シュガー リング vio。 クーポン・メニュー|ラ ミーナ(LaMina)|ホットペッパービューティー

シュガーリング脱毛とは?ワックスからの乗り換え続出⁉低ダメージのオーガニック脱毛 │ ゆるダツ

シュガー リング vio

シュガーリング脱毛? 砂糖、水、レモン汁を煮詰めたシュガーペーストで脱毛することを「シュガーリング」と言います。 実はこのシュガーリングはクレオパトラの時代から行われていたという伝統的な脱毛法です。 当サロンで採用しているパンディーズペーストは、自然由来の成分を使用しています。 また、レモン汁や 酸性成分は不使用の為、従来のシュガーペストよりも肌に優しく 安心して脱毛できます。 シュガーリングのメリット• 即効性!その日にキレイになります• 体温と同じ温度なので 熱くない!• ペーストを剥がされる 痛みが少ない!• 短い毛まで捉えて仕上がりが長持ち!• すべての毛質・スキンカラーに対応!• 下記よりダウンロードして印刷・ご記入をお願いします。 毛の長さが満たない箇所は、十分な脱毛効果が得られない場合がございます。 体調がすぐれない方、不安な方は事前にご相談ください。 ですが、低温で肌への粘着性が弱いため、毛と古い角質に吸着しますので、高温で粘着性の強いワックス脱毛より痛みは少ないです。 Q どのくらいのペースで施術を行えばよいですか? A 1か月に1度のペースの施術がおすすめです。 成長期の毛を繰り返し脱毛していくことによって、毛はだんだん細くなり、生えにくくなります。 Q 肌が弱いのですが、施術は受けられますか? A パンディーズペーストは人の体内にも存在するグルコースと水でできています。 保存料不使用で、粘着性が強くないので、幅広い方へ施術が可能です。 Q 日焼けをしていますが、施術できますか? A 強い日焼けをされた後の施術はできません。 現在世界40か国で販売されています。 パンディーズはシュガーリングのペーストを、現代のニーズに合わせた「パンディーズペースト」として開発しました。 「パンディーズペースト」はフランス、パリで2006年度「ピエラントーニ賞」を受賞して以来、数多くの国際的な賞を受賞し、シュガーリングブランドのパイオニアとして成功を収めています。 ドクタープラスワンサポートで安心できるサロン 当サロンでは、施術前のカウンセリングをお客様の体調やご要望と共に長年の経験を踏まえて、 安全・安心の施術を心がけております。 また、万が一に備え、様々な状況に対応できる経験豊富な専門医と提携しております。 万が一の時に安心 万が一施術トラブルがあった時には、適切なクリニックのご紹介など、お客様が安心・安全に施術をうけて頂ける環境を整えています。 Mneigeのシュガーリング脱毛.

次の

一般社団法人日本シュガーリング協会 シュガーリング 講習会 スクール [公式]

