組織 の データ を ここ に 貼り 付ける こと は できません。 デジタル証明書って何だろう? [Excel VBAの使い方] All About

Zoho Mail設定

組織 の データ を ここ に 貼り 付ける こと は できません

その他の機能ボタン [その他の機能]ボタンを押すと、サブメニューが表示されます。 ユーザーを役職コード順に並び替えます。 メニューを押すと、役職コード並び替えの確認ウィンドウが表示されます。 一覧で選択中のユーザーを使用停止状態に変更します。 一覧で選択中のユーザーの使用停止状態を解除します。 一覧で選択中のユーザーのログイン拒否状態を解除します。 ユーザー情報を作成する ユーザー管理一覧画面の[ユーザー情報の作成]ボタンを押すと、ユーザー情報の作成画面が表示されます。 基本情報• ユーザーの氏名を入力します。 ユーザーのふりがなを入力します。 ログインに必要なIDを入力します。 設定されたパスワードポリシーにしたがってパスワードを入力してください。 ログインパスワード欄に入力したパスワードが正しいかどうかを確認するため、再度パスワードを入力してください。 ユーザーのアイコンを設定します。 ネオツイ、電子会議室、プロジェクト管理の投稿、プロフィール画面に表示されます。 メールアドレスを入力します。 [職場]、[携帯]、[自宅]、[その他]それぞれのメールアドレスを入力してください。 職場情報• 事業所名を入力します。 部署名を入力します。 複数ある場合は部署名2を利用してください。 役職名と役職コードを入力します。 入力した"役職コード"は、役職コード順に並び替えするときに利用します。 電話番号を入力します。 部署1、部署2、内線、携帯それぞれの電話番号を入力します。 FAX番号を入力します。 個人情報• 性別を選択します。 生年月日を入力します。 郵便番号を入力します。 住所を入力します。 個人の電話番号を入力します。 自宅、携帯それぞれの電話番号を入力します。 定期情報 交通費・経費の機能が使用できる場合に表示されます。 (詳しくは、ユーザーズマニュアルの をご覧ください。 ) 言語及びタイムゾーン• 言語及びタイムゾーン設定を次から設定します。 ・管理者設定の[言語及びタイムゾーン設定]で設定された値を使用する。 ・個別に設定する。 個別に設定する場合は、言語、タイムゾーン、夏時間を設定します。 言語を設定します。 選択した言語表示に切り替わります。 タイムゾーンと夏時間を設定します。 スケジュールの時間など、設定したタイムゾーンに合わせた時間に表示が切り替わります。 変更が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ・"(削除済み)"ユーザー情報の場合 "(削除済み)"ユーザーの氏名リンクを押すと、"(削除済み)"ユーザーの変更画面が表示されます。 削除の取り消しを行います。 [削除を取り消す]ボタンを押すと、確認ウィンドウが表示されます。 確認ウィンドウ上で[はい]ボタンを押すと、対象のユーザー情報を"(使用停止)"状態に変更します。 データベースからユーザー情報の削除を行います。 [データベースから削除]ボタンを押すと、確認ウィンドウが表示されます。 確認ウィンドウ上で[はい]ボタンを押すと、対象のユーザー情報をデータベースから削除します。 項目の上でマウスボタンを押したままにしてマウスを上下に移動させ、任意の位置でマウスボタンを離すと項目を並び替えることができます。 ファイルを選択してください。 また、ファイル内の先頭行を無視して一括登録したい場合は、先頭行は無視するにチェックを付けてください。 ファイルの文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 すべての入力が完了したあとで、[インポート]ボタンを押すとユーザーのインポートが開始されます。 ユーザー情報をファイルに保存(エクスポート)する 設定メニューの運用設定>ユーザー設定>ユーザー情報のエクスポートのリンクを押すと、ユーザー情報のエクスポート画面が表示されます。 登録されているユーザー情報をファイルに保存ができます。 ファイルに保存されるユーザー情報の登録項目を表示します。 項目の順番を入れ替えることができます。 選択した組織に所属するユーザーを保存します。 [組織選択]ボタンを押すと、組織選択ウィンドウが表示されます。 ファイルに記述する文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 すべての入力が完了したあとで、[エクスポート]ボタンを押すとユーザー情報のエクスポートが開始されます。 ユーザー情報の変更不可設定をする 設定メニューの運用設定>ユーザー設定>ユーザー情報変更不可設定のリンクを押すと、ユーザー情報変更不可設定画面が表示されます。 ユーザーが自分のプロフィールを編集する際の変更の可否を設定します。 各項目のチェックボックスのチェックを外すと、プロフィール変更画面の該当項目が変更できなくなります。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ユーザー情報の表示項目を設定する 設定メニューの運用設定>ユーザー設定>ユーザー情報表示項目設定のリンクを押すと、ユーザー情報表示項目設定画面が表示されます。 ユーザー情報を表示する際の表示項目を設定します。 各項目のチェックボックスのチェックを外すと、ユーザー情報表示の際に該当項目が非表示になります。 以下の画面に設定は反映されます。 [利用者名簿]-[ユーザー一覧]• [利用者名簿]-[ユーザー情報]• [ユーザー選択]-[ユーザー情報]• [来訪者管理]-[来訪者一覧]• [来訪者管理]-[参加ユーザー一覧] 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ユーザー選択のレイアウトを設定する 設定メニューの運用設定>ユーザー設定>ユーザー選択のレイアウト設定のリンクを押すと、ユーザー選択のレイアウト設定画面が表示されます。 ユーザー選択ウィンドウに表示されるユーザー情報の項目を設定します。 組織ツリー上の すべてのユーザー リンク表示の有無を選択します。 ユーザー選択ウィンドウのレイアウトが表示されます。 ・プレビューで設定を確認する [プレビュー]ボタンを押すと設定した項目、表示幅でユーザー選択ウィンドウが表示されます。 設定後の実際のレイアウトを確認できます。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 AppSuiteの使用ユーザーを設定する 設定メニューの運用設定>ユーザー設定>AppSuite使用ユーザー設定のリンクを押すと、AppSuiteの使用ユーザー設定画面が表示されます。 選択したユーザーにAppSuite機能を使用させるか、使用させないかを変更します。 一覧から状態を変更したいものを選択し、このボタンで変更を実行します。 複数を同時に選択することもできます。 AppSuiteの所有ライセンス数、使用済みライセンス数、残りライセンス数を表示します。 一覧に表示するユーザーを選択します。 "使用する"のみ・・・AppSuiteを"使用する"設定のユーザーを表示します。 "使用しない"のみ・・・AppSuiteを"使用しない"設定のユーザーを表示します。 [所属ユーザーを変更]アイコンを押すと、対象の組織または、対象の組織と対象の組織の下位組織に所属しているユーザーの設定を一括で変更します。 この組織のみ・・・対象の組織に所属するユーザーの設定を一括で変更します。 下位組織も含み・・・対象の組織および、対象の組織の下位組織に所属しているユーザーの設定を一括で変更します。 対象ユーザーの設定を変更します。 [使用する]、[使用しない]のアイコンを押すことで対象ユーザーの設定を切り替えます。 組織管理一覧を表示する 設定メニューの運用設定>組織設定>組織管理のリンクを押すと、組織管理一覧画面が表示されます。 組織を追加します。 選択した組織の表示順を変更します。 一覧から移動したいデータを選択し、[表示順変更]ボタンを押すと表示順変更モードに画面が切り替わります。 表示順変更モードになった後、選択した組織の移動先を選択してください。 複数のデータを同時に選択することもできます。 組織情報を削除します。 一覧から削除したいものを選択し、このボタンで削除を実行します。 複数を同時に選択することもできます。 組織を階層表示します。 組織リンクを押すと、対象の組織の下位の組織一覧画面が表示されます。 組織の一覧を表示します。 組織名リンクを押すと、組織情報の変更画面が表示されます。 組織を追加する 組織管理一覧画面の[組織の追加]ボタンを押すと、組織の追加画面が表示されます。 親組織を選択します。 左の組織一覧から選択してください。 選択した組織の下の階層に作成されます。 組織名を入力します。 企業内組織コードを入力します。 連絡先を入力します。 メモを入力します。 休日カレンダーを選択します。 管理者設定>運用設定>祝日・休日設定で設定した休日カレンダーから選択します。 (詳しくは、システム管理マニュアルの をご覧ください。 ) [下位も含む]にチェックを入れると、下位組織にも同じ休日カレンダーが適用されます。 入力が完了したら、[追加]ボタンを押してデータを保存してください。 組織情報を変更する 組織管理一覧画面の組織名リンクを押すと、組織情報の変更画面が表示されます。 変更が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 組織情報を削除する 一覧画面、変更画面の[削除]ボタンを押すと削除確認ウィンドウが表示されます。 削除確認ウィンドウの[はい]ボタンを押すと、対象の組織と下位の組織が削除されます。 削除された組織は復活できません。 十分ご注意ください。 ファイルから組織情報を一括で登録(インポート)する 設定メニューの運用設定>組織設定>組織情報のインポートのリンクを押すと、組織情報のインポート画面が表示されます。 組織情報をファイルから一括して登録・変更ができます。 組織情報の登録項目を表示します。 インポートするファイルに合わせて項目の順番を入れ替えることができます。 項目の上でマウスボタンを押したままにしてマウスを上下に移動させ、任意の位置でマウスボタンを離すと項目を並び替えることができます。 ファイルを選択してください。 また、ファイル内の先頭行を無視して一括登録したい場合は、先頭行は無視するにチェックを付けてください。 ファイルの文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 すべての入力が完了したあとで、[インポート]ボタンを押すと組織のインポートが開始されます。 組織情報をファイルに保存(エクスポート)する 設定メニューの運用設定>組織設定>組織情報のエクスポートのリンクを押すと、組織情報のエクスポート画面が表示されます。 登録されている組織情報をファイルに保存ができます。 ファイルに保存される組織情報の登録項目を表示します。 項目の順番を入れ替えることができます。 