クレジットカード エポスカード。 エポスカードの審査に超ブラックで通るのか?債務整理から10年後はじめてのクレジットカード

エポスカードは海外旅行保険が充実!【年会費無料】のクレジットカード

クレジットカード エポスカード

エポスVISAプリペイドカードは、エポスカードからクレジットチャージして使うことが基本となり、 チャージできるのは、クレジットカードからの現金と、エポスカードに貯まっているエポスポイントの2種類になります。 エポスVISAプリペイドカードへのチャージ方法 エポスNetにログインし、エポスVISAプリペイドカードの「各種手続き・照会」メニューを選択します。 「エポスポイントを移行する」または「エポスカードから入金する」のどちらかを選択します。 移行ポイント数またはチャージ金額を入力し、内容を確認後エポスカード裏面のセキュリティーコードを入力して完了です。 オートチャージの場合は、エポスNetにログイン後、オートチャージの設定変更・解除を選択し、プリペイド残高設定額とオートチャージ設定額を入力し、エポスカード裏面のセキュリティーコードを入力すると完了します。 エポスVISAプリペイドカードの使い方 エポスVISAプリペイドカードは、 チャージ金額の範囲内で1回払いのみ使用できます。 分割払いやリボ払いは使えません。 VISAと券面にも記載されているため、支払い時はレジで「1回払いで」と伝えてください。 通常のクレジットカードのように決済できます。 エポスVISAプリペイドカードのチャージ金額の全てを使い切った場合は、 当然ながら残高不足となりプリペイドカードとしては使えなくなります。 再度チャージするか、あらかじめオートチャージの設定にしておき、残高が十分にある状態で使うことがおすすめです。 残高を確認する方法は2種類あり、エポスアプリとエポスNetから確認できます。 エポスアプリでは公式アプリにログイン後すぐのトップ画面に、エポスNetではログイン後のマイページTOPに表示されます。 エポスVISAプリペイドカードは、 利用額200円ごとに1円のキャッシュバックが付きます。 ちなみに10,000円使った場合は、50円のキャッシュバック額となります。 エポスVISAプリペイドカードで支払いできない内容 ポイントはエポスVISAプリペイドにチャージした方がお得 エポスVISAプリペイドカードにクレジットチャージした金額は、エポスポイントの付与対象外のため一見すると損をしている印象を受けます。 しかし、エポスポイントの使い方で、エポスカード利用金額の割引に使う場合と、エポスポイントがチャージできキャッシュバック対象になることを比較すると、 エポスVISAプリペイドカードにポイントチャージした方がお得をしていることがわかります。 通常のクレジットカードにつくポイントは、ポイントとして役目を終えるケースがほとんどですが、エポスポイントはポイントとしての役目のほかに、 キャッシュバックの対象にもなっているのです。 1ポイントからチャージできてポイント有効期限も心配無用 エポスポイントは1円からチャージすることができるので、少額なときも、ポイント有効期限前に残ってしまった半端なポイントを処理したいときも、 臨機応変に対応できる優れた使い方ができます。 デザインの種類が豊富 エポスVISAプリペイドカードのデザインは、非常に豊富なラインナップで、全部で94デザイン、そのうち18枚はキャラクターデザインとなっており、多くの注目を集めています。 銀魂・ゴジラ・新テニスの王子様といった人気キャラクターのカードもあり、一部のデザインは手元に届くまで1〜2ヵ月かかるほどの人気ぶりです。 また、これまでエポスVISAプリペイドカードをつかってきた方の中で、デザインに飽きた、ほかにもほしいデザインのカードが登場したなどの理由で、ほかデザインのカードを再発行したい場合も対応しています。 自分好みのデザインを探してみましょう。 初めて発行する方には限定特典も付帯 エポスVISAプリペイドカードの中には、 初めてのエポスVISAプリペイドカード発行の方限定の特典が付帯していることがあります。 限定されたデザインのみ対応ですが、エポスVISAプリペイドカードの申し込みで、500円分のエポスポイント加算の特典があります。 初めてエポスVISAプリペイドカードを作るだけで500円分得するため、これから希望発行の方はぜひ見逃さずにチェックしてください。 エポスVISAプリペイドカードの中には、 初めてのエポスVISAプリペイドカード発行の方限定の特典が付帯していることがあります。 限定されたデザインのみの対応ですが、エポスVISAプリペイドカードの申込みで、500円分のエポスポイント加算の特典があります。 初めてエポスVISAプリペイドカードを作るだけで500円分得するため、これから発行希望の方はぜひ見逃さずにチェックしてください。 また、これまでエポスVISAプリペイドカードを使ってきた方の中で、デザインに飽きた、他に欲しいデザインのカードが登場したなどの理由で、他のデザインのカードを再発行したい場合も対応しています。 手数料がかかることや、デザインによっては1か月程度の日数がかかることがありますが、エポスVISAプリペイドカードのデザインを心行くまで楽しめます。 エポスVISAプリペイドカードはエポスカードだけを持つよりも断然お得! エポスVISAプリペイドカードは、エポスカードからクレジットチャージできるほかに、エポスポイントも1ポイントからチャージできるため、 エポスカードだけを使うよりもエポスポイントを無駄なく使うことができるメリットがあります。 エポスVISAプリペイドカードなら、 例え1ポイントのエポスポイントでもチャージすれば、200円につき1円のキャッシュバック対象となり、ポイントを支払いの割引に使って終わるよりも、キャッシュバックが付く方が最後の最後までうまみを感じられるでしょう。 クレジットチャージ分はポイント付与対象外でも、エポスカードの使い過ぎを未然に防ぎ、豊富なデザインも楽しめるので、エポスVISAプリペイドカードはエポスカードだけを持つよりも断然お得に楽しめるといえます。