シュガー リング vio

熱くない 「熱による角質細胞へのダメージがない」 常温または人肌の温度以下のシュガーペーストです。 ワクシングで「熱い!!」と感じたことがある方、初めてで熱いのが怖いと思う方もご安心ください• 水溶性 「皮膚炎症のリスクが低い」 粘着性が高いワックスは、短いヘアもよく抜けますが、皮膚までくっついて剥がれてしまうリスクがありまます。 シュガーリングは粘着性が弱いのでお肌にくっつく力が弱いので、剥がした後はサラサラです。 毛穴の溝を捉えることで、粘着性が低くても短いヘアまで綺麗に仕上げることができます。 衣類に付着しても水で落ちる• ヘアが切れにくいので、仕上がりが長持ちする 「短いヘアも綺麗に仕上がる」 お肌の温度でペーストが毛穴の入口に溶け込み毛球からしっかり抜くことができます。 毛球が毛穴に残ったまま、皮膚表面から切れてしまうことが起こりずらいのはそのためです。 脱毛後の吹き出物が出にくい 特に背中のワックス脱毛後は吹き出物が出来やすくなります、 ワックス脱毛後は毛穴が開いた状態に残った油性成分膜をオイルクレンジングでアフター仕上げをしますが、シュガーリングでは水溶性ですのでオイルクレンジングは必要がないため、吹き出物が出来にくくなる。 角質層への負担が少ない 「柔らかい皮膚を保ったまま!」 粘着性が弱いため、大切な角質層を剥がし過ぎることがないイングロウンヘア 埋没毛 になりにくい。 赤みが出にくい! 「すべての毛質・スキンカラーに対応」 シュガーリングは、皮膚の色が変わったり、赤みが出てしまうことも少ないです。 どんな毛質でも、キレイな仕上がりと健康的なスキンコンディションのキープをする安全な脱毛です。 化学物質の経皮吸収ゼロ 「100%ナチュラル素材」 シュガー・水・レモンでできたたシュガーペーストしか使用しません。 防腐剤などの添加物は一切含まれない、100%ナチュラルの脱毛材です。 短期間に繰り返し行うことが出来る 「ヘアが薄くなるのが早い!」 角質細胞ダメージが少ないため、シュガーリングでは14日を空ければ安全に施術をすることができます。 脱毛完了までに余計な時間が掛かってしまいオススメできません 下記に該当する方は施術が出来ません• アメリカでポピュラーなLetin-A成分を含むニキビ薬や化粧品を使用中の方• 皮膚病やサービス希望箇所に疾患がある方• 脱毛予定箇所に日焼けの手入れをしている方• 特別な化学治療を行ってる• 3週間以内に光脱毛・レーザー脱毛・カミソリで自己処理をした マタニティーシュガーリング予約のご注意• ご妊娠されている方は事前に週数(またはご予定日)をお知らせください。 安定期に入っていて体調が良い方で様子を見ながら進めますが20分ほど仰向けになっても支障がない場合に限り受付をしております。 少しでも不安がある場合は、必ず担当医師にご相談の上お越しください。 つわりが酷い、お腹の張りが強い、不正出血がある等、何かご体調に支障がある場合は施術をお断りしております。 背中・うなじ・顔のシュガーリング脱毛の方へ.

