新生銀行スマートカードローンプラス。 新生銀行『スマートカードローンプラス』専業主婦でも審査の上利用可能な銀行カードローン

新生銀行スマートカードローン プラスは深夜でも借入・返済OK

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行スマートカードローン プラスは、新生銀行グループの無担保カードローンになります。 スマートカードローン プラスは、新生総合口座パワーフレックス(ネットバンキング)を利用していると使いやすく、24時間いつでも振込みサービスが受けられます。 新生総合口座パワーフレックスの利用がない場合でも、契約できるようになっています。 今回は、スマートカードローン プラスの「口コミ」から「審査ポイント」までを解説していきたいと思います。 2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になります。 当サイトでは「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますのでご注意ください。 新生銀行スマートカードローン プラスの基本スペック• 最短翌日で借り入れできる• 新生総合口座パワーフレックスの利用があるとメリットが多い• 口座を持っていなくても、スマホだけで契約が完了する 金利 利用限度額 申込資格 年4. 5%~年14. 新生銀行スマートカードローン プラスの口コミ評判まとめ 良い口コミ• 当日借り入れはできません• 契約後、自宅へ郵送物が送られてくる• 土日祝日を挟むと、借り入れまでに時間がかかる 新生銀行スマートカードローン プラスの審査基準 パート・アルバイト・主婦でも借り入れOK 新生銀行スマートカードローン プラスは、パート・アルバイトでも借り入れできるほか、主婦でも配偶者に一定の収入があれば申し込みオーケーです。 次のように、新生銀行の商品概要にもしっかり明記されています。 お申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下であること。 本人または配偶者に安定した収入のあること (パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。 ) 日本国内に居住していること。 日本国籍をお持ちか、外国籍で日本語が理解でき、永住権または特別永住権をお持ちであること。 新生銀行の指定保証会社である新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができること。 引用元: 年金受給者や学生、自営業者でも融資可能なので、誰でも利用しやすいカードローンといえます。 17:00までの契約完了で、最短翌日借り入れ 申込や書類提出等を17:00までに完了させると、翌営業日の午前中には指定先の口座にお金を振り込んでもらえます。 17:00を過ぎた場合は、翌々営業日が振込日となります。 レイクで借りてても、新たに借りれる? 2018年4月より新生銀行カードローン レイクは新規顧客獲得を停止するため、銀行ニーズのあるユーザーは「新生銀行スマートカードローン プラス」で借り入れすることになります。 しかし既にレイクで借り入れしている場合は、新生銀行スマートカードローン プラスで契約をすることができません。 貸付条件に「当行に他のカードローンのご契約のない方」という記載があり、たとえばレイクから新生銀行スマートカードローン プラスに借り換える場合は、全額完済して契約を解約してからの利用になります。 新生銀行スマートカードローン プラスの審査の流れ web申込み インターネット申込完了後に、審査結果の回答がそのまま画面上に表示されます。 電話や郵送、新生パワーダイレクトを経由しての申込みも可能です。 在籍確認 申込情報を確認するための在籍確認がおこなわれる場合があります。 在籍確認は、銀行名ではなく担当者の個人名で、勤務先に電話がかかってきます。 必要書類を提出する 指定された必要書類を、スマホで撮影してメールで送付していきます。 郵送やFAXを利用して提出することも可能です。 17:00までの手続完了で、最短翌日の融資 17:00までに必要書類の提出を完了させれば、翌営業日の午前中には審査結果が分かり、その日のうちに指定した先の口座にお金を振り込んでもらえます。 後日、専用カードや契約書類が自宅あてに郵送されるようになっています。 申込時に必要な書類について 借入限度額1〜50万円 本人確認書類 借入限度額51万円〜 本人確認書類、収入を証明する書類 本人確認書類 本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどのいずれか1点の提出が必要になります。 収入を証明する書類 50万円を超えて契約する場合は、収入を証明する書類として源泉徴収票・住民税決定通知書・納税通知書などのいずれか1点を合わせて提出していきます。 