ガラス の 動物園。 (バゴプラ)

(バゴプラ)

ガラス の 動物園

ぬぐい去れぬ家族への郷愁。 過去から逃れた男がたどる フランス気鋭の演出家による注目の舞台が登場。 「人は何かに心動かされたくて劇場に来るの」という信念をもつ演出家イリーナ・ブルック。 彼女は、テネシー・ウィリアムズの『ガラスの動物園』には、その「心を動かす」大きな力が存在しているのだと語ります。 『ガラスの動物園』は劇作家テネシー・ウィリアムズの出世作となり、1945年のブロードウェイの大ヒット・ロングラン以来、数ある彼の戯曲の中でも、世界中の観客から最も愛されてきた作品です。 その魅力は演劇界にとどまらず文学作品としても高い評価と人気を誇っています。 登場人物は4人。 家族を執拗に愛し昔の夢を捨てきれない母アマンダ、内向的な姉ローラ、一家を支える息子のトム、ローラが憧れる青年ジム。 舞台は彼らとの生活を回想する、トムの台詞から静かに始まります。 このトムは作者自身の投影とも言われ、劇の進行役となって観客に自らの思い出を語りかけていくのです。 演出のイリーナは今回の舞台で、トムの年齢を彼が回想している時(中年)の年齢に設定し、更に<思い出の劇>を印象付けます。 イリーナは、現代演劇界の巨匠ピーター・ブルックを実父に持ち、現在ヨーロッパ各国から注目される気鋭の演出家です。 今回は実力派揃いの日本人俳優とのコラボレーションに期待が高まります。 人物の心理を敏感にすくい取る演出で、美しくノスタルジックな場面が幾重にも重なり、繊細で哀愁漂う追憶の劇に、是非「心動かされて」下さい。 ものがたり 1930年代、アメリカ・セントルイスの裏通り。 ウィングフィールド一家はその路地裏のアパートに部屋を借りてひっそりと暮らしている。 母アマンダは子どもたちの将来に過剰なまでの期待を抱くが、父親が出奔した家を支えて製靴会社で働く息子トムと口論になりがちである。 娘のローラは足が不自由なため極度の内気で、コレクションのガラス細工にのみ心を許し、仕事も得られず婚期も遅れている。 ある日トムが会社の同僚のジムをローラの結婚相手にと夕食に招待する。 浮かれはしゃぐアマンダ、ローラもジムが高校時代の憧れの同級生と知り動揺してしまう。 「実社会からの使者」としてのジムの来訪よって、この家族につかの間の幸せがおとずれるが… 『日本の女性には家族、社会という大きな枠の中で自分を抑えているようなローラに共感できる方が多いのでは。 とても繊細なところがあって、心を動かすような涙を誘うような作品に敏感なんです。 』 イリーナ・ブルック 18歳のとき、ニューヨークのステラ・アデラーから演技指導を受け、オフ・ブロードウェイで様々な作品に出演、後に英国で演劇、映画、テレビ等に出演。 1996年ロンドンで演出家としてデビューした後、98年フランスで「月の上の獣」でモリエール賞最優秀演出賞を受賞。 「終わりよければすべてよし」をアリアーヌ・ムシュキンの太陽劇団のために演出。 99年にオペラ「魔笛」をダン・ジャメットと共同演出、パリ・アトリエ劇場で「響き」を演出し、モリエール賞新人女性演劇人賞。 2000年「ガラスの動物園」を演出、フランス著作権協会から新人賞。 02年エクサンプロヴァンス音楽祭でオペラ「エウゲニ・オネーギン」を演出。 演出家のピーター・ブルックは実父。 木内みどり 中嶋朋子 石母田史朗 木場勝己.

次の

ガラスの動物園(1987)

