気相手の見た目がイカツいんです。 角刈りにサングラスという出で立ち。 そっち系の人かと思うほど……。 相手が誰かも分かっていて、彼と同じ職場の女だそう。 しかも、住んでいるマンションまで分かっていると。 ある日、その子から連絡がありました。 今日、彼と浮気相手が会うことになっていると言うんです。 しかし、建物は分かるものの、部屋までは分からない。 すると彼女は、一軒一軒回っていくと言い出したんです。 なんという執念……。 本当に一階の一号室から、順にインターホンを押して尋ね始めました。 三階の途中で目的の部屋を発見。 出てきた彼は、顔面蒼白でした」ユズカ(仮名)/29歳 (8)許す代わりに… 「彼の普段の行動から、なんとなく浮気をしてるんじゃないか……ということは察していました。 でも、すぐには追及せず、しばらく泳がしていたんです。 そうしたら、やはり尻尾を出しました。 女と連絡を取り合っているのを発見したんです。 追及すると、すぐに認め、謝ってきました。 ただ、会ってはいるものの、カラダの関係にはなっていない様子。 激辛で有名なお店の、なかでも一番辛いヤツ。 それを5分以内に食べてと言いました。 彼はそれを受け入れて、顔から出せるすべての水分を出しながら必死で食べていました。 見事時間内に完食。 しかし、カラダへのダメージは大きく、翌日のお尻は酷い状態だったようです」フミノ(仮名)/31歳 (9)慰謝料を… 「同棲して三年になる彼がいて、結婚の話も出ていたんです。 しかし、それがあるとき彼の浮気が発覚。 失意のなか、別れることを決断しました。 年齢も三十代半ばを過ぎ、これから結婚なんてできるのかと、絶望の淵に立たされました。 そんな相談を、友だちにしたんです。 その発想はなかったので、目から鱗でした。 なんでも、三年以上同棲していると、内縁の妻のような扱いになるとのこと。 早速それを弁護士さんに相談。 結局、内縁の妻という扱いではなかったんですが、結婚の話も出ていたので、三十万円の慰謝料が請求できました。 ただ、お金は手にしましたが、虚しさが残るばかりでした……」トモコ(仮名)/35歳 (10)夜のセックス中に… 「彼の家に遊びに行った日です。 夜、ベッドの上で抱き合って寝ていたとき、彼が私の首に手をかけたんです。 いままでそんなプレイはしたことなかったので、ちょっと不思議に思ったんですね。 そして、その手に力が入り始めて、首を絞められているような状態になりました。 そうなんです。 彼の言う通り、実は私はそのときほかの男と浮気をしていました。 バレていたんですね……。 殺される……と思いました。 私はとっさに、ベッドのわきにあった置時計を掴んで、彼の頭部に叩きつけました。 すると彼が手を放し、ひっくり返った。 その隙に飛び起きて、着の身着のまま部屋から飛び出しました。 自分が悪いのですが、もうこんな思いはしたくないです。 」ナナ(仮名)/32歳 どれも壮絶な浮気エピソード いかがでしたか?10の浮気現場エピソードをご紹介しましたが、どれも壮絶なものばかり……。 一瞬の快楽のために失ったものは大きそうですね。

次の