次の

エポスゴールドカードは年会費無料で持てるゴールドカード!?

クレジットカード エポスカード

この記事のもくじ• 総合的に比較すると楽天カードがおすすめ ズバリはじめに結論から言ってしまいますと 楽天カードかエポスカードを比較してどちらかに軍配を上げるとすれば 総合力で楽天カードです。 楽天カードとエポスカードの比較一覧表 楽天カードとエポスカードについて比べて一覧表にしてみました。 普段はクレジットカードをあまり使わない方でも、最近はインターネットショッピングの際にクレジットカードを持っていないと決済できないケースもあります。 そんなときに楽天カードは特におすすめです。 クレジットカード決済だけでなく電子マネーの楽天Edy、楽天ポイントカードとしても利用できますので 1枚3役の活用ができます。 楽天市場で貯めた期間限定ポイントを実店舗で無駄なく使用できる点もメリットです。 エポスカードは海外旅行用サブカードとして エポスカードは丸井や全国の優待店舗が近くで利用できる場合とてもお得なカードです。 丸井が発行しているカードですが近くに丸井がない方にもメリットがあります。 また年会費が無料、国際ブランドがVISA、 海外旅行保険が自動付帯という点で最強の海外旅行用サブカードとして持っている価値があります。 ただし家族カードがない点、ポイント還元率があまり高くない点など楽天カードと比較するとメインカードにする場合は少し物足りない部分があります。 1枚を選ぶなら楽天カード! 楽天カードとエポスカードのどちらも持っていないという方は、 まず楽天カードを作成することをおすすめします。 海外旅行保険も空港までのタクシー代など旅費の一部を楽天カード支払いすれば利用付帯として適用されます。 全国どこにお住まいでもメリットが大きい楽天カードは、入会と初めての利用で5,000ポイント以上ももらえますよ。 申し込み基準は同じ まずカード入会の申し込み基準ですが、楽天カードとエポスカードのどちらも 高校生を除く18歳以上の方でしたら誰でも申し込みできます。 【関連記事】 年会費もどちらも永年無料 年会費についても楽天カードとエポスカードのどちらのクレジットカードも 永年年会費無料です。 ずっと年会費がかからないというのは、クレジットカード初心者にはありがたいですね。 エポスはゴールドカードだけしか家族カードがない 通常のエポスカードは家族カードがありません。 エポスゴールドカードなら家族カードが作れますが、年会費が5000円かかってしまいます。 楽天カードなら家族カードを 最大5枚まで発行可能です。 ちなみに家族カードの年会費も永年無料です。 楽天カードなら家族カードを活用することによって、家族でまとめてポイントを貯めることができる点もメリットといえます。 【関連ページ】 エポスの国際ブランドはVISA限定 エポスカードなら国際ブランドは VISAのみです。 楽天カードの場合は、 VISA、mastercard、JCB、アメリカンキスプレスの4つの国際ブランドから選択できます。 もちろんVISAであれば使える店舗が多いから困ることはありませんが、 選択肢が多いという意味では楽天カードの方がメリットがあります。 比較項目 エポスカード 申込基準 18歳以上(高校生不可) 18歳以上(高校生不可) 年会費 永年無料 永年無料 家族カード 発行できない 最大5枚まで発行可能 国際ブランド Visa Visa、mastercard、JCB、AMEX エポスカードは持っているだけで海外旅行保険適用 楽天カードとエポスカードのどちらも年会費無料カードなのに海外旅行保険が付帯していることメリットです。 しかし、 エポスカードは海外旅行保険が自動付帯となっている点で楽天カードよりも優れています。 つまりエポスカードは持っているだけで海外旅行保険が適用されるというわけです。 付帯条件については、 楽天カードの海外旅行保険は 「利用付帯」なので不利です。 