ガラス の 動物園

登場人物 [ ] アマンダ・ウィングフィールド 小柄な女性。 過去の幻想に縛られ、非常に活動的で理想が高く、現状に常に不満がある。 他者を自分の尺度に当てはめようとし、理想を押し付ける傾向がある。 夫は家出をしており、現在も音信不通。 彼をこの様な状況に自分で追い込んだということに気づいているようすは見られない。 ローラ・ウィングフィールド アマンダの娘。 足が不自由で(ハイスクール時代には足に付けていた器具の立てる音を過剰なまでに気にしていた)、このために深刻なコンプレックスを抱えており、極度に内向的、引きこもりがちになっている。 ガラス細工の動物コレクション(「ガラスの動物園」と呼んでいる)を大事にしている。 トム・ウィングフィールド 本作の語り手。 アマンダの息子でローラの弟。 靴会社の倉庫で働いている。 惨めな人生から抜け出したいと、商業的幻想を追い求めている一消費者。 詩作が趣味。 ジム・オコナー トムの職場の同僚。 トムが自宅へ夕食に招く。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年6月)() ストーリーはトムの追憶として語られる。 ウィングフィールド一家が住むアパートの一室が舞台である。 トムとアマンダは理想と現実の間でしばしば対立する。 トムは現在の単調な仕事と、何事にも口やかましく指図するアマンダに対して嫌気がさしており、何とかして現在の環境から抜け出そうと思っているが、アマンダはトムを夫の二の舞にさせまいと引き止めようとする。 アマンダはローラをに通わせるが、ローラの内気な性格のためうまく行かない。 手に職を持たず結婚も出来ない女の行く末を今まで数多く見てきたアマンダは、ローラの現状に危機感を抱く。 婚期が遅れているローラに男性との出会いの機会を与えるために、アマンダはトムに会社の同僚を夕食に招くよう頼む。 数日後、自宅にトムの同僚ジムが来訪する。 ジムは、ハイスクール時代にローラが淡い恋情を抱いていた相手だった。 ローラは久しぶりにジムと交流し、かつてと同じくジムに心惹かれていく。 ローラとジムの結婚を期待するウィングフィールド一家に対し、ジムは婚約者がいて近く結婚する予定であることを告げる。 トムは靴会社を解雇されたのを機にセントルイスを離れる。 映画 1950年 [ ] ガラスの動物園 The Glass Menagerie 監督 脚本 原作 テネシー・ウィリアムズ 製作 出演者 音楽 撮影 配給 公開 上映時間 107分 製作国 言語 の作品。 脚色には自身も関わっている。 出演はやなど。 ローラ:()• ジム:()• アマンダ:()• トム:() スタッフ [ ]• 監督:• 脚色:、• 原作:テネシー・ウィリアムズ• 製作:、• 撮影:• 音楽: 日本語版 [ ]• 翻訳:大野隆一• 演出:藤山房延• 効果:大野義信• 調整:二宮毅• 製作:、日米通信社 映画 1987年 [ ] ガラスの動物園 The Glass Menagerie 監督 原作 製作 出演者 音楽 撮影 編集 配給 公開 上映時間 134分 製作国 言語 の作品。 出演はやなど。 キャスト [ ]• アマンダ:• トム:• ローラ:• ジム: スタッフ [ ]• 監督:• 原作戯曲:• 製作:• 撮影:• 音楽:• 美術:• 編集:• 日本語字幕: 日本語訳テキスト [ ]• 訳、、、のち新潮文庫• 訳、、、改版2011年、• 訳、、、• 訳、、、 出典 [ ].