ファイルに記述する文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 すべての入力が完了したあとで、[エクスポート]ボタンを押すと組織情報のエクスポートが開始されます。 ロール管理一覧を表示する 設定メニューの運用設定>ロール設定>ロール管理のリンクを押すと、ロール管理一覧画面が表示されます。 ・ロール機能について 役職や職掌など組織の構成では網羅できない「役割としてのユーザーの集まり」を自由に作成できるのがロール機能です。 たとえば、ワークフロー機能の経路に個人を設定してしまうと、担当が変わった場合にその人が関わっている設定をすべて変更する必要があります。 そこで、あらかじめロール機能で作成した「役割のグループ」を設定しておけば、その中に設定しているメンバーを入れ替えるだけで修正を完了できます。 作成したロールは以下の機能などで使用できます。 機能管理者の設定• 各種アクセス権の設定• インフォメーションの閲覧先• ワークフローの経路設定 使用例:課長職のユーザー宛のインフォメーションを作成したい 1.ロール設定で課長職のユーザーを設定した「課長職ロール」を作成します。 2.インフォメーションの閲覧先に「課長職ロール」を選択して作成します。 閲覧先にロールを指定すると、個別にユーザーを選択することなく閲覧先を指定できます。 ロールを作成します。 選択したロールの表示順を変更します。 一覧から移動したいデータを選択し、[表示順変更]ボタンを押すと表示順変更モードに画面が切り替わります。 表示順変更モードになった後、選択したロールの移動先を選択してください。 複数のデータを同時に選択することもできます。 これらは変更、削除することはできません。 Administrators…システム管理権限を持つユーザーを集めたロール Everyone…すべてのユーザーを集めたロール ロールを作成する ロール管理一覧画面の[ロールの作成]ボタンを押すと、ロールの作成画面が表示されます。 ロール名を入力します。 備考を入力します。 ロールについての説明を入力します。 ロールに設定するユーザー/組織を選択します。 [ユーザー/組織選択]ボタンを押すと、ユーザー/組織選択画面が表示されます。 選択したユーザー/組織に対して条件を設定します。 [条件の設定]ボタンを押すと、条件設定ウィンドウが表示されます。 選択したユーザー/組織に対して設定した条件を解除します。 [条件の解除]ボタンを押すと、設定が解除されて条件が「含む」になります。 選択したユーザー/組織を解除します。 入力が完了したら、[作成]ボタンを押してデータを保存してください。 ・条件設定ウィンドウについて• 選択したユーザー/組織を含めるか、含めないかを選択します。 組織の場合、下位すべてを含めるか、含めないかを選択します。 [OK]ボタンを押して設定を完了してください。 ロールを変更する ロール管理一覧画面のロール名リンクを押すと、ロールの変更画面が表示されます。 変更が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ロールを削除する 一覧画面、変更画面の[削除]ボタンを押すと削除確認ウィンドウが表示されます。 削除確認ウィンドウの[はい]ボタンを押すと、該当のロールが削除されます。 削除されたロールは復活できません。 十分ご注意ください。 ファイルからロールを一括で登録(インポート)する 設定メニューの運用設定>ロール設定>ロールのインポートのリンクを押すと、ロールのインポート画面が表示されます。 ロールをファイルから一括して登録・変更できます。 項目の順番を表示します。 表示されている項目の順序を参考にインポートするファイルを作成してください。 ファイルを選択してください。 また、ファイル内の先頭行を無視して一括登録したい場合は、先頭行は無視するにチェックを付けてください。 ファイルの文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 すべての入力が完了したあとで、[インポート]ボタンを押すとロールのインポートが開始されます。 ロールをファイルに保存(エクスポート)する 設定メニューの運用設定>ロール設定>ロールのエクスポートのリンクを押すと、ロールのエクスポート画面が表示されます。 登録されているロールをファイルに保存できます。 項目の順番を表示します。 表示されている項目の順番に保存します。 ファイルの文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 [エクスポート]ボタンを押すとロールのエクスポートが開始されます。 休日カレンダー設定一覧を表示する 設定メニューの運用設定>祝日・休日設定>休日カレンダー設定リンクを押すと、休日カレンダー設定一覧が表示されます。 休日カレンダーは組織ごとに設定することができます。 休日カレンダーの作成画面を表示します。 祝日のインポート画面を表示します。 休日カレンダーを削除します。 一覧から削除したい休日カレンダーを選択し、[削除]ボタンを押すと削除を実行します。 複数の休日カレンダーを同時に選択できます。 ・交通費・経費:交通費・経費一覧 休日カレンダーを作成する 休日カレンター設定画面で[休日カレンダーの作成]ボタンを押すと、休日カレンダーの作成画面が表示されます。 新しい休日カレンダーの作成を行えます。 休日カレンダー名を入力します。 作成する休日カレンダーを使用する組織を選択します。 [組織選択]ボタンを押すと、組織選択ウィンドウが表示されます。 複数の組織を同時に選択できます。 組織の選択を解除します。 休日とする曜日を設定します。 選択した曜日を休日に設定します。 