ヤマハ xsr155。 ヤマハ XSR155の中古バイク・新車バイク探しはバイクブロス

ヤマハ XSR155:身長167cmの足つき

ヤマハ xsr155

バイク王国タイから、タイYAMAHAが発表した「 XSR155」。 おしゃれなスクランブラースタイルでありながら排気量は小さく、「そうそう、こういうのが欲しかったんだよ!」とバイク好きを大興奮させた名車です。 そのPV動画がカッコイイので紹介したいと思います。 バイクと言えば美女。 タイの美女がXSR155にまたがり颯爽と走る姿が刺さります! XSR155の魅力がつまった動画を紹介! スレンダーな美女が自宅から出かけるその先はガレージ。 そしてガレージの中にはXSR155がどっしりと佇んでいます。 シャッターが開き、光が差し込むガレージに少しずつXSR155の姿が見えてきました。 ネオレトロのようなスクランブラーのような、個性的な美しいバイク。 美女にもピッタリなバイクではしょうか。 角度を変えて見てもカッコイイ! さて、XSR155の美女がヘルメットをかぶり、装備を整えて走りに行くようです。 しかし、ヘルメットとグローブはしているけど、 スーツ姿とかなり軽装ですね。 これもお国柄でしょうか。 日本でこの軽装でバイクに乗っていたら、撮影とは言えども危ないなぁと思ってしまうレベルです。 しかも、 足下はハイヒールときた。 タイではバイクは生活の一部という人も多く、 バイクの免許に関しては上手く合格すれば即日発効。 しかも 費用は1000バーツ(日本円で約3000円)ほどというから驚きです。 日本では大型二輪免許証を所得しようとすれば、教習所へ通うと30万円ほどかかってしまいますから、やはり日本とタイではバイク事情がかなり違っている事が伺えます。 アジアの国に行くと、そのバイクの多さに驚きますがタイは桁違いですよね。 以前は小型バイクが主流でしたが、最近では大型バイクが沸々と人気が出ているとか。 この動画のような美しい女性ライダーも増えてきそうです。 そして、この美しい女性ライダーはハイウェイに乗りジャケットをなびかせながら、どこかに向かうのです。 後ろ姿がまたグッときますよね! 彼女が向かった先は、タイの田園風景が広がる田舎町。 なぜここに来たのかは謎ですがこの 笑顔にキュンとしてしまいます。 一瞬で心を奪われてしまいました。 そして夕暮れになり、すこし暗くなった所でLEDヘッドライトの紹介です。 まさかここにヘッドライトの紹介を持ってくるとは予想外でしたが、カッコよくキマってます!最後は女性ライダーと田園風景。 少し謎めいた彼女が見つめるその先は…… できれば、ヒールは避けてもらいたかった所ですが、 カッコイイからマイペンライ!男心にグッと刺さる動画をご覧ください。 最後に YAMAHA XSR155と美女の動画はいかがでしたでしょうか。 美しい女性がバイクにまたがり颯爽と走る姿は、かっこいいですね!タイの雰囲気がよく出ている所も刺さりました! また海外のかっこいいバイク動画がありましたらご紹介したいと思います。

次の

【海外発表】ヤマハ「XSR155」が新登場! VVA搭載の155ccで現地では約31万5000円[カスタムでさらに化ける!]