ただ楽天カードも旅費の一部、例えば海外旅行に出発する空港までのタクシー代を楽天カードで払うだけでも利用付帯として海外旅行保険の対象になります。 そうすると補償内容が充実している楽天カードも有利とも言えます。 海外旅行傷害保険の比較 エポスカード 付帯条件 自動付帯 利用付帯 傷害死亡・後遺障害 500万円 2,000万円 傷害治療費用 200万円 200万円 疾病治療費用 270万円 200万円 個人賠償責任 2,000万円 2,000万円 救援者費用 100万円 200万円 携行品損害(年) 20万円(免責3,000円) 20万円(免責3,000円) 海外旅行にいくときには、盗難や利用できないといった不測の事態に備えてクレジットカードを予備で複数枚持っていった方がいいです。 そういう意味で、年会費無料の 楽天カードとエポスカードの2枚持ちをするというのもおすすめです。 ポイントを貯めやすいのはどっち? 気になるポイントのためやすさ。 お買いものなどで賢くポイントを貯めて少しでも家計の足しになればと考えてクレジットカードを申し込む方も多いと思います。 そうした際に重要になってくるのはポイント還元率ですね。 先に断言しますが、 ポイント還元率に関しては楽天カードの圧勝です。 エポスカードのポイント還元率は低め エポスカードのポイント還元率は 通常0. 5%です。 あまり高い還元率ではありません。 優待サイトや対象店舗での利用は最大10倍(5%還元)となります。 後述しますがエポスカードはポイント還元よりも優待割引にメリットがあります。 たまるマーケット以外はエポスポイントの対象外 エポスカードのエポスポイントをネットショッピングで効率的に貯めるなら、たまるマーケットというポイントアップサイトを経由することで、楽天市場やAmazon、DHCなどのお買い物でもエポスポイントが2~30倍貯まります。 こうしたポイントアップサイトがあるのは、エポスカードの利点ですね。 もちろんたまるマーケット経由以外ではこうしたポイント倍増ができませんので、楽天市場のSPUなどで楽天カードでお買い物をするのに比べると、ひと手間だけ増えることにはなります。 楽天カードの売りはポイント還元率の高さ 楽天カードのポイント還元率は 通常1%です。 この時点でエポスカードの2倍の還元率です。 楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(SPU)というポイントアップサービスが始まり、楽天市場の利用で3倍以上のポイント還元を受けることができます。 また楽天スーパーセールを定期的に開催しておりSPUと重複適用でさらに多くのポイントを獲得できます。 楽天カードは実店舗でもENEOSなど楽天ポイント加盟店でポイント還元率2~3%となります。 エポスカードの還元率:基本0. 5%(最大2. 5%)• 楽天カードの還元率:基本1%(楽天市場などで3倍以上) それぞれのカードのメリット特徴を比較 エポスカードのメリットは優待施設の割引 エポスカードは丸井での期間限定割引や、イオンシネマ、ビックエコー、ロイヤルホストなど 全国10,000店以上で優待を受けることができます。 近隣に丸井か優待店舗がある方にはメリット絶大です。 例えば友達とカラオケに行ったときに受け付けで提示、その後レストランで昼食をとり会計の際に提示といった具合に様々な施設で優待を受けることができます。 ただし近くに優待店舗がない場合は、クレジットカード払いで平凡なポイント還元率0. 5%のVISAカードでしかありません。 エポスカードはポイントを貯めるよりも 優待を受けたほうがお得に活用できるカードといえます。 エポスカードはダサい?トランプデザインはプリペイドカード エポスカードの板面デザインは無地のシルバーとレッドの2種類で、ちょっとダサいという意見もあります。 ただ、ポイントや現金をチャージして使うエポスプリペイドカードはトランプやワンピースなどのデザインがとても豊富です。 