神棚 お供え 順番。 神棚を掃除すると開運する?掃除方法や掃除頻度について解説!|終活ねっとのお坊さん

神棚の設置の仕方とは?飾り方やお供え物の位置も含めて全特集!

神棚 お供え 順番

お供えと拝礼について 岩手県胆沢郡金ケ崎町鎮座 瑞祥鶴ケ峰 熊野神社 神棚はただ飾っておけば良いというものではありません。 常日頃からきちんとお供えをして拝礼しなければ、 御神霊の御加護受ける事は難しいでしょう。 ここではもう少しくわしく、お供えや拝礼について解説致します。 お供え 神饌しんせん について 写真は当神社例大祭の神饌 はじめに 神様へのお供え物を神饌 しんせん と言います。 神道では、「物」「心」共に整える事を最上としますので、神饌 お供え物 が重要な意味を持ちます。 神棚をおまつりする際の神饌は通常「米・酒・塩・水」ですが、その他「旬」の物、珍しい物、自分の家で採れた物などをお供えします。 自分で育てた野菜や果物などの「初物」をお供えする事は、本来の「御馳走」の意味にも通じ、たとえ少々見栄えが悪くとも大いに御神霊もお喜びになるでしょう。 いずれの場合においても清浄を心がける事は言うまでもありません。 写真のように綴じ目を手前にして置きます。 折敷と胴の部分が別々になっている三方の場合に注意していただきたいのですが、穴のあいていない方を御神前に向け、その上に綴じ目が手前にくるように折敷を載せます。 三方 さんぼう 折敷 おしき 神棚に用いる器などについては、神棚専用とします。 詳しい事は をご覧ください。 お供えの順序・決まりについて 神饌には順番があります。 上位から米・酒・餅・魚・海菜・野菜・果物・菓子・塩・水の順となります。 米が最上位なのは神々が自ら栽培されていた作物であるためですが、稲作を中心にしてきた我が国の歴史から考えると全く当然の事と思われます。 奇数の場合、正中、次いで左 神様からみて 、次いで右という順番でお供えします。 偶数の場合、正中をはさんで左 神様からみて 、次いで右という順番でお供えします。 上の場合については、「米・酒・塩・水」以外の物をお供えする場合や、やむを得ず器を一列に並べてお供えする際の参考としてください。 日常の神饌 米・酒・塩・水 を三方や折敷に載せると下のようになります。 米・酒・塩・水をお供えした場合 米・塩・水をお供えした場合 お米は炊いたご飯でも大丈夫ですが、人間が食べる前にお供えします。 魚をお供えする場合は、頭を正中に向け、腹を神前に向けてお供えします。 正中にお供えする場合は、頭を左 神様からみて にします。 野菜をお供えする場合、ネギやニンニクの類はお供えしません。 野菜に限らず余り強いにおいのある物は避けましょう。 拝礼について 神棚拝礼の次第と作法 神棚のおまつりは毎日継続する事が大切です。 作法については、 で詳しく解説しておりますので、ここでは簡単に紹介することにします。 次 第 作 法 等 神棚に向かう前に手と口を清める 神棚の前に進み一度深くおじぎをする。 献饌 けんせん 神饌をお供えする。 あらかじめお供えしておいて、器のふたを取ってもよい。 灯明があるときは、点灯する。 祝詞を奏上する場合 祝詞を省略する場合は拝礼をご覧ください 二度深くおじぎをし、祝詞を奏上する。 終わって二度深くおじぎをし、次に二度柏手を打つ。 次いで一度深くおじぎをする。 祝詞を奏上しない場合 二度深くおじぎをし、次に二度柏手を打つ。 祈念を込めたのち、一度深くおじぎをする。 撤饌 てっせん 神饌をお下げする。 器のふたを閉じてもよい。 灯明があるときは消灯する。 神棚の前に進み一度深くおじぎをする。 関連・参考となるページ おわりに 長続きする神棚のおまつり 普段から立派なお供えをして、しっかりと拝礼すればいいのですが、なかなか長続きしそうにない方へ。 普段は「米・塩・水」をお供えして、月に1度か2度、お酒もお供えするというのはいかがでしょう。 神社では毎月1日に月始祭、15日前後 当神社は17日 に月次祭を行う所が多く、普段よりも立派な神饌をお供えして祭典が行われます。 みなさんが神棚をおまつりする際も、毎月の神社の祭典日に準じて行ったらどうでしょうか。 1か月に2度はちょっとという方は1度だけでも良いと思います。 また、野菜・果物など普段と異なる物をお供えする場合は特に日を決めたりせず、珍しい物が手に入った時など、その時々にお供えすれば良いでしょう。 最初はやり易いところから始められる事をおすすめします。

