プライム ビデオ を テレビ で 見る に は。 amazonプライムビデオをテレビで見る7つの方法とメリット

Amazon プライムビデオの登録からテレビで視聴するまでをわかりやすく解説!

プライム ビデオ を テレビ で 見る に は

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法 Amazonプライムビデオをテレビで見る方法ですが、色々な方法があるので、1つずつ紹介していきます。 Amazonが販売しているデバイスで見る Amazonプライムビデオをテレビで見る方法で一番オススメなのが、 Amazonが販売しているデバイスでみることです。 デバイスはFire TV Stick、Fire TV Stick 4K、Fire TV Cubeの3つが販売されています。 端末名 価格 特徴 Fire TV Stick 4,980円 エントリーモデル Fire TV Stick 4K 6,980円 4K対応 Fire TV Cube 14,980円 4K対応、スマートスピーカー機能 Fire TV StickとFire TV Stick 4Kがスティック状になっており、 本体をテレビにあるHDMI端子に繋ぐことでAmazonプレイムビデオを楽しめます。 Fire TV Cubeはボックス型の端末で、音声認識で動画再生を行うことができ、スマートスピーカーのように使えます。 どの端末にもリモコンが付属しているので、リモコン操作で動画の再生等を行います。 Chromecastで見る ChromecastはGoogleが販売しているストリーミング機器です。 Fire Stickと同じようにテレビに繋いで動画再生ができます。 Chromecastは2種類の端末が販売されています。 端末名 価格 特徴 Chromecast 5,072円 エントリーモデル Chromecast Ultra 9,900円 4K対応 ChromecastとChromecast Ultraのどちらもテレビに直接つなぐタイプになります。 Chromecast Ultraは4K対応となっているため4Kの画質で動画を楽しみたい方はChromecast Ultraを購入する必要があります。 Apple TVで見る Apple TVはAppleが販売しているストリーミング機器です。 こちらもFire StickやChromecastと同じように使います。 端末はApple TVとApple TV 4Kの2種類が販売されています。 端末名 価格 特徴 Apple TV HD 15,800円 エントリーモデル Apple TV 4K 19,800円 32GB 、21,800円 64GB 4K対応 4K対応にするならApple TV 4Kを購入する必要があります。 また、Apple TV 4Kは本体容量が32GBと64GBの2種類を販売しているため、どちらか決めることができるのも嬉しいポイントですね。 スマートフォンやタブレット、パソコンをテレビと繋いで見る デバイスを購入しなくても、持っているスマートフォンやタブレット、パソコンをテレビに繋いでAmazonプライムビデオを見ることも可能です。 それぞれ必要なモノを紹介しますので、参考にしてみてください。 スマートフォン・タブレット ios端末 で見る場合 必要なモノ• スマートフォン・タブレット本体 ios端末• HDMIケーブル• Lightning Digital AVアダプタ i PhoneやiPadなどのios端末では、本体の他にHDMIケーブルとLightning Digital AVアダプタが必要になります。 HDMIケーブルのみで端末からテレビに直接繋ぐことはできないので、変換アダプタを用意してください。 スマートフォン・タブレット Android端末 で見る場合 必要なモノ• スマートフォン・タブレット Android端末• HDMIケーブル• microUSB HDMI 変換アダプタ microUSB端子の場合• USB-C HDMI 変換アダプタ USB-C端子の場合 Android搭載の端末の場合、持っている端末が USB-C端子、microUSB端子のどちらであるか確認する必要があります。 