アイホン 録音 の 仕方。 【実用】YouTubeの音声を録音する方法【PC・iPhone対応】

iPhoneの録音機能「ボイスメモ」の裏技!知らないと損!

アイホン 録音 の 仕方

Androidでインターネットを... 404,009件のビュー• Android端末を利用している... 377,074件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,072件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,527件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,394件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 228,128件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,013件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,808件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,508件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,153件のビュー.

次の

【iphone】通話や音声の「録音をする」便利な6つの方法

アイホン 録音 の 仕方

注意点! 以前(iOS 11まで)のボイスメモは、トリミングしたファイルを保存するときに上書き保存か名前を付けて保存かを選べました。 しかし iOS 12で新しくなったボイスメモは、選択の余地なく上書き保存になります。 そのため編集前のファイルを残したい場合、 先に複製しておいてから編集に入ってください。 よくある疑問、トラブル対処法 録音時間に制限はある? 特に制限はありません。 何時間でも録音し続けられます。 もちろんiPhone本体の空き容量が無くなればそれ以上は保存できないため、長時間録音するなら十分な空きを確保してください。 録音が勝手に止まってしまう 電話を着信したときや、アラームが鳴ったときには録音が止まってしまいます。 通信を遮断する「機内モード」や、電話を含め各種通知がオフになる「おやすみモード」を活用するといいでしょう。 おやすみモードであればネット接続はできますし、機内モードと同じくコントロールセンターからワンタッチでオンにできるのでオススメです。 機能に物足りなさを感じたら「サードパーティ製の録音アプリ」を使おう 『ボイスメモ』は簡単に使えてとても良いアプリですが、機能に物足りなさを感じる方はサードパーティ製アプリを使う選択肢もあります。 サードパーティ製のアプリはより高機能だったり、特定のニーズに応えたアプリだったりするので、あなたの目的に合ったものを探してみてください。 ここでは2つのおすすめアプリをご紹介します。 『Dictaphone』自動無音カットや倍速再生など圧倒的に多機能 フルバージョンを使うには課金(単発)が必要ですが、十分すぎるほどの機能を備えた録音アプリです。

次の

iPhone/iPadの画面を録画する方法 新機能『画面収録』の使い方

アイホン 録音 の 仕方

このアプリは「グループ通話」という機能を使い、第三者との通話が録音用で疑似的な録音を可能としています。 グループ通話をするために事前申し込みを各キャリアで行う必要があるなど、少し手間がかかりますが、このアプリは ダウンロードするだけですぐに使うことができます。 録音するには、ダウンロードしたアプリを起動し、 「起動コード」を入力してください。 画面が切り替わったら、 「録音」ボタンをタップしましょう。 しばらくすると、色々な項目が出てくるので 「通話を追加」を選択。 その後、 「グループ通話」をタップすると、録音が自動的に開始されます。 録音はメールなどで相手に送ることもできるので、とても便利です。 iphoneのホームボタンを1回押してから、ホーム画面を表示してください。 アプリアイコンが一覧で並んでいるところに、 「ボイスメモ」アプリがあるのでタップします。 起動したら、画面下部にある 「赤い丸」を1回タップすると、録音が開始され、同じ場所をもう一度タップすると 「一時停止」します。 一時停止中に、画面右側にある 「完了」を選択すると、名前を付けて保存が完了。 これだけで音声を録音できますし、簡単な編集もできるため自分の都合に合わせて使うことができます。 スポンサーリンク 3.iphoneに挿せる「外付けマイク」を使って録音する方法 「ボイスメモ」アプリを使えば、「録音」はできますがiphoneに搭載されている マイクの性能はあまり高くありません。 そのため大切な音声部分で雑音が入ったり、聞き取りづらかったりするとせっかく録音したものが台無しになるでしょう。 そんな時に役立つのが、 です。 高性能のマイクを外付けすることにより、高品質な録音が可能となります。 嬉しいことに、外付けマイクを使えば「カメラ」アプリから動画を録画するときにも、 高品質な録音ができるんですね。 マイクに汚れが詰まっていると、声をうまく拾えないので録音が上手くいきませんから、マイクの汚れを取り除いてあげてください。 汚れが無いのであれば、iphone内部にエラーが起きている恐れがあるので本体を 「再起動」します。 「スリープ」ボタンを長押しして、画面をスライドすれば電源が落ちるので、その後再び「スリープ」ボタンを長押ししましょう。 再起動が完了したら、録音ができるか 「ボイスメモ」を使って確かめてください。 iphoneの再起動でも、録音が上手くできないならiphone本体、あるいはICレコーダーなどが 故障している可能性があります。 この場合、個人ができる対処はないので、「Appleサポート」に相談するか、購入した機器メーカーに相談しましょう。 スポンサーリンク まとめ ここでは、 iphoenで通話や音声の「録音をする」便利な6つの方法ついて紹介していきました。 録音するには、 「ボイスメモ」というアプリを使ったり、 「外付けマイク」を使用するといった方法があります。 通話を録音したいなら、専用のアプリや通話録音に特化した機器を購入しなければいけません。 録音をしたいと思う場面は、生活を送っていれば多く出くわすので、iphoneで録音できる方法を知っておくと生活がより快適になりますよ!.

次の