ウシジマ くん みずき。 闇金ウシジマくん (テレビドラマ)

闇金ウシジマくん (テレビドラマ)

ウシジマ くん みずき

「柄崎、酒と盃を買ってこい。 なければ茶碗だ。 一番高ぇヤツな」 滑皮が柄崎に注文する。 しかし、最寄りのコンビニまで往復で30分。 劉という男との商談に時間が間に合わない。 「水じゃダメなんでしょうか」 柄崎が滑皮に聞くと、滑皮の子分が「バカか、水で盃なんかできるか」 しかし、滑皮は「いや、それでもいい」 滑皮曰く、水盃というのがあり、かつて侍が切腹する時に行なっていたい、と。 「オヤジ、その盃は弟になります、丑嶋馨に下げ渡す大変めでたい盃です」 丑嶋は滑皮に盃を交わした。 滑皮は丑嶋に 「俺はお前は買い被りすぎたのかもな。 服従するくらいなら死を選ぶと思っていた」 丑嶋は「痛ッ」と体を震わせていた。 「まぁいい、俺がお前を買い被りすぎたのかもな」と用意されていた水を飲む。 そして、俺の盃を取れと、そういうと、丑嶋は、 「いらねぇよ」 と態度が急変する。 その瞬間、滑皮の部下が突然倒れ出した。 「何をしたァ、丑嶋!!」 「何もしてねぇよ」 「その水、あんたが雇ったプロの連中が俺の部屋に仕込んだ水だ」と、丑嶋は答える。 「オェエェ・・・・・」 そして、柄崎がこう言う。 「滑皮さん、ヤクザと役者は一文字違いでしたっけ。 俺が社長を裏切るわけ無いでしょ」 その後、戌亥が「滑皮さん、救急車を呼びます。 しかし、あなたの犯行を盗撮した動画を警察に届けます」 「あなたは好きでしたが、態度は嫌いでした」と。 滑皮は拳銃で丑嶋を殺そうとするが、丑嶋は呟く。 「無理だ、滑皮」 「その拳銃は模擬弾だ」 ここで、491話は終了です。 では、感想・考察の方へ参ります。 Sponsored Link 『闇金ウシジマくん』の491話の感想・考察 やはり丑嶋には作戦があった!!! 予想通りといえば、予想通りの展開となりました。 柄崎も戌亥も丑嶋の作戦に乗った形でした(何かホッとした……) 次週、本当に最終回で終わってしまうのでしょうか。 フリーエージェントくん編、ホストくん編など、長編は神回ばかりの闇金ウシジマくん。 まだまだ長編シリーズを復活させてほしいのですが・・・寂しい限りです。 Next>>.

次の

闇金ウシジマくん (テレビドラマ)

ウシジマ くん みずき

平成を覆った闇、恐ろしいほどリアル 「闇金ウシジマくん」 真鍋昌平の『闇金ウシジマくん』が完結しました。 「週刊ビッグコミックスピリッツ」での2004年の連載開始から、足かけ16年で全46巻。 平成後半という時代を丸ごと捉えたドキュメントとして、比類ないリアリティと恐ろしさに満ちた記念碑的傑作です。 私は09年から手塚治虫文化賞の選考委員を務めていますが、当初から『闇金ウシジマくん』を有力視していました。 当時、選考委員をしていたなかで、呉智英さんだけが『ウシジマくん』を一緒に推してくれたのですが、ともかく内容が悲惨で暗い、救いがない、との意見が大半で、賛同を得られませんでした。 それでも私は、『ウシジマくん』は今の社会の諸相を細密で巨大な壁画のように描きだす現代日本のバルザックなのだと考え、呉さんとともにこの作品を推しました。 東日本大震災後は、大変な時には希望をもてるマンガに授賞すべきだというムードになりましたが、私は『ウシジマくん』の描く闇をこそ直視すべきだと思いました。 平成が終わって、これはどういう時代だったのか、という問いが各方面で投げかけられました。 この大きな問いに答えうる作品があるとすれば、マンガの世界では『ウシジマくん』ではないか、と私は思うのです。 パチンコにはまり闇金に手を出す人、正社員を社畜と考えフリーターがやめられない人、学校時代のヤンキーしか友人をもてない人、イベントサークルであぶく銭を追う人、ストレスだらけの会社生活に適応できないサラリーマン、おしゃれだけが生きがいで読者モデルをめざす若者、ネットビジネスで一攫(いっかく)千金を夢見る人……。 『ウシジマくん』は、そうした人々の運命を震えがくるほどのスリルで描きだしながら、彼らを生みだす時代の残酷な力、権力関係のメカニズム、そして金と金融社会の病理を抉(えぐ)りだします。 そこにこそ、『闇金ウシジマくん』の真の読みどころがあるのです。

次の

闇金ウシジマくん (テレビドラマ)

ウシジマ くん みずき

『闇金ウシジマくん』は、主人公の 丑嶋馨(うしじまかおる)が経営する闇金業者・カウカウファイナンスに訪れるワケありな人々とのやり取りや、社会の暗部を描いたストーリーがヒットし、ドラマと映画で実写化されたほどの人気漫画。 貸したお金を回収するまで顧客に迫る丑嶋及びカウカウファイナンスの面々と、借りたお金を返すことができない顧客の人間模様を主軸としながら、闇金業界でのし上がってきた丑嶋の過去のしがらみやアウトローたちとの攻防戦を描くのが基本のストーリーライン。 各章ごとの「~くん」という柔らかいタイトルとは裏腹に、社会問題をテーマにした非常にリアルで残酷な描写が多く、時に現代社会の教科書のような作品として紹介されることもあった。 c 2014 真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん2」製作委員会・MBS 2010年には俳優・ さんが主演の連続テレビドラマとしても放送され、異例の好視聴率を記録。 2012年には劇場版が公開され大ヒットした。 その後テレビドラマは続編2作、映画は続編3作が制作され、いずれもヒット。 さんが出演するスピンオフのショートドラマ版なども制作されている。 完結に合わせて期間限定で無料のKindle版が発売中 2004年に連載が始まり、15年続いた同作。 最終巻の発売に真鍋昌平さんはTwitterで、「読むと落ち込む。 読むと気が滅入るといわれ続け15年。 激辛の奥の旨味に気がついて欲しかった15年。 今まで読んでくれた方に感謝しかない15年。 本当にありがとうございました!」とコメントを寄せている。 15年間の長期連載を終えて とうとう闇金ウシジマくん46巻、 最終巻が5月30日に発売します。 読むと落ち込む。 読むと気が滅入るといわれ続け15年。 それでも激辛の奥の旨味に気がついて欲しかった15年。 今まで読んでくれた方に 感謝しかない15年。 本当にありがとうございました! — 真鍋昌平闇金ウシジマくん最終回 shoheimanabe 現在、6月12日(水)22時までの期間限定でKindle版の1巻が無料で配信されている()。 闇金に手を出すことの恐ろしさをこれでもかと描き、反面教師的な役割も担った本作。 未読の方は、この完結を機に読み始めてみるのはいかがだろうか。

次の