クラウン アスリート 200 系 後期。 TRD|クラウン エアロ/200系後期アスリート|CROWN通販サイトauto

クラウンについてです

クラウン アスリート 200 系 後期

当初は2. 5リッター直6ターボなど過激なエンジンラインナップもあったものの、2003年デビューの12代目 180系 でV6エンジンに移行してからはラグジュアリーサルーンの「ロイヤル」との区別点が減ります。 しかし2005年のマイナーチェンジで315馬力の3. 5リッターV6エンジンがアスリートにのみ追加されて、パワフルなスポーツセダンが復活。 そして2008年、その強力なエンジンを搭載した3. 5アスリートをトップモデルとしてデビューしたのが、13代目200系クラウンアスリートです。 wikipedia. 引き続き、角の取れた柔らかく、それでいて若々しくスポーティな印象を与えるデザインが採用されています。 これは2005年から日本でもレクサス店の展開が始まり、2006年にはそれまで日本ではトヨタブランドのフラッグシップサルーンとして販売されていたセルシオが、モデルチェンジを機に「レクサス LS」として再出発したことも影響しているでしょう。 レクサス以上の高級感は不要になったトヨタブランドでセルシオに変わるフラッグシップはマジェスタ。 それに次ぐクラウンは、かつてのように「いつかはクラウン」と呼ばれる存在では無くなり、単なる大型FRラグジュアリーセダンの「ロイヤルサルーン」と、同じく大型FRスポーツセダンの「アスリート」であれば良くなったのです。 そして先代に引き続き、アスリートは3. 5リッターと2. 5リッター、2種類のV6DOHCエンジンがラインナップされました。 toyota. ステアリングカメラに装備したカメラでドライバーの顔を監視し、よそ見をしていたり、目を閉じている状態が長く続くなど「通常の運転をしていない」と判断し、衝突警報を通常より早く鳴らします。 それでもドライバーの状況が変わらない場合は「警報ブレーキ」を作動させて危険を知らせ、ドライバーに通常の運転に戻して衝突を回避するよう促すわけです。 それ以降は通常のミリ波レーダー式衝突被害軽減ブレーキや、衝突に備えてシートベルトを締めこむプリクラッシュシートベルトが作動します。 toyota. ABS、ブレーキアシスト 急ブレーキ時ブレーキ踏力サポート 、TRC トラクションコントロール 、VSC 横滑り防止装置 、この3つの運転支援システムの上位で統合するのがVDIM。 それぞれの装置がバラバラにではなく、VDIMの指令で一括して制御されることにより、各装置が協力し合って車両が不安定になる場合はそれを予見し、早めに介入して制御を開始します。 これにより、ドライバーは自分のドライビングスキルを超えた運転で不意の挙動変化から起こる事故を抑止し、安定してスムーズな走りを車側から助けるのです。 これらの安全運転支援装置によって、広告コピーの「あ、うんのテクノロジー」通りに、ドライバーと車が呼吸を合わせるようにして走る、それが200系クラウンアスリートからの特徴です。 wikipedia. ただし、フロントグリル以外に大きな変更点は少なく感じます。 ・200系のフロントグリルは左右ヘッドライト間に留まるが、210系はバンパー下部にまで広がる巨大なフロントグリルとなっている。 ・200系より210系の方がやや細く切れ長のヘッドライト。 ・200系より210系の方がヘッドライトとフォグランプの上下感覚が開き、バンパーが太くなったように見える。 中古車相場は259. 9万~588万円と、初期モデルは手頃になってきています。 wikipedia. ・フロントグリルのクラウン 王冠 エンブレムは、180系はエンブレム単体が、200系ではエンブレムを貼った四角い枠が貼ってある。 ・ヘッドライトは180系に対し、200系の方がつり上がっている。 ・フロントバンパー左右下部開口部の形状が異なり、フォグランプが180系では四角、200系は丸型。 ・180系は左右フロントフェンダーにウィンカーがあり、200系ではドラミラーウィンカーになっている。 ・180系はドアの付け根にドアミラーがあり、200系は付け根からやや後ろのドア肩口につけられている。 ・180系は左右フロントフェンダーから後部ドアにかけてウエストラインがあるが、200系には無い。 中古車相場は13. 8~270万円と、高年式車は未だに高値推移です。 まとめ.

次の

200系クラウンの前期・後期の違いをグレードごとに紹介!

