イラレ 水彩 風。 Illustrator水彩風文字を作るチュートリアル!ロゴ作成の参考にも【イラストレーター】

Illustratorで水彩画タッチのグラフィックスタイルを作成

イラレ 水彩 風

加工に使うオススメのブラシ このテクニックには、水彩風のブラシが必要なので、持っていない方はこちらの 2つをダウンロードしてください。 水彩画風の大きめのブラシ 水しぶきのようなブラシ 元の画像を水彩画風に加工する 加工までの準備 まず初めに元になる写真をPhotoshop上で開いて、サイズを決めます。 次に「新しいレイヤーを作成」を開きます。 ここで、レイヤーの背景は白にしてください。 スマートオブジェクトに変換すると、レイヤーの画像の右下に小さなマークがつくので確認してください。 次に、 フィルタギャラリーで画像を加工していきます。 次に、フィルタの「レイヤー効果」を調節していきます。 選択レイヤーの下に「スマートフィルター」、「フィルタギャラリー」の文字が加わり、その右に隅にマークがあるので、そこをダブルクリックします。 すると、「描画モード」を設定する画面が出るので、「通常」を「スクリーン」に変更します。 ここまでできれば、あとは同じ要領で加工を加えていきます。 次に、 スケッチの下書き風の加工を加えます。 すると画像の輪郭が検出されます。 選択レイヤーの中に「輪郭検出」の文字が追加されるので、先ほどと同じようにその右端にあるマークをダブルクリックして、「描画モード」を変更します。 今度は、「描画モード」を「通常」から「乗算」に変更します。 ここまでの作業で加工は完了です。 ブラシツールでよりリアルに 画像は水彩画風になったので、次はブラシツールとレイヤーマスクを使って、よりリアルにしていきます。 レイヤーマスクを作成 画像のレイヤーを選択した状態で、右下のアイコンから「新規レイヤーマスクを作成」します。 画面の方は真っ白になりますが、それで大丈夫です。 ブラシツールの設定 最初にダウロードした「水彩画風の大きめのブラシ」のBrush2を選択し、(筆のようなタッチであれば、他のものでも可)、「ブラシサイズ」を「120-180」に設定します。 次に画面中央右にある「ブラシ設定」を選択し、「ブラシ設定」パネルの左側のパネルを選択し、「シェイプ」と「散布」にチェックを入れます。 画像の大きさによるので、下のグラフを見ながら適度にブラシがばらつくように調整する。 ブラシを使って画像を浮かび上がらせる ブラシの設定ができたら、レンヤーマスクを選択し、ブラシツールの色を白に設定。 画面をブラシで浮かび上がらせていきます。 画面中央部やメインの部分はブラシを重ねて濃くします。 ポイントは画面の端っこは塗りすぎないこと。 ブラシの跡が残るように塗ります。 水しぶき風ブラシで水しぶきのようなエフェクトをつける 塗り終わったら、右下のアイコンから、画像のレイヤーの下に「新規レイヤーの作成」をします。 新規レイヤーを選択した状態で、「水しぶきのようなブラシ」の「 1」のブラシを選択します。 「ブラシサイズ」を「300」くらいに調整し、「カラーパネル」を選択します。 「カラーピッカー」が表示されるので、画面中の空や背景の色をクリックします。 色を選んだら、ブラシで塗ります。 水しぶきのブラシは、画面の端に2箇所ほど使います。 ブラシはワンクリックで十分です。 水しぶきの色が濃いと不自然なので、レイヤーのやや右上にある「不透明度」を「60%」くらいにします。 Camera Rawフィルターで温かみのある仕上げに 水しぶきをつけ終わったら、画像の微調整を行います。 あとは、お好みの色になるまで調整するだけです。 ポイントは、「色温度」を若干暖色系よりにして 温かみをだすこと。 また「ハイライト」を下げて、「シャドウ」をあげると、霞んだような画になります。 色の調整などを済ませたら、隣のアイコンを選択し、「レベル」を調節します。 水彩調の薄めかつ、色がしっかり見えるように調整しましょう。 調整が終わったら出来上がり。 水彩風の加工の完成です。 こんな感じの仕上がりです。 その他の作品紹介 同じ方法で作った作品がこちら。 バラナシinインド 水彩画風加工で、風景も淡く美しく。 ジャイサルメールin インド CDジャケットのような一枚。 サメット島inタイ 夕日の暖かさが水彩だといい感じです。 シェムリアップinカンボジア 人物像でもおしゃれになりますね。 まとめ いかがでしたか? Photoshopで簡単に作れる水彩画風加工のテクニックを紹介しました。 慣れてしまえば、10分もかからずできるようになるので、試してみてください。 この記事が参考になったら、シェアお願いします!.

