パープル 化粧下地 おすすめ。 【肌悩みをカバー】イエローベース肌に合う人気化粧下地ランキング10選!

パープルの化粧下地おすすめ人気ランキング8選。選び方から徹底解説。

パープル 化粧下地 おすすめ

肌を均一に整え、ファンデーションのノリをよくしてくれる化粧下地。 プチプラからデパコスまで幅広いメーカーが、乾燥肌向けや敏感肌向け、ツヤ肌に見せてくれるものやテカリを抑えてくれるものを販売していますが、結局どれが自分に合うのか分からない方が多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 cosme・ Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングで売れ筋上位の化粧下地全をすべて集め、 現役のメイクアップアーティストの協力を得て、 最もおすすめの商品を決定したいと思います。 mybest編集部がすべての商品を実際に使って、以下の6点を比較・検証をしました。 仕上がり• 崩れにくさ• 塗りやすさ• 保湿力(敏感肌・乾燥肌向けのみ)• テカリ具合(脂性肌向けのみ)• 毛穴カバー力(ポアプライマーのみ) 果たして、どの商品が最もおすすめのベストバイなのでしょうか?記事の後半では、崩れにくいベースの作り方や、日焼け止めと化粧下地どちらを先に塗るべきかなどについても解説しています! 毛穴が気になる方は、 ポアプライマーと呼ばれる毛穴カバーに特化した化粧下地を選ぶようにしましょう。 ポアプライマーは毛穴をしっかりカバーして肌の凹凸をフラットにしてくれます。 たるみ毛穴や開き毛穴で悩んでいる方は、肌をフラットにしてくれるので、ムース状のテクスチャーのものを選ぶのがおすすめ。 ラメが入っているものは毛穴に入り込んで逆に毛穴が目立ってしまう可能性があるので、たるみ毛穴や開き毛穴が気になっている人は選ばないようにしましょう。 ラメ入りは毛穴を軽くカバーしたい、という人におすすめです。 また、ポアプライマーには全顔向けと部分用下地とがありますが、毛穴カバー力があればどちらを買っても問題はありません。 ポアプライマーには、色ムラをカバーしたりくすみを飛ばしたりする効果がないものがほとんどのため、通常の下地と合わせて使うのがおすすめですよ! コントロールカラーは肌悩みと反対の色で悩みをカバーしてくれるアイテム。 カラーバリエーションが豊富で 色によって効果が異なりますので、肌悩みに合わせて選ぶのがポイントです。 肌悩みに合った色を選ぶことで、顔色をよく見せたり透明感を出したりすることができます。 おおまかな役割としては、下記のとおりです。 ピンク:血色をよく見せたいとき• オレンジ:くまや茶ぐすみが気になるとき• イエロー:肌のくすみや色ムラが気になる・健康的に見せたいとき• グリーン:顔の赤みやニキビが気になるとき• ブルー:透明感がほしい・黄ぐすみが気になるとき• パープル:トーンアップがしたい・透明感がほしいとき 色を使い分けてあげることで、顔にメリハリが出て立体的に見せることも可能です。 化粧下地を選ぶときは、日焼け止め効果があるかどうかもチェックしましょう。 紫外線を浴びるとシミやシワの原因の1つになってしまうため、 紫外線を防止してくれる化粧下地がおすすめです。 日焼け止め効果の有無はSPFとPAの値で確認することができます。 自分が普段どういった生活パターンなのかによって、日焼け止め効果の高さを選ぶのがポイント。 日焼け止め効果のない下地の場合は日焼け止めを別で塗るか、ファンデーションに日焼け止め効果があるものを選ぶことで紫外線対策ができますよ! 映えある第1位は、やはり不動の皮脂崩れ防止下地ともいえるプリマヴィスタでした! 崩れにくさ・テカリづらさはもちろん、仕上がりも伸ばしやすさも非の打ち所がない下地だといえます。 「脂性肌向け下地としてはもちろんですが、 ほどよくしっとり感があるのにベタつかないので、肌質問わず使えるのではないでしょうか」と藤原さん。 伸びもよいので、肌の変化が起きやすい普通肌さんや混合肌さんにもぴったりな下地といえるでしょう。 実際に使ったスタッフからも「 乾燥してパキパキになる感じもなく、テカリもそれほど気になりませんでした」とのコメントが。 特に皮脂崩れやテカリを気にしている方におすすめしたい、ベストバイ脂性肌向け化粧下地です!.

