ジェシー トイ ストーリー。 トイストーリー2|ジェシーの持ち主のエミリーはアンディのママか?|MoviesLABO

トイ・ストーリーの名言セリフ集(英語・和訳)│名言格言.NET

ジェシー トイ ストーリー

ディズニーキャラクターと触れ合うことを、ディズニーでは「グリーティング」と呼んでいます。 ジェシーには、フリーグリーティングという形式で直接ふれ合うことができます。 フリーグリーティングとは、並べば必ず会えるグリーティング施設とは違って、予告なしに行われる突発的なグリーティングのことです。 パレードに出ている時間や暗くなる夕方以降には出てきません。 何時になったら遊びに来るといった事前の情報がないため、トイ・ストーリーの人気キャラクター「ジェシー」に会えるかは運次第です。 トイ・ストーリーのジェシー:出演するパレード ランチショー ディズニーランドのウエスタンランドにあるショーレストラン『』でジェシーの出演するショーを観ることができます。 トイ・ストーリーのジェシーは、ランチタイムの「」に出演しますよ。 「ホースシュー・ラウンドアップ」には、ジェシーの他に、ウッディやブルズアイが出演します。 所要時間60分、上演時間は約45分の歌やダンスに笑いありの楽しいショーです。 お食事をしながらショーが楽しめるので小さなお子さん連れのご家族にもおすすめです。 ショー中にウッディやジェシー、ブルズアイが席まで来てくれるので近くでトイ・ストーリーのキャラクターを見ることができますよ。 ゆっくり記念撮影といった時間はありませんが、軽くふれ合えることも! トイ・ストーリーのキャラクターが近くに来たときは、写真よりも動画撮影をおすすめします。 ゲスト参加型のシーンもあるので、会場が一体となって最後まで楽しめるショーです。 ディナータイムの「」には、ジェシーは登場しません。 ジェシーを見たい方は、間違えないように注意してくださいね。 ショーレストランを利用するためには、あらかじめ事前予約()が必要です。

次の

【解説】トイストーリーのジェシーの悲しい過去とは?バスは恋人?ディズニーで会う方法も!

ジェシー トイ ストーリー

C Jon Negroni. com 世代を問わず絶大な人気を博す、ディズニー/ピクサーの代表作『トイ・ストーリー』。 第1作が米国で公開されたのは、およそ20年前の1995年だ。 子供の頃に見た人が親となり、その子供に見せているというケースも少なくない。 本編は3部作で幕を下ろしたが、その後もテレビなどでスピンオフ作品が作られ続けており、その動向にはファンも目を光らせている。 3作すべてに登場しているキャラクターの1人に、ウッディの持ち主であるアンディの母親「ミセス・デイヴィス」がいる。 作品の中で彼女のパーソナリティについて掘り下げられたことはないが、あるファンが鋭い仮説を自らのウェブサイトで発表し、大論争が巻き起こっている。 それは『トイ・ストーリー2』のメインキャラクターであるカウガール人形「ジェシー」の持ち主だった「エミリー」が、アンディの母親その人ではないか、というものである。 の運営者、ジョン・ネグローニは、第1作目でアンディがかぶっているカウボーイハットが、ジェシーの帽子に酷似している点を挙げ、子供の頃に大好きだったおもちゃ(ジェシー)へのノスタルジーから、自らの息子に同じような帽子を与えたのではないかと推察。 DVDを持っている方は是非その目で確認していただきたいが、確かに色も、縁の白いステッチもほとんど同じだ。 劇中の回想シーンでエミリーの部屋が映るが、いかにも一時代前といった調度品、サイケデリックなポスターやレコードなど、明らかに数十年前の描写であることがわかる。 つまり、この部屋の持ち主が『トイ・ストーリー』の1、2作目で母親の年齢になっていてもおかしくはないのである。 エミリーは成長するにつれてダンスや化粧に目覚め、どこへ行くにも一緒だったジェシーをチャリティの寄付用ボックスに捨ててしまう。 このとき、ウエスタンブーツやおもちゃのトランクが一緒に入れられていたが、ジェシーとお揃いでかぶっていた帽子は入っていない。 この点から、エミリーは帽子を手元に置いていたことがわかる。 大人となり、母となったエミリーは、子供時代の親友だったジェシーを懐かしみ、自らの子供アンディにカウボーイのおもちゃ「ウッディ」を与え、自分がかぶっていた帽子を息子に継承したーーそう考えると、納得がいかないだろうか。 『〜3』で、大人になったアンディに遊んでもらえなくなったおもちゃたちが「いつかアンディにも子供がうまれる。 そうしたらまた遊んでもらえるよね」と話し合うシーンにも繋がる。 このサイトに寄せられたコメントには「超びっくりした」「完全につながったわ」と絶賛する声もあれば、「え、知ってたけど。 何で今さら?」「ブー(『モンスターズ・インク』の少女)は実はアンディのクラスメイトらしいぜ」と茶化す意見もあり、しばらく議論はやみそうにない。