クレジットカードだけで限定すると、楽天カードの方がお買い物パンダやFCバルセロナ、ディズニーやYOSHIKIなどカードデザインが豊富なのでメリットがあります。 エポスカードは審査、即日発行にも対応 エポスカードの一番のメリットは 即日発行に対応しているということ。 あらかじめネットで必要項目を入力してクレジットカード発行の審査を行います。 審査に通ると、マルイの店舗で最短で当日にエポスカードを受け取れるんです。 急にクレジットカードがほしい方にとって、エポスカードの即日発行はとてもうれしいサービスですね。 なお楽天カードは残念ながら即日発行には対応していません。 楽天カードはポイント還元率と電子マネーの使い勝手が抜群 楽天カードはクレジットカード払いでのポイント還元率は1%です。 実店舗で使用した場合も高い還元率でお店を選びません。 優待店舗で利用すると2~3倍貯まります。 また電子マネーの楽天Edy、楽天ポイントカードの機能が1枚にまとまっていますので、使用感は抜群です。 例えばマクドナルド、くら寿司、ミスタードーナッツなどで食事の際にポイントカードとして提示するだけでも活用できます。 また楽天ペイを使えば、期間限定のポイントもローソンなどの楽天Pay提携店で使い切ることが出来るんです。 楽天カードは ポイント還元率の高さと ポイントの貯まりやすさ、楽天edyへのポイント移行などポイントの 使い勝手も良く、バツグンにポイント活用がしやすいクレジットカードと言えますね。 各カードのメリットまとめ• 【エポスカードのメリット】・・・優待施設の割引• 【楽天カードのメリット】・・・ポイント還元率、ポイントのためやすさ、ポイントの使い勝手 実際の使い勝手はどっちが使いやすい? 家族構成で家族カードのメリットは変わる 申し込みをされる方の利用シーンによりますが、独身の方であればエポスカードの家族カードがない点がデメリットではなくなります。 家族で使う予定がある方は楽天カードの家族カードを発行すれば、家族で異なる店舗で利用した分のポイントが無駄なく貯まるのでとても使いやすいです。 つまり 家族構成によって、家族カードがあるなしはメリットになりません。 どちらもVisa選択可能だから経済性は満足 エポスカードは国際ブランドをVISAしか選べませんが1番利用できる店舗が多いため全く問題ありません。 楽天カードは国際ブランドを4種類から選ぶことができますので、 仮に現在メインのカードを別でお持ちの場合は異なる国際ブランドを選ぶことで決済性を高めることができます。 つまりクレジットカードの決済性としては、楽天カードとエポスカードどちらも日本国内でストレスなく使用できます。 楽天カードのedyは活躍の場が多い 電子マネーEdyが使用できる点でクレジットカード決済以外の支払いができ、コンビニやマクドナルドなどでのスピーディーな決済ができるため楽天カードは便利です。 エポスカードは楽天Edyには対応している エポスポイントを楽天Edyに交換することはできません。 ただし、楽天Edyのチャージにエポスカードを設定することはできます。 もちろん楽天カードは楽天Edy設定もできますし、楽天ポイントを1P=1円の楽天Edyに交換することができます。 楽天カードとエポスカードを比較したけど2枚持ちもあり 以上、エポスカードと楽天カード比較!還元率やポイント使い勝手を比べた結果... という話題でした。 海外旅行保険の項目でも書きましたが、楽天カードとエポスカードを申し込んで2枚持ちするというのもありです。 これはなにか悪い企みがあるのではと判断されて悪い評価となり、結果的にクレヒスに傷がついてしまうことがあるからです。 2枚のクレジットカードを作る場合は、少し期間をあけてから申し込んだ方がいいですよ。 なお楽天カードはデザインカードの選択肢が多いのも魅力の一つです。 中でもレアなディズニーデザインの楽天カードについては、別記事で解説していますのでよかったらこちらもご覧ください。 【参考リンク】.