次の

透明感のある肌に!トーンアップできるおすすめの化粧下地を紹介

パープル 化粧下地 おすすめ

記事の目次• パープル下地の魅力 パープル下地はピンクとブルーのいい部分を取り入れています。 肌の透明感を引き出すことや肌色のトーンが明るくなるのも特徴です。 ここではパープル下地の魅力を紹介します。 肌の透明感を引き出せる パープル下地の魅力は、肌の透明感を引き出せることです。 パープルはピンクとブルーを混ぜて作ることができます。 ピンクは血色感を演出し、ブルーは赤みをカバーするため、くすみをカバーしつつ上品な透明感になるのです。 血色が悪い女性やくすみが気になりやすい 色白の女性には特におすすめのカラーとなります。 ブルーの下地では血色が悪く見えるような人も、パープルの下地を使うとよいでしょう。 肌色のトーンが明るくなる パープル下地を使うと、 肌色のトーンが明るくなるメリットがあります。 コントロールカラーとして使える下地ですが、黄色が強い肌を調整することや血色感をプラスすることで肌色のトーンも増すのです。 肌のトーンが暗く感じる場合やくすみが気になる女性におすすめのカラーとなります。 肌が明るくなるとくすみやシミなどが薄れる効果も期待できるでしょう。 下地を変える明るさは自然な明るさになるため、周囲に違和感なく印象を変えることができます。 パープル下地の選び方 パープル下地はデパコスやプチプラがあるので、それぞれのメリットや特徴を知った上で選びましょう。 ここではデパコスとプチプラの違いに触れながら、パープル下地の選び方を紹介します。 本格派さんはデパコスでリッチに パーブル下地は種類が多いので、 本格的に選ぶのであればデパコスがおすすめです。 デパコスはデパートで販売しているコスメのことで、取り扱っているのは主に高級化粧品ブランドになります。 デパコスはお金がかかりますが、カウンセリングが受けられるのがメリットです。 自分の肌にパープル下地が適しているかどうか、どのパープル下地がいいのかプロが教えてくれます。 カウンターで実際にメイクをして使用感を確かめることができるので、コスメ選びで失敗する確率は小さくなるでしょう。 お試しならプチプラから 気軽にパープル下地を使いたい人におすすめするのがプチプラです。 カラーバリエーションが豊富にあり、コンビニやドラッグストアでも入手することができます。 お店で取り扱っているプチプラは売れ行きがいい物が多く、安いからと言って質が悪いとは限りません。 金額が安いため、他の商品を比較しながら選んで対応することができます。 同じパープル下地でも商品によって色味やツヤ感などは違うため、 いくつか使ってみて自分に合うものを見つけましょう。 気になる色ムラをぼかし、トーンアップに効果的な色味を与えることができます。 肌と下地の一体感があり、 フィット性の高い膜は崩れにくく化粧の維持にもつながるでしょう。 ピンクよりのパープルになるため、他の商品に比べるとかなり明るくなります。 毛穴つまりも少なく、肌の凹凸を滑らかにしながら保湿効果が期待できるでしょう。 目の下や目の周り、口まわりなどくすみが気になるところを重点的に伸ばしていくと効果的です。 プチプラなパープル下地 プチプラなパープル下地は安いことや種類が多いメリットがあります。 ここでは、プチプラの中でも特におすすめのパープル下地を抜粋して紹介していきます。 CandyDoll ブライトピュアベース<ラベンダー> 血色感をアップする下地で、 1年中使うことができる無香料SPF35PA++です。 肌色コントロール効果でやわらかな血色感が期待できるでしょう。 肌のくすみを瞬時に隠し、パープルに含まれるピンクの効果で肌のトーンアップにつながります。 成分組成について詳細な説明があるのも安心です。 くずれ防止パウダーにシリカ、美容成分にヒアルロン酸やローヤルゼリーエキス、オリーブオイルなどが使用されています。 肌を乾燥から守り、肌にかかる負担も減らせるでしょう。 まとめ パープル下地は肌の透明感アップやトーンアップの効果が期待できます。 パープル下地はブルーとピンクの量によっても効果が異なってくる点に注意が必要です。 下地はデパコスやプチプラで手に入れることができるので、予算や肌の状態に合わせて選んでいきましょう。