次の

トイ・ストーリー おでかけフレンズ ジェシー【送料無料】

ジェシー トイ ストーリー

での公開日は。 概要 『』の続編であり、ピクサーの長編アニメーションとしては3作目となる。 監督は前作に引き続きが務めた。 を受賞している。 パート2という事で、当初はディズニーの慣習に倣ってビデオソフト用作品としてラセター抜きで制作が進められたが、出来の良さから劇場公開作品に昇格した逸話を持つ(しかしピクサー内部ではクオリティを危惧する声が挙がり、ラセター主導で急遽全面的に作り直されている)。 しかしこの事で契約上の問題が生じ、一時ディズニーとピクサーとの関係が悪化した一因となった。 劇中、日本の有名コレクター「Mr. KONISHI」が電話の相手として登場するが、「KONISHI」とは、に実在する日本人の女性社員「小西さん」(Sonoko Konishi)から名付けられた。 その「Mr. KONISHI」や、おもちゃ屋の「アル」はラセターとも面識がある世界的おもちゃコレクター(「」館長の)がモデルとなっている。 日本ではじめてデジタル上映方式DLP(映画専用)にて公開された映画である。 2009年10月2日には、前作『トイ・ストーリー』とともに版として、2本立てで2週間限定で全米公開。 日本では2010年2月6日に公開。 今ではアンディ少年の利口な飼い犬 バスター() も、おもちゃたちの良い友達である。 だが、そんなおもちゃたちには実は秘密があり、本当は人間が見ていないときは自由に歩き回ったりおもちゃ同士でおしゃべりしたりする。 これは「 絶対に人間に知られてはいけないおもちゃたちのルール」なのである。 そんなある日、ウッディの右肩の糸がほつれてがはみ出してしまった。 カウボーイ・キャンプにウッディを連れて行こうとしていたアンディは落胆し、ひとりでキャンプに出かけるが、ウッディは連れていってもらえなかったことを深く落ち込む。 挙句には自分がアンディに捨てられる悪夢まで見る始末。 おもちゃ仲間が売りに出されたウィージーを心配する中、ウッディはほつれた体をおしてバスターを駆り、ウィージーを救出する作戦を決行する。 だが入れ違いにウッディがガレージセールの列に取り残されてしまった。 しかし、アルは隙を突き、ウッディを強奪してしまう。 このままではウッディが日本のおもちゃ博物館に売り飛ばされてしまう。 バズたちアンディのおもちゃは、盗まれてしまったウッディを救出するべく行動を開始した。 一方、アルの自宅に連れてこられたウッディは驚く秘密を知る。 彼は白黒テレビの時代には絶大な人気を誇りながら、のあおりを受けて打ち切りとなったカウボーイ・ドタバタ人形劇『 ウッディのラウンドアップ』の主役で、今では数少ないだった。 そしてウッディを加えた「ラウンドアップの仲間」は、近い内に日本のおもちゃ博物館に売却され、永久保存されるのだという。 しかし、ウッディは持ち主がいるので行けないと断る。 それを聞いたジェシーたちは「セットでないと倉庫に逆戻りにされてしまう」という。 ウッディは戸惑ってしまう。 翌日、ウッディはアルの手配したおもちゃの修理職人に丁寧に修復され、長い間に落ちた塗装は塗り直され、汚れはきれいにされて、ピカピカの同様になる。 嬉しそうなウッディにジェシーは自分の過去を語る。 ウッディと同じように持ち主に大切にされたが、やがて持ち主が成長してベッドの下に忘れ去られ、そのまま捨てられた後、ガレージセールで売りに出された過去を述べていた。 プロスペクターに至ってはおもちゃ屋の棚で売れ残ってしまった事からすっかり心を閉ざしてしまっていた。 そして、「アンディは大人になるが、止められない。 日本の博物館に行けば、ラウンドアップの仲間たちは永遠に一緒だ」とウッディを説得する。 それにウッディは同情して、自分も博物館に行くことを決意する。 一方、ウッディを助けに来たアンディのおもちゃ達はアルのトイ・バーンでウッディを探していた。 その途中でバズがアクションベルト付きのニュー・バズに捕まり、成り代わられてしまった。 一同が混乱する中、ようやくアルの自宅にたどり着き、ウッディと再開したアンディのおもちゃ達は本物のバズと遭遇する。 