約 ネバ 177。 約束のネバーランド177話考察|イザベラがいたから農園はなくなった!この先は、いよいよエマの代償と人間の世界【約ネバ ネタバレ】

【約束のネバーランドネタバレ178話】ごほうびの内容が明らかになり食用児は人間世界へ|ワンピースネタバレ漫画考察

約 ネバ 177

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ2020年24号で、『約束のネバーランド』177話が掲載されました。 約束のネバーランド177話は、農園の廃止に反対して暴走した鬼がエマ達に襲い掛かりましたが、イザベラが身を挺してエマ達を守りました。 鬼の爪で体を貫かれ、鬼に今更母親ぶっても子供達は許してくれないと罵られてもイザベラは子供達を守るために必死でした。 やがて鬼が倒され、エマ達はイザベラの元へと向かうと彼女は子供達が誰一人命を落としていないことに安堵していました。 果たして、重傷を負った彼女の運命はどうなるのでしょうか。 本記事では、約束のネバーランド177話『母親』のあらすじと感想を紹介していきます。 約束のネバーランド177話のあらすじネタバレ 農園が廃止になることに反発した鬼が自棄になって子供達を食べようとしていました。 エマは逃げ遅れた子供を助けようとした際に鬼に襲われますが、イザベラが身を挺して守った事によって鬼の爪がイザベラの体を貫き、彼女の血がエマの顔につきました。 必死な表情でエマ達を守るイザベラに鬼は一体何の真似なのだと、今更母親ぶったとしてもこれまでしてきた所業の数々は消えないと、子供達の母親にはなれないと罵ったのです。 しかし、そんな事はイザベラも分かっている事でした。 今のイザベラは許してもらうとは許してもらえないとか、母親になれるとかなれないのかなんてのはどうでもよく、ただ本能のままに子供達を守りたい、子供達には指一本触れさせないという一心でした。 そんなイザベラの思いが強いのか、鬼は爪をイザベラから引き離そうとしても引き離せませんでした。 レイは銃を手にしていて、今の鬼はイザベラに手をかける前に頭を撃ったけど完全に仕留めそこなったからあと一発で仕留めようとしています。 しかし、今撃ってしまえばイザベラの体にも衝撃が来てしまうのでレイは撃ちたくても撃てない状態でした。 それ故に舌打ちをするレイに対し、鬼は農園のない世界なんて認めないと言ってイザベラを食おうとしていました。 その前に仕留めようとレイは銃口を鬼に向けますが、王兵の鬼達が駆けつけて鬼を仕留めました。 それによってイザベラが解放されたのです。 エマ達はすかさずイザベラの元へと行き、しっかりして大声を出して起こすとイザベラは意識を取り戻しました。 集まっている皆に皆は無事かと、誰一人怪我をしてないかと言う質問をするとエマ達は誰も怪我をしてないし、皆無事だと報告します。 その事にイザベラは安堵と謝罪の言葉を述べたのです。 心の中でちゃんと生きて人間の世界へ行こうとしたのにこんなずるい死に方をした事を心の中で謝るイザベラ。 エマ達は今助けるから死なないでと叫んでいる間、イザベラはエマの顔を触りました。 エマのイザベラにする印象は最初は怖いというもので、次第に許せないと言う思いに変わっていって何時かイザベラを倒さないといけないとも考えるまでに至ったのです。 しかし、農園から脱出してからずっと思い出すのは優しいイザベラばかりでした。 何度も考えても最初は分からなかったが、やがてイザベラの自分達に対する優しさと愛情が嘘偽りではなく全部本物だからでした。 イザベラも諦めたくなく逃げたかったのだが出来なかったのだとエマ達は理解すれども、それでも飲み込めない気持ちがあったがそれでもどんなに辛くても裏切られてもイザベラが自分自身を許せなくても自分達にとって母親なのだと思っているようです。 イザベラも生きて罪を償いたいがもう体が動かなくなりつつあり、もう少しだけ皆を抱きしめる力をくださいと神に願いながら、大好きと口にします。 最期にレイを呼んで子供らしく甘えさせてあげられなかった事と呪いたい人生を歩ませた事を心の中で謝りながら皆の事を頼むと言ってエマ達に見送られながらあの世へと旅立ちました。 約束のネバーランド177話の感想と考察 イザベラはグランマとして子供達を守って逝ってしまったみたいですね。 一時的に敵対していてもエマ達が彼女の事を心配していた様子から、イザベラは出来る限りエマ達の事を可愛がり、愛してくれた証拠なのだと思います。 だからエマ達も敵対してもイザベラの優しさを決して忘れられなかったのでしょう。 そんなエマ達に看取られてあの世へと旅立っていったイザベラは幸せ者だったと思います。 次回178話はあの世へ逝ったイザベラを埋葬してから、人間の世界へ行くための準備をするのではないでしょうか。 エマ達は一時的に敵だと思っていても、離れてみればイザベラは本当に母親みたいだったと思っている事が今回の話で明らかになりましたので手厚く埋葬するのではないかと思います。 そして彼女も行きたがっていた人間の世界へ行こうとするエマ達ですが、何の用意もなく人間の世界へと行くとは思えませんので一人まず入念な準備をするのではないでしょうか。 農園が近いので農園にある道具を持ち出したりすると思います。 最後の別れになるからとムジカ達の元へ向かう可能性があると思いますが、先程の一件もありますから彼らの元には行かないか、少数で密かに行って会いに行くのではないかと思います。