次の

神棚の飾り方とは?お札の設置/神具の意味/お供えについても解説!|終活ねっとのお坊さん

神棚 お供え 順番

A ベストアンサー 田舎の出身ですので、神棚と仏壇が並んでいるのが当たり前の家で育ちました(信仰深いようでいて、何か宗教的にめちゃくちゃですね/笑) そんな我が家では、毎日、朝イチに汲んだ水と新しく焚いたごはんを神棚、仏壇にそれぞれあげて、神棚には二拍手一礼二拍手、仏壇には線香をあげカネを鳴らして手を合わせる(その時何を思い浮かべるのかは各自の自由/笑)というのを、朝食前に家族全員(祖父母と父母と私と弟)でやっていました。 そして夕食時にまた水とごはんを新しいものにチェンジして同じことを繰り返します。 そのうち私は進学で実家を離れ、祖父、祖母、父の順に亡くなりましたが、母と弟、その嫁は相変わらず同じことを毎日やっているようです。 今現在の私の家には仏壇も神棚もありません。 マンションなので(言い訳がましい? そのかわり、実家に帰ったら、まっさきに仏壇に「ただいま」と手を合わせます。 神棚を拝むのは、なぜか食事前限定) 特に幸せを願ったり、お礼を言ったりというのはなかったですねー。 小さい頃からしていることだから、習慣になってただけのように思います。 弟は私よりも信心深いようで、「忘れるとキモチ悪い」そうです(笑) 田舎の出身ですので、神棚と仏壇が並んでいるのが当たり前の家で育ちました(信仰深いようでいて、何か宗教的にめちゃくちゃですね/笑) そんな我が家では、毎日、朝イチに汲んだ水と新しく焚いたごはんを神棚、仏壇にそれぞれあげて、神棚には二拍手一礼二拍手、仏壇には線香をあげカネを鳴らして手を合わせる(その時何を思い浮かべるのかは各自の自由/笑)というのを、朝食前に家族全員(祖父母と父母と私と弟)でやっていました。 そして夕食時にまた水とごはんを新しいものにチェンジして同じことを繰り... Q 仏壇の拝み方について教えて下さい。 当方曹洞宗です。 最近嫁いだので、嫁ぎ先で初めてのお盆です。 そこで仏壇の正しい拝み方について教えてほしいのです。 今日姑から仏前で線香は仏様、ご先祖様、近く亡くなった方への3本をたて、リンは同じくで内側を3回鳴らす、と聞きましたました。 明日本家に伺った際には教わった通りやります。 ただ、今までそのような話は聞いたことがなく、正直半信半疑です。 宗派によっても違いはあると思いますが、もしマナーに詳しい方がいらしたら今後のために(今後本家以外に伺うこともあると思うので)一般的なマナーを教えて下さい。 合わせてお墓参りにもマナーがあれば教えて下さい。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 線香の本数や立て方・・・ リンの叩く場所・・・ リンを叩く回数・・・ そう言う「形式的なコト」に拘るのではなく「御先祖様・仏様に如何に念ずるか」なのですよ。