次の

【エポスカードは評判悪い!?】7年使って感じたメリット・デメリット

クレジットカード エポスカード

完全解説:エポスカードが優れている7つのメリット 特典1:年会費永年無料。 ETCカードも無料 年会費 永年無料 エポスカードの発行手数料・年会費は、無料です。 カードを使わなくても、年会費がかかることはありません。 メインのカードでなくとも、特定のサービスで(後ほど紹介)ポイントを貯めたり、提携店で割引を受けたりするためのカードと利用してもいいでしょう。 ETCカードも無料 ETCカード 無料 ETCカードの発行手数料・年会費は、無料です。 ETCカードの利用でも、通行料金200円につき1ポイントが貯まります。 また、に登録すれば、ETCポイントを貯めることもできます。 貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。 特典2:即日発行できる!急な海外旅行でも間に合う 通常、クレジットカードに申し込むと審査を含め、カードが届くまでに1週間以上かかります。 しかし、エポスカードは即日発行が可能です。 つまり、申し込みをしたその日に、カードを受け取り、すぐに使えます。 急な海外旅行や出張、学生旅行で、クレジットカードを発行したい場合でも間に合います。 即日発行の方法 (1)の公式サイトより、申し込みます。 (2)申し込み時に、受け取り方法を「店頭受取」にします。 (3)審査結果がすぐにメールで届きます。 (4)主に全国のマルイ内にある「エポスカードセンター」で受け取ります。 (5)カードを受け取れば、すぐに使用できます。 この場合のポイント還元率は、0. 以下のような対象店舗でお買い物をするときは、たまるマーケットを経由しましょう。 Amazon、楽天市場、Yahoo! ショッピング、ロハコ、セブンネットショッピング、ヤフオク!、一休. comレストラン、一休. com、楽天トラベル、じゃらん、HIS、DHC、ドクターシーラボ、アップル、ビックカメラ. 他にも、約400のネットショップがあります。 提携店で最大2. 提携店や特典は、で確認できます。 ポイントの使い方 貯まったエポスポイントは、以下のような方法で利用できます。 例えば、楽天ポイントはANAマイルのみ、PontaポイントはJALマイルのみです。 マイルを効率よく貯めるクレジットカードは他にもあります。 しかし、エポスカードは、たまるマーケットや普段の買い物で、ポイントを貯めやすいメリットがあるので、使い方によっては有効な手段です。 特典4:電子マネーへのチャージでポイント2重取り 電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica プリペイドカード au WALLETプリペイドカード、スターバックスカード エポスカードを使った電子マネーまたはプリペイドカードへのチャージでも、ポイントが貯まります。 電子マネーとの合わせ技でポイント3重取り 例えば、楽天Edyにチャージすることで、以下のようにポイントを2重取りできます。 (1)エポスカードで楽天Edyにチャージ(0. 支払いで、ポイントが貯まる電子マネーなら、2重取りでポイントを一気に貯められます。 服やバッグ、スーツなど、ブランド品は、数万円の買い物になることも珍しくありません。 例えば、5万円のスーツなら5,000円割引で購入できます。 結婚式や入学・卒業、社会人として必要なものも割引で購入できます。 年に数回利用するだけでも、お得なクレジットカードといえます。 特典6:全国7,000店舗で割引や特典付きの優待サービス エポスカードを全国7,000店舗の提携店で利用すると、割引やポイントアップなどの特典をうけられます。 エポスカード最大の特典かもしれません。 