休日カレンダーを変更する 休日カレンター設定画面でカレンダー名のリンクを押すと、休日カレンダーの変更画面が表示されます。 選択した休日カレンダーの変更を行えます。 変更が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 祝日設定一覧を表示する 休日カレンター設定画面で[祝日設定]リンクを押すと、選択した休日カレンダーの祝日設定一覧が表示されます。 選択した休日カレンダーの祝日設定を行えます。 祝日の追加画面を表示します。 祝日の削除を行います。 祝日一覧から削除したい祝日を選択し、[削除]ボタンを押すと削除を実行します。 複数の祝日を同時に選択できます。 表示する年を切り替えます。 祝日の一覧を表示します。 祝日名リンクを押すと、祝日の変更画面を表示します。 祝日情報を追加する 祝日設定一覧画面の[祝日の追加]ボタンを押すと、祝日情報の追加画面が表示されます。 祝日の年月日を入力します。 毎年繰り返しのチェックボックスをチェックすると、毎年同じ日付が祝日となります。 祝日名を入力します。 入力が完了したら、[追加]ボタンを押してデータを保存してください。 祝日情報を変更する 祝日設定一覧画面の祝日名リンクを押すと、祝日情報の変更画面が表示されます。 変更が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 祝日情報を削除する 一覧画面、変更画面の[削除]ボタンを押すと削除確認ウィンドウが表示されます。 削除確認ウィンドウの[はい]ボタンを押すと、該当の祝日情報が削除されます。 削除された祝日情報は復活できません。 十分ご注意ください。 ファイルから祝日情報を一括で登録(インポート)する 休日カレンター設定画面で[祝日のインポート]ボタンを押すと、インポート画面が表示されます。 祝日設定をファイルから一括して追加できます。 休日情報の登録項目を表示します。 インポートするファイルに合わせて項目の順番を入れ替えることができます。 インポート対象を選択します。 [選択]ボタンを押すと、休日カレンダー選択画面が表示されます。 同時に複数の休日カレンダーを選択できます。 ファイルを選択してください。 また、ファイル内の先頭行を無視して一括登録したい場合は、先頭行は無視するにチェックを付けてください。 ファイルの文字コードと区切り文字を設定します。 [設定を変更]リンクを押すと文字コードと区切り文字の選択ができます。 文字コードを選択します。 区切り文字を選択します。 すべての入力が完了したあとで、[インポート]ボタンを押すと休日のインポートが開始されます。 メニューの基本設定をする 設定メニューの運用設定>メニュー設定>メニュー基本設定のリンクを押すと、メニュー設定画面の基本設定タブが表示されます。 使用するメニューの初期選択値を設定します。 個人毎のメニュー基本設定を許可するかを設定します。 パレットメニューの設定方法はオプションメニュー、共有ブックマークも同様です。 一覧が切り替わります。 以下の4つから選択します。 desknet's NEOメニュー• オプションメニュー• 共有ブックマーク• アプリケーション• 一覧の項目をパレットメニューに移動して追加します。 一覧から移動したいメニューの左端にあるグリップ上でマウスボタンを押したままにし、マウスをパレットメニューに移動させることでパレットメニューに追加されます。 パレットメニューの挿入できる場所に近づくと青いバーが表示され、マウスボタンを離すと青いバーが表示された場所に項目が挿入されます。 パレットメニューに追加した項目を削除します。 パレットメニューに追加した部品の表示順を変更します。 移動したいメニューグループの左端にあるグリップ上でマウスボタンを押したままにし、マウスを移動させ、任意の位置でマウスボタンを離すと表示順を変更することができます。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ・パレットメニューの表示を切り替える Tボタンを押すと、パレットメニューがアイコンとテキスト表示に切り替わります。 アイコン表示に切替リンクを押すと、パレットメニューがアイコン表示に切り替わります。 メニューグループを管理する パレットメニューに追加した部品をまとめるメニューグループの追加、変更、削除ができます。 メニューグループを新規に追加します。 [メニューグループの作成]ボタンを押すと、メニューグループを作成するウィンドウが表示されます。 メニューグループ名、アイコンを入力し保存してください。 メニューグループを変更します。 変更したいメニューグループを選択し、[メニューグループの変更]ボタンを押すとメニューグループを変更するウィンドウが表示されます。 内容を変更して保存してください。 メニューグループを削除します。 削除したいメニューグループを選択し、[削除]ボタンを押すと該当のメニューグループが削除されます。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 メニューグループに追加したメニューを編集する メニューグループを押すと、メニューグループの中に追加したメニューが表示されます。 メニューグループからメニューを削除します。 ・メニューグループの中のメニューの表示順を変更する 移動したいメニューの左端にあるグリップ上でマウスボタンを押したままにし、任意の位置でマウスボタンを離すと表示順を変更することができます。