猫 ディッシュ 歌詞。 DISH//、配信シングル「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」TikTokとコラボした公式MV第二弾が公開

TikTokの最新機能「歌詞付きフォトモーション」の第1弾楽曲として、DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」の起用が決定! |Bytedance株式会社のプレスリリース

猫 ディッシュ 歌詞

ショートムービーアプリの「TikTok(ティックトック)」に、新たに、歌詞付きで複数枚の写真をスライドショー形式でビデオに変換する「歌詞付きフォトモーション」が誕生しました。 この機能を使えば、スマホにある自身のフォルダの中から複数枚の写真を選択するだけで、スライドショー形式でビデオに変換してくれるだけでなく、楽曲の歌詞も表示されることによって、より魅力的な動画が完成します。 〜」が採用されました。 同曲はオリジナルバージョンの「猫」と累計で3,000万回再生されており、TikTok内でミュージックビデオの原案を募集する企画「#あなたもMVクリエイター」でコラボするなど定番の大ヒット曲となっています。 同曲の「歌詞付きフォトモーション機能」を使ってどんな魅力的な動画がTikTokに投稿されるのか注目されます。 2011年12月に結成。 2013年6月にソニー・ミュージックレコーズよりシングル「I Can Hear」でメジャーデビュー。 これまでに12枚のシングルと3枚のアルバムを発表。 エンターテインメント性の溢れたライブは大人気で、4年連続で元日に日本武道館での単独公演を通算5回開催した。 2019年4月にリリースしたアルバム「Junkfood Junction」はオリコンウィークリーチャート2位を獲得。 4人は個々でも活動も行い、なかでも北村匠海は映画「君の膵臓をたべたい」 2017年 で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、映画やドラマの話題作に数多く出演している。 【TikTokについて】 TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。 私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。 TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。 提供元:.

次の

「THE FIRST TAKE」900万回再生超えのDISH//・北村匠海『猫』、聴き手を揺さぶる決定的な理由がコレだ

猫 ディッシュ 歌詞

シンガーソングライターのあいみょんさんが楽曲提供をしたことでも大きな注目を集めました。 ) という人間寄りに書こうかなって考えてて。 当時はまだ19歳だったから、男の子と男性の間な感じがしたんですよね。 これからだんだんと大人の男性に向かっていくっていうタイミングだったので、それをうまいこと表現できたらなって思ってました。 barks. 青年の気難しい感情をうまいこと描けてしまうあいみょんって一体。 また北村さんのコメントによると、 北村さんが主演を務めた映画 「君の膵臓をたべたい」を見てインスピレーションを受けたあいみょんさんが制作した楽曲とのことです。 スポンサーリンク 歌詞 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは 君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで 作詞:あいみょん 歌詞の意味・解釈 1番 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ夕焼け 楽曲では 「君」という大切な人を失った主人公の姿が、 あいみょんらしいまっすぐな言葉で描かれていきます。 本来横で笑っているはずの君を今日手放してしまった僕 と、 夕焼けに染まる街。 君がいない明日がどんな世界になってしまうのかを恐れる僕は、 いっそ夕焼けに飲み込まれてしまうことを望んでいます。 こんな不安と絶望でいっぱいの心も、跡形もなく全て真っ赤に染まってしまえば、きっといくらか楽になるだろうから。 しかしそんなことできるはずもなく、 夕日は沈み主人公は夜に置き去りにされてしまうのでした。 「君」が生きているのか死んでしまったのかは歌詞に直接的な表現が無いので明言は出来ませんが、別れの表現の深刻さなどから 恐らく亡くなってしまったのだと推測されます。 だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 時間は残酷にも流れていき、街には 夜が訪れます。 君を失って明日が怖いのに、眠ってしまったら明日が来てしまうのに、 それでも眠くなる自分が馬鹿らしくなって笑えてきて。 そして 君を失ったことを正面から受け入れられるほど大人ではない主人公は、 もう君の顔なんか忘れてやろう、なんてことを思い始めます。 君が横にいた昨日なんてのはきっと幻だ。 そう思い込むことで、 君の存在にすがりつこうとする惨めで弱い自分をなんとか取り繕おうとしているのです。 「家まで帰ろう 1人で帰ろう」 「君の顔なんて忘れてやるさ」 主人公なりのちょっとしたカッコつけ。 そんなことできるはずもないのに。 「明日ってウザいほど来るよな」なんて荒い表現が、あいみょんがインタビューで語っていた 「男の子と男性の間」の主人公をさらに形作っているような気がします。 まだ大人になんかなり切れない、 思春期の青年を。

