ふるさとの話をしよう 歌詞。 ふるさと(五木ひろし): 二木紘三のうた物語

北原謙二 ふるさとのはなしをしよう LYRICS

ふるさとの話をしよう 歌詞

歌詞と意味について 歌詞 兎追ひし彼の山(うさぎおいしかのやま) 小鮒釣り彼の川(こぶなつりしかのかは) 夢は今も巡りて(ゆめはいまもめぐりて) 忘れ難き故郷(わすれがたきふるさと) 2 如何にいます父母(いかにいますちちはは) 恙無しや友がき(つつがなしやともがき) 雨に風につけても(あめにかせにつけても) 思ひ出づる故郷(おもひいづるふるさと) 3 志を果たして(こころざしをはたして) いつの日にか帰らん(いつのひにかかえらん) 山は青き故郷(やまはあおきふるさと) 水は清き故郷(みずはきよきふるさと) 意味 1,野兎を追ったあの山や、小鮒を釣ったあの川よ。 今なお夢に思い、心巡る忘れられない故郷よ。 2,父や母はどうしておいでだろうか、友人たちは変わりなく平穏に暮らしているだろうか。 風雨(艱難辛苦の比喩とも)のたびに、思い出す故郷よ。 3,自分の夢を叶えて目標を成就させたら、いつの日にか故郷へ帰ろう。 山青く水清らかな故郷へ。 引用:wikipedia 「うさぎおいしかのやま」は、「野うさぎを追ったあの山」という意味です。 大人になって、やっと意味が分かったという人も多いのではないかと思います。 幼い頃だと、昔の言葉は分かりづらいですからね。 そして「うさぎおいし」は「うさぎ美味し」と勘違いしている人もいます。 本当は「追いし」の方です。 また「いつの日にか帰らん」も、間違いやすい所です。 今の言葉でいうと、「わしゃ、帰らん!」で帰らないという意味ですが、これは昔の歌です。 帰らんの「ん」は、助動詞の「む」と一緒です。 古典文法で、推量・意志・適当・勧誘・婉曲・仮定の意味があります。 この場合では意志の「む」で「~しよう」という意味ですね。 なので「(いつか故郷へ)帰ろう」となります。 あと、「友がき」も分かりにくいですね。 漢字に直すと「友垣」。 「友人」という意味です。 交わりを結ぶことを、垣根を結ぶのに例えていった言葉です。 作詞作曲は誰? 1914年発表の、この唱歌。 作詞作曲はこの二人がしています。 作詞者・・・高野辰之• 作曲者・・・岡野貞一 高野辰之は長野県出身で国文学者、作詞家。 岡野貞一は、鳥取県出身で作曲家です。 この二人で作詞作曲した唱歌は他にもあるんですよ。 春が来た(春が来た、春が来た~)• 春の小川(春の小川は、さらさら行くよ~)• 朧月夜(菜の花畠に、入日薄れ~)• もみじ(秋の夕日に、照る山紅葉~) 皆、小学校で習った歌です。 とても馴染み深い歌ですね。 うさぎを追った山はどこ? この歌は、高野辰之が幼少時代に過ごしたふるさとを思い浮かべて作ったとされます。 そのふるさとは、現在でいうと長野県中野市。 長野県の北部に位置するところです。 そこでの懐かしい思い出を歌にしたんですね。 兎追ひし彼の山(うさぎおいしかのやま)・・・ 大平山(おおひらやま)• 小鮒釣り彼の川(こぶなつりしかのかは)・・・ 班川(はんがわ) () 大平山で野うさぎを追って、班川で小鮒を釣った思い出。 彼にとっては、とっても楽しかったのでしょう。 唱歌と童謡の違いは? 「ふるさと」は童謡ではないの?と思うかもしれません。 子供の時に歌ったから童謡なのかなと思ってしまいますが、これは唱歌です。 似て非なるものなのですね。 唱歌は昔(明治時代~戦前)の学校教育で作られた歌のこと。 童謡というと広い意味でで子供向けの歌のことです。 なら、唱歌は童謡に含まれるの?と考えてしまいますが、厳密には違います。 歌の種類の紹介でも、唱歌・童謡・わらべ歌・・・と区分けして紹介されるはずです。 文部省唱歌は、1910年(明治43年)から1941年(昭和16年)の教科書に載っていた曲です。 これらを文部省唱歌といいます。 まとめ 家に帰れない寂しさと将来の希望が織り交ざった名作。 今と違って、交通が発達していないのですぐに田舎に帰れなかったのでしょう。 「ふるさと」は日本人にとっては心に染みわたる歌ですね。 「うさぎおいしかのやま」の意味は、「野うさぎを追ったあの山」というです。