次の

憧れの透明感をGET☆パープル系下地のおすすめランキングTOP12!

パープル 化粧下地 おすすめ

【目次】• 化粧下地はどんな役割があるの?下地を塗る理由は? ファンデーションの前に化粧下地を塗るのは、最近はスタンダードなメイクプロセスになっています。 そもそも、化粧下地を塗る事にはどんな役割があるか知っていますか? 化粧下地を塗る理由【1】ファンデーションの密着力を高める 化粧下地には、ファンデーションと肌の密着力を高める効果があります。 普段のメイクに化粧下地というワンステップを追加すると、崩れにくいベースメイクを作ることができます。 ファンデーションと混ぜて使えるものもあるので、試してみてはいかがでしょうか。 化粧下地を塗る理由【2】肌の悩みをカバーする また、ファンデーションの前に色付きの化粧下地を使うことで、様々な肌悩みをカバーすることができます。 ある程度の肌トラブルを色補正でカバーすることでファンデーションを重ねずに済むため、厚塗り感のないきれいな仕上がりにすることができます。 さらに、色付きのカラーコントロールと呼ばれる化粧下地を使うことで、色の効果を利用しながら肌悩みをフラットな状態に仕上げることができます。 ファンデーションの前に色味を補正しておくことで、色ムラのない美しいベースメイクを作ることができます。 肌色に最も近く、カバー力も高いのが「ベージュ」の化粧下地です。 BBクリームやCCクリームなどにも多い色で、色でしっかりカバーしたい人向けの化粧下地です。 COVERMARKのスキンブライトクリームCCはこれ一本で化粧下地としてはもちろん、ベースメイクが完成できるアイテムです。 明るめのベージュとベージュの2色展開なので、自分の肌色に合わせてカラーが選べます。 化粧下地とは思えないほどのカバー力があるので、ファンデーションを使いたくない日やナチュラルメイクに仕上げたいときは、これだけで仕上げてもきれいな肌になれます。 カラーコントロールだけでなく、化粧持ちをよくしてくれるのも優秀なポイント。 イエローはコントロールカラー系の中で、もっとも使いやすいカラーです。 イエローの化粧下地の効果は以下の3点です。 ・くすみを消してくれる ・赤みを消してくれる ・シミやそばかす、クマをカバーしてくれる 肌馴染みも良い色なので、カラーコントロール初心者の方でも気軽に使えます。 化粧下地には定評のあるSUGAOから販売されているカラーコントロール。 肌に乗せた瞬間サラサラな仕上がりになって、まるでシルクのような触り心地に。 サラサラ肌になれる秘訣は、配合されている皮脂吸着パウダーのおかげ。 長時間つけていても皮脂を吸収してくれるので、ベタついたり、テカったりしないのが嬉しいポイントです。 ピンクは血色感をプラスする色味です。 黄色と同様肌なじみがよく、とても使いやすいカラーです。 明るさと血色を同時にプラスすることができます。 赤みの強い肌の方が使ってしまうと、余計に赤みを強調することになるので注意が必要です。 青みのあるピンクベージュのカラーコントロールであるSUQQUのブルーミンググロウプライマー。 ブルーベースの方はもちろん、イエローベースの方でも安心して使えるピンクの化粧下地です。 肌にのせると淡いベールを被せてくれたように馴染み、くすみを飛ばしてふわっと明るい肌色を作ってくれます。 しっとりとした質感なので、ツヤ肌に仕上げられます。 また、上から塗るファンデーションとしっかりと密着してくれるので、崩れにくさも評価されています。 グリーンは赤みが気になる肌に使うことで、気になる赤ら顔を均一な肌色に補正してくれるカラーです。 馴染みが悪そうに見えますが、肌にのせると程よく馴染み、明るい印象に仕上げることができます。 基本的にファンデーションと合わせて使うカラーなので、お気に入りのアイテムの下に仕込んでみてください。 