次の

シュガーリング脱毛専門店MARTINI(マティーニ)恵比寿・新宿

シュガー リング vio

シュガーリングとは、砂糖と水とレモンを混ぜて溶かして冷まして作ったシュガーペーストを、毛に絡めて毛根から抜く脱毛法です。 「シュガーワックス」とか「ハニーワックス」なんて名前でも商品がありますが、ので、正しくはシュガーワックスとは呼ばないのですが、砂糖と水とレモン汁のみが成分だったら、それらとシュガーペーストは一緒です。 シュガーで脱毛すること自体を「シュガーリング」と呼びますので、「シュガーリング脱毛」とは言いません。 シュガーペーストは常温で使用、または温めても40度以上にする必要がないので、肌に触れても全く熱くありません(ぬるいと感じる程度です)。 シュガーリングはシンプルでナチュラルな脱毛剤なので、お肌に優しいと聞くと 痛くないと勘違いされるかもしれませんが、 痛くないわけではありません。 毛抜きで毛を抜いたら痛いのと同じで、毛を抜く痛みは絶対に避けられません。 シュガーリングのいい所は、 毛を抜く以外の余計な痛みや肌の損傷を起こさないことです。 毛だけでなく皮膚まで引っ張って必要以上に角質を取ったり、脱毛剤の熱さによる肌の赤みを引き起こさず、また熱さで弱った肌細胞を破壊したりしません。 ただ、シュガーリングだっていいところばっかりじゃありません。 ブラジリアンワックスはワックスの種類がたくさんありますが、シュガーリングの原材料は、配合は違えど基本的には同じなので、技術者の経験や技術力、知識が要となります。 肌に優しいシュガーリングとはいえ、使い方を誤れば内出血などの恐れもあります。 また、サロンも少ない(2017年現在)ため、日本ではまだまだ選択肢が少ない、というのもシュガーリングのデメリットといえるでしょう。 当サロンで一番される質問、 「ワックスとシュガーリング、どっちがいいですか?」 という質問に、私はこう答えます。 断然シュガーリングがおすすめです と。 ブラジリアンワックスで皮が剥けてしまった、ワックスの熱さが耐えられなかった、松やに(レジン)アレルギーやティーツリー、その他ワックスに使用される成分が合わなかった、など、ブラジリアンワックスをしたのに何かが理由で満足できなかった、という方は、ぜひシュガーリングを試してみてください。 特に、うなじや背中などの赤みやニキビが気になる箇所に、シュガーリングはお勧めです(全くニキビが出来ないわけではありません)。 横浜エリアでシュガーリングをお探しの方は、シンプレスをご利用ください。 この記事を書いた人:Kumiko Nagatsuma こんにちは。 グアパワックスのくみこです。 最近はめっきりシュガーリングでのVIO脱毛が増えていて、ブラジリアンワックスを選ぶ方が減っていますが、「シュガーリングとブラジリアンワックスの違い」を明確に理解してシュガーリングを選ぶというより、 シュガーリングのほうが肌に優しい気がするから、とか、 なんとなくシュガーリングのほうが良さそうだから、という理由で選ばれている方が多いです。 サロンでも、 「ブラジリアンワックスとシュガーリングってどう違うんですか?」 と質問されることがとても多いです。 そもそも肌にはターンオーバーというものがあって、角質は放っておいてもいずれ古いものから剥がれていって……といった、肌の基本的な知識があればシュガーリングの良さをかなり明確に説明できるのですが、普段興味がなければ角質のこととかターンオーバーのこととか、知らないですよね。 なので、サロンではすっごくざっくりと シュガーリングのほうがブラジリアンワックスより肌に優しくて、成分がナチュラルなのでアレルギーの心配がないし、何よりシュガーリングはブラジリアンワックスより熱くありません。 とお伝えしています。 お肌に対しての基礎知識があったり、アトピーやじんましんなどが小さいころからあって、肌のことに詳しいお客様には、もう少し詳しく ブラジリアンワックスは温かいことで皮脂を浮かせて、より多くの角質を取ってしまうので定期的な脱毛としては強すぎるのですが、シュガーリングはいずれ剥がれ落ちる角質しか取らないので、短い周期での脱毛に適しています。 といったようなことを説明しています。 シュガーリングとブラジリアンワックスの大きな違いは「 角質を取り過ぎないこと」なのです。 ブラジリアンワックスがまだ日本で広まり始めたばかりのころは、 ブラジリアンワックスで角質を取ってお肌ツルツル といったキャッチフレーズが主流でした。 実際、カミソリや除毛クリームばかり使っていた腕や脚をワックスで脱毛すると、毛と一緒に角質まで取れてツルツルで感動したものです。 しかし、頻繁にワックス脱毛することで角質を取りすぎると、今度は必要な角質が除去されてしまい、埋もれ毛が多くなったり敏感肌や乾燥肌に傾いたりと弊害が出てきました。 ワックス脱毛は「 たまにする脱毛」や、「 生まれて初めての脱毛」には向いていましたが、「 定期的な脱毛」には向いていなかったのです。 それを踏まえたうえで、私はサロンにいらっしゃるお客様にこう説明しています。 今回が初めての脱毛だったり、前回のワックスから半年以上経っているならブラジリアンワックスでもいいと思いますが、ワックスが気に入っていて、伸びたらまめに処理したいならシュガーリングがいいですよ。 シュガーリングは痛くないとか、シュガーリングは短い毛も取れるとか言っているサロンや業者もありますが、シュガーリングだって痛いし、毛の量やその日の体調で痛みは違うので、痛くないという表現はちょっと違うのかな、と思うし、短い毛が取れるかどうかは前回がシュガーリングでの処理だったのかワックスかカミソリだったのかでも全然違うので、短い毛を取りたいならシュガーリング、という選択は正しいと思いません。 