コロナ ウイルス 死亡 日本 人。 新型コロナの死亡率が低い日本人 すでに免疫持っているとの仮説|NEWSポストセブン

新型コロナ、日本人の低死亡率に新仮説…すでに“集団免疫”が確立されている!? 識者「入国制限の遅れが結果的に奏功か」 (1/3ページ)

コロナ ウイルス 死亡 日本 人

世界中で130万人以上が感染し、8万人以上の死者が出ている新型コロナウイルス(4月8日現在)。 世界の研究者が驚くのが、日本の死亡率の低さだ。 3月末時点で人口10万人あたりの日本の死者数は0. 04人。 一方でイタリアは同17. 79人、スペインは同15. 64人と大きな差がある。 医療ジャーナリストの鳥集徹(とりだまり・とおる)さんが説明する。 「原因については諸外国も関心を持っていますが、現状では日本はウイルス感染の有無を調べるPCR検査数が絞られているため、感染数や死亡数が過小評価されているとの指摘がある。 あまり他人と直接的に接触しない、大声でしゃべらないといった行動様式や、マスクや手洗いなどの習慣が日本における感染拡大を防いでいる可能性も考えられます」 また、日本におけるBCG接種率の高さが重症化を抑えている可能性を指摘する声もある。 さらに注目されるのが、「日本人は新型コロナの免疫を持っている」という新たな仮説だ。 新型コロナにはS型と感染力の強いL型があり、京都大学大学院医学研究科・医学部特定教授の上久保靖彦さんらは論文で「S型がL型よりも早く中国から伝播し、部分的な抵抗力を与えた」と発表した。 「昨年末まで日本はインフルエンザが史上最高ペースで流行していましたが、今年になってから急速に流行がストップしました。 その理由を、論文では昨年末から日本にS型が流入して、インフルエンザ感染を阻害している可能性を示唆しました。 そのため、L型にも部分的な集団免疫を付与しているという内容でした」(医療ジャーナリスト) 諸外国が驚く「日本の奇跡」を維持するには、自らのリスクを正しく知り、対策を進めることが肝要だ。

次の

安倍政権が隠す新型コロナ「日本の奇跡」の原因 死亡率が欧米の100分の1なのは自粛のおかげではない(1/3)

コロナ ウイルス 死亡 日本 人

PCR検査で感染を確認されていない死亡者が潜む可能性がある(愛知県豊明市の検査デモ) 新型コロナウイルスの感染が拡大した2月中旬から3月までに肺炎などの死亡者が東京23区内で200人以上増えた可能性がある。 同じ期間に感染確認された死亡数は都全体で計16人。 PCR検査で感染を確認されていないケースが潜み、把握漏れの恐れがある。 こうした「超過死亡」の分析に必要な政府月報の公表は2カ月遅れで、欧米の対応と差が出ている。 肺炎などの死亡数は、国立感染症研究所が「インフルエンザ関連死亡迅速把握システム」に基づき、公表している。 集計では各保健所が死亡診断書の死因のうち、インフルエンザか肺炎を含む死亡数を入力する。 感染研が過去の流行状況から推定した「流行なしの死者数」と比較し、統計的な誤差を超えた場合に超過死亡と判断する。 インフルエンザの流行を評価するために開発された。 肺炎など直接関連する死因で比べると、持病で死亡して医師が感染を疑わずに検査していないケースも含め流行の影響を推定できる。 すべての死因で比較すると、外出自粛などの対策による交通事故死や自殺の増減を含め、流行と対策が社会に与えた影響を総合的に推定できる。 国際比較の指標にもなる。 現時点の公表データによると、超過死亡は2月17日の週から3月下旬まで5週連続で発生。 流行がなかった場合を50~60人上回り、計200人を超える。 感染研が定義する「統計的な誤差を上回った死者数」という超過死亡数でも5週連続で20~30人程度に上る。 実数は公表していない。 超過死亡は19年後半も発生。 インフルエンザの流行が早く、東京都で12月上旬に流行が拡大した影響とみられる。 年明けには終息しており、再び超過死亡が発生した2月中旬以降は新型コロナが影響した可能性がある。 感染研は「集計は例年、インフルエンザの流行が終わる3月末の死亡日までが対象。 入力期限の5月末以降でないと今シーズン全体の分析はできない」としている。 世界保健機関(WHO)は感染症の影響を分析する指標として超過死亡を推奨している。 肺炎以外を含む総死亡数は厚生労働省が人口動態調査で死亡数などを毎月集計。 都道府県からの報告は省令で「翌々月の5日まで」と定められ、公表は約2カ月後だ。 検査未確認の死亡数が増えたとみられる4月分の公表は6月下旬になる。 集計が遅いのは、届け出の電子化が進んでいないこともある。 手書きの死亡届を受けた市区町村は電子システムに入力して保健所に送付するのに「一定の期間が必要」(同省)なためだ。 【関連記事】• 欧米では迅速な死亡数の集計・公開が進む。 3月以降、感染が急拡大した米ニューヨーク市は、死亡数をリアルタイムで把握する電子統計報告システムを開発した。 市保健当局によると、WHOがパンデミックを宣言した3月11日から5月2日までの全死亡数は3万2107人。 過去5年と比較し、2万4172人を超過死亡と推定。 欧米メディアは公開データに基づき、死亡数は新型コロナで死亡したと報告された数より5~6割程度多く、超過死亡があると分析している。 英医学誌ランセットは「週単位で超過死亡を把握することがパンデミックの規模を評価して適切な対策を打ち出すために最も必要」と指摘する。 第2波に備え、検査の拡充や感染症に応じた医療態勢の強化だけでなく、データの公開が不可欠。 横浜市立大学の五十嵐中・准教授(医療経済)は「迅速にデータを収集・公開し、民間とも連携し対策に役立ててほしい」と訴える。 (社会保障エディター 前村聡、高橋そら).