新生パワーダイレクトの利用があれば本人確認書類が不要 新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を経由して申込みをすると、原則 本人確認書類が不要で契約できるようになっています。 上述と同じように、限度額が50万円を超える場合は、収入証明書が必要になってきますので、必要書類を何も提出しないで借り入れしたいのなら希望借入額を50万円内に設定しましょう。 普段から新生銀行を利用している人にとって嬉しいサービスです。 家族にバレずに郵送物なしで借りれる? 新生銀行スマートカードローン プラスは、契約後日、本人限定受取郵便で自宅あてに専用カードおよび契約書類等が郵送されます。 契約者本人以外が受け取れないようプライバシー厳守で郵送されますので、家族にバレずに借り入れができます。 利用中にカードローンのお得情報などがハガキで送られてくるケースもありますが、拒否することも可能です。 ただ、レイクの自動契約機で郵送物を受け取るといったことはできないため、自宅郵送物無しの借り入れはできないようになっています。 即日借り入れは可能? 2018年1月より新生銀行を含む銀行のカードローンは即日融資が廃止されました。 新生銀行スマートカードローン プラスは17:00までに契約手続きを完了させれば、翌営業日の午前中には融資金を振り込んでもらえますので、融資スピードは早いほうです。 ただ、土日祝日は審査をしているものの、振込融資は受けられませんので、通常のインターネット申込みの場合は、週明け(翌営業日)の融資になります。 新生パワーダイレクトの利用があれば、土日祝日でも振込融資に対応してもらえます。 即日融資を希望される場合は、同じ新生銀行グループのレイクアルサのようなカードローンを検討されてはいかがでしょうか。 レイクアルサについて下記で紹介していますので、参考にしてください。 新生銀行スマートカードローン プラスの返済方法 新生銀行スマートカードローン プラスは、「口座からの自動引き落とし」「提携ATM」「振込返済」「窓口返済」のいずれかを選択し、返済していきます。 返済日 新生銀行以外の口座から自動引き落としをする場合は、毎月14日または27日のいずれかになりますが、その他の返済方法であれば好きな日にちを指定することができます。 毎月の返済額 毎月の返済額は、金利で分かれており、借入残高に応じて決定されます。 返済期日までに次の返済額を支払っていきます。 0超~14. 8 12. 0以下 1~100,000 3,000円 2,000円 100,001~200,000 5,000円 4,000円 200,001~300,000 7,000円 5,000円 300,001~400,000 9,000円 7,000円 400,001~500,000 11,000円 9,000円 10万円毎に 2,000円ずつ追加 1,000,001~1,200,000 25,000円 20,000円 1,200,001~1,400,000 29,000円 24,000円 1,400,001~1,600,000 33,000円 27,000円 1,600,001~1,800,000 37,000円 30,000円 1,800,001~2,000,000 42,000円 33,000円 2,000,001~2,500,000 52,000円 42,000円 2,500,001~3,000,000 62,000円 50,000円 3,000,001~3,500,000 72,000円 55,000円 3,500,001~4,000,000 82,000円 60,000円 4,000,001~5,000,000 100,000円 70,000円 毎月の約定返済のほか、随時返済をしていくことも可能です。 最低返済額が従来のレイクよりも安くなっているため、返済における不安要素がさらに解消されています。 金利と限度額について 新生銀行スマートカードローン プラスは、借入限度額に応じて金利が決定されます。 借入限度額 金利 10,000円~990,000円 年14. 8% 1,000,000円~1,990,000円 年12. 0% 2,000,000円~2,990,000円 年9. 0% 3,000,000円~3,990,000円 年7. 0% 4,000,000円~5,000,000円 年4. 従来の新生銀行カードローン レイク(最高金利年18. 総量規制の対象?それとも対象外? 法律上は、総量規制の対象から外れますが、貸付額は年収の3分の1までになります。 新生銀行を含む銀行のカードローンは、過剰融資問題の影響を受けて自主的に貸付額を年収の2分の1から年収の3分の1までに引き下げています。 事実上、年収の3分の1以上を貸し付けても問題はありませんが、実際のところ借り入れできないのが現状です。 新生銀行スマートカードローン プラスの貸付条件 借入限度額 実質年率 利用対象 1万円〜500万円まで 4. 5%~14. 8% 満20歳〜70歳以下 遅延損害金 返済期間 返済方式 年20.