どちらの場合もアダプタが必要ですが、端子を間違えると使用できないので、注意してくださいね。 また、端末本体にそのままHDMIを差し込める場合には変換アダプタは必要ありません。 パソコン Windows で見る場合 必要なモノ• パソコン本体 Windows• HDMIケーブル• USB HDMI変換アダプタ HDMI端子がパソコンに無い場合 基本的にパソコンでAmazonプライムビデオを見る場合には、本体とHDMIケーブルのみで大丈夫です。 HDMI端子がパソコンにない場合のみ、USBの端子をHDMIに変換するアダプタが必要になります。 パソコン Mac で見る場合 必要なモノ• パソコン本体 Mac• HDMIケーブル• Thundervolt HDMI変換アダプタ Macのパソコンの場合、HDMI端子が本体に搭載されていません。 そのため、Thundervolt端子をHDMIに変換するアダプタが必要になります。 テレビにHDMI端子がない場合 必要なモノ• テレビ本体• HDMI コンポジット端子 RCA 変換アダプタ• Fire TVなどの機器 「Fire TVを購入したけどテレビの方にHDMI端子が無い!」なんて人もいるかもしれませんね。 最近ではHDMI端子が付いているテレビが多いですが、少し前のテレビだとHDMI端子が付いていない機種もあります。 その場合はHDMIとコンポジット端子 赤・黄・白の端子 を変換するアダプタを利用することでHDMIが必要な機器を利用できます。 しかし、今のテレビの性能が少し前のテレビと比較して、かなり上がっているため、買い換える方がいいかもしれませんね。 ゲーム機を利用して見る Amazonプライムビデオは各ゲーム機にもアプリを配信しており、ゲーム機本体のみで動画を見ることもできます。 2020年の現在で動画を見ることができるのは、以下の機種です。 メーカー名 機種名 マイクロソフト Xbox One ソニーインタラクティブエンタテインメント PlayStation3 ソニーインタラクティブエンタテインメント PlayStation4 任天堂が発売しているSwitchに関しては2020年の現在時点でAmazonプライムビデオのアプリは配信されていません。 今後アプリが配信されることを期待したいですね。 スマートテレビで見る 最近ではテレビ本体をインターネットに接続できるスマートテレビが発売されています。 スマートテレビは動画配信サービスを利用できるので、Amazonプライムビデオの動画も視聴することができます。 機種に関してはソニーやパナソニック、LGのメーカーが販売しているスマートテレビが対応しています。 図にしておくので確認してみてくださいね。 Blu-rayレコーダー・Blu-rayプレイヤーで見る お手持ちのBlu-rayレコーダーやBlu-rayプレイヤーがAmazonプライムビデオに対応している場合は、Blu-rayレコーダー・プレイヤーで動画を視聴することができます。 ただし、Blu-rayレコーダーに関しては対応している機種がパナソニックのみになるので、注意が必要です。 Blu-rayプレイヤーは以下のメーカーがAmazonプライムビデオ対応している機種を販売しています。 ソニー• サムスン• パナソニック Fire TVを使ってAmazonプライムビデオを見る方法を解説 Amazonプライムビデオをテレビで見る際に一番オススメのFire TVを使って動画を見る方法を説明します。 Fire TVをテレビのHDMI端子に接続して、画面を表示する。 好きな動画を探し、動画を再生する。 端末本体をテレビに繋いで、動画を選ぶだけなので、とても簡単ですね。 ゲーム機 PS4 を使ってAmazonプライムビデオを見る方法を解説 次にゲーム機 PS4 を使ってAmazonプライムビデオを見る方法を説明します。 ここではPS4で説明しますが、どのゲーム機でも同じような手順で動画を見ることができるので、参考にしてくださいね。 ゲーム機をテレビに繋いで、起動する。 「PlayStation Store」からアプリをインストールする。 アプリをインストール後、アプリを起動。 見たい動画を選び、再生する。 アプリをインストールできれば、動画を選ぶだけで動画を再生できます。 