間違って覚えた知識を、さも当然かのようにお客様に発信するサロンや業者があると、お客様は混乱してしまい、いいシュガーリングがどのようなものか分からなくなってしまいます。 そういう情報って、結局アメリカのサロンとかメーカーとかが発信してる情報をそのまま鵜呑みにしているんですよね。 正しいとか間違ってるとか自分で調べずに、ここがこう言ってるから正しいに決まってる! と決め付けて。 ちゃんと理屈から考えれば、なぜシュガーリングが肌に優しいといわれているのか、短い毛も取れて痛みが少ないといわれているのか、自分の口で説明できるはずなのです。 (こういうこと言ってるから理屈っぽいって言われるんだな…反省 ) シュガーリングとブラジリアンワックス、どちらがいいか悩んだらサロンへご相談ください。 無理にシュガーリングを勧めたりブラジリアンワックスを勧めたりはしません。 お客様に向いた脱毛が何なのか、一緒に考えましょう 2019年3月 4日 17:20 こんにちは! くみこです。 シュガーリングの知名度が上がり、シュガーリングを提供するサロンが少しずつ増えてきています。 シュガーリングを求めるお客様の選択肢が増えるのはいいことですが、サロンが増えていくと問題も出てきます。 ブラジリアンワックスでもそうですが、シュガーリングは 人がやる技術ですので、ロボットがやるように誰がやっても同じように仕上がるわけではありません。 「シュガーリングはブラジリアンワックスより肌に優しい」といつも口すっぱく言っていますが、これは 正しくシュガーリングがなされた場合のみです。 たとえシュガーリングが「砂糖が主成分の優しい脱毛剤」としても、 使い方を誤れば肌を引っ張ってしまい肌に優しい脱毛なんかじゃなくなります。 間違ったやり方で起こりえるトラブルは以下のとおりです。 シュガーリングは日本ではなく海外で生まれた脱毛法なので、その国のやり方のままでやっても日本ではうまく出来ません。 シュガーペーストは施術する場所の温度や湿度はもちろん、技術者の手の温度やお客様の体温でも細かく変化するからです。 仮にカリフォルニアで作られたシュガーペーストがあったとして、冬は極寒・夏は高温多湿な日本で使うとなると同じ質感でないのは想像できますよね? さらに日本人の毛質も白人や黒人と異なるため、他の国でのシュガーリングは参考程度でしかない場合がほとんどです。 2017年から日本でシュガーリングを提供しはじめたグアパワックスでは、日本人に対して多くのシュガーリングを施術しています。 よくyoutubeなどで海外のサロンがシュガーリング動画をあげていますが、同じ手法でやっても日本人の硬くて太い、直毛のアンダーヘアをシュガーリングするのは容易ではないでしょう。 他店でのシュガーリングに疑問を感じた方は、一度グアパワックスにお越しください。 「他のお店でやったときよりいいです!」 と言って頂けることもあります。 今まではシュガーリングを提供しているサロンが少なかったので、シュガーリングはシュガーリングでしかありませんでしたが、サロンが増えると下手な技術者が増えるので、 本来の肌に優しいシュガーリングに巡り合えない場合も今後は増えてくるでしょう。 シュガーリングも、ブラジリアンワックスと同じくそういう時代に入ってきているのだなぁ、と痛感します。 グアパワックスはいち早くシュガーリングを取り入れ、た正しい知識と技術を持ったサロンです。 初めてのシュガーリングは、ぜひグアパワックスへお越しくださいませ 2019年2月 9日 16:57 こんにちは! くみこです。 アンダーヘアを処理する、というと若い人がやってると思われがちですが、10代から60代まで、幅広い年齢の方がアンダーヘアを処理しています。 私、「なんでアンダーヘアを処理しようと思ったんですか?」とかいちいちお客様に聞かないので、なぜお客様がアンダーヘアを処理しようと思ったのか、きっかけは知りません。 しかし、一度ブラジリアンワックスやシュガーリングやカミソリでアンダーヘアを処理してみて、自分自身が「いい!」という満足感を得たから続けている、という方が多いです。 「いい!」と思う理由はさまざまです。 水着や下着からはみ出さない 生理のとき快適だった 汗をかいて蒸れてもかゆくならなかった トイレに行ったあと綺麗に拭けた感じがよかった 彼氏に清潔でいいねと褒められた アンダーヘアに白髪が生え始めたので取りたかった 周りがやっていたので自分もやらないとと思って などなどなど・・・・・・・・・ 全てが全ての人に当てはまるとは思いませんが、 誰が上記の理由を述べてもおかしくありません。 主婦がなんでアンダーヘアの処理をするの? という質問をたまに受けますが、 むしろなんで主婦がアンダーヘアを処理しちゃいけないんでしょうか?? 上記のような質問をする人って、間違いなく アンダーヘアの処理=性的なもの と捉えてる方です。 「主婦なのにブラジリアンワックスしてるなんてお盛んだね〜!」とか言い出す人です。 (下品すぎ ) 男性女性関わらずですが、 子供とお風呂に入ったときに毛を引っ張られることが無くなった(そりゃそうですよね引っ張るものがない)というのはよく聞きます。 逆に、子供の目線って大人の股が近いので、毛が急に無くなったりすると「毛どうしたの?」とか聞かれるそうです。 学校で「ママ(パパ)、大人なのに毛がないんだよ!」とか無邪気に言われるというあるあるも ブラジリアンワックスやブラジリアンシュガーリングは、やった人にしか分からないメリットデメリットがあります。 どう思うかは人それぞれ。

次の