バー コード リーダー 読み取り アプリ。 【AQUOS sense3】QRコードの読み取り方法(※バーコードも読み取り可能です)

iPhoneに最適なバーコードリーダーは?|自動認識の【じ】|自動認識を”みじか”にするメディア

バー コード リーダー 読み取り アプリ

XPERIAのバーコードリーダーってどこにあるの? この記事では、「XPERIAでバーコードリーダー機能がどこにあるのかを知りたい」というニーズに沿ったコンテンツを提供します。 今や、ありとあらゆるところで利用されているバーコード。 以前はその番号をパソコンでインターネット検索する方法がありましたが、今やスマートフォンのカメラで読み取ることができるアプリが存在します。 しかし、バーコードリーダーを使ったことがない方は意外に多いのではないかと思います。 では、そのアプリはどこにあるのでしょうか? 標準アプリ?、Google Playからダウンロード? その使い方は?? そんな、初めて使ってみようと思う方のために、使い方などの疑問にお答えしてみたいと思います。 なお、筆者の手元にあるXperia xz1はau版ですので、スクリーンショットなどはすべてau仕様になります。 あらかじめご了承ください。 XPERIAではバーコードリーダーをアプリで取る必要があるのか Xperiaでバーコードを読み取る場合、専用のアプリをダウンロードする必要があるのでしょうか? プレインストールされている場合、どのアプリがバーコードリーダーなのでしょうか? まずは、ここを見てみたいと思います。 もともと入っているアプリの中にある場合• docomoの場合 ICタグ・バーコードリーダーは、ポスターなどのバーコードにスマートフォンをかざすだけで、おトクな情報を簡単に読み取ることができます。 もちろん、QRコードにも対応しています。 また、バーコード/QRコードだけでなく、ICタグの読取機能やICタグの作成(ICタグへの書込み)も備えており、シームレスな機能切り替えが可能なアプリです。 参考元:• SATCHでは、QR・バーコードリーダーの機能以外にも、AR(Augmented Reality)を楽しむことができます。 ARとはカメラにかざして対象物を読み込むことで、動画やCGなどを表示できる機能です。 参考元:• Softbankの場合 ソフトバンクのマスコット、白戸家のお父さん犬のアイコンのバーコードリーダー QRを起動します。 QRコード(バーコード)リーダーとして機能するアプリです。 参考元: なお、海外版のXperiaなどの場合は、その本来の仕向け地などによって入っていないこともあります。 もともと機能として備わっている場合 その他に、元々Androidが持つバーコード読み取り機能として、 Google Lensを使用する方法があります。 2018年10月31日現在、Xperiaシリーズを用いて日本国内でGoogle Lensを使用するためには、スマートフォンの第一言語を英語に変更する必要があります。 しかし、言語設定を英語に変更するだけで、Google PhotoにGoogle Lens機能が現れます。 このGoogle Lensには、バーコードなどの読み取り機能と、そのバーコードが示すものを直接インターネットで検索するような2つの機能が統合されています。 赤丸の部分をタップするとGoogle Lensが起動します。 あとは、認識させたい画像を選ぶだけです。 画像の中のバーコードを自動で認識し、さらにGoogle検索でその商品などまで探し出してきます。 XPERIAでバーコードリーダーがある場所 さて、ではスマートフォンの中でバーコードリーダーはどこにあるのでしょうか? もともと機能として備わっている場合 Androidにもともと備わっている機能として、Google Lensがあります。 一部のスマートフォンでのみ使用できるのが現状ですが、SONY Xperiaシリーズは既に対応しています。 Google Lensは、カメラアプリから使用するように思われがちですが、実はGoogle Photoが内蔵する機能です。 現状ではまだ英語環境でのみ動作します。 アプリとして取った場合 プレインストールアプリの場合、キャリアにかかわらず「 ツールフォルダ」に分類されています。 docomoの場合 名称は、「ICタグ・バーコードリーダー」です。 auの場合 名称は、「SATCH」です。 Softbankの場合 名称は、「QR」です。 その他に、ご自分でダウンロードした場合には、アプリ一覧の中に並びます。 例えば、デンソーウェーブが開発しているQRコード公式リーダーは、当然のようにバーコードも読み取ることが可能です。 QRコードの開発元がリリースしているQRコード/バーコードリーダーですので、SIMフリー端末だけでなく、キャリア版Xperiaをお使いの方にもおすすめのアプリです。 まとめ この記事は、「XPERIAでバーコードリーダー機能がどこにあるのかを知りたい」という方に、標準アプリの使い方や、Androidが持つバーコードリーダー機能などをご紹介しました。 ありとあらゆるところで利用されているバーコードも、今ではスマートフォンのカメラで読み取り、その場でインターネット検索をすることができます。 URLが記載されていたり、割引クーポンになっていたり、商品コードであったりと千差万別ですが、バーコードリーダーアプリがあれば、その中身を知ることができます。 XperiaにはSONY標準のバーコードリーダーは搭載されていませんが、各キャリアがそれぞれのバーコードリーダーアプリをプレインストールしています。 また、2次元バーコードとも呼ばれる QRコードの開発元であるDENSOが公式アプリをリリースしていますので、SIMフリー端末の場合でもこのアプリでバーコードを読み取ることもできます。 手元にある商品をインターネット購入したい時などに、バーコードリーダーはとても便利です。 使ったことのない方も多いかと思いますが、一度アプリを立ち上げて手元のバーコードを読み取ってみてください。