ゲーム機の場合、アプリをインストールする必要がありますが、Fire TVと同じく簡単に動画を視聴できますね。 テレビで見るメリット・デメリット Amazonプライムビデオをテレビで見る際のメリット・デメリットを考えてみます。 メリット まず、テレビで動画を見るメリットを挙げていきます。 大画面で動画を楽しむことができる 一番のメリットは大画面でAmazonプライムビデオを見ることができる点でしょう。 やはりアクション映画などは大画面で楽しみたいですよね。 テレビで見ることによって大画面で動画を楽しむことができます。 目が疲れにくい スマートフォンやタブレット、パソコンなどで動画を見ていると、目が疲れてくるといった人は多いのではないでしょうか。 小さい画面で長時間見続けることは目が疲れる要因になります。 特に映画などは長時間見続けることになるので、テレビで動画を見ると、目が疲れにくくなります。 デメリット 次に、テレビで見る場合のデメリットを挙げていきます。 テレビで動画を見るには機器が必要になる テレビでAmazonプライムビデオを見る場合、機器が必要になります。 持っていない場合は機器が必要になるので、その点に関してはデメリットと考えられます。 インターネット環境が必要 テレビで見る場合はストリーミング再生のみとなるので、インターネットの環境が必要になります。 また、電波が悪い時には動画が再生できなかったり、動画が途中で止まることなどもあるので、注意が必要です。 再生できない時の問題点・解決方法をまとめました Amazonプライムビデオをテレビで再生できない時の問題点と解決方法をまとめましたので、エラーが発生した際には確認してみてください。 再生できない時 まず、テレビで視聴する際にエラーが1番多い、再生できない時の解決方法を説明します。 デバイス機器を再起動する まず、 持っている機器を再起動してみることをオススメします。 再起動することで大抵のエラーが直るので再起動を最優先に試してほしいです。 再起動でも直らなかった場合は他の問題がエラーの要因になっている場合が多いので、説明書を確認するなど別の方法を考える必要があります。 インターネットに繋がれているか確認する テレビでAmazonプライムビデオを見るにはインターネットの環境が必要なので、インターネットに繋がれているか確認してください。 電波が悪い場合には別の方法でインターネットに繋ぐか、夜などインターネット回線が混雑する時間帯を避けることで動画を見ることができるパターンが多いです。 また、無線接続しているのであれば、有線接続に変えることでもインターネット回線が安定するので、オススメです。 Fire TV Stickの操作ができなくなる 画面が動かなくなる Fire TV Stickの場合、画面が固まってしまい操作ができなくなることがあります。 その時は、電源を切るか、再起動しましょう。 それぞれの方法を紹介します。 再起動する まず、エラーが出た際に試してほしいのが、再起動です。 Fire TV Stickでエラーが起こった場合は再起動することでほとんど解決できるので、再起動を最優先で試してください。 Fire TV Stickの再起動方法はリモコンの選択ボタンと再生ボタンを同時に5秒押すことで再起動できます。 これで再起動できない時は電源を切りましょう。 電源を切る Fire TV Stickを再起動できない時は、電源を切ることで解決できることが多いです。 Fire TV Stickには電源ボタンがないため、テレビからFire TV Stick本体を抜くか、コンセントを抜く方法になります。 端末・コンセントのどちらかを抜いた後は端末の熱を下げるため、少し時間を空けて起動しましょう。 テレビに何も表示されない 機器や端末をテレビに繋げてもテレビに何も表示されない時は、接続不良の場合が多いので、繋ぎなおすことで表示されることが多いです。 何度繰り返しても表示されない時は接続しているケーブルの断線や差込口などの本体故障が考えられるので、修理や点検をしてみて下さい。 まとめ テレビでAmazonプライムビデオを見る方法は複数あります。 一番オススメの方法としてはFire TVを使用することですが、視聴する方法は色々あるので、自分に合った方法を選んでみて下さい。