次の

新生銀行グループの個人向けキャッシング・ローンは何種類?レイクALSAとの違いは?

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行カードローンの名前は 新生銀行カードローンの正式名称って何だっけ? レイク? とよく分からなくなっている人、多いのではないでしょうか。 新生銀行で現在申し込みができるカードローンの名前は 「新生銀行スマートカードローンプラス」です。 「新生銀行カードローン レイク」だと思った人もいるでしょうが、それは以前の名前となりました。 新生銀行では2011年の10月から、新生銀行カードローン レイクを取り扱っていましたが、現在、レイクは別の会社で取り扱っています。 ちょっとややこしいですよね。 「レイク」の今の持ち主は新生銀行ではなく 現在「レイク」のブランド名を残すローンを取り扱っているのは、新生銀行の子会社である 「新生フィナンシャル」です。 新生フィナンシャルはパーソナルローンや信用保証事業などを行っている会社で、現在では消費者金融サービス 「レイクALSA」を取り扱っています。 レイクALSAはテレビCMでもお馴染みなので、知っている人も多いですよね。 【参考】 など レイクというブランドは新生フィナンシャルで扱われたり、新生銀行で扱われたりしているため、今現在どうなっているんだかイマイチ分からないという人も多いと思います。 新生銀行と新生フィナンシャル、そして「レイク」というブランドの関係を、このあともう少し詳しく見ていきましょう。 の目次に戻る 新生銀行と新生フィナンシャル、レイクの行方 「レイク」といえばもともと、消費者金融のイメージが強い人が多いかもしれません。 それもそのはず、もともとレイクは新生銀行のブランドではなく、子会社である 新生フィナンシャルで取り扱っていた消費者金融のブランドだったからです。 こちらで、レイクブランドの行方を整理しておきましょう。 レイクは新生銀行から新生フィナンシャルに「戻った」 新生銀行ではもともと 「新生銀行スマートカードローン」というカードローンを取り扱っていましたが、もともとレイクというブランドを取り扱っていた新生フィナンシャル (当時の社名はGEコンシューマー・ファイナンス。 ほのぼのレイクを覚えている人もいるかもしれませんね!)を連結子会社化しました。 このとき、知名度の高い「レイク」というブランド名を銀行カードローンの商品名として活かすべく、新生フィナンシャルから引き継いでいます。 そうして、2011年からは銀行カードローンとして、 「新生銀行カードローン レイク」をスタート。 もともと取り扱っていた「新生銀行スマートカードローン」のほうは新規の受け付けを停止しました。 一方の新生フィナンシャルは、カードローンに「レイク」というブランド名を使えなくなってしまったため、これまでに契約している顧客向けに 「新生フィナンシャルカードローン」という名前でローンの取り扱いを継続していました。 しかし、政府からの通達によって、 2018年1月から銀行カードローンの即日融資ができなくなったことなどを受けて状況が変化。 知名度の高い「レイク」ブランドを、 スピード感をもってサービスを提供できる消費者金融で活かすべきとの判断から、レイクの名は再び、新生銀行から新生フィナンシャルに戻されることになったのです。 つまり、 もともと消費者金融だった「レイク」は一旦銀行カードローンになり、現在ではまた消費者金融に戻っているということになります。 この辺が、みなさんが「レイクって消費者金融? 銀行?」と悩んでしまっている理由だと言えそうですね。 新生銀行と新生フィナンシャルの現在のカードローン レイクにまつわる上記のような移り変わりを経て、現在、 新生銀行のカードローンは「新生銀行スマートカードローン プラス」に、 新生フィナンシャルのカードローンは「レイクALSA」として落ち着きました。 元の商品名と区別するためにそれぞれ、 「プラス」と 「ALSA(アルサ)」をつけくわえたのですね。 