次の

【iphone】カメラで「バーコード」を読み込む便利な方法4選

バー コード リーダー 読み取り アプリ

今やいたるところで見かけるようになった二次元バーコード。 QRコードとも言われていますね。 このQRコードを読み込むには、専用のアプリが必要です。 機種によっては最初からインストールされているものもありますから、確認してみましょう。 お手持ちのスマホにQRコード読み取りアプリがなければ、iPhoneは「」から、Androidは「」からインストールしてみてください。 「QRコード」や「バーコード」などで検索すると多くの無料アプリが見つかりますので、気に入ったものをいくつか選んでインストールしましょう。 どうして複数インストールしてみるかというと、 アプリによってはQRコードの読み取りが上手くいかない場合があるからです。 おそらく、カメラとバーコードとの距離や、読み取る場所の明るさといった条件が重なっているのでしょうが、バーコード自体との相性に良し悪しがあるのかもしれません。 いろいろと試してみて、 自分が使う際に不具合の少ないものをメインとしてインストールして使い、もしものとき用に1つくらいサブでインストールしておくとよいでしょう。 インストールができたら、まずは起動してみてください。 起動すると、カメラの撮影モードになる機種が多いと思いますが、それ以外のアプリの場合、QRコードの読み込みといった名前のメニューがあると思いますので、そちらをタップしてください。 次に、画面内に大きな四角の枠が表示されると思います。 その枠内に収まるようにQRコードを映してみてください。 上手に読み込むコツは、枠内に大きめに納めること、被写体との距離を調節してピントを合わせることです。 それでは、こちらのQRコードで練習してみましょう。