本物のバズはウッディに帰るように言うが、ウッディはラウンドアップの仲間を見捨てたくないと言う。 それを聞いてバズたちはウッディに愛想を尽かし、帰ってしまう。 途方に暮れたウッディがビデオを見ると、そこには歌っている途中で子供に抱きしめられている自分の姿が。 それを見たウッディは自分の過ちに気付き、帰ることを決意し、ラウンドアップのみんなを連れて一緒に帰ることを選んだ。 しかし、プロスペクターは反対だった。 誰よりも博物館に展示されていることを望んでいた彼は「誰にも邪魔はさせんぞ」と言い放つ。 そして、プロスペクターはウッディを無理やり箱に入れると、そのままアルに連れていかれてしまった。 バズたちもエレベーターに乗ってウッディを追うが、そこには悪の帝王・ザーグが待ち構えていた。 ニュー・バズがザーグに苦戦しているのを見たレックスは、ザーグをエレベーターから突き落としてしまった。 バズのゲームでザーグを倒せられなかったレックスは、本物を倒したと大喜び。 一方、バズたちはあと一歩のところで、ウッディを救出できずにいた。 そこで彼らは近くにあった、ピザ・プラネットの車を運転して追いかけようとした。 バズはニュー・バズを誘おうとするが、彼はザーグと親子のように仲良くしていたため(実際、設定ではバズの父親はザーグである事がザーグ本人から明かされている)、その場をあとにした。 なんとか飛行場に着いたバズたちは飛行場内でウッディを捜索する。 ようやくウッディを見つけたバズだったが、プロスペクターに殴り倒されてしまう。 怒ったウッディはプロスペクターに殴りかかるも逆にやられ、せっかく直してもらったばかりの腕に傷をつけられてしまう。 プロスペクターは「バラバラにされるのが嫌ならついていくか」とウッディを脅すが、ウッディは断った。 プロスペクターはウッディにツルハシを振り下ろそうとするが、バズたちのフラッシュ攻撃に怯んで、バズに捕まってしまった。 プロスペクターは「いつか捨てられる」と悪あがきをするが、ウッディは「なんとでも言え、お前にも遊びの楽しさを教えてやる」とプロスペクターを、人形に落書きをする女の子のリュックに入れてしまった。 プロスペクターを追い払ったウッディたちはブルズアイとジェシーを助けようとするが、一足遅くジェシーだけがそのままの中へ。 ウッディとバズはブルズアイに乗り、エアカーゴまで走っていった。 ジェシーの入った箱は他の荷物と共に飛行機内へ。 ウッディも荷物に紛れて、飛行機に入ることに成功する。 ウッディはジェシーを見つけて帰ろうとするが、ジェシーは嫌われると不安がっていた。 しかし、ウッディからアンディに妹がいると聞かされて、上機嫌のジェシーは早速飛行機から降りようとするが、飛行機のドアは閉まってしまった。 そこで彼らは非常口から出ようとするが、ウッディが足を滑らせて落ちそうになり、ジェシーはウッディの腕を掴むが、ウッディは帽子を落としてしまった。 その時、帽子をキャッチしたのはブルズアイに乗ったバズだった。 飛行機が離陸する前になんとかしなくては。 そこでウッディはバズを飛行機の車輪の後ろに誘導させ、背中の紐を車輪のネジに引っ掛けた。 ウッディはジェシーに「番組の最終回だと思えばいい」と言うが、ジェシーは「打ち切りになったままよ、どうなるのかもわからないのに」と言い返す。 そんな彼女にウッディは「俺たちで続きを作ろう」と言うと、ジェシーは決心して飛び降りた。 ウッディとジェシーはブルズアイの上に見事着地。 飛行機は彼らが降りていることも知らずに、飛び去っていった。 ジェシーはウッディの活躍に感激し、そのままアンディの家に帰っていった。 アンディがキャンプから帰って来た。 ウッディを心配していたアンディが棚の上を覗くと、そこにはウッディはいなかった。 そして、振り向くとベッドには「おかえりアンディ」と書かれたボードとおもちゃたちがアンディを待っていた。 アンディはママが新しいおもちゃを購入したと勘違いしながらも喜び、ジェシーとブルズアイもアンディのおもちゃの仲間入りになって喜んでいた。 ウッディの破れた腕はアンディによって修理されていた。 