次の

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法!見れない場合も紹介【2020年版】

プライム ビデオ を テレビ で 見る に は

Amazonプライム・ビデオは「Amazonプライム会員」向けサービスのひとつで、月額換算400円以下で動画コンテンツを楽しむことができます。 また、Amazonプライム・ビデオを利用しなくても、Amazonの買い物での無料配送やタイムセールへの招待など、Amazonプライム会員の特典が多数使えます。 また、月額400円以下と聞くと、どんなものを観られるのかに不安を覚える方もいるかと思いますが、国内外の映画やドラマはもちろん、現在放送中のテレビアニメも観ることができます。 「仮面ライダーアマゾンズ」や松本人志さんプロデュースの新しいコメディドキュメント「ドキュメンタル」といったAmazonオリジナルコンテンツも提供されており、ほかの動画配信サービスに引けはとりません。 ここでは、低コストでAmazonプライム・ビデオを視聴できる環境を構築するベストな方法をご紹介します。 ですが、環境などによってはベストが変わる場合もあります。 コスト面だけでなく、接続方法やセットアップのしやすさ、視聴した感想なども併せて記載しますので、ご自身にとってベストな視聴環境選びの参考にしてください。 最近では、インターネットに接続して動画配信サービスが観られる、「スマートテレビ(Smart TV)」という高機能テレビもあります。 しかし、すべてのスマートテレビにAmazonプライム・ビデオが観られるアプリが入っているわけではありません。 PanasonicのEX850シリーズなど、対応しているスマートテレビの機種は限られています。 いずれにせよHDMI入力端子があれば、ここで紹介する方法でAmazonプライム・ビデオを視聴できますので、無理にテレビを新たに購入する必要はありません。 次に必要となるのはインターネット環境です。 Amazonプライム・ビデオは、接続しているインターネット回線のスピードで画質のクオリティが調整されますので、高画質で視聴するためには、できるだけ高速で安定した環境が必要となります。 まずは、「テレビに挿すだけ」でお手軽にAmazonプライム・ビデオの視聴環境が構築できる「Fire TV Stick」をご紹介します。 Fire TVシリーズは、Amazonが発売しているメディアストリーミング端末のことで、ダウンロードできるアプリを利用して、動画配信サービスを観たり、ゲームをプレイしたりできます。 導入金額は「Fire TV Stick」で5,000円程度です。 9,000円弱で、より高機能な「Fire TV」が買えます。 こちらのモデルは、4KやHDRという高画質に対応しており、Amazonプライム・ビデオで提供されている4K対応コンテンツを楽しみたいなら買う価値はあります。 しかし、テレビも4Kに対応している必要がありますし、低コストで視聴…という観点で選ぶならFire TV Stickで十分ではないでしょうか。 そこで、ここではFire TV StickでAmazonプライム・ビデオを観る方法をご紹介しましょう。 なお、本体を初めて使う場合は、以下の手順が必要です。 本体をテレビのHDMI入力端子に挿し込みます。 挿しにくいところにHDMI入力端子がある場合や、リモコンの電波が届かない場合は、付属の延長ケーブルを使って接続します。 Fire TV StickについているMicro USB端子に付属のケーブルを介して電源アダプタに接続し、本体を起動します。 Amazonアカウントの入力やネットワークなど、Fire TV Stickの初期設定を行います。 ですが、Fire TV StickをAmazonから購入した場合、購入者のAmazonアカウントがすでに登録されている場合もあります。 登録されていない場合は、Amazonアカウントを登録しましょう。 無線LAN環境でFire TV Stickを使い、実際に視聴してみると、今回視聴したコンテンツに限っていえば、コマ落ちなどのトラブルはありませんでした。 これは、Fire TV StickのASAP(Advanced Streaming and Prediction)という、事前に再生の準備をする機能が働いていることで再生がスムーズなのです。 操作感としては、専用リモコンがあるのでとても扱いやすいです。 また、Fire TV Stickだけで視聴環境が整いますので、導入コストが低いのもうれしいところです。 なお、ほかの一般的な動画配信サービスにも対応していますが、YouTube視聴用のアプリは提供されていません(2018年3月時点)。 ですが、Fire TVシリーズのブラウザ経由で見ることができますので安心してください。 ですが、そもそも「テレビでAmazonプライム・ビデオを観る」ということであれば、登録の手間が少ないことやHDRで視聴できることなどもあり、Fire TV Stickは有力候補のひとつとなるでしょう。 次に、Googleが提供する「Chromecast」を使用してみます。 こちらも、Fire TV Stickと同様、テレビに挿すだけのメディアストリーミング端末のひとつです。 しかし、Fire TV Stickと違って、本体内にアプリケーションがあるのではなく、パソコンやスマートフォンの中にあるコンテンツをテレビに映し出すガジェットです。 導入コストは5,000円前後で、Fire TV Stickと同様に低コストですが、Chromecastはスマートフォンやパソコンがなければ使えません。 ただし、Amazonプライム・ビデオを観るスマートフォン用のアプリケーションがChromecastに対応していないため、Amazonプライム・ビデオを観る際にはパソコンを使う必要があります。 