ヤマハ xsr155

SOX川口さんにて、XSR155が初上陸ということで、ちょっと遠かったんですが実車を見に行ってきました! ついでに跨がらせてもらいましたので素人目線ながら感想などを記しておきます。 いやー、一言でいって ムチャクチャカッコイイですよ! まず見た目の第一印象ですが、サイズ感は小柄な250ccクラスって感じでしょうか。 タンクが大きくて、着座位置からはけっこう迫力があり大きめに見えます。 私のようにブランクがある年寄りライダーが乗るにはちょっと恐い感じもしますが、慣れてしまえば大きすぎず小さすぎず、乗ろうと思った時にすぐ乗れるちょうど良いサイズじゃないでしょうか。 外人のモデルさんが乗っている写真ではもうちょっと小ぶりに見えたのですが、それと比較すると半周りほど大きいですかね。 展示されていた車両カラーはシルバーと赤白の二台。 自分が買うならこのどちらかです。 実物を見たら「こっち!」と決められそうな気がしたのですが、ますます迷う結果になってしまいました。 どっちも最高にクールで決めかねます。 では跨がらせてもらいます。 シートは少し高めで(そこがいいんですが)、身長173cm 62kg で両足のカカトがなんとか着きます。 足を着くときにシートが内股に当たり、足つきの邪魔になっている感じがしました。 シートと内股が干渉するサイド部分が少し面取りされていたら、足つきに安心感が出たと思います。 そのシートは、見た目タックロールで柔らかそう、と思っていたのですが、それほどでもなく、そこそこ固いです。 表面も柔らかくはありません。 でも、着座位置は幅広で長時間乗っても苦痛になることはなさそう。 乗ってないので分かりませんが。 シート表面は、ブラックとブラウンで質感が違うように見えますが、表面のシボの具合が違っていて、ブラックはシボの目が粗く、ブラウンは細かくなっています。 それが見た目の違いに表れているようです。 固さは恐らく一緒だと思います(シルバーは売約車だったため触ることが出来ませんでした)。 黒いシートの赤いステッチが素敵ですね。 ハンドルに手をかけてみますと、まー幅が広い!そしてほぼ真っ直ぐ! 何年と中型クラスに乗っていないせいか、とにかく幅広。 すり抜け出来る気がしません。 私の腕は長い方ですが、それでもハンドルは遠く、かなり腕を突っ張った感じのポジションになります。 腕の短い人や小柄な方は少し辛いかもしれません。 あまり辛いようだったら、バーハンドルなので幅の狭いものや絞りのあるものに交換した方が楽そうです。 ステップはキャラクターの割には若干ですが後ろ気味かな、と感じます。 これはMT-15ベースなので致し方なし、というところでしょうか。 慣れてしまえば何とも思わなくなると思います。 デザイン上の僅かな違いとして、タンクにあるメーカーロゴがシルバーは立体的なエンブレムに対し、赤白はよくあるシールの上からクリア塗装みたいな感じで平面的になっていました。 また、シルバーのサイドカバーが艶消しに対し、赤白は艶ありです。 シルバーのタンクは艶消しではなく半艶っぽい感じで絶妙です。 赤白はもちろんツヤツヤです。 その他、ヘッドライトやテールランプ、メーターなど、非常に造りが良く質感も高く満足できます。 IRC製とのことで品質は問題なさそうですね。 ところで、このXSR155は言わずもがな国内正規販売ではありませんので、心配なこともありますよね。 故障やリコールといった問題です。 YAMAHAの製品ですから、基本的に信頼性はありますが、機械ですから時には故障することもあるでしょう。 その点について、SOXさんでは新車に2年保証がついています。 本国でリコールがあった場合もきちんと対応してもらえるそうです。 安心ですね。 また、消耗品のストックは国内にあるそうです。 消耗品とは、タイヤ・バッテリー・ブレーキパッド・チェーン・ネジ類・ゴム類(フロントフォークゴム等)とのこと。 いわゆる汎用パーツなので普通に調達できそうなものばかりですけど。 それ以外の部品や外装品などは本国からの取り寄せとなり、調達に一週間ほど時間を要するようです。 何ヶ月もかかるということはなさそうなので、こちらも安心材料ですね。 いやー、欲しい! 気になる乗り出し参考価格はSOXさんで 516,835円! 諸費用込めるとこんな値段に…。 SOXさんも商売ですからね、しょうがないです。 これを高いと見るか、安いと見るか…いや高いでしょ!乗り出し40万のモンキー125ですら手が出ない私ですから、ちょっと無理ですかねぇ。

次の

【海外発表】ヤマハ「XSR155」が新登場! VVA搭載の155ccで現地では約31万5000円[カスタムでさらに化ける!]

ヤマハ xsr155

北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 東京都• 埼玉県• 神奈川県• 千葉県• 茨城県• 群馬県• 栃木県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 愛知県• 岐阜県• 三重県• 静岡県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 長崎県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄 価格• 10万円以下• 10万円~20万円• 20万円~30万円• 50万円~60万円• 60万円~70万円• 70万円~80万円• 80万円~90万円• 90万円~100万円• 100万円~150万円• 150万円~200万円• 200万円以上 走行距離• 5,000km~10,000km• 10,000km~15,000km• 15,000km~20,000km• 20,000km以上 色• ブルー系• ブラウン系• ワイン系• イエロー系• ピンク系• パープル系• グレー系• 詳細条件• ワンオーナー• フルカスタム• ABS• 新着物件.

次の