次の

【イラレ】かなり便利なオブジェクトの再配色

イラレ 水彩 風

まず、水彩テクスチャ素材の画像をダウンロードします。 水彩の質感のみを活かすために、モノクロの素材を使用します。 色の濃度差が高い素材ほど、より質感が現れます。 今回は、先程の「イラストAC」の姉妹サイトにて無料ダウンロードした水彩素材を使用しました。 新規レイヤーを作成し、金魚のイラストが配置されたレイヤーよりも 前面にある状態にします。 作成したレイヤーに、ダウンロードした水彩素材の画像をイラストよりも大きくなるように配置しましょう。 配置できたら、次に透明パネルを表示します。 「ウインドウ>透明」にチェックを入れましょう。 配置した水彩素材の画像を選択した状態で、透明パネルの描画モードの「通常」から、「オーバーレイ」に設定します。 すると、下のレイヤーに配置した金魚のイラストが透けて見えるようになります。 STEP2 白いオブジェクトを配置する イラスト以外の部分の水彩素材を削除します。 最背面レイヤーに白い背景を敷いて透過させます。 新規レイヤーを作成し、イラストが配置されたレイヤーよりも 背面にある状態にします。 作成したレイヤーに、「長方形ツール」を使用して白色のオブジェクトを作成します。 最背面のレイヤーに白いオブジェクトを配置したものがこちらです。 水彩素材の最前面レイヤーと、最背面の背景レイヤーはロックをかけておくと、後工程で作業が行いやすくなります。 素材を上から重ねただけでも、雰囲気がガラッと変わったように感じます。 これから少し手間を加えて、より水彩っぽさを表現していきます。 STEP3 絵の具だまりのフチをつくる 水彩で描くとき、イラストの輪郭や色の境界線に絵の具がたまり、やや濃い色ににじみます。 Illustratorでも、絵の具だまりの表現をすることが可能です。 まず、イラストを複製し、イラストの上に同じ位置で貼り付けます。 同じレイヤー内でも、新しく作成したレイヤーにコピーしてもどちらでも大丈夫ですが、水彩素材のレイヤーより下に、 白背景レイヤーよりは上に配置で複製しましょう。 複製したイラストのみ選択した状態で、「効果>スケッチ>コピー」を選び、お好みで数値を調整してください。 今回は、「ディテール:10」「暗さ:15」で効果をつけました。 次に、先程の透明パネルを表示し、「オーバーレイ」を選択します。 馴染むように不透明度をかなり下げて加工しているために、少しわかりにくいですが、 作成前と後で比較してみると、輪郭の内側に絵の具だまりのような線がぼやっと出来ているのがわかります。 このイラストでは、「不透明度30%」まで調整しました。 STEP4 水彩のにじみでよりリアルに! フチを作成して、ほぼ完成しましたが、より細かく調整して仕上げます。 水分の多い絵の具のにじみや、色ムラをつけて手描き感をさらに再現します。 まず、楕円形ツールを選択し、円を作成します。 次に、作成した円を選択した状態で「効果>ぼかし>ぼかし(ガウス)」を選び、円をぼかします。 表現したい箇所に配置してみました。 その後、イラストに馴染むように透明度や描画モードを調整します。 最後に、水面を泳いでいる様子を表現するために、新たにダウンロードした水色の水彩素材を背景に配置し、 微調整や細かな修正を行って完成したものがこちらです! まとめ イラストのレイヤーに水彩画像と効果の組み合わせのみで、ベタ塗りのフラットなイラストから、淡い水彩風の塗り方になりました。 塗り方のみ質感を変えたい時、雰囲気を変えたい時に、水彩風に加工してみてはいかがでしょうか?.

次の

【イラレ】かなり便利なオブジェクトの再配色

イラレ 水彩 風

Linustockの水彩テクスチャ素材はイメージと違うわ! という方はで 「水彩」で検索されることをオススメします。 多種多様の高解像度のテクスチャ素材が無料でダウンロードいただけます。 写真ACさんにて素材のダウンロードをされたことにより発生したトラブル・問題などについては一切の責任を負いかねます。 予めご了承ください。 またでも水彩テクスチャ素材サイトをまとめられています。 見つからない方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 もっと、こだわりたい! という方は、職場ではオススメできませんが、実際に紙に水彩絵の具で色を塗って写真に撮ったものが最高に使えます。 この方法、面倒ですが楽しくてオススメです。 STEP. 3 塗りのフチを絵筆で塗ったように加工して、より水彩画っぽくする STEP. 2の状態だと、ただ色を変更しただけになるので、もう少し「っぽく」なるように加工していきます。 1水彩テクスチャレイヤーを非表示にし、黒色に塗った箇所を全て選択して下さい。 2メニューバーの「効果」 > 「パスの変形」 > 「ラフ」を選択。 すると、ラフパネルが開きます。 イラストのサイズ等で数値は異なりますが、ここでは、下記のようにしました。 関節ゼロっすね。 で、OK。 そして、非表示化していた水彩テクスチャを表示させてください。 さらに 線のレイヤーを水彩テクスチャより前面にしてください。 すると。。。 まぁ、それらしくなりましたね。 髪の毛とかまで塗るのはやりすぎですね。 一部に適用することをおすすめします。 STEP. 4 背景を透過する このままだと背景が、白のままなので背景に何か絵や写真を置く場合は使えないので、背景を透していきます。 「水彩テクスチャ」 「変形させた黒色部分」 「背景レイヤー」 を選択した上で、 メニューバーの 「オブジェクト」 > 「透明部分を分割・統合」 を選択。 すると透明部分を分割・統合パネルが開きます。 上記黄色枠内のパネルにて下記設定をしてください。 ・ラスタライズとベクトルのバランス/ベクトル:100 ・「オーバープリントと特色を保持」にチェック で、OK。 最後に不要なパスやレイヤーを削除したら透過が完了です。 試しに透過できているかの確認のため黄色い背景を置いてみました。 透過完了。

次の