次の

【童謡唱歌】「ふるさと」の全歌詞と意味!|故郷日本の歌【動画曲付き】

ふるさとの話をしよう 歌詞

歌詞と意味について 歌詞 兎追ひし彼の山(うさぎおいしかのやま) 小鮒釣り彼の川(こぶなつりしかのかは) 夢は今も巡りて(ゆめはいまもめぐりて) 忘れ難き故郷(わすれがたきふるさと) 2 如何にいます父母(いかにいますちちはは) 恙無しや友がき(つつがなしやともがき) 雨に風につけても(あめにかせにつけても) 思ひ出づる故郷(おもひいづるふるさと) 3 志を果たして(こころざしをはたして) いつの日にか帰らん(いつのひにかかえらん) 山は青き故郷(やまはあおきふるさと) 水は清き故郷(みずはきよきふるさと) 意味 1,野兎を追ったあの山や、小鮒を釣ったあの川よ。 今なお夢に思い、心巡る忘れられない故郷よ。 2,父や母はどうしておいでだろうか、友人たちは変わりなく平穏に暮らしているだろうか。 風雨(艱難辛苦の比喩とも)のたびに、思い出す故郷よ。 3,自分の夢を叶えて目標を成就させたら、いつの日にか故郷へ帰ろう。 山青く水清らかな故郷へ。 引用:wikipedia 「うさぎおいしかのやま」は、「野うさぎを追ったあの山」という意味です。 大人になって、やっと意味が分かったという人も多いのではないかと思います。 幼い頃だと、昔の言葉は分かりづらいですからね。 そして「うさぎおいし」は「うさぎ美味し」と勘違いしている人もいます。 本当は「追いし」の方です。 また「いつの日にか帰らん」も、間違いやすい所です。 今の言葉でいうと、「わしゃ、帰らん!」で帰らないという意味ですが、これは昔の歌です。 帰らんの「ん」は、助動詞の「む」と一緒です。 古典文法で、推量・意志・適当・勧誘・婉曲・仮定の意味があります。 この場合では意志の「む」で「~しよう」という意味ですね。 なので「(いつか故郷へ)帰ろう」となります。 あと、「友がき」も分かりにくいですね。 漢字に直すと「友垣」。 「友人」という意味です。 交わりを結ぶことを、垣根を結ぶのに例えていった言葉です。 作詞作曲は誰? 1914年発表の、この唱歌。 作詞作曲はこの二人がしています。 作詞者・・・高野辰之• 作曲者・・・岡野貞一 高野辰之は長野県出身で国文学者、作詞家。 岡野貞一は、鳥取県出身で作曲家です。 この二人で作詞作曲した唱歌は他にもあるんですよ。 春が来た(春が来た、春が来た~)• 春の小川(春の小川は、さらさら行くよ~)• 朧月夜(菜の花畠に、入日薄れ~)• もみじ(秋の夕日に、照る山紅葉~) 皆、小学校で習った歌です。 とても馴染み深い歌ですね。 うさぎを追った山はどこ? この歌は、高野辰之が幼少時代に過ごしたふるさとを思い浮かべて作ったとされます。 そのふるさとは、現在でいうと長野県中野市。 長野県の北部に位置するところです。 そこでの懐かしい思い出を歌にしたんですね。 兎追ひし彼の山(うさぎおいしかのやま)・・・ 大平山(おおひらやま)• 小鮒釣り彼の川(こぶなつりしかのかは)・・・ 班川(はんがわ) () 大平山で野うさぎを追って、班川で小鮒を釣った思い出。 彼にとっては、とっても楽しかったのでしょう。 唱歌と童謡の違いは? 「ふるさと」は童謡ではないの?と思うかもしれません。 子供の時に歌ったから童謡なのかなと思ってしまいますが、これは唱歌です。 似て非なるものなのですね。 唱歌は昔(明治時代~戦前)の学校教育で作られた歌のこと。 童謡というと広い意味でで子供向けの歌のことです。 なら、唱歌は童謡に含まれるの?と考えてしまいますが、厳密には違います。 歌の種類の紹介でも、唱歌・童謡・わらべ歌・・・と区分けして紹介されるはずです。 文部省唱歌は、1910年(明治43年)から1941年(昭和16年)の教科書に載っていた曲です。 これらを文部省唱歌といいます。 まとめ 家に帰れない寂しさと将来の希望が織り交ざった名作。 今と違って、交通が発達していないのですぐに田舎に帰れなかったのでしょう。 「ふるさと」は日本人にとっては心に染みわたる歌ですね。 「うさぎおいしかのやま」の意味は、「野うさぎを追ったあの山」というです。