クラウン アスリート 200 系 後期

2016年8月にマイナーチェンジを行った210系現行クラウン。 210系クラウン前期型については発売時には多くの情報が出ていましたが、最近ではモデルチェンジの情報が今一つ集まりません・・・。 210系クラウン後期型の情報があまりないのでまとめてみます。 REBORNした210系クラウン前期型 V4 2. 5Lダウンサイジングエンジン 一番の話題となったのは、直4 2. 5Lへのダウンサイジングではなかったでしょうか。 大排気量で加速が素晴らしい車が「高級」という、今までの方向性とは反対のものでした。 海外メーカーではすでにダウンサイジングの流れはあったので、「ダウンサイジングされるクルマ多いよ」と聞いても、そこまでのインパクトはありませんでしたが、日本固有のクラウンにまで影響が及んだのは大きいものがありました。 削られた高級車ならではの装備の数々 エンジンのダウンサイジングとともに話題になったのが、200系クラウンまでは標準であった様々な高級車ならではの装備が、210系クラウンでなくなったことでした。 最上級モデル「210系クラウンV6 3. 5LアスリートG」にはいくつか残りましたが、それ以外にはオプションですらつかないものがありました。 注目すべきはエントリーグレードは、ナビなし、オーディオなし、マニュアルシートという、「え?最近の軽より装備悪いよね」というものでした。 高級路線から大きく引いた印象が強かったです。 REBORN 「いつかはクラウン」という有名無実とかした伝統を、良い意味でも悪い意味でも枠を壊しました。 デザインも刷新して斬新なスピンドルグリルが採用されました。 賛否両論ありますが、迫力があり、私はとてもカッコいいと思います。 最新の210系クラウン後期型ももう一つ? 200系クラウンハイブリッド(GWS204)と210系クラウン後期型を比較して、アリかナシか検討してみましょう。 200系クラウンハイブリッドは、200系クラウンの中でアスリート、ロイヤルの上に位置づけられていました。 そのため、比較対象としては210系クラウンアスリートハイブリッド最上グレートのGと比較します。 6kg・m 275N・m 28. 0kg・m ガソリン レギュラー ハイオク 燃費 23. 8km 210系後期クラウンの良い点• プリクラッシュセーフシステムなど各種安全装備が標準でついているので、車の保険料が安くなるし、何よりも安全である。 好き嫌いの好みがあるが、エクステリアは意外と好みである。 パノラミックビューモニターで車を俯瞰しているようにカメラで確認できるのがいい。 巻き込みで人を引いてしまう危険が少ない。 ブラインドスポットモニターで隣の車線に車がいるかわかる。 車線変更が安全にできる。 オートマッチクハイビームで常にハイビームを維持できるので、安全に夜間走行できる。 160Kgも軽くなっているので、燃費に一役買っているし、加速時の重さ改善にも大変効果的である。 210系後期クラウンの惜しい点• V4 2. 5Lのダウンサイジングエンジンなので、圧倒的な加速がなくなったことに物足りなさがかなり残る。 4600cc相当のGS460hや200系クラウンハイブリッドから乗り換えると加速不足感がある。 加速加速というと危険かと思われるかと思いますが、加速が良いことで逆に安全な場面があります。 VGRSが3. 5Lアスリートにしかついていない。 VDIMは全車標準という記載があるがまだ理解できていない。 VDIMだけでなく、もろもろ統合された上で恐ろしく安定した走行が可能になる代物だと考えるので、統合されたVGRSが標準でついてないのは、残念。 これのおかげで、路面が悪いところを多少ワイルドに走ってもすんなりプロドライバーのような腕前でクリアできてしまうのがすごい。 インテリジェンスAFSが抹殺されている。 暗い山道や街乗りでも細い道は暗いので曲道はヘッドライトがハンドルに連動するこれは大変重宝します。 これがないというのはつらいかも。 イージークローザーが3. 5以外はラゲージしかついてない。 これもすごく重要な装備で、「高級車だなー」と感じさせてくれるものです。 半ドアになったので閉めなおすというのは手間です。 リアセンターコンソールにコントロールスイッチがない。 これもあると結構便利で、後部座席からオーディオの操作やサンシェードを閉めることができるのですが、ないとそれなりに不便ですね。 ヘルプネットがない。 これはエアバックが開くような事故の時に自動で緊急通報してくれるものです。 万が一の時には緊急電話はできないことが多いです。 さらにボタン一つで緊急通報されるので、万が一の時に助かると思います。 レクサスには残っているので、これがなくなったということはもはや高級車として一歩引いてしまった感じです。 現状維持で残ってよかったと思う装備• NAVI・AI-AVSが生き残っている。 前期型で抹消されたと聞いていたのですが、最新のカタログには載っていました。 ナビと連動してその場所が走行するうえで安定しない場合は、ショックを軽減など自動で調整してくれる機能です。 これぞ高級車という機能です、日本の技術力の高さはすごいですね。 ヒルスタートアシストついてるようです。 しかも全グレード標準装備。 これはレクサスHSでもIパッケージ以上ぐらいでないとつかなかったはずなので、標準装備はありがたいですね。 坂道で止まって、ブレーキを放しても数秒停止します。 後ろに下がることを一切に気にしなくていいのでとても便利です。 バック連動ミラー。 これは地味に便利な機能で、ギアをバックにすると自動でミラーが下がります。 これで駐車場の左右の白線を認識できるのでバック駐車が一発で決まります。 パワーイージアクセスシステムも標準です。 これは乗り込んでシートベルトをはめると、セットしてあるハンドルが飛び出してきて、シート位置、ミラー位置をに自動でセットしてくれます。 降りるときはシートベルトを外すと、シートが自動で後ろに下がり降りやすくなります。 おもてなし満載ですね。 自動明眸。 地味に便利、まぶしくない。 サンシェード、なんと標準らしいです。 夏の暑いときに便利です。 窓と一体なのでデザインがダサくありません。 必要な時にシャッと出せるのでスマート。 210系後期クラウンハイブリッドは買いか 210系後期クラウンですが、安全性など結構高まって、装備もそれほど悪くはない印象です。 結構善戦しているような印象を受けます。 ただ、ダウンサイジングしたエンジンは、クラウンに走りを期待している私としては、ちょっと残念かなと思いました。 ただ、街乗りの燃費は大幅に向上しています。 街乗りしかしないアバンギャルドな人には、エコ車としてお勧めできそうです。 あと、価格を落として、装備が削られているのが残念な感じです。 廉価版のクラウン(2. 5ロイヤル、税込み3,812,400円)により、カムリやマークXからの流入も期待しているのかもしれませんが、既存のオーナーには不満な点が多いのではないでしょうか。 そうなると、中途半端に210系クラウンを買うよりは、クラウンマジェスタあたりが候補になってくるかと思います。 ただ、クラウンマジェスタも他のクラウンと見た目がほぼ一緒になったのが気になります。 今までのマジェスタは、アスリート・ロイヤルとは、デザインとエンジンで一線を画していましたが、210系からは一線が薄くなりました。 おそらく、少し見栄っ張りなところがあるクラウンオーナーの方々にとっては、同じ見た目というのは耐えがたい可能性があります。 そうなると、クラウンブランドから逃げていく人が出てくるかもしれません。