順番にならべると、 ・申し込み時満20歳以上70歳未満の人で、新生フィナンシャル株式会社の保証を受けられる人 ・本人か配偶者に安定した収入がある人(パート、アルバイト可) ・新生銀行の他のカードローンを契約していない人 担保や保証人は不要で、最高500万円までを1万円単位で借りることができます。 金利は4. 5%~14. 8%となっていて、以下のように区分されています。 <契約額別の借入利率> 限度額 金利 1万円~99万円 年14. 8% 100万円~199万円 年12. 0% 200万円~299万円 年9. 0% 300万円~399万円 年7. 0% 400万円~500万円 年4. 5% 借入方法としては、指定ATMからの借り入れのほか、電話やインターネットから申し込んで銀行振込での借り入れも可能です。 返済方法にも、指定ATMからの直接返済や引き落とし返済、新生銀行指定口座への振込返済などがあります。 新生銀行カードローン レディースレイク 新生銀行のカードローンに以前は 「レディースレイク」というのがありましたが、新生銀行カードローン レイクの新規募集が終了してからは、新たに申し込むことはできなくなっているようです。 なので、新生銀行でカードローンを新規申し込みしたい場合には、「新生銀行スマートカードローン プラス」に申し込むことになります。 この「レディースレイク」は女性スタッフが電話の対応などをしてくれるため女性が申し込みやすいローンでしたが、スペックは通常の新生銀行カードローン レイクと同じでした。 在籍確認の有無や金利、審査基準などにも特に違いはありませんでしたから、違いは基本的に、電話などの対応を女性が担当してくれるかどうかという点のみとなります。 新生銀行スマートカードローン プラスにはレディースプランのようなものは存在していませんが、心配はいりません。 もし男性の担当者だったとしても、親切、丁寧に対応してもらえますし、恥ずかしいと思う必要もありませんよ。 の目次に戻る 新生銀行スマートカードローンプラスの審査 新生銀行スマートカードローンプラスの審査は甘いのか、厳しいのか。 次は審査について探っていきましょう。 新生銀行スマートカードローンプラスの審査基準は? 新生銀行スマートカードローン プラスは、 ・パートやアルバイトの人も申し込める ・20歳以上70歳未満の人が申し込める そんな銀行カードローンです。 年齢や職業、年収などに厳しい制限はないので、新生銀行スマートカードローンプラスの審査基準はさほど厳しくないと考えられるでしょう。 上限金利の 14. 8%という数字についても、 大手の銀行よりは地方銀行に近い水準と言えますから、毎月安定した収入があれば、審査に通る可能性は高いです。 ただ、収入が少ない場合には借り入れができる金額も少なめになると思っておいたほうが良いでしょう。 新生銀行スマートカードローン プラスの審査に落ちる人 特別厳しい審査ではないと言っても、新生銀行スマートカードローンプラスの審査に落ちてしまう人もいます。 審査落ちしてしまうのは主に、 ・他社のカードローン、クレジットカードなどの支払いを2~3カ月以上延滞している人 ・債務整理をした人(自己破産で10年程度、任意整理で5年程度事故情報が残ります) ・他社での借り入れの総額が大きい人 ・複数のカードローンを利用している人 などとなります。 債務整理をした、他社で延滞しているという人は、いわゆる 「ブラック」と呼ばれる状態になってしまっています。 クレジットヒストリー(信用情報)に傷がついている状態ですから、おそらくどこのカードローンの審査にも通りません。 新生銀行スマートカードローン プラスは銀行カードローンですから総量規制は関係ありませんが、自主的に規制ラインは設けていますから、あまりにも他社での借り入れが多ければ、やはり審査に通るのは難しくなります。 借り入れ件数が多い場合にも、警戒されてしまって審査に通りにくいと思っておいたほうが良いでしょう。 また、短期間に多くのカードローンやクレジットカードなどに申し込みをしてしまった場合にも、新生銀行スマートカードローン プラスの審査に通りにくくなります。 何社以上はNGというはっきりした決まりはありませんが、目安としては、 1ヶ月程度の短期間のうちに3~4社以上申し込みしてしまっていると危険だと言えます。 