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 desknet's NEOメニューを設定する 設定メニューの運用設定>画面デザイン設定>desknet's NEOメニュー設定のリンクを押すと、メニュー設定画面のdesknet's NEOメニュー設定タブが表示されます。 選択した機能の表示順を変更します。 一覧から移動したいデータを選択し、[表示順変更]ボタンを押すと表示順変更モードに画面が切り替わります。 表示順変更モードになった後、選択した機能の移動先を選択してください。 複数のデータを同時に選択することもできます。 代表組織が選択されていない場合、一般ユーザーは所属組織のメニューが表示され、 システム管理者は共通メニューが表示されます。 desknet's NEOメニューを変更する desknet's NEOメニュー設定タブの機能名リンクを押すと、desknet's NEOメニューの変更画面が表示されます。 設定対象の組織名が表示されます。 desknet's NEOメニュー設定タブで選択した組織名、または 共通メニュー が表示されます。 機能名を表示します。 メニューの使用有無を設定します。 使用有無設定の動作に対して例外の組織を選択します。 [組織選択]ボタンを押すと、組織選択ウィンドウが表示されます。 使用有無で「使用する」を選択した場合 例外の組織に選択された組織が代表組織として設定されているユーザーは、このメニューは表示されなくなります。 使用有無で「使用しない」を選択した場合 例外の組織に選択された組織が代表組織として設定されているユーザーは、このメニュー表示されます。 組織の選択を解除します。 メニューリンクを押した際の起動方法を設定します。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 オプションメニューを設定する 設定メニューの運用設定>画面デザイン設定>オプションメニュー設定のリンクを押すと、メニュー設定画面のオプションメニュー設定タブが表示されます。 オプションメニューを追加します。 選択したオプションメニューの表示順を変更します。 一覧から移動したいデータを選択し、[表示順変更]ボタンを押すと表示順変更モードに画面が切り替わります。 表示順変更モードになった後、選択したオプションメニューの移動先を選択してください。 複数のデータを同時に選択することもできます。 オプションメニューを削除します。 一覧から削除したいものを選択し、このボタンで削除を実行します。 複数を同時に選択することもできます。 オプションメニューの一覧を表示します。 メニュー名リンクを押すと、オプションメニューの変更画面が表示されます。 スライドメニューには表示設定のオプションメニューがすべて表示されます。 オプションメニューを追加する オプションメニュー設定タブの[オプションメニューの追加]ボタンを押すと、オプションメニューの追加画面が表示されます。 メニュー名を入力します。 URLを入力します。 アクセス権を設定します。 [ユーザー/組織/ロール選択]ボタンを押すと、ユーザー/組織/ロール選択ウィンドウが表示されます。 選択したユーザー/組織/ロールはこのメニューが表示されて利用できます。 オプションメニューの表示/非表示を設定します。 スライドメニュー用のアイコンを設定します。 [画像を変更する]のリンクを押すと、以下の選択肢が表示されます。 「アイコンを選ぶ」…用意されたアイコンの一覧が表示されます。 使用するアイコンを選んでください。 「画像をアップロードする」…画像選択表示に切り替わります。 使用したい画像をアップロードしてください。 認証方式を設定します。 URLで指定したサイトに認証が必要な場合、パラメータ認証、またはクッキー認証のどちらかで認証ができます。 パラメータ認証は、用意されている予約語をURL中の任意の場所に入力することで会社情報やユーザー情報をパラメータとして指定できます。 クッキー認証を使用すると、クッキーによるセッションの引継ぎができます。 クッキー認証を設定するために必要な項目については、次をご覧ください。 ・オプションメニューのクッキー認証について• アクセスする際に、認証を行うためのURLを入力します。 Webサーバー側で指定のURLに基本認証が設定されている場合にチェックします。 基本認証に使用する「ユーザーID」と「パスワード」を入力します。 Webサーバーの基本認証をご利用になっている場合、1回目のオプションメニューのクリックの際に、認証ウィンドウが表示されます。 ここでは、Webサーバーに設定されているユーザーIDとパスワードを入力し「OK」ボタンを押してください。 2回目以降のオプションメニューのクリックでは表示されません。 プロキシサーバーを経由して指定のURLにアクセスする場合にチェックします。 システム設定>プロキシサーバー設定で設定しているプロキシサーバーの情報が表示されます。 ログイン用のURLに情報を送信する方式を設定します。 送信方式はGETまたはPOSTから選択します。 認証データと追加データで入力した情報が選択した方式で送信されます。 ログイン用のURLにアクセスした際に、応答が返るまでに待機する時間を設定します。 ログイン用のURLで指定したURLに対して送信するユーザー情報を設定します。 ログイン用のURLで指定したURLに対して送信する追加データを設定します。 入力が完了したら、[追加]ボタンを押してデータを保存してください。 ・desknet's DBにクッキー認証を使用してアクセスする場合の設定例• desknet's DBにログインするためのURLを入力します。 mydomain. cgi "myserver. mydomain. jp"は、desknet's NEOのURLに設定されているサーバー名と同じものを設定してください。 