次の

QRコード & バーコードリーダー 無料

バー コード リーダー 読み取り アプリ

目次 CLOSE• 1.「iOS11」以降のiphoneでバーコードを読み込む方法 「iOS11」以降のiphoneであれば、 簡単にバーコードを読み込むことができます。 最近は二次元バーコードを使って、サイトへ簡単にアクセスできるようになりましたので、操作を知っておくと活用できる機会は増えるでしょう。 バーコードを読み込むには、iphoneのホーム画面を1回押してから、「 カメラ」アプリをタップしてください。 カメラが起動したら、読み込みたい「 QRバーコード」を撮影する範囲内に近付けます。 すると自動的にカメラがバーコードを認識してくれ、「サイトをSafariで開く」という案内メッセージが表示されます。 「 案内メッセージ」をタップすれば、「Safari」が立ち上がり読み込んだバーコードに記載されたサイトが開くでしょう。 「QRバーコード」のスキャン機能を「オン」にする方法 iphoneの標準カメラで、「QRバーコード」を読み込んでくれない場合、 設定を確認してください。 スキャン機能が「オフ」になっていると、バーコードの読み取りをしてくれないので、設定を変える必要があります。 まずは、iphoneのホームボタンを1回押してから「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する項目が並んでいるので、ここから「 カメラ」を選びます。 次の画面で、「QRコードをスキャン」を「 オン」に切り替えれば設定は完了です。 再びカメラを起動して、バーコードをスキャンしてくれるか確かめてください。 スポンサーリンク 2.「iOS11」以前のiphoneでバーコードを読み込む方法 「iOS11」以前のiphoneを今でも使っている人は、標準搭載されている「カメラ」からバーコードの読み取りは出来ません。 「AppStore」から、バーコードを読み込んでくれる アプリをダウンロードするのが一番簡単な方法です。 以下から、よく利用されるオススメのアプリを紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください。 インストールが終了したら「 アプリアイコン」をタップし起動しましょう。 初めて起動すると、確認メッセージが表示されるので「OK」を選択します。 すると「カメラ」が自動的に起動するので、バーコードがを撮影エリア内に 表示させてください。 カメラがバーコードの存在に気付き、読み込みが開始されると画面が切り替わり「読み取り内容」が表示されます。 サイトを起動するアプリを選ぶと、読み取りした「WEBページ」を表示できるでしょう。 このアプリでは、読み取ったバーコードの「履歴」を表示できます。 画面下部にある、「 履歴」のタブをタップすると履歴が表示されるので、もう一度閲覧したいURLを選択してください。 あとはブラウザを選べば、読み取りしたURLを再度表示してくますよ。 まずは、以下のサイトにアクセスして、アプリをダウンロードしてください。 インストールしたら、ホーム画面に表示された「 アプリアイコン」をタップし起動させます。 アプリを起動させると、自動的にカメラが立ち上がるのでバーコードを「お父さん」が指示しているエリアに表示してください。 すぐに読み取りが完了し、すぐにブラウザからサイトを表示してくれるでしょう。 読み取れるものは、URLやメールアドレスなど一般的なものを網羅しています。 以下のサイトから、アプリをダウンロードしてください。 インストールに成功したら、ホーム画面に表示されている「アプリアイコン」をタップして起動させます。 メイン画面が表示されるので、ここから「 QR読み込み」をタップしてください。 自動的にカメラが起動しますから、読み込みたいバーコードを画面に表示させましょう。 すると自動的に読み込んでくれるため、その情報をすぐに画面に出してくれますよ。 もちろん「履歴」にも対応しているので、過去に読み込んだバーコードの情報をもう一度表示できます。 このアプリは、QRコード関連だけじゃなく、「懐中電灯」の点灯、「半角カタカナ」への変換など、あると嬉しい機能が備わっているんですね。 1台に1つはダウンロードしておきたいアプリとして、とても人気があります。 スポンサーリンク 3.バーコードをスキャンしてくれない場合の対処法 「iOS11」以降でも以前でも適用できる、バーコードをスキャンしてくれない場合の対処法を紹介します。 以下に挙げる対処法を実施すれば、スキャンされない不具合は解消されるので一つずつ 実施してみてください。 もしそれでもダメなら、iphoneが故障している可能性が高いので修理に出すことを検討しましょう。 そのため、まずはiphoneを「 再起動」してから、バーコードのスキャンをしてみましょう。 「スリープ」ボタンを長押しし、画面の案内に従って操作すると電源が落ちます。 その後、再び「スリープ」ボタンを長押しすると、再起動が完了しますよ。 この時、原因を自分で調査してピンポイントで対応するよりかは、一度「 初期化」して工場出荷した時の状態にするほうが簡単です。 必ずバックアップを取ってから、「初期化」の作業は行ってくださいね。 まずはiphoneのホームボタンを1回押してから、「 設定」アプリをタップします。 次に「 一般」をタップしてください。 画面が切り替わるので、「 リセット」をタップ。 「 すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。 確認メッセージが出るので、「 iphoneを消去」をタップしましょう。 これで初期化に成功するので、初期設定を行いバーコードをスキャンしてくれるか確認してください。 スポンサーリンク まとめ ここでは、 iphoneでカメラで「バーコード」を読み込む便利な方法4選について紹介していきました。 「iOS11」以降はiphoneに標準搭載されている「カメラ」を使って、バーコードの読み込みが可能になったので、外部アプリを必要としません。 しかし「iOS11」以前のiphoneを使っているなら、アプリが必要なので評価が高いものを厳選して掲載したので参考にしてください。 バーコードのスキャンにより、幅広い情報を一瞬で読み込んでくれるため、知っておくとiphoneの活躍の幅が広がるでしょう。

次の