申し込みしただけなのに、と思うかもしれませんが、それだけお金に困っているのだろうと判断されやすくなるため、審査に落ちてしまうのも無理はないでしょう。 申し込みの履歴は 6か月程度残りますから、自分でクレジットカードやカードローンにいつ申し込みをしたか思い出してみましょう。 今後はなるべく、不要な申し込みはしないように心がけたほうが良いです。 新生銀行カードローン レイクの利用者は審査に通らない すでに新生銀行の「新生銀行カードローン レイク」を利用している人は、新たに新生銀行スマートカードローン プラスに申し込むことができません。 新生銀行スマートカードローン プラスに申し込みをしたい人は、一旦新生銀行カードローン レイクを解約してから申し込みましょう。 の目次に戻る 新生銀行スマートカードローン プラスの利用の流れ 新生銀行スマートカードローン プラスへの申し込みはインターネットから行うことができます。 インターネットバンキングの 「新生パワーダイレクト」を利用している人としていない人(口座を持っていない人も含む)では申し込み方法が多少異なりますから、こちらで詳しくチェックしておきましょう。 インターネットから申し込み 新生パワーダイレクトを利用している人はログインして「カードローン」というメニューから手続きに進んでください。 (PCからの申し込みとなります) それ以外の人は新生銀行スマートカードローン プラスの専用フォームから、必要事項を入力して申し込みます。 申し込み後、審査 申し込み後に審査が行われ、その後、契約手続きへと進みます。 契約額、返済に関する方法などを入力します。 通常の申し込みの場合、振込に必要な金融機関の口座情報も入力しましょう。 本人確認書類提出 メール(郵送でも可)で本人確認書類を提出しましょう。 融資実行 指定の口座へ融資が行われます。 新生総合口座パワーフレックスへの振込の場合、深夜でも融資を受けることが可能です。 ローンカードは後日、自宅に郵送されてきます。 ちなみに、申し込みはインターネットのほかに電話や郵送でも行うことができます。 好みの方法で申し込みを行いましょう。 の目次に戻る 新生銀行スマートカードローン プラスの増額 先ほどご覧いただいた通り、新生銀行スマートカードローンプラスの金利は限度額によって区分されています。 ですから、お得に利用するために限度額の増額を希望する人も多いのではないでしょうか。 新生銀行スマートカードローン プラスは限度額の増額を行うことができますが、誰でも簡単に行えるわけではありません。 限度額を増額するには当然、審査があります。 その増額審査は、新規の申し込み時の審査よりも厳しいのが一般的です。 新規申し込みから少なくとも6ヶ月以上、コンスタントに利用して実績を積んでいないと、増額審査に通過するのは難しいと言えます。 当たり前の話ですが、新生銀行スマートカードローン プラスの返済を延滞してしまっている場合には絶対に増額はできないと思っておきましょう。 増額審査の結果、逆に限度額が今より下げられてしまう可能性もあります。 増額に自信がないときは 他のカードローンを新規で利用することを検討してみましょう。 そしていずれにしても、計画的に利用するようにしましょう。 の目次に戻る 新生銀行カードローンの返済方法 先ほどスペックのところでも触れましたが、新生銀行スマートカードローン プラスの返済方法は3つあります。 1つめは、コンビニなどの指定ATMからの返済。 ATMからの返済にかかる手数料は 無料となっています。 2つめは、指定の口座からの引き落としによる返済。 新生銀行指定の金融機関に限るうえ、事前の申し込みが必要なので注意してください。 3つめは、新生銀行が指定する口座への振込による返済です。 返済日をうっかり忘れてしまいそうな場合には、引き落としによる返済を選択すると良いかもしれません。 ATMからの返済を選択した場合も近くのコンビニから手軽に返済ができますし、手数料がかからないのが嬉しいですね。 決められた返済日以外にも返済を行うことができますから、手持ちに余裕がある時に返済をすることによって少しでも利息を抑えたいところです。 