小豆 圧力鍋 フィスラー。 “フィスラー”の圧力鍋は主婦の味方。種類別の特徴とレシピも紹介!

ココが違う!170年の歴史をもつフィスラーの圧力鍋の選び方と正しい使い方|@DIME アットダイム

小豆 圧力鍋 フィスラー

作り方• 牛肉に塩コショウを振りかけてラップに包み常温に戻す。 玉ねぎ・セロリ・人参・にんにくは薄切りにする。 圧力鍋を中火にかけて水滴がコロコロと転がるようになったら火を止める。 濡れ布巾の上に10秒置いたらまた中火にかけてバターを入れる。 牛肉を入れて軽く焼き色がついたら取り出してアルミホイルに包む。 牛肉を取り出した圧力鍋に薄切りにした野菜を入れてしんなりするまで炒める。 Aを入れて3分ほど煮込む。 その間にアクがでたら取る。 ウスターソースと醤油を加えてアルミホイルから出した牛肉を入れて蓋を閉める。 圧力鍋を超高圧にセットして強火にかける。 圧力表示の縁が見えたら弱火にして、縁のラインを維持しながら3分加圧する。 火を止めてそのまま放置する。 圧力表示が下がったら牛肉をアルミホイルに包み、煮汁はこしてトロミがつくまで煮立たせて粒マスタードを入れると完成!.

次の

小豆を圧力鍋で煮る方法

小豆 圧力鍋 フィスラー

フィスラー Fissler とは 1845年、ドイツのイーダー・オーバーシュタインでカール・フィリップ・フィスラーによって創業され、元々は配管業者としてはじまりました。 移動式野営キッチンを1892年に開発しており、ここからフィスラー社は 調理器具の製造に移行していきます。 1953年、蒸気も音も出さず素材の風味を逃がさない スプリング式圧力鍋を開発し特許を取得、圧力鍋の代名詞的存在としての地位を確立していきます。 その直後にドイツ初の丈夫で手入れが簡単な焦げ付き奉防止処理フライパンを開発、1980年には本格的にステンレス調理器具を展開していきます。 現在ではプレミアムシリーズとビタクイックシリーズを中心に 定番且つ高級圧力鍋として非常に人気があり、圧力鍋では欠かせない存在として世界中から愛されている信頼あるブランドとして認知されています。 フィスラー Fissler の圧力鍋の特徴 フィスラーの圧力鍋の1番の特徴となっているのが、 加圧時の音が非常に静かなところです。 他の圧力鍋は加圧している状態だとお世辞にも静かとはいえない音が出ます。 圧力鍋を使用するとなるとある程度はしょうがない点ではありますが。 その点フィスラーの圧力鍋は音がとても静かです。 人によってごはんの時間が遅めの人だったり、赤ちゃんがいる家庭など 騒音を気にしないといけない環境にいる人にとってはこれ以上ないほどメリットがある圧力鍋になっています。 中には圧力鍋の音が怖い 爆発しそう と感じる人もいるようですが、音が静かな点で 安心して使用できるので初圧力鍋にフィスラーを選ぶことも多いです。 音以外にも、使い勝手・安全性・スペック・手入れ・デザイン性と すべてにおいてレベルが高い圧力鍋となっています。 圧力調整もできるので 素材によって圧力を切り替えることも可能です。 価格は決して安いとはいえませんが、丈夫で長く使っていける圧力鍋なのでコストパフォーマンスにも優れているのが特徴となっています。 もう1点フィスラーの圧力鍋の魅力となっているのが、 パーツを入手しやすいところです。 長く使っていくとなると部分的に傷んでしまいますが、パッキンをはじめとした消耗品が手に入りやすいのでわざわざ 圧力鍋自体を買い換えなくて済むわけです。 パッキンはもちろん取っ手やバルブなども購入しやすくなっているので、 長く大事に使っていきたい人には非常にメリットがある特徴となっています。 フィスラー Fissler の圧力鍋の評判 概ね悪い評判はありません。 音が静かなのはもちろん評価が高いポイントとなっており、使いやすく料理を美味しく作ることができる点で評価が非常に高いです。 素材の風味を活かした料理は出来栄えもよく、特に ごはんをフィスラーの圧力鍋で炊くと非常においしいようで「炊飯器はもういらない」という人も少なくありません。 価格は安いとは言えません。 しかし手入れがしやすく丈夫でパーツも購入しやすいという点から長く使っていきたい、或いは 一生モノの圧力鍋としてフィスラーを選ぶ人は非常に多いです。 フィスラー Fissler のおすすめ圧力鍋 シリーズがいくつか展開されており、 シリーズによって持っている機能が違います。 価格も違ってくるので選びやすいように 各シリーズの違いを含めて紹介していきますので参考にしてみてください。 プレミアム フィスラーの圧力鍋の花形といっても過言ではない人気となっているのが「 プレミアムシリーズ」です。 独特の形状をした取っ手は 非常に持ちやすく、濡れたりしている手で持っても滑りづらくなっています。 圧力鍋は普通の鍋よりも重いので、持ちやすさが意外と重要だったりします。 ポイントとなっているのがプレミアムならではの 3段階で加圧レベルを切り替えられるところです。 野菜や魚など煮崩れしやすい素材には低圧、肉などは高圧、さらに時間を短縮させたい場合の 超高圧を設定できるようになっています。 圧がかからないスチーム機能が追加されているので、フタを開閉しつつ 中の状態を確認しながら調理することも可能です。 加圧の状態をチェックしやすいように 圧力表示が3色に分けられているので、圧力のかかり始めや火を弱めるタイミングなど 調理の工程がわかりやすくなっているのもポイントです。 鍋底が凹凸になっているので素材が くっついたり焦げ付いたりするのを防止してくれるようになっているのも親切な設計です。 最高級ステンレスとアルミを使った3層構造のになっているので 熱伝導もよく耐熱性や保温性にも優れています。 鍋内側には目盛りがあるので水の分量などが簡単になっています。 ただ価格が決して安くはないので、高くでも 圧力鍋にこだわりがある人にぜひおすすめしたいアイテムとなっています。 超高圧の用途 プレミアムシリーズの 大きな特徴となっている超高圧機能ですが、何でもかんでも圧をかければいいというものではありません。 魚や野菜などは更に煮崩れがしやすくなってしまいます。 主な用途としては肉などを調理する際の 時間短縮です。 高圧よりも数分早く調理することが可能になります。 特に米を炊く際に非常にメリットがあり、普通の米なら1分ほど、炊くのに 時間がかかる玄米が10分程度で炊き上がります。 5L,3. 5L,4. 5L,6L,8L,10L コンフォート 圧力を2段階で切り替えることができる圧力鍋となっています。 魚や野菜など煮崩れしやすいものは低圧、肉やシチューなどは高圧で調理することができ、 圧がかからないスチーム機能によって中の状態を確認しながら調理をしたり蒸し料理を作ることも可能です。 圧力表示が3色で分けられているので、圧の状態によって調理のタイミングがわかりやすくなっているものポイントです。 鍋内側に目盛りの表示もあるので 水などの分量も簡単に量ることができるようになっています。 鍋底も凹凸仕様になっているので 素材がくっつきづらく熱伝導も良いです。 ドライバーを使うことなく取っ手やメインバルブを外すことができるのて 手入れも簡単。 プレミアムほど価格も高くないので、フィスラーの良さを実感しならがも なるべくリーズナブルに購入したい人はコンフォートがおすすめになります。 5L,4. 5L,6L,8L,10L ビタクイック 「フィスラーを使ってみたいけどちょっと高い・・・」そんな人にはビタクイックがおすすめです。 比較的リーズナブルに購入できる人気の圧力鍋になっています。 静かで素材の風味を逃がさないスプリング式圧力鍋になっていますし、 フタの開閉位置がわかりやすくなっているのも特徴となっています。 火力調整によって2段階で低圧・高圧で調理することができ、圧力の具合も わかりやすく表示されるようになっています。 丈夫な高品質ステンレスを使用しており、汚れが付きづらくフィスラーならではの高級感を長く保つことができます。 機能的にも価格的にも 初心者の人に非常におすすめの圧力鍋です。 5L,4.