ログイン用のURLにアクセスした際に、応答が返るまでに待機する時間を設定します。 送信する認証データ(ユーザー情報)の名前を設定します。 desknet's DBへのログインでは以下のように設定します。 送信する追加データの名前を設定します。 desknet's DBへのログインでは以下の値の設定が必要になります。 certify:cmd オプションメニューを変更する オプションメニュー設定タブのメニュー名のリンクを押すと、オプションメニューの変更画面が表示されます。 変更が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 オプションメニューを削除する 一覧画面、変更画面の[削除]ボタンを押すと削除確認ウィンドウが表示されます。 削除確認ウィンドウの[はい]ボタンを押すと、該当のオプションメニューが削除されます。 削除されたオプションメニューは復活できません。 十分ご注意ください。 共通デザイン設定をする 設定メニューの運用設定>画面デザイン設定>共通デザイン設定のリンクを押すと、共通デザイン設定画面が表示されます。 タイトルカラーを設定します。 選択した色が各機能の基本色の初期設定値になります。 ポータルの色は「ポータルデザイン設定」で設定してください。 メールアドレスのリンク先の初期設定値を選択します。 "何もリンクしない"を選択した場合、メールアドレスがリンクになりません。 "普段使っているメールソフトにリンクする"を選択した場合、メールアドレスのリンクを押すと、普段使用しているメーラーが起動します。 "「ウェブメール」機能にリンクする"を選択した場合、メールアドレスのリンクを押すと、ウェブメール機能のメール作成画面が表示されます。 "「ウェブメールIMAP」機能にリンクする"を選択した場合、メールアドレスのリンクを押すと、ウェブメールIMAP機能のメール作成画面が表示されます。 ウェブメールIMAP機能が無効の状態で"ウェブメールIMAP機能にリンクする"を選択した場合は、"何もリンクしない"と同じ動作になります。 メールアドレスのリンクが表示される画面には次のようなものがあります。 各ユーザーのプロフィールウィンドウに表示されるメールアドレス• 利用者名簿一覧のメールアドレス• リッチテキストエディタで作成されたmailtoリンク• その他の機能にて、リンク表示されているメールアドレス• 「アドレス帳」起動時の[メール]メニューの初期設定値を選択します。 アドレス帳機能を起動した際、新しく開かれるウィンドウで使用するメール機能を、「ウェブメール」または「ウェブメールIMAP」に設定します。 ウェブメールIMAP機能が無効の状態で"「ウェブメールIMAP」機能を起動する"を選択した場合は、"「ウェブメール」機能を起動する"と同じ動作になります。 「メール」リンクの連携先の初期設定値を選択します。 以下の機能で[メール]リンクを押した場合の連携先を設定します。 スケジュール機能• 回覧・レポート機能• インフォメーション機能• キャビネット機能• プロジェクト管理機能 "連携しない"を選択した場合、各機能の[メール]リンクは表示されません。 "「ウェブメール」機能に連携する"を選択した場合、[メール]リンクを押すと、ウェブメール機能のメール作成画面が表示されます。 "「ウェブメールIMAP」機能に連携する"を選択した場合、「メール」リンクを押すと、ウェブメールIMAP機能のメール作成画面が表示されます。 変更不可のチェックボックスのチェックを外すと、ユーザーのデザイン設定の該当項目が変更できなくなります。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 お知らせ通知を設定する 設定メニューの運用設定>画面デザイン設定>お知らせ通知設定のリンクを押すと、お知らせ通知設定画面が表示されます。 各機能からのお知らせの通知設定ができます。 ユーザー個人毎にお知らせ通知設定の変更を許可するかを設定します。 「許可しない」に設定した場合、一般ユーザーは個人設定でお知らせ通知設定を変更できなくなります。 各機能のお知らせ通知を設定します。 通知を受け取りたくない機能は、「通知」のチェックを外してください。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ログイン画面のデザインを設定する 設定メニューの運用設定>画面デザイン設定>ログイン画面デザイン設定のリンクを押すと、ログイン画面デザイン設定画面が表示されます。 ログイン画面のデザインの設定ができます。 現在の設定を表示します。 画像のファイル、ログイン情報入力欄の配置が表示されます。 プレビューを表示します。 ボタンを押すと、現在設定中の画像、ログイン情報入力欄を別ウィンドウで表示します。 実際にどのように見えるかを確認できます。 ログイン情報入力欄の位置を変更します。 配置したい位置のボタンを押すと、ログイン入力欄がその場所に移動します。 設定中の画像の情報が表示されます。 ファイル名のリンクを押すと、別ウィンドウに画像が表示されます。 設定する画像を追加します。 [画像追加]ボタンを押すと、画像の添付ウィンドウが表示されます。 追加する画像を選択して[OK]ボタンを押すと画像データが保存されます。 画像を削除します。 画像一覧から削除したいものを選択し、このボタンで削除を実行します。 複数を同時に選択することもできます。 登録した画像の一覧を表示します。 画像のファイル名、登録日が表示されます。 ファイル名のリンクを押すと、別ウィンドウに画像が表示されます。 