次の

約束のネバーランド第177話【約ネバ通信VOL.75】|maesaqu|note

約 ネバ 177

子供達を守るママ 鬼の爪からエマを守ったママ。 ママの体を鬼の爪が貫通します。 鬼は、何の真似だ?とイザベラに聞きます。 いまさら母親ぶってこれまでの自分が許されると思っているのか?お前は母親になどなれないと鬼は言います。 鬼の言うことは自分が一番わかっているママ。 しかし、ママにはそんなことはどうでもよく、子供達には指一本触れさせないと言い、鬼の爪が体から抜けないよう両手で掴みます。 レイの銃弾は鬼の顔に二発当たりましたが、急所を外しました。 レイは、次こそは一発で仕留めようと構えますが、今撃ったらママの体にも衝撃がとギルダは言います。 農園のない世界を認められない鬼は、ママから食べると言い襲いかかりますが、背後から王都の鬼が農園の鬼の首を切断します。 そのまま農園の鬼は捕らえれ、ママはその場に倒れます。 みんなママが大好きだった 子供たち泣きながら倒れたママに駆け寄ります。 エマ達が怪我がないことを知ったママは、良かったと言い、安堵の表情をします。 ちゃんと生きて人間の世界へ行こうと思ったのに、こんなずるい死に方をしてごめんねと、心の中で謝るママ。 エマは、死なないで!と叫びますが、ママは両手でエマの両頬を触ります。 エマはママとの出会いを思い出します。 最初はずっと怖かった。 なんで?どうして? 解らなかった。 その次には許せなくて。 シスタークローネから「いい暮らしがしたいのよ」と聞き、ママもそうなのかとも考えて、ママは敵だ、このママを倒さなきゃって。 でも、いざ外に出て思い出すのは、優しいママばかり。 何度も考えて、どうしてなのかわかったよ。 ママの優しさが、愛情が、全部本物だったから。 ママの言葉を思い出すエマ。 「絶望に苦しまずに済む一番の方法は、諦めることよ」 もうちゃんと解ってるよ。 ママも諦めたくなかった、逃げたかった、でもできなかった。 それでも飲み込めない気持ちやモヤモヤもあったけど、でも・・・。 エマは泣きながらママに言います。 やっぱり大好きなんだよ。 私達みんな、ママのことが大好きなんだよ。 どれだけ辛くても裏切られても、ママが自分自身をゆるせなくても、私達にとって母親はママだけなんだよ。 生きてちゃんとこの子達に償いたい。 声がでず、体は動かず、目も見えなくなるママ。 それでもママは神様にお願いします。 もう少しだけ力をください、あと一度、一度だけこの子達を抱きしめる力を。 ママは子供たちに言います。 「だぁいすきよ」 僕も、私も、俺も大好きだよ!と子供達は泣きながら叫び、ママは、あなた達ならきっと大丈夫、人間の世界がどんなところでもと想います。 ママが死亡 ママは最後にレイの名前を呼び、ママの側へいくレイ。 ママはレイに謝ります。 子供らしく甘えさせてあげられず、12年、呪いたい人生を歩ませてしまった考えるママ。 ママはレイの両頬を両手で触り、家族をお願いと伝え、心の中で(だぁいすきよ)と言います。 レイは涙を流し、「ママ、母さん」と言います。 そのまま息絶えるママ。 ママは夢を見ます。 子供のエマ、レイ、ノーマンの三人がいて、ママはエマの顔の汚れを落としてあげながら、「これでよし、行ってらっしゃい」と言い、三人を抱きしめます。 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!? 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで約束のネバーランドの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 約ネバ177話の感想 ママ・イザベラが子供達を守って死亡しました。 ママとは本当に色々あったというか、最初の頃のママの怖さは凄かったですよね。 あのママの怖さで読者の心を掴んだようなところはあったのではないかと思います。 それでも最後は皆がママとの別れを悲しみ、やっぱりママが大好きだったと伝え、ママも子供達に謝りながらも、皆のことが好きだったと伝えます。 もちろん実子であるレイのことも。 ユウゴとルーカスの死も悲しかったのですが、今回のママとの涙の別れも悲しかったですね。 最後の子供のエマ、レイ、ノーマンを抱きしめるママの姿が、何度見ても泣けます。 約ネバ178話のネタバレはコチラになります。

