とこ は ポータル サイト。 マイナポータルとは : マイナンバー(社会保障・税番号制度)

ふるさと納税ポータルサイトを比較。どこでふるさと納税をするのがお得?

とこ は ポータル サイト

ポータルサイトとは、Web上の様々なサービスや情報を集約して簡単にアクセスできるようにまとめた、Web利用の起点となるWebサイトのこと。 提供される情報やサービスはにより異なるが、Webページのや、ニュース、天気予報、経済情報、、地図、鉄道乗り換え案内、、ショッピングモール、など、一般消費者が日常生活で必要としたり、あると便利な情報やサービスで構成される。 主な収入源をとするサイトが多く、サービスの多くは利用登録などせずに無料で利用できるが、一部の特別なサービスを使用するために会員登録や料金の支払いが必要な場合がある。 情報やサービスはポータルサイト運営元が自社で提供する場合と、新聞社から記事を購入して掲載するなど、専門的な企業と提携して供給を受ける場合がある。 1990年代後半にインターネットが一般に急激に普及する際に、Web利用を補助するサービスとして広まった。 当初は様々なWebサイトへのリンクを収集・分類し、容易に探索・一覧できるようまとめたリンク集()を中心に発展してきたが、現在では歴史的な役割を終え、を提供するポータルサイトはほとんどない。 また、転じて、組織内の複数のWebサイトや情報資源のデータやサービスを集約・整理して一覧できるようにした玄関口となるサイトをポータルサイトということもある。 企業が従業員向けに提供するものは「社内ポータル」「企業内ポータル」と呼ばれる。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

特許検索ポータルサイト

とこ は ポータル サイト

知的財産権をこれから学びたい、興味があるなど、初心者等を対象にした知的財産権に関する「初心者向け説明会」のテキスト• 調査業務を行うのに必要な、審査基準の基礎的な知識を分かりやすく解説したもの• 調査業務を行うのに必要な、特許法の基礎的な知識を分かりやすく解説したもの• 特許庁ホームページにて公開されている資料(知的財産権制度説明会 実務者向け テキスト) 実用新案やPCT制度の知識• 実務に沿う形で基礎的要件を中心に、実用新案制度の概要、出願手続等をまとめたもの• 特許庁ホームページにて公開されている資料(知的財産権制度説明会 実務者向け テキスト) 2. 先行技術調査の概要を知りたい 特許出願前に必要な知識• 特許出願の前に公報等を調査するための方法について紹介 検索ツール• 独立行政法人工業所有権情報・研修館が提供する無料の検索サービス 特許分類を用いた検索 基礎編• 特許庁ホームページにて公開されている資料(知的財産権制度説明会(実務者向け)テキスト)• 効率的に最適な先行技術文献を発見するため、Fターム検索等の基礎的手法、並びに検索報告書に記載する基本的事項を説明したもの(調査業務実施者育成研修テキスト) 実践編• 特許情報プラットフォーム J-PlatPat を利用して、進歩性等の特許要件を考慮しながら行う特許文献検索実務を解説したもの 検索エキスパート研修[中級]• 発明の認定等について審査基準に準拠して解説すると共に、特許庁の審査官が使用している検索端末を利用して検索を行う場合の検索手法等について解説したもの 検索エキスパート研修[上級] 2. 技術分野別の情報 1. 分類の一次情報を知りたい• パテントマップガイダンスにおける各種分類の検索機能• 特許庁ホームページに掲載されているFI改正情報• 特許庁ホームページに掲載されているテーマコード一覧表• 特許庁ホームページに掲載されているIPC第8版 2006. 01 分類表及びその更新情報(差分分類表)日本語版 2. 欲しい分類を探すサポートツールを知りたい• IPC, FI, ECLA, CPCの対応関係がより簡便に調査・参照でき、サーチの際の参考とするためのツール [更新日 2019年10月7日] お問い合わせ 調整課審査システム企画班 電話:03-3581-1101 内線3108 FAX:03-3580-8122.