の目次に戻る 新生銀行スマートマネーレンディングが今年開始予定 新生銀行はNTTドコモと提携し、回線の利用期間、料金の支払いの履歴などから算出した 信用スコアによって融資条件などを提示する貸付サービス 「新生銀行スマートマネーレンディング」を今年開始予定です。 これはNTTドコモの 「レンディングプラットフォーム」を活用した融資サービスで、その提携第一弾に新生銀行が選ばれました。 まだ開始前なのであくまでも予定ではありますが、2019年3月の開始を目指しているとのことです。 このようなサービスといえば、みずほ銀行とソフトバンクが開始した 「J. Score ジェイスコア 」がすでにスタートを切っています。 スピードが持ち味の消費者金融にくくられるサービスでありながら、審査に通過すれば 年12. 0%という圧倒的な低金利融資を確実に受けられるとあって、グングン人気を集めていますね。 きっと新生銀行スマートマネーレンディングも、これに続くサービスになることでしょう。

次の

新生銀行『スマートカードローンプラス』専業主婦でも審査の上利用可能な銀行カードローン

新生銀行スマートカードローンプラス

もちろん、スマートカードローンプラスは、 新生銀行の口座を持っていない人でも利用できます。 (カードローンの申込とあわせて口座開設することもできます) インターネットバンキングを使って借入の申込をすることで、深夜でも借入・返済が可能。 急な出費にも対応できるのが特徴です。 借入利率は年4. 5%~14. 8%で、利用限度額は最大500万円です。 仮に最高利率の年14. 8%で10万円を1ヶ月借りた場合、 利息は1,216円となります。 銀行ならではの金利で、限度額の範囲で自由な借入・返済が可能です。 この記事では、新生銀行スマートカードローンプラスの良い点・悪い点を詳しく解説すると主に、はじめて利用する時の注意点も取り上げます。 新生銀行スマートカードローンプラスの強みと弱み 新生銀行のカードローン「スマートカードローンプラス」が持つメリットと、デメリットをまとめます。 新生銀行ならではのメリットとして、「 会員ランクがゴールドランクになる」ことで、ATM手数料や他行あて振込手数料が0円になるというものがあります。 また、申込から審査まではWEB完結で来店不要です。 契約後も、借入の手続きやすべてネット・ATMなどから行えますので、深夜の借入にも対応しています。 パート・アルバイトでも借入可能 新生銀行スマートカードローンプラスの申し込み条件は以下のとおりです。 満20歳以上70歳以下の方• 本人または配偶者に安定した収入がある• 新生フィナンシャル(保証会社)の保証が受けられる方• 職業は申込条件に含まれていませんので、派遣社員や契約社員の方はもちろん、パート・アルバイトの方でも、安定収入があれば申し込めます。 また、収入のない専業主婦の方でも、 配偶者に安定収入があれば申込可能です。 () カードローンの審査の際に、保証会社「新生フィナンシャル株式会社」による二重の審査が行われます。 保証会社は、私たちの連帯保証人となってくれる存在です。 カードローンは、担保不要・連帯保証人も不要のローンサービスです。 しかし、万が一返済ができなくなった場合に備えて、保証会社と契約を結ぶことで「連帯保証人の代わり」を務めてもらう必要があります。 新生フィナンシャル株式会社は、新生銀行グループの保証会社なので安心です。 また、 保証料は無料で、すべてカードローンの借入利率に含まれています。 必要な費用は、カードローンの利用に応じて発生する「利息」のみとなります。 お金の使い道は自由 新生銀行スマートカードローンプラスの良いところは、 お金の使い道が問われないことです。 例えば、住宅ローンや教育ローンなどは、あらかじめ借りたお金の使い道が限定されています。 しかし、カードローンは無担保・無保証でありながら、 資金使途自由なので、旅行代や急な出費に対応するための生活費としても使えます。 (その分、借入金利は高めです) もちろん、教育費や自動車の購入費用などにも使えます。 ただし、唯一の条件として「事業性資金」には使えないというものがあります。 