次の

約束のネバーランド第177話【約ネバ通信VOL.75】|maesaqu|note

約 ネバ 177

スポンサーリンク ただ普通に愛せるのよ 長らく続いた鬼の統治に大革命が起き、ついにエマたちは自由を手に入れました。 こうしてエマたちは自由の元、約束の場所に帰ってきました。 その背後から現れたのはかつてのママであり、グランマとなったイザベラでした。 イザベラはまだ何も知らない農園の飼育者に自分たちはもう自由であることを伝えました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 「これからはもうただ普通に愛せるのよ」 その言葉を聞いた飼育者の目には涙が溢れました。 食用児は悲しい存在ですが、飼育者もまた、悲しみを抱えてきたことが分かりますね。 イザベラは、ただ自分たちのしてきたことは決してなかったことにならないと戒めています。 戦いが終わった後も、この苦しみだけは消えません。 スポンサーリンク ここまでこれた 反発する鬼は新王政が捕らえ、GF、GB、GV、GR…他の農園も全て今、終わりを迎えようとしていました。 エマはこれまでのことを思い出していました。 あの日「これ以上家族が死ぬのは嫌だ」と無茶を言ってノーマンとレイを困らせたこと。 理想のために「世界を変えようよ」と立ち上がったこと。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 怖くて不安で、くじけそうになってことも何度もあったけど、仲間のおかげでここまでこれたこと。 エマの周りにはもちろんノーマンやレイ、他の大切な仲間たちがいます。 でも、ふっと横を見ればもうこの世にはいないけど一緒に戦ってくれたユウゴたちも見えました。 エマは少しだけ寂しそうにその仲間たちに笑いかけました。 できたら…一緒に新しい世界に行きたかったのでしょう。 スポンサーリンク 迫りくる影 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 そんなエマたちの背後に、黒い影が近づいていました。 その正体は鬼です。 新王政は、農園を奪われることに反発した鬼たち全てを捕らえきれなかったのかもしれません。 鬼に気付いた子供たちはパニックを起こし逃げまわりました。 エマは自分の銃をさっき地面に下ろしていました。 つまり、今は丸腰です…! 鬼は「私の農園 私の人肉だ」と呟きながら子供たちを狙います。 エマは丸腰ですが、狙われた女の子を助けるために鬼に突進していきます。 レイはその状況を見て咄嗟に銃を鬼に向け、発砲しました。 エマは女の子を抱えて地面に倒れ込みました。 土煙が上がり、状況がわかりません。 エマに当たってもおかしくない状況で、間に合え!と覚悟を決めて銃を撃ったレイが見たものは…。 スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ176-177話のまとめ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 今回のお話では、フィルや他の子供たちとの再会、人間の世界へみんなで行けるという嬉しいニュースがみんなを笑顔にしました。 一緒にいけない仲間への想いも忘れてはいけませんね。 エマは「みんなで」を理想にしていました。 ところがエマたちは新王政のもと、農園が廃止されたことに納得がいかない鬼によって襲撃を受けてしまいます。 その大ピンチから守ってくれたのはイザベラでした。 イザベラは自分のしてきたことに対して強い後悔の念を持っていました。 イザベラがどうなるかまだわかりませんが、できたらみんなと人間の世界へ行って欲しいと思ってしまいますね。 次回も気になる展開が続くので、目が離せませんね!.

次の