次の

「THE FIRST TAKE」900万回再生超えのDISH//・北村匠海『猫』、聴き手を揺さぶる決定的な理由がコレだ

猫 ディッシュ 歌詞

夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 明日が不安だ とても嫌だ だからこの僕も一緒に 飲み込んでしまえよ 夕焼け だけどもそうはいかないよな 明日ってウザいほど来るよな 眠たい夜になんだか笑っちゃう 家まで帰ろう 1人で帰ろう 昨日のことなど 幻だと思おう 君の顔なんて忘れてやるさ 馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 夕焼けが燃えてこの街ごと 飲み込んでしまいそうな今日に 僕は君を手放してしまった 若すぎる僕らはまた1から 出会うことは可能なのかな 願うだけ無駄ならもうダメだ 家までつくのが こんなにも嫌だ 歩くスピードは君が隣にいる時のまんま 想い出巡らせ がんじがらめのため息ばっか 馬鹿にしろよ、笑えよ 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない。 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ゲガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで ひいらぎの解釈 君がいなくなった日々は抜け殻のようで。 このどうしようもない無気力な感覚も心と体が思うようにいかなくて、ちぐはぐなんだ 何もする気が起きないから寝転んでみたよ。 それで気づいたんだ君は猫のように自由になったんだ、と。 いつかフラッと現れてくれないかな、また会いたいな。 つまらなく何気ない毎日を君色に染めてほしいな 君と別れて 何もやる気が起きない様子です。 ひとつの恋愛が終わった後は、誰しも少し憂鬱になりますよね。 頭で君を忘れようとしても、何度も考えてしまい上手くいかないようです。 何もやる気が起きないけどとりあえず寝転んで「 君は自由な猫になったんだ」と気が付きます。 また一緒に過ごしたいと願っているのでしょう。 ひいらぎの解釈 家について、一人で過ごす時間が堪らなく嫌だ。 歩く歩幅やスピードは君のペースなんだよ。 ふと君のことを考える 君のことで頭がいっぱいで、ため息が増えてしまうよ君が私がこんなにも悩んでるって知ったら、自分から終わりにした癖にって思うだろうな、馬鹿にしろよ、笑えよ 家で一人で過ごす時間が長く感じてしまうから、一人で過ごすのが嫌なんでしょう。 「歩く歩幅やスピードは君のペースなんだ」という状態から、 おそらく長い付き合いだったのかと思います。 生活の一部にいた君が突然いなくなって、その変化に戸惑ってるのかな、とも思いますね。 僕がこんな風に悩んでることが君に知れたら、笑ってくれよ、と少々自虐気味になっていますよね。 君がいなくなった日々は 面白いくらいにつまらない。 全力で忘れようとするけど 全身で君を求めてる 猫になったんだよな君は いつかまたあの声を聞かせてよ 矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を 慰めてほしい ひいらぎの解釈 君が居なくなった日々は、こんなにも違うのかと思うほど、味気なくて退屈だよ。 君のことを忘れようと頭ではしてみるけれど上手くはいかないんだ。 でもそうだった、君は猫のように自由になったんだよね いつかまた君の声を聞かせてほしい 矛盾だらけな僕を許して慰めてほしい 君がいない生活が、つまらないものだと気づいたようです。 忘れようと努力してみても上手くはいかず、「全身で君を求めてる」という表現から、 まだ君のことが好きだと自覚したのかな、と思います。 君は自由になった猫だ。 でもまた一緒に過ごしたい。 自分から終わりにした癖に、と思うかもしれないけれど、許してほしいと思ってるようです。 君がいなくなった日々も このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで 猫になったんだよな君は いつかフラッと現れてくれ 何気ない毎日を君色に染めておくれよ ひいらぎの解釈 君がいなくなった日々は抜け殻のようで、このどうしようもない無気力な感覚も心と体が思うようにいかなくて、ちぐはぐなんだ 何もする気が起きないから寝転んでみたよ。 そうだった、君は猫のように自由になったんだよね いつかまた偶然会えないだろうかつまらなく何気ない毎日を、再び君色に染めてほしいな 君は猫のように自由になったけれど、また偶然会えないかな、と願っているようです。 そして 再び生活の一部に君が戻ってきてほしい、といった心情かなと思います。 君がもし捨て猫だったら この腕の中で抱きしめるよ ケガしてるならその傷拭うし 精一杯の温もりをあげる 会いたいんだ忘れられない 猫になってでも現れてほしい いつか君がフラッと現れて 僕はまた、幸せで ひいらぎの解釈 君がもし捨て猫だったら ぼくが拾って、抱きしめるよ 傷ついてたらその傷を癒せるように、僕の温もりをあげるよ 会いたいんだ、忘れることなんかできない。 猫になってでも現れてほしい、君であれば姿かたちはなんだっていいや 君と一緒にいれるなら僕は幸せだよ 君が捨て猫、つまり 誰のものでもない恋人のいない状態だったら僕が抱きしめたい。 もし傷ついているなら癒してあげたい、と思ってるようです。 人間でなくても君であれば何でもいい、そんな風に思えるほどの強い想いですね。 一緒にいられれば他に何もいらない、 それだけで幸せだ、という大きな愛情ですよね。 La fin... まとめ 今回はあいみょんの「猫」の歌詞を徹底解釈しました。 自分から別れを切り出した彼を猫と例えるという発想は自分にはなく、あいみょんが発想に長けているんだなと改めて実感させられました。 今後も当サイトではあいみょんを追って行くのでぜひチェックして見てください!.

次の