事業の運転資金や設備資金、または起業するための資金には利用できません。 あるデータによると、 多くの人がカードローンの借入額は10万円程度で、生活費を借りる目的に使っているとのことです。 どうしても欲しい商品がある場合など、「給料の前借り」として使うのも、利用方法としては適していると思います。 欲しかったセーターが、今月末までの限定セールで10%OFFになっている。 3万円の商品が10%OFFの27,000円で売られているが、給料日前で手元にお金がない。 このような時に、カードローンが利用できます。 期間限定のセールを利用することで、欲しかったセーターが定価よりも3,000円お得に買えました。 年14. 8%の金利で3万円を借りて、1ヶ月後に翌月の給料で全額返済した場合、 利息は364円です。 (年14. 8%は新生銀行スマートカードローンプラスの最高利率となります) つまり、このケースでは364円の利息を支払い、3,000円の得をしたことになります。 カードローンは上手く利用することで、このようなメリットも手にすることができます。 最高利率は14. 8%、限度額は500万円まで 新生銀行スマートカードローンプラスの 最大利用限度額は500万円です。 他の銀行カードローンと比べると、限度額は小さめですが、多くの人にとってこれだけの利用枠があれば十分だと思います。 また、 借入利率は4. 5%~14. 8%です。 利用限度額が大きくなるほど、借入利率が下がる仕組みです。 借りすぎが心配な方は、金利が高くても利用限度額を小さくしておくことをおすすめしますが、少しでも借入条件を良くしたい場合は、大きめの利用限度額を希望するのが得策です。 8% 100万円~199万円 年12. 0% 200万円~299万円 年9. 0% 300万円~399万円 年7. 0% 400万円~500万円 年4. 5% なお、利用限度額は審査によって決定されます。 大きな利用限度額を希望していても、必ずしもその限度額で審査が通るとは限りません。 限度額が大きすぎるからといって、審査に落ちることはありません。 限度額が大きい場合は、適切な限度額を設定した上で、審査に通してくれます。 スタンダード• ゴールド• プラチナ の3つの会員ステージが存在します。 会員ランクがアップするほど、預金金利が優遇されたり、振込手数料無料回数が増えます。 新生銀行スマートカードローンプラスを契約すると、自動的に、 新生銀行のゴールドステージに昇格します。 ゴールドステージになると、 毎月の振込手数料無料回数が5回にアップします。 無料回数が付与されることで、振込手数料を大きく節約できます。 新生銀行の会員ステージと優遇条件は、で取り上げています。 デメリットはローンカードが発行されること 私が新生銀行スマートカードローンプラスのデメリットだと考えるポイントがあります。 専用のローンカードが発行される カードローンを利用する方の多くが、借金を知り合いや家族に知られることを嫌います。 最近は、銀行のキャッシュカードとローンカードが一体型になっているものも多く、このようなカードローンは「家族に心配をかけずに済む」と評判です。 しかし、新生銀行スマートカードローンプラスは、専用のローンカードを発行するため、財布の中を見られると、家族に心配をかけることになってしまうかもしれません。 銀行キャッシュカードで利用できるカードローンには、があります。 もっとも、新生銀行スマートカードローンプラスは、インターネットバンキングを使った WEB借入も可能です。 ローンカードを財布の中に入れて持ち歩かなくても、WEB借入を上手く使うことで、家族に心配をかけることなくカードローンの利用ができます。 どうやって借りる?どうやって返済する? 新生銀行スマートカードローンプラスは、WEBやコンビニATMから、原則として24時間、いつでも借入・返済ができます。 また、 ATM手数料は無料なので、こまめな借入・返済が行いやすいというメリットがあります。 カードローンの利息を最小限にするには、「小さく借りて小さく返す」のが不可欠です。 そのために、ATM手数料が0円であることは大きな強みとなります。 