ウッディも一安心。 一方、ミスター・ポテトヘッドもミセスとラブラブだった。 しかし、最悪なことにピザ・プラネットのエイリアンたちまでついてきてしまい、さらにミセスは「この子を私たちの子にしましょう」と提案し、ミスターは呆れかえってしまった。 さらにウィジーが修理され、普段とは違う男らしい声で歌い出した。 ウッディはアンディの将来を心配していたが、バズと共にアンディを見守ることにした。 そして、アンディのおもちゃたちはウィジーの歌を聞いて盛り上がっていた。 登場キャラクター 詳細は「」を参照 主要キャラクター (Woody) アンディのお気に入りの人形。 実はプレミアものの人形であることが判明し、おもちゃ屋の経営者アルに盗まれてしまう。 連れて行かれた先で往年のTV人形劇『ウッディーのラウンドアップ』のキャラクターであるジェシー、ブルズアイらと出会い、日本にある博物館に保存されるか、アンディのおもちゃのままでいるかの板挟みとなる。 (Buzz Lightyear) 最新のおもちゃであるスペース・レンジャー。 第一作では自分を本物のスペース・レンジャーだと思いこんでいたが、あとに自分がおもちゃであることを知り落胆する。 しかしウッディからおもちゃとしての喜びを教わったことで、彼の親友となる。 ポテトヘッド、ハム、レックス、スリンキーらと共に誘拐されたウッディを救出しにいく。 特報では突然ウッディの隣に飛んで来て、主人公を名乗る。 『ウッディのラウンドアップ』に登場していた人形。 が得意。 以前は「エミリー」という女の子のお気に入りのおもちゃとして大切にされていたが、エミリーの成長と共にベッドの下に忘れられ捨てられてしまった過去があり、彼女の深いトラウマとなっている。 そのためアンディの元へ帰りたがるウッディとしばしば衝突をすることも。 喧嘩は強く、大抵の場合ウッディを負かしている。 仲間 バスター アンディ家の飼い犬。 ウッディに忠実で、元々はアンディが伝授した芸をしたり、ウィージーを助けるために協力したりなど、頼もしい仲間。 終盤では同じ犬であるスリンキーと会話していた。 ボー・ピープ ランプスタンドのの少女の人形。 ウッディのガールフレンド。 バズにウッディを助けるよう要求する。 ウィージー 音が出るペンギンのおもちゃ。 元々修理に出す予定だったが忘れ去られていた。 そしてヤード・セールに売られそうになったところをウッディに助けられる。 終盤では修理され自慢の声も元に戻り、普段から想像もつかないほどの美声で歌った。 レックス 恐竜のおもちゃ。 見た目とは裏腹に憶病。 ゲームが大好き。 ニュー・バズがザーグに襲われた時は機転を聞かせてザーグを倒し、ニュー・バズを助けた。 バズ達から大きな頭で柵の突破などに利用されたが、NGシーンで柵の突破に失敗した際はさすがに痛がっていた。 ハム 貯金箱のおもちゃ。 本人曰く「小銭だけで6ドル以上」積んでいるらしい。 スリンキー・ドッグ 胴体がバネになっている犬のおもちゃ。 おもちゃの中ではもっとも古いが、バネは丈夫でジェシーとブルズアイの身柄を拘束した。 ミスター・ポテトヘッド ジャガイモ頭の人形。 顔のパーツの取り外しが可能。 本作では妻のミセスとラブラブ。 ウッディ救出の際には予備のパーツを入れてもらったが、パーツを間違えて壁にぶつかるというドジなシーンもあった。 ミセス・ポテトヘッド ミスターの妻で、彼と同様顔のパーツの取り外しが可能。 ミスターに対してお節介とも言えるほど世話を焼き、NGシーンでは彼の背中に多くの道具を入れて困らせていた。 ブルズアイ ウッディの愛馬。 人懐っこい性格でウッディに非常に懐いている。 ニュー・バズ 新たに発売されたベルト付のアクション人形。 前作のバズ同様、自分がおもちゃであることに気づいておらず、途中で本物のバズに成り代わってウッディたちが混乱する場面もあった。 エレベーターの天井でザーグと交戦。 最初は優位に立ったものの、次第にザーグに追い詰められてしまい、ザーグに降伏を迫られるも「貴様は父の仇だ」とこれを拒否する。 しかしザーグから「お前の父は私だ」と衝撃的な事実を告げられ絶叫した。 