次の

高級感と楽しさを持ったトヨタの名車、クラウンアスリート(200系)は今が買い時!?

クラウン アスリート 200 系 後期

Sponsored Link クラウンアスリート200系の燃費は良い?悪い? 燃費はメーカーが発表している数値よりも必ずといっていいほど悪くなります。 それは、日頃車を運転するときには、いろんな条件が重なるからです。 渋滞にはまった状態で、エアコンをかけながら音楽を聴いたり、高速で巡航で走ったり合流や追い越しで急加速するときだってあります。 5人ギュウギュウに乗った状態で、たくさんの荷物を積んで遊びにいくことだってあります。 なので、実際の燃費とデータ取りの数値は変わってくるのです。 僕らが知りたいのは実際の燃費ですよね? 200クラウンの燃費はどのくらいか調べてみました。 200系にはクラウン初となるハイブリッドモデルがあります。 ガソリン車よりもちろん燃費がいいのは当たり前ですが、実際のところはどうでしょうか? 以上のデータで燃費を計測した結果ところ、以下のデータになりました。 予想通り、高速道路は一番燃費が良かったですが、渋滞にはまりながら発進と停止を繰り返す市街地走行で15. 1㎞/Lという数値はなかなか良い方ではないかと思います。 さすがハイブリッドですね! ではガソリン車の実際の燃費はどのくらいでしょうか? 「みんカラ」や「e燃費」の実際の200クラウンアスリートオーナーさん達のデータです。 0Lや2. 2Lクラスでは、実際の燃費は 10km前後という口コミが多かったです。 5L(ガソリン車)は排気量が大きい分、燃費も悪いようです。 街乗りで6. 5~7km、良くて8. 5㎞、高速道路で10㎞前後というデータになっています。 サーキットを走った方は4㎞を切ったそうですが、普通の走り方ならそこまで悪くはならないでしょう。 「スポーツカー並みの加速が欲しい!」「高速道路で怒涛の追い越しをかけたい!」なら3. 5Lですが、そこまで加速はいらないから燃費重視で、という方なら2. 0Lや2. 5Lで十分ではないかと思います。 昔の車のように排気量の数字のエンブレムもありませんから、見栄をはる必要もありません 笑 3. 5Lと同じエンジンブロックなので、隔壁が分厚い分エンジンノイズも静かになります。 車重は1600kgですが、ハイブリッドは少し重たくなります。 ガソリンは財布にやさしい「レギュラー」でタンク容量は71リットルと大きめの容量です。 ハイブリッドは燃費がいいため、それより少ない容量です。 また、 世界で初装備となる「衝突被害軽減ブレーキ」はクラウンが運転手を監視します。 ドライバーがよそ見をしたり、目を閉じたままになると、アラートで注意を促したり、危険なときは警報ブレーキが作動してドライバーに危険を知らせます。 200クラウンアスリートの前期、後期の価格や馬力のスペックは以下になります。 とは言いつつ、まだ古臭さを感じるほどのデザインではありません。 足回りはAVSの電子制御のため、気持ち硬めのかなという感じです。 静粛性は高いほうですが、いざアクセルを踏んで加速するときの「聴かせる」エンジン音は心地よいサウンドです。 回転数を上げたときの「クォーン」という音もクラウンらしい音で運転していて気持ちいいです。 安全装置はエアバッグ、VSC、ABSとごくごく普通の装備ですが、後部座席のサイドエアバッグも標準で装備されているのが素晴らしい点です。 中古価格で200万円前後なら、とてもおすすめできる車です。 新車価格は400万以上するのでお買い得と思います。

次の