画像を押すと、設定確認ウィンドウが表示されます。 確認ウィンドウで[はい]ボタンを押すと、対象の画像がログイン画面に設定されます。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ログイン画面のロゴを設定する 設定メニューの運用設定>画面デザイン設定>ログインロゴ設定のリンクを押すと、ログインロゴ設定が表示されます。 ログイン画面のロゴの設定ができます。 プレビューを表示します。 ボタンを押すと、現在設定中のログイン画面デザインにロゴを追加したプレビューを別ウィンドウで表示します。 実際にどのように見えるかを確認できます。 ログイン画面のロゴを設定します。 ラジオボタンの[指定したロゴを使用する]をチェックすると、選択した画像がログイン画面に表示されます。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 モバイルログインを設定する 設定メニューの運用設定>モバイル設定>モバイルログイン設定のリンクを押すと、モバイルログイン設定画面が表示されます。 ログインIDを保存するかを設定します。 パスワードを保存するかを設定します。 セッション情報の有効期間を設定します。 モバイル端末のブラウザがログイン状態を維持することができる有効期間を設定します。 入力が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 ・セッション情報の有効期間に4日間以上の日数、または無制限を入力した場合、確認ウィンドウが表示されます。 モバイルメニューを設定する 設定メニューの運用設定>モバイル設定>モバイルメニュー設定のリンクを押すと、モバイルメニュー設定画面が表示されます。 モバイル版で使用するメニューを設定します。 メニューの設定状況が表示されます。 メニューの設定状況が表示されます。 機能名リンクを押すと、モバイルメニュー設定の変更画面が表示されます。 モバイルメニューを変更する モバイルメニュー設定画面の機能名リンクを押すと、メニューの変更画面が表示されます。 機能名を表示します。 メニューの使用有無を設定します。 設定が完了したら、[変更]ボタンを押してデータを保存してください。 添付ファイルのダウンロードを制限する 設定メニューの運用設定>モバイル設定>添付ファイルダウンロード不可設定のリンクを押すと、添付ファイルダウンロード不可設定画面が表示されます。 モバイル版で添付ファイルのダウンロードを制限する機能を設定します。 添付ファイルのダウンロードを制限する機能を設定します。 添付ファイルのダウンロードを許可しない機能のチェックボックスを外してください。

次の

Office で使用するアカウントと、それが必要な理由

組織 の データ を ここ に 貼り 付ける こと は できません

IR(Inversion Recovery 法とは? 反転回復(IR)法は、T1(縦緩和時間)強調度をより強く表現した画像を得ることのできるパルスシーケンスのことです。 これによって、水や脂肪といった組織からの信号を抑制し、画像のコントラスト表現を変化させ、水の中に隠れた病気や脂肪の中に紛れてしまった病気などを見つけることができます。 では、どうやってT1値を強く表現するのでしょうか。 これについては順を追って説明したいと思います。 そもそも、MRI装置内では、患者さん自身は磁石になっており、外部磁場の方向に沿った縦方向の磁場を持っています。 (元の上方向の縦磁化に戻ろうとする) しかし、その途中には必ず縦方向の磁場と下方向の磁場がトータルで0になるタイミングあります。 これがnull pointと呼ばれるものです。 この時は、その組織から発せられる信号は全くない状態です。 つまり、抑制したい組織が0になるタイミングで撮影を開始すれば、その組織からの信号による影響を亡くした画像を得ることが出来ます。 ここからは、ふつーのスピンエコー(SE)法やファーストスピンエコー(FSE)法と同じです。 MRI画像を作成するためには横磁化成分が必須です。 でも、null pointになる組織(縦磁化成分のない組織)は横磁化を発生することはありません。 撮影するための環境準備から撮影開始までの時間と考えていいかもしれません。 スポンサーリンク null pointのタイミングとは? IR法のキモとなる部分が、狙った組織がいつnull pointになるのか? ということです。 null pointになっていなければ、抑制したい組織からも信号が発せられ、画像上に表れることになります。 では、どうやって求めるのか? これには、求める式があります。 ・脳脊髄液の場合 1. そのために磁場の不均一による緩和の乱れを正すことができるのです。 抑制した組織が目的の組織だけとは限らない。 低いSNRを補うために加算回数を 増加させるなどの対策が必要だが、撮像時間の長くなってしまう。 IR法を使った撮影像とは? 一番、代表的な撮影としては、STIRとFLAIRです。 ・STIR short TI inversion recovery null pointを脂肪に標準を合わせ、脂肪を抑制した画像。 出典:www. neuroradiologycases. com- ・FLAIR fluid-attenuated inversion recovery null pointを液体に標準を合わせ、液体を抑制した画像。 よく頭部の脳脊髄液を抑制し、MS(多発性硬化症)斑のような脳室周囲の高信号病変をはっきりさせるために用いられます。 出典:www. neuroradiologycases. com.