内容は変更になることがございます。 提携店や特典は、で確認できます。 特典7:年会費無料でも海外旅行保険付き 海外旅行傷害保険 最高500万円(自動付帯) 国内旅行傷害保険 なし 海外旅行傷害保険とは、海外旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。 自動付帯と利用付帯の違い 自動付帯:保有しているだけで適用される保険 利用付帯:旅行ツアー代金や公共交通機関の支払いなど、定められた条件に対して、クレジットカード決済することで適用される保険 海外の医療費は高額です。 旅行傷害保険が付帯しているカードは、心強い味方になります。 しかも、自動付帯なので、カードを利用しなくても保険が適用になります。 年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯する、本当に貴重なカードです。 例えば、楽天カードやリクルートカードの海外旅行保険は利用付帯のみ、Yahoo! JAPANカードはどちらとも付帯していません。 しかし、友だちや家族を紹介することで、ポイントをもらえます。 家族がカードを発行したいなら、新規での申し込みを検討してみましょう。 エポスカードは、学生や新社会人でも申し込みができるクレジットカードです。 とはいえ、コンビニやスーパーでの買い物は、200円につき1ポイントで、還元率は0. 普段の買い物なら、やのように100円につき1ポイント以上貯まるカードがお得です。 しかも、即日発行ができます。 メインカードでなくとも、2枚目、3枚目のクレジットカードとして持っておくだけでも、メリットを最大限にいかせます。 そのため、クレジットカード専門誌でも、特集が組まれるほど注目されています。 どのクレジットカードにするか迷っているなら、1枚持っていて損はないカードです。 エポスカードは、発行手数料も年会費も完全に無料です。 一度も使わなくても、年会費はかかりません。 Apple Payは利用できるの? 使用できる店舗 QUICPay加盟店、モバイルSuicaへのチャージ可能 エポスカードで、Apple Payを利用できます。 Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。 Apple Payの支払いでも、エポスポイントが貯まります(一部対象外)。 国際ブランドは何を選べばいいの? エポスカードは、VISAのみです。 JCB、MasterCard、American Expressといった国際ブランドは選べません。 しかし、VISAは世界で最も使える加盟店が多い国際ブランド。 使い勝手は、抜群にいいです。 補償はあるの? 紛失・盗難時は、61日前にさかのぼり、不正使用による損害を全額補償してくれます。 他にも、偽造されにくいICチップ搭載、不正使用の探知システム、ネットログイン通知サービス、バーチャルカードなど、安心してカードを利用できるサービスが付いています。 カードで購入した品物の破損・盗難などの損害を購入日から90日間補償してくれます。 審査や年齢制限は?誰でも発行できるの? エポスカードの申し込みは18歳以上(高校生は不可)が対象です。 ただし、発行には、審査があります。 申し込めば、必ず発行できるわけではないので、注意しましょう。 急な海外旅行・出張でも間に合います。 しかも、海外旅行保険が自動付帯しているから、安心して旅行を楽しめます。 レジャー施設やレストランでの割引もあるから、家族とも友達とも、お得に楽しめます。 服やカメラもポイントで購入できます。 全額ポイントで支払えば、無料で欲しいものが手に入ります。 エポスカードは、年会費無料にもかかわらず、優待特典や旅行保険が、充実したクレジットカードです。

次の