そこで今回は、Chromecastとパソコンを使って視聴する方法をご紹介します。 なお、Amazonプライム・ビデオを視聴するために推奨されているパソコンの処理能力やOSなどは以下のとおりです。 Amazonプライム・ビデオをChromecastでテレビに表示させる場合、ブラウザはGoogle Chromeしか使えません。 Chromecastを取り出したら、まずはセットアップです。 セットアップには、Chromecast本体のほかに、パソコンやスマートフォンなどが必要です。 Chromecastのセットアップは、Fire TVのように挿したら終わりではなく、登録作業もいりますし、視聴の度にパソコンやスマートフォンとChromecastをコネクトする必要もありますので、少し手間がかかります。 簡単に紹介すると、まずChromecastをテレビに接続した後、「セットアップが必要です」という画面が出て、パソコンやスマートフォンを使いながらセットアップしていきます。 パソコンの場合は、Googleの「」ページから登録を行います。 「Chromecast をセットアップ」をクリックすればデバイスを検索してくれますので、後は画面の指示にしたがって、セットアップを完了させてください。 スマートフォンの場合の登録方法は「」に詳細を掲載してありますので参考にしてください。 続いては、スマートフォンを使ってテレビでAmazonプライム・ビデオを視聴する方法です。 やり方はいたって簡単。 お手持ちのスマートフォンの端子をHDMI端子に変換するコネクタやケーブルを使ってテレビとつなぐだけです。 非常に簡単ですし、購入するのは変換コネクタとHDMIケーブルだけで済みます(機種によっては本体とケーブルだけで済む場合もあります)。 しかし、変換コネクタによっては動画配信サービスの映像出力に対応していない場合もあり、注意が必要です。 iPhoneなどであれば純正品で5,000円弱しますので、ほかの方法とコストに大差ありません。 スマートフォンを使ってAmazonプライム・ビデオを視聴するには、まずAmazonプライム・ビデオの公式アプリケーションをダウンロードします。 ダウンロードが終わったら、アプリケーションを起動します。 そしてEメールアドレスやパスワードを入力して「サインイン」します。 サインインに成功すれば、後はAmazonプライム・ビデオを視聴するだけです。 この状態で、スマートフォンでAmazonプライム・ビデオを観ることはできますが、テレビで観るには、スマートフォンにHDMIケーブルを接続できるコネクタ等を使って、テレビとつなげます。 これで準備はOKです。 今回はiPhoneを使って視聴してみましたが、特に再生関連のトラブルはなく、画質にも問題はありませんでした。 ケーブルを挿すだけで観られるのはとてもシンプルですし、テレビに再生画面を映しているあいだは、iPhoneをコントローラーとして使えるのも便利です。 Androidの再生画質に関しては、HDRの再生ができる機種もあれば、SD画質しか再生できない機種もあります。 そのため、お手持ちのAndroidスマートフォンの機種によっては、画質に不満を持つ方がいるかもしれません。 なお、Amazonプライム・ビデオにはスマートフォンだけの特別な機能があります。 それは、映像コンテンツのダウンロード機能です。 すべてのコンテンツが対応しているわけではありませんが、作品によっては自宅のインターネット環境でダウンロードしておき、後からネットワークのないところで再生することもできるのです。 方法は簡単。 観たい作品を選ぶと、「今すぐ観る」ボタンのほかに「ダウンロード」ボタンがあるものがあります。 このボタンをタップすればダウンロードが開始されます。 もし、このボタンがない場合は、ダウンロードできないコンテンツということになります。 最後はゲーム機です。 ゲーム機を使って、テレビでAmazonプライム・ビデオを視聴することが可能です。 が、どのゲーム機でも対応しているわけではありません。 2018年3月現在、Amazonプライム・ビデオを視聴できるゲーム機は、PS4(PS4 Proを含む)、PS3、Wii Uとなります。 このうち、PS4(PS4 Proを含む)とPS3は、SD画質とHD画質に対応しています。 Wii UはHD画質のみの対応となっています。 なお、Wii Uは「オートプレイ」という「次のエピソード(なければおすすめのコンテンツ)」の表示機能がありません。 それほど不自由するわけではありませんが、「次の話を観たい!」というときに、毎回リストから選択するのは少し面倒かもしれません。 なお、PS4での視聴方法は「」にて、詳しくご紹介していますので参考にしてください。 基本的には、それぞれのゲーム機で対応するアプリケーションをダウンロードして起動し、Amazonプライムのアカウントを入力すればOKです。 以上のように、環境をセットアップして視聴してみた結果から、テレビでAmazonプライム・ビデオを観るためのベストアイテムとしては、「Fire TV Stick」が最適だと考えます。 コスト的にはどれも拮抗していますが、なんといっても同じAmazon商品というところでセットアップがしやすい点や、再生画質がHDRまで対応している点も見逃せません。 しかし、これはあくまで「Amazonプライム・ビデオを観る」という点に特化した場合の結論です。 ほかの動画配信サービスなども視聴する場合や、お手持ちのデバイスなどの状況によって、ベストな選択は変わります。 Amazonプライム・ビデオを観ること以外に何がしたいのかを考え、よりベストな視聴アイテムを選択してください。