次の

北原謙二 ふるさとのはなしをしよう LYRICS

ふるさとの話をしよう 歌詞

【全部ひらがなバージョンの歌詞】 1. うさぎ おいし かのやま こぶな つりし かのかわ ゆめは いまも めぐりて わすれ がたき ふるさと 2. いかに います ちちはは つつが なしや ともがき あめに かぜに つけても おもい いずる ふるさと 3. こころざしを はたして いつのひにか かえらん やまは あおき ふるさと みずは きよき ふるさと ふるさとの歌詞の意味 「ふるさと」の歌の意味です。 おおよその解釈としてお考えください。 小学生にもわかるようにしました。 野うさぎを追いかけまわした、あの山 小ぶなを釣って遊んだ、あの川 今でも夢に思い 忘れる事のできない 故郷の景色よ 2. 父や母はどうしておいでだろうか 一緒に遊んだ友達は変わらず元気だろうか 雨の日のように辛い時も 風の日のように困難な時も 思い出すのは故郷のこと 3. 冬の間、大人も子どもたちも参加した村の行事でした。 兎狩りとも言われ、野山や森林へ行って兎を捕獲し調理をしたようです。 雪深い山村で、貴重な食料だったのでしょう。 今はもう殆ど行われていないようです。 「雨の時も風の時も故郷を思い出す。 」と解釈しても、人それぞれの感じ方で良いと思います。 つまり「いつか帰りたい」という意味。 「きっといつか帰るぞ!」と決意を持った言い方に近いと思います。 だれが作ったの? 作詞者は 高野 辰之(たかの たつゆき 作曲者は 岡野 貞一(おかの ていいち) 1914年(大正3年)の尋常小学唱歌の第六学年用で発表されました。 楽曲名は漢字で「故郷」と書きます。 文部省唱歌の1つです。 (現文部科学省) 長野の山村で生まれた作詞者の高野辰之が 少年時代に遊んだ野山や情景を懐かしみ作った曲です。 現中野市の斑川 ハンガワ や大平山 オオヒラヤマ などの里山が、唱歌「故郷」のモデルとなっています 高野&岡野コンビ名曲の数々 作詞 高野&作曲 岡野コンビは「故郷」の他にも数々の日本の名曲を残しています。 童謡唱歌「故郷」の歌詞と意味をお届けしました。 歌詞の漢字や、文字使いは作詞者「高野辰之」の記念館にある歌碑と同じ文字使いにしました。 ひ=い あをき=青き 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の