次の

【みんなの口コミ】舞台『ガラスの動物園』の感想評判評価

ガラス の 動物園

1944年にシカゴで試演され、翌年、ニューヨークで初演された。 原曲では、1930年代、アメリカ中西部にあるミズーリ州セントルイスの路地裏が舞台だが、ダニエル・ジャンヌトー演出においては、時代性と地域性が注意深く取り除かれている。 おそらく普遍的なドラマとして『ガラスの動物園』を上演したいという意図によるものだろう。 そして、時代と場所が特定できない分だけ、個人的な「思い出」であることが突出している。 劇が始まると、まずはじめにトムを演じる役者(阿部一徳)の年齢が、従来の上演と較べてずいぶん高いことに気づくだろう。 トムはローラ(布施安寿香)の弟という設定であり、場面によっては姉弟として演じるところも出てくるため、弟あるいは同年代に見える役者が扮することが多い。 ローラの年齢は「高校をやめてから6年」という台詞から推定すると23か24歳なので、今回の舞台では、時間がいたずらをして、トムとローラは親子のようにも見える。 しかし、この不自然さは、『ガラスの動物園』の劇全体がトムの「思い出」のなかの出来事であることを際立たせる効果にもつながっていく。 もうひとつ、舞台が透明な紗幕で二重に蔽われているのも大きな特色である。 しかも、かつてウィングフィールド家が4人で住んでいたにしては、ずいぶん広くて、がらんとした空間だ。 だが、これも「思い出」の空間を創りだすのにひと役買っている。 そこにはトムの「思い出」を甦らせるための必要最小限の装置しか置かれていない。 ある場面では、テーブルと蓄音機、またある場面では、大きなボンボリのような照明と縦長の鏡と蓄音機が置かれているだけだ。 そこからは大きな不在が見えてくる。 言うまでもなく、芝居が始まるまえに、この家を出ていった父親の不在である。 もう一度、冒頭に戻ろう。 はじめにトムが客席に向かって話しかけるとき、漆黒の闇に包まれた舞台上にスポットライトが当たり、トムは白い点のように浮かびあがる。 「この劇は思い出です。 思い出の劇なので、ほの暗い明かりに包まれ、センチメンタルで、現実味がありません」このときトムは二重の紗幕の外側にいる。 時間の流れからして、紗幕の外は「現在」だろう。 そして、二重の紗幕に囲まれたいちばん内側の空間は、トムの「思い出」の世界である。 そこでは、ローラはまだ20代前半で、母親のアマンダ(鈴木陽代)も若い。 その世界に行き着くには、ずいぶん時間をさかのぼる必要があるため、薄暗くてぼんやりしている。 トムの意識は常にローラに向かっているせいか、母親のアマンダが話しているときは目を凝らす必要があるほど見えにくいのに、ローラの場面になると、にわかに舞台が明るくなる。 そこでは、母親は主として声の記憶にすぎないが、ローラは具体的なイメージを伴って出現する。 そこからも『ガラスの動物園』はローラについての思い出の劇であることが見てとれる。 内側の紗幕と外側の紗幕に挟まれた細長い部分には、上手寄りの舞台前面に、ローラが大切にしていた「ガラスの動物園」が設置されている。 ここだけはローラの聖域で、だれも踏み込むことはできない特別な空間だ。 ただし、2度だけ例外がある。 ひとつは、毎晩の外出をめぐってトムとアマンダがはげしく口論する場面。 母親に悪態をついたトムは、怒りにまかせ、勢いあまって内側の紗幕を飛び出し、ローラの「ガラスの動物園」をうっかり踏みつけてしまう。 ガラスが脆くも割れる音がする。 この瞬間、わたしは思わず息を呑んで縮みあがった。 すでに取り返しのつかない出来事が起きてしまったことをあざやかに知らされる。 すばらしい演出だ。 テネシー・ウィリアムズは、現実においても、この劇のように姉を置き去りにしたことを一生悔やみつづけた。 そして、その悔恨の情が『ガラスの動物園』を書いたいちばんの動機だったのだろう。 そのことは、これに続くもうひとつの例外を見れば、劇作家がこの戯曲に込めた想いが理解できる。 それは、トムが友人のジム(牧山祐大)を招いて連れてくる場面である。 友人のジムは、劇のはじめのほうでローラが母親に打ち明けたように、高校時代に憧れていたたったひとりの同級生だ。 『ペンザンスの海賊』で美声を聞かせ、弁論大会では優勝し、ローラが肋膜炎(プルーローシス)で休んだあとには病名を聞きちがえて、ずっと「ブルー・ローズ」と呼びつづけた男性である。 この場面が始まるまえに、演出のジャンヌトーは、舞台を二重に蔽っていた外側の紗幕をゆっくりと取り払った。 思い出がそっと開かれてゆく。 そして、剥きだしにされた内側の紗幕も、どこからか吹いてきたかすかな風を受けて、まるで生きているように静かに揺れはじめる。 この空間が、トムの「思い出」そのものであるならば、これから起きる出来事を思い出すことが、トムを深い部分で動揺させずにはおかないのだろう。 そのうちに夏の雨が降りはじめ、さらに紗幕の揺れが大きくなる。 すると、唐突に照明が消える。 トムが督促を受けていた電気代を船員になる組合費にまわしたため、未払いで止められたのだ。 しかたなく、数本のロウソクに火をともして、ジムは内気なローラのいる居間へと話しにいく。 そこは内側の紗幕を越えたところにあるローラの聖域である。 ロウソクの小さな光による魔法だろうか、いつも引きこもりがちなローラは、珍しくジムと高校時代の思い出話に興じる。 ローラはいちばんお気に入りのユニコーンを紹介し、光にかざして魅力を語る。 そのうち、盛りあがったふたりは、路地の向こうにあるダンスホールから聞こえてくる音楽に合わせてダンスをはじめる。 足元に置いた本物のロウソクの炎がゆらゆらと揺らめき、ジムに手を取られて踊りながらくるくるまわるローラをほんのりと映しだす。 なんという幻想的な場面だろう。 しかし、途中で「ガラスの動物園」にぶつかり、中断してしまうのだ。 そして、ローラは角のとれてしまったユニコーンのいる「ガラスの動物園」に、ひとりで取り残されてしまう。 これこそが『ガラスの動物園』で劇作家が実現させたかったことに他ならない。 ジャンヌトーはこれらすべてをトムの「思い出」の世界に作りだし、ロウソクの炎が作りだした魔法の空間で、ローラを初恋の相手であるジムとエレガントに踊らせてみせた。 トムははじめに「手品の種はポケットに仕込んであります」と語った。 つづけて「僕は、感じのいいまやかしに見せた本物をお目にかけます」と述べた。 最後の場面までたどりついたとき、私たちはこれまで見てきたのが、劇作家に実際に起きた出来事であることを知る。 テネシー・ウィリアムズの本名はトマス・ラニアー・ウィリアムズ、すなわち愛称はトム、ローラのモデルになった姉の名前は、ブルー・ローズならぬローズである。 これは劇作家自身による姉ローズの思い出であり、実現してほしいと願った夢だったのだ。 1962年生まれ。 学習院大学文学部卒業。 出版社勤務の後、演劇評論。 「テアトロ」「東京人」「レプリーク」などに寄稿多数。

次の