次の

基本的な操作

組織 の データ を ここ に 貼り 付ける こと は できません

メンバーは、組織の管理者から電子メールで送られた招待を承認して組織向けアカウントを作成すると、組織に加入できます。 メンバーになると、組織の注目のコンテンツのギャラリーなど、カスタマイズされたサイトのビューを表示でき、組織で共有されているコンテンツおよびグループにアクセスできます。 また、メンバーの中には、ホストされたサービスを公開する権限(ロール)を持つものもいれば、管理者権限を持つものもいます。 詳細については、「」をご参照ください。 管理者は、ユーザが使用する組織向けアカウントを事前に設定するか、もしくは使用するアカウントをユーザ自身が組織サイトと関連付ける(たとえば、既存のアカウントを登録する)設定をします。 アカウントが組織サイトに関連付けられると、そのアカウントはその組織サイトの一員となります。 固有のログインが存在する場合でも、そのアカウントは、ユーザが所有するのアカウントではないので、ユーザが組織サイトから抜けた場合はユーザに帰属しません。 管理者が後で組織サイトからユーザを削除した場合、そのユーザのマップ、データ、グループなどはそのまま組織サイトに残るため、他のメンバーに再割り当てを行います。 ユーザのアカウントは、たとえそれが組織サイトへ加入する前にユーザ自身によって設定されていても、システムから削除されているのでユーザはこれ以降アクセスすることはできません。 手順:• 電子メールを開き、ユーザ名を書き留めます。 ユーザ名では大文字と小文字が区別されます。 [このリンクをクリックしてアカウントの設定を終了し、パスワードを登録してください。 ] というテキストの下のリンクをクリックします。 半角の英数字、もしくはそれらの組み合わせで構成される 8 ~ 28 文字のパスワードを入力します。 特殊文字や空白文字は使用できません。 パスワードでは小文字と大文字が区別されます。 確認のためパスワードを再入力します。 [本人に関する質問] を選択して答えを入力します。 答えとして入力可能なのは半角の英数字のみです。 [利用条件の確認と同意] ボタンをクリックします。 利用条件を読んで、 [同意する] ボタンをクリックし条件に同意します。 [サイン イン] ボタンをクリックし、 [OK] をクリックして組織サイトへの加入条件に同意します。 組織サイトに加入すると、アカウントに含まれるアイテムはすべて、組織サイトのコンテンツの一部となり、管理者が変更および削除できるようになります。 ユーザが組織サイトから抜けると、コンテンツやグループを含めて、そのユーザ アカウントが ArcGIS Online から削除され、ユーザ本人または組織サイトのメンバーはそのユーザのアイテムを使用することができなくなります。 手順:• 電子メールを開いて、 [加入するには、このリンクをクリックしてください。 ] というテキストの下のリンクをクリックします。 すでに Esri グローバル アカウントを ArcGIS Online に登録済みで、そのアカウントを組織向けアカウントとして使用する場合は、ユーザ名とパスワードを入力して [サイン イン] をクリックします。 トライアル サブスクリプションに加入している場合、このオプションは使用できません。 新しいアカウントを作成する必要があります。 Esri グローバル アカウントを持っているがまだ ArcGIS Online に登録していない場合、そのアカウントを組織向けアカウントとして使用するには、最初に でそのアカウントを登録してからサイン イン ページに戻ります。 ユーザ名とパスワードを入力し、 [サイン イン] をクリックします。 トライアル サブスクリプションに加入している場合、このオプションは使用できません。 新しいアカウントを作成する必要があります。 新しい組織向けアカウントを作成して、そのアカウントを組織向けアカウントとして使用するには、 [アカウントの新規作成] ボタンをクリックします。 半角の英数字、もしくはそれらの組み合わせで構成される 6 ~ 24 文字のユーザ名を入力します。 また、次の特殊文字(. その他の特殊文字や空白文字は使用できません。 ユーザ名では大文字と小文字が区別されます。 半角の英数字、もしくはそれらの組み合わせで構成される 4 ~ 28 文字のパスワードを入力します。 特殊文字や空白文字は使用できません。 パスワードでは小文字と大文字が区別されます。 確認のためパスワードを再入力します。 ユーザの氏名および電子メール アドレスを入力し、確認のため電子メール アドレスを再入力します。 [本人に関する質問] を選択して答えを入力します。 答えとして入力可能なのは半角の英数字のみです。 [利用条件の確認と同意] ボタンをクリックします。 利用条件を読んで、 [同意する] ボタンをクリックし条件に同意します。 [サイン イン] ボタンをクリックし、 [OK] をクリックして組織サイトへの加入条件に同意します。

次の