次の

Amazonプライムビデオをテレビで見る全方法をわかりやすく解説します【2020最新】|IZM(イズム)

プライム ビデオ を テレビ で 見る に は

スマートテレビとは? 「 スマートテレビ」とは、インターネットに接続できるテレビのことです。 インターネットとパソコンを繋げる感覚で、テレビとも回線を繋げることができます。 有線 LANケーブル でもできますが、無線LANを使えば無駄な配線を増やさずにインターネットに接続できます。 動画配信サービスでは、「Amazonプライムビデオ」「Netflix(ネットフリックス)」「Hulu(フールー)」「U-NEXT(ユーネクスト)」などが挙げられます。 動画配信サービスでは、アニメやドラマ、映画などコンテンツが楽しめます。 テレビのリモコンで操作できるのもお手軽ですし、スマートです。 (プライムビデオは「アプリ」のボタンから繋がります) 別途各VODサービスとの契約が必要です。 私はこの中でAmazonプライムビデオを利用しており、おすすめしたいです。 Amazonプライムビデオは「Amazonプライム」についてくる Amazonプライムビデオを利用するためには、「 Amazonプライム」の会員になる必要があります。 Amazonプライムの支払いコースは月間プランと年間プランの2つのコースが選べます。 月間プラン 年間プラン 契約期間 1か月単位 自動更新 1年単位 自動更新 会費 月額500円 年額4,900円 月額換算約408円 1年間契約した場合 計6,000円 計4,900円 1年間でみると、年間プランの方が1,100円もお得になります。 年間プランは1ヶ月換算すると約408円となります。 Amazonプライムの他の特典を利用できることも考慮すると、コストパフォーマンスは「最高」の一言。 有料会員になる前に、30日間の無料会員期間があります。 この期間ならほぼすべてのAmazonプライムの特典を満喫することができます。 もちろんプライムビデオも利用できます。 気になる方はまずは無料会員で試してみてはいかがでしょうか。 30日以内に解約をすれば、完全無料です。

次の