その後はすっかりザーグと打ち解け、2人でキャッチボールをしていた(小説版では動かないザーグを埋葬する旨をウッディたちに告げる)。 エイリアン 元々は・プラネットの景品だったが、車から落ちそうになったところをミスター・ポテトヘッドに助けられ、そのままついていき、ミセスの考案で彼らの養子となった。 敵 プロスペクター 本作の。 別名は スティンキー・ピートだが、日本語吹き替え版にはその名前は登場しない。 一見すると気のいい好々爺だが、内心では博物館での保管を誰よりも望む冷酷な性格で、ウッディが心変わりをするや否や本性を現してウッディ達に博物館行きを迫るが、空港内で助けに来たバズ達と共闘したウッディに捕まり、別の女の子のリュックに押し込まれ、博物館での保管という夢もなくなった。 ザーグ バズの天敵。 ゲームとおもちゃのザーグは声は同じだが、まったくの別物。 イオンブラスターと呼ばれる、光線銃が武器(おもちゃではピンポン玉を撃つ)。 ニュー・バズのザーグに対して「お前は父を殺した」という発言に対して「お前の父は私だ」と衝撃的過ぎる発言をしている。 エレベーターでニュー・バズを襲うも、レックスによってエレベーターから突き落とされてしまったが奇跡的に生還し、ニュー・バズとキャッチボールをしていた(小説版では転落後、意識を失っていた)。 アル 人間側の。 アルのトイ・バーンの店長。 ヤード・セールでウッディを盗んだ張本人。 博物館でウッディたちを売り払おうとしたが、終盤でウッディたちを失ったため、業界をクビにされ玩具がたったの1ドルという安売り閉店セールをする羽目になった。 声の出演 役名 原語版声優 日本語吹替 ヨーデル部分: プロスペクター (スティンキー・ピート) レックス ハム ボー・ピープ アンディ アル アンディのママ (デイビス夫人) ミセス・ポテトヘッド 軍曹 (グリーン・アーミーメン) ウィージー 台詞: 歌: 台詞: 歌:鈴木康夫 エイリアンたち (リトル・グリーン・メン) ほか ミスター・スペル ザーグ 修理屋 ロッキー ヤードセールでの母親 モリー 原語版流用 ブルズアイ (ノンクレジット) バスター つなぐでござる フリック (ノンクレジット) ハイムリック ジョー・ランフト ミスター・コニシ 不明 店員 不明 女の子 不明 その他の声の出演 、他 不明 スタッフ• 総監督:• 共同監督:、• 原案:ジョン・ラセター、、アッシュ・ブラノン、• 脚本:アンドリュー・スタントン、、、• 音楽:• 製作:、• 製作総指揮:• ストーリー・スーパーバイザー:、• 編集:、、リー・アンクリッチ• プロダクション・デザイン:、• スーパーバイジング・テクニカル・ディレクター:• スーパーバイジング・アニメーター:• 撮影監督: 日本語版制作• 演出:• 吹替翻訳:• 音楽演出:• 録音:、• 調整:• 録音制作:• 日本語版制作:DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC. トリビア この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年7月)• 本作の序盤とラストシーンでレックスとハムが遊んでいるゲーム機はから発売されたである。 そのため、後に本作をディズニーとピクサーとの映画製作契約本数に含めるか否かで揉める事となった。 冒頭のバズの飛行シーンでの舞台の惑星は、実は『』のアントアイランドのデータを本作用にリメイクしたものである。 また、最初の星空をよく目をこらして見ると、の星座が見える。 ハムが超高速でテレビチャンネルを変えている際、テレビに『ルクソーJr. 』『レッズ・ドリーム』『ティン・トイ』『ニックナック』といったピクサーの短編作品や、ピクサーの旧ロゴ(短編『ルクソーJr. 』の冒頭で表示されていたもの)が一瞬映る。 ウッディの帽子を探すシーンで、おもちゃ箱の中からソルジャーが運び出しているおもちゃの中に、後にアルの店でバービーが運転する車が映る。 