次の

日本国内の感染者9800人 NHKデータ分析 見えてきた特徴は 特設サイト 新型コロナウイルス

コロナ ウイルス 死亡 日本 人

PCR検査で感染を確認されていない死亡者が潜む可能性がある(愛知県豊明市の検査デモ) 新型コロナウイルスの感染が拡大した2月中旬から3月までに肺炎などの死亡者が東京23区内で200人以上増えた可能性がある。 同じ期間に感染確認された死亡数は都全体で計16人。 PCR検査で感染を確認されていないケースが潜み、把握漏れの恐れがある。 こうした「超過死亡」の分析に必要な政府月報の公表は2カ月遅れで、欧米の対応と差が出ている。 肺炎などの死亡数は、国立感染症研究所が「インフルエンザ関連死亡迅速把握システム」に基づき、公表している。 集計では各保健所が死亡診断書の死因のうち、インフルエンザか肺炎を含む死亡数を入力する。 感染研が過去の流行状況から推定した「流行なしの死者数」と比較し、統計的な誤差を超えた場合に超過死亡と判断する。 インフルエンザの流行を評価するために開発された。 肺炎など直接関連する死因で比べると、持病で死亡して医師が感染を疑わずに検査していないケースも含め流行の影響を推定できる。 すべての死因で比較すると、外出自粛などの対策による交通事故死や自殺の増減を含め、流行と対策が社会に与えた影響を総合的に推定できる。 国際比較の指標にもなる。 現時点の公表データによると、超過死亡は2月17日の週から3月下旬まで5週連続で発生。 流行がなかった場合を50~60人上回り、計200人を超える。 感染研が定義する「統計的な誤差を上回った死者数」という超過死亡数でも5週連続で20~30人程度に上る。 実数は公表していない。 超過死亡は19年後半も発生。 インフルエンザの流行が早く、東京都で12月上旬に流行が拡大した影響とみられる。 年明けには終息しており、再び超過死亡が発生した2月中旬以降は新型コロナが影響した可能性がある。 感染研は「集計は例年、インフルエンザの流行が終わる3月末の死亡日までが対象。 入力期限の5月末以降でないと今シーズン全体の分析はできない」としている。 世界保健機関(WHO)は感染症の影響を分析する指標として超過死亡を推奨している。 肺炎以外を含む総死亡数は厚生労働省が人口動態調査で死亡数などを毎月集計。 都道府県からの報告は省令で「翌々月の5日まで」と定められ、公表は約2カ月後だ。 検査未確認の死亡数が増えたとみられる4月分の公表は6月下旬になる。 集計が遅いのは、届け出の電子化が進んでいないこともある。 手書きの死亡届を受けた市区町村は電子システムに入力して保健所に送付するのに「一定の期間が必要」(同省)なためだ。 【関連記事】• 欧米では迅速な死亡数の集計・公開が進む。 3月以降、感染が急拡大した米ニューヨーク市は、死亡数をリアルタイムで把握する電子統計報告システムを開発した。 市保健当局によると、WHOがパンデミックを宣言した3月11日から5月2日までの全死亡数は3万2107人。 過去5年と比較し、2万4172人を超過死亡と推定。 欧米メディアは公開データに基づき、死亡数は新型コロナで死亡したと報告された数より5~6割程度多く、超過死亡があると分析している。 英医学誌ランセットは「週単位で超過死亡を把握することがパンデミックの規模を評価して適切な対策を打ち出すために最も必要」と指摘する。 第2波に備え、検査の拡充や感染症に応じた医療態勢の強化だけでなく、データの公開が不可欠。 横浜市立大学の五十嵐中・准教授(医療経済)は「迅速にデータを収集・公開し、民間とも連携し対策に役立ててほしい」と訴える。 (社会保障エディター 前村聡、高橋そら).

次の