innisfreeのミネラルメイクアップベースのグリーンは、名前の通りミネラルが配合されているので、肌への負担が少ないアイテムです。 化粧下地は肌全体に塗るものなので、なるべく優しい成分のものを使用したいですよね。 潤い成分がたっぷりと入っているので、乾燥肌の方におすすめの化粧下地です。 ファンデーションとピタッと密着してくれるので、化粧崩れしにくいのも嬉しいポイントです。 イエベの肌にぴったりの化粧下地の色は、ベージュです。 ある程度の黄みをカバーしながら、ナチュラルな肌に仕上げることができます。 イエベで肌悩みがあまりないという人には、ベージュがおすすめです。 他におすすめの色味はピンクやパープル、ブルーです。 ピンクは黄みが気になる肌を抑えながら血色感のある印象に仕上げることができます。 ブルーは黄みをカバーしながら透明感のある肌に整えます。 パープルは血色感に透明感をプラスした、華やかなベースメイクを作ることができますよ。 軽いテクスチャーなのに、しっかりカバーしてくれるので、薄づきなのに満足のいく仕上がりに。 しっとりしたベースがファンデーションの持ちをよくしてくれるので、1日中崩したくない日にもってこいの化粧下地です。 ソフトフォーカスな仕上がりなので、フィルターをかけたかのようなふわっとしたお肌になれます。 思わず触りたくなるお肌はデートにぴったりです。 ブルベの肌にぴったりな化粧下地は、ピンクベージュです。 ピンクに寄りすぎると、赤みがより強く出てしまいますが、ベージュが混ざった肌なじみのいい色がブルベには使いやすくなります。 他におすすめの色味はグリーンやイエロー、パープルです。 グリーンは赤みが気になる部分がある人におすすめです。 イエローは肌のくすみが気になっている肌を抑えて明るく見せる効果があります。 パープルは程よい血色感と透明感をプラスします。 ブルベの方はパープルを使って透明感を出そうとしてしまうと青みが強すぎて顔色が悪く見えてしまう恐れがあるので、ピンクの化粧下地を使って血色感を出しながら透明感を出していきましょう。 ベースメイクが得意なRMKの化粧下地は、まるで乳液かのように滑らかなつけ心地。 しっとりと保湿をしながら色を補正してくれます。 まるで美容液を塗ったかのようにみずみずしくツヤのある肌に仕上げてくれるLUNASOLのカラープライマー化粧下地。 すっと肌に伸ばすだけで、光のヴェールをまとったかのような自然なツヤ肌に仕上げてくれます。 ブルベさんに使ってもらいたいのは01のWarm Pinkです。 血色感の少ないブルベさんは、ピンクのカラーコントロール化粧下地を使って顔色を整えるだけでパッと明るい印象になります。 とくにピンクのカラーコントロール化粧下地を使用すると、自然と血色感を出すことができます。 控えめに血色感を出したい際には、頬やおでこ、顎先のようにポイント使いをおすすめします。 十字になるように血色感をプラスすることで、女の子らしい印象を与えることができます。 美肌効果が高いと言われている大豆と、ポリフェノールを豊富に含むと言われているアルペンローゼが配合されているnaturaglaseのカラーコントロールベース。 化粧下地としてカラーコントロールをしたり、ファンデーションのノリを良くしてくれたりするのはもちろん、化粧をしながらスキンケアをすることもできちゃうんです。 お肌にのせると自然な血色感を与えてくれる程度に色づいてくれるので、メイク初心者の方でも使いやすいでしょう。 肌なじみが良く、色ムラもしないので、忙しい朝はこの化粧下地があれば時短にもなります。 キメを整えみずみずしい肌にしてくれるため、くすみが気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

次の