次の

ポータルサイト(Webポータル)とは

とこ は ポータル サイト

ふるさと納税はどのサイト経由でするのがお得なのか? ふるさと納税の情報やいくらまで寄付することができるかなどの情報が集まっているふるさと納税ポータルサイト。 情報集めで大活躍しますよね。 また、単に情報を集めるという意味以外にも、各ふるさと納税ポータルサイトは様々な「特典」を用意しているケースがあります。 2018年のふるさと納税は「 どこに」ふるさと納税するだけでなく、「 どの寄付サイト経由で」ふるさと納税するということもお得さを追求する上で重要になってきています。 楽天ふるさと納税 寄付によるポイント還元No1 ポイント還元がすさまじいのが「 楽天ふるさと納税」です。 2019年6月以降の新ふるさと納税に単純にふるさと納税で得をしたいと考えるなら第1候補です。 ふるさと納税の新規制がスタートした現在、寄付サイトによるAmazonギフト券等の還元が実質的に封じられています。 そうした中でも楽天ふるさと納税は楽天ポイント還元を続けています。 この点は2019年のふるさと納税寄付サイトでは圧倒的な強みと言えそうです。 また、ふるさと納税(寄付)は楽天市場で買い物をする感覚でできるというのも楽天になれた方には魅力といえそうです。 楽天ポイントを使って寄付することも可能で、期間限定ポイントも消費できるので、あまった楽天ポイントの消費にもお勧めです。 寄付に対するポイント還元に寄付先の充実度など攻守バランスの取れた最強の寄付サイトだと思われます。 マイページ機能:〇 クレジットカード利用:〇 ポイント還元:〇 >> さとふる お礼の品のレビューが見られるふるさと納税サイト 自社と提携しているふるさと納税情報を掲載しているサイトです。 最大の魅力はサポート力と使いやすさでしょう。 マイページでは寄付した商品や現在のステータス(発送準備中、発送中など)が確認できます。 また、メールはもちろん、 電話で問い合わせができるというのも強みといえます。 初めてのふるさと納税におススメです。 ふるさと納税のお礼の品ごとの情報やレビューが充実しているのでショッピング感覚で寄付できるというのもユニークです。 ソフトバンク、auの携帯電話を利用している方は携帯料金と合算しての支払い(寄付)も可能です。 なお、さとふるは同社が自治体の事務を代行していることもあって、寄付をしてからお礼の品が届くまでのスピードが速いのも魅力です。 実際に私がさとふるを使ってみた感想について「」でもまとめてます。 全国1788の自治体のふるさと納税情報を掲載しています。 あくまでもふるさと納税の情報を提供するというスタンスのサイトになります。 すべての自治体の情報が掲載されているため、どんな御礼の品があるのかを探す時などは便利です。 クレジットカード決済はを利用するのでTポイントでふるさと納税が可能です。 その一方で単純なデータベースサイトなので、ふるさとチョイス経由で寄付をしてもあまりメリットがないというのは弱いところですね。 ふるさと納税の情報を集めたいという目的ではまず、ふるさとチョイスを使うというのはおすすめです。 一方で実際の寄付をするのは寄付をすることでの特典がある楽天ふるさと納税などを使う方がメリットが大きいです。 2019年には寄付で受け取ったお礼の品(食品等)を購入することができる通販機能も設ける予定という事です。 もともと、ふるさと納税額に応じてAmazonギフト券がもらえる企画が好評でしたが、2019年6月以降の新規制を受けてギフト券提供を終了しています。 そういった意味で、ややお得度が低下したふるさと納税寄付サイトであるといえます。 ふるさと納税でポイントをもらってそのポイントを元に地域の特産品や旅行と交換するという変わった形を取っています。 ただ、こちらも2019年6月からの新ルールで旅行には使えなくなり、特産品のみの扱いとなっています。 寄付をすると自治体からポイントがもらえて、カタログの中からポイントを分の返礼品を選ぶという形になります。 ふるさと納税でANAの飛行機やANAツアーで利用することができるANAマイルが貯まります。 こちら2016年11月からパワーアップしており、100円あたり1マイルがお礼の品とは別にANAからもらえます。 マイページ機能:〇 クレジットカード利用:〇 ポイント還元:〇 >>ANAのふるさと納税公式ホームページ どこ経由でふるさと納税をするのがお得なの? 利用すること自体で特典があるのは「」が圧倒的です。 このポイント付与、そのうち規制されるかもしれないと思うほど大盤振る舞いです。 お得ということではなく、人生で初めてふるさと納税をするというなら「」も捨てがたいです。 使いやすさやサポート体制などは使ってみてわかる便利さがありました。 ふるさと納税はクレジットカードで納付すればポイントが貯まる 最後にふるさと納税で寄付をする時はポイントがたくさん貯まるクレジットカード経由で行うのがお勧めです。 詳しくは「」でも記事にしてますが、寄付でもポイントが貯まります。 ポイント還元率が高いクレジットカードで寄附をすれば、そのポイント分まで得ができてしまいます。 楽天カード 楽天ふるさと納税なら一押しのクレジットカード ポイント還元率は1%(楽天ふるさと納税なら4%)という高い還元率が魅力。 たまるポイントは「楽天スーパーポイント」。 楽天市場のお買い物で使えるだけでなく、楽天証券に口座があれば、投資信託の買い付けにもポイントが使えるという汎用性の高さも魅力。 楽天ふるさと納税をするなら絶対にこのカードでの寄付がお得です。 ちなみにカードの申し込みをすると5000ポイント(5000円相当)がもらえます。 このポイントを使って楽天ふるさと納税で寄付も可能です。 >> リクルートカード 年会費無料で1. 2%ポイント還元はすごい 楽天ふるさと納税以外で寄付をするならリクルートカードがおすすめです。 ポイント還元率は1. 2%+年会費無料となっています。 ポイント還元率が高いだけでなく、たまるポイントはPontaポイントになるので、ローソンなどの加盟店で1円単位で使えるというのも魅力的。 EC系だと、じゃらん、ホットペッパー、ホットペッパービューティーなどでポイントを無駄なく利用することができます。 >> 以上、ふるさと納税ポータルサイトを比較。 どこでふるさと納税をするのがお得なのかということを考察してみました。 より得をしたいならどこに寄付するか、だけではなくどこ経由で寄付するかまで重要になりそうですね。

次の