提携ATMとWEB借入の2種類がある 借入方法は大きく2種類あります。 ATMからの現金引き出し• ネットバンキングから口座への振込 新生銀行では、セブン銀行ATMをはじめ、主要なコンビニATMをすべて利用することが可能です。 そして、ATM手数料も無料なので利用しやすいと思います。 コンビニATMは基本的に24時間つかえるので、深夜に現金が必要になった場合でも、すぐにATMでお金を引き出すことが可能です。 ATMを利用する際には、契約後に発行される専用のローンカードが必要です。 飲み会の二次会でお金が足りなくなることもありますよね。 コンビニATMからの借入なら、深夜の二次会でも即座に対応できます。 また、ATMの時間外手数料を気にする必要がありません。 もう一つの方法は、インターネットバンキング「新生パワーダイレクト」を使って振込金額を依頼する方法です。 借りたい金額を申し込むと、24時間いつでもすぐに、あなたの新生銀行口座に依頼金額が振り込まれます。 (振込手数料は無料です) 借入ができるのは、新生銀行の口座のみですが、その後、自分自身で普段お使いのメインバンクなどに資金移動させることも可能です。 もし、他の銀行口座にお金を移動させたい場合は、振込手数料0円ですぐに、他の口座へお金を入金することができます。 スマートカードローンプラス利用者は、新生ゴールドランクに昇格しているので、毎月5回振込手数料は無料ですので、振込手数料を気にする必要はありません。 カードローンの借入・返済にあたっては、ATM・振込手数料が有料になることも多いです。 しかし、新生銀行スマートカードローンプラスの場合は、その点は気にすることなく借入・返済できるのがメリットです。 カードローンは金利が高くても、借入期間を短くすることで、利息負担を大きく減らせます。 利息を少なくするためにも、積極的な増額返済(臨時返済)をおすすめします。 新生銀行スマートカードローンプラスは、 こまめな返済がしやすいカードローンです。 返済方法も同じく、ATM入金と口座引落があります。 ATMに現金を入金して返済• 毎月の返済日に口座から自動引落(新生銀行以外の口座でもOK)• 新生銀行が指定する口座へ振込入金• 窓口の金融機関で現金返済 最も利用されているのは、「ATMからの返済」と「口座からの自動引落」です。 どちらの返済方法も、手数料は一切かからないので安心です。 毎月の返済日を自由に決められることも、新生銀行スマートカードローンプラスのメリットです。 返済口座を新生銀行の口座にしているか、新生銀行以外の口座にしているかによって、指定できる返済日が異なります。 新生総合口座パワーフレックス指定 1日~月末まで、都合の良い日を返済日に指定できます。 新生銀行以外の銀行口座を指定 返済日に指定できるのは、毎月14日、または27日のいずれかとなります。 おすすめの返済日は、「給料日の直後」です。 給与が入ってすぐに返済日を指定しておくことで、返済のし忘れがなくなります。 毎月の返済日に返さなくてはならないお金は「約定返済額」といって、新生銀行スマートカードローンプラスの利用を継続するための「 最低返済額」です。 例えば、10万円以下の借入残高なら、月々の約定返済額は2,000円で済みます。 毎月の最低返済額が少ないことは、家計が苦しい方にとっては嬉しいことですが、逆に言うと 約定返済額どおりに返済していると、借入期間が長期化してしまうリスクがあります。 カードローンは、借入期間を短くすることが上手く付き合っていくための鉄則と言えます。 利息負担を小さくするために、約定返済額を上回る臨時返済(増額返済)を自分自身の意思で行うことが大切です。 幸いにも、新生銀行スマートカードローンプラスでは、 返済時のATM手数料も無料にしてくれています。 カードローンは限度額の範囲内で自由に借りたり、返済したりできるので便利です。 しかし、無担保・無保証の融資なので借入利率は高めに設定されています。 短期間の借入であれば問題ありませんが、長期の借入になると、思わぬ利息負担を強いられることになりかねません。 もし、返済が長期になりそうな場合は、などに借り換えするのも手です。

次の