アルの店「AL'S TOY BARN アルのトイバーン 」の店内はバグズ・ライフのディムやタックとロール、ハイムリックがいる他、バケット/ソルジャー、前作でアンディの部屋の天井からぶら下がっていた飛行機など、見覚えのあるおもちゃが随所に見られる。 バズ達がウッディ救出をする為に空港に向かったが、その為に使ったのはピクサーで御馴染みのピザプラネットの車である。 その際、メタ的な要素として「またピザか」というセリフも存在する。 アンディーの部屋にかかっている8月のカレンダーの絵は、のものである。 本作のDVDには、エミリーの乗った車が暴走して大破する未公開シーン(スタッフがお遊び目的で作ったもの)がある。 空港のアナウンスにて"LassetAir Flight "とアナウンスされている。 LassetAirは監督のにかけられている。 ヤードセールのシーンでは、前作でシドの部屋にあった机や鍵、で使われた首輪などが映っている。 バズがもう一人のバズに言う「コード546」とは、脚本家のの市外局番からきている。 ウッディの修理のために呼ばれた修理屋は、ピクサーの短編作品『』の主人公、ゲーリーと同一人物である(外見に若干の差異はある)。 道具箱の棚の一つに、の駒が入っているのが確認できる。 『ラウンドアップ』でウッディ、本作のエンディングでウィージーが本シリーズの主題歌「君はともだち」を歌っている。 前作と同じく随所に『』、『』、『』、『』などのが見られる。 『』のプロモーションで日本に来ていたのスタッフが、日本でエイリアンたち(リトル・グリーン・メン)がものすごい人気だという事を知り、当時製作中だった本作での露出を増やすようにした。 特報にも大量に登場。 エンディングのNGシーン集ではバグズ・ライフのフリックとハイムリックが登場する。 同じくNGシーン集ではプロスペクターが続編を匂わせる発言をしている。 『』の追悼シーンでは、エンディング直前にウィージーが歌うシーンが存在する。 英語版と海外(アメリカ以外)版とで、看板などの表記や表現を変える試みがされている。 中盤のテレビ番組のシーンでは英語版ではバズの背景に星条旗が、海外版では地球儀と花火が映し出される。 最後のシーンでウィージーが歌う台に使っている木製のブロックが、英語版ではブロックでW. 最初のオープニングでは、海外版では『TOY STORY 2』の英語のロゴが出た後、海外版(各国の言語)のロゴがそれに重なるのに対し、英語版では『TOY STORY』のロゴの後、『2』が後から重なるオープニングだった。 これらはDVDの言語設定を英語にすれば表示されるようになる。 「スタッフのヒューマンエラーによって、本作のデータがほとんど消えてしまったことがある」と言われているが、後に元ピクサーの最高技術責任者が事実だと認めた。 スタッフ総出で復旧作業にあたり直近のバックアップを掘り起こして作品を完成。 しかし、その後プロダクションの要望で1から作り直すこととなった。 本作の初盤DVDは4:3サイズのトリミング版であるが、ワイド版の左右の映像を切っているだけではなく、4:3のテレビサイズ用にキャラクターの再配置がなされている。 、系の『』で「番組史上初のアニメ映画」として放送された。 設定上ノーカットの地上波初放送であるが、実際は変更点が多く存在する。 以下にその例を挙げる。 オープニング前のディズニークレジットが『』から採用されるパターンになっている。 エンディングのNGシーン後はピクサークレジットまで全てカットされてある。 登場する一部の広告の文が日本語に置き換えられている。 公開当時、の監督のコメントが広告に大きく掲載されたが、アニメ製作者としてのに対する賛辞に終始しており、作品の内容、出来にはまったく触れられていない。 テレビ放送 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 22:54 114分 不明 2 14. 「番組史上初のアニメ映画」として放送された。 3 TBS 10. 4 (なし) 6. 5 10. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 出典.

次の