次の

Amazon|【アウトレット】フィスラー 圧力鍋 プレミアム 2.5L|圧力鍋 オンライン通販

小豆 圧力鍋 フィスラー

おじいちゃんの大根を大量にもらうと、いつも大量に煮込んでるよね。 でも大根をしみしみにするのって、かなり時間がかかりますよね。 お肉をホロホロにしたり、お魚を骨まで柔らかくしたり、圧力鍋には、圧力鍋にしか作れない料理があります。 創業は1845年で、その頃の日本は幕末だそうです。 フィスラーは、高品質の調理器具を170年以上前から作り続け、現在では世界70カ国以上でご提供いたしております。 世界中の、お料理に情熱を持ち楽しむ方々から、高級調理器具のトップブランドとして認められております。 私も母からもらったとき、「使い方にはちゃんと守るんだよ」と釘を刺されました。 鍋の中を高圧にする圧力鍋は、きちんとした安心設計・品質保障をされているものを選ばなければなりません。 「安かろう、悪かろう」ですので、安価なものには安価な理由があるし、高価なものには高価な理由があります。 フィスラーは品質管理には高い自信を持っているメーカーです。 安心のドイツ製の老舗ですので、安心して使って頂けると思います。 フィスラー製品は高い機能、そして品質を確保するべく手間を惜しまず非常に複雑な製造工程により生産をいたしております。 そして、独自に設定された厳しい品質テストに合格した製品のみが出荷されることになります。 最高の技術と精密な製造工程に裏打ちされたドイツ基準、そしてフィスラー基準は、世界中で信頼をいただいております。 この基準を確保するため、フィスラー社ではDIN EN ISO 9001と共に、品質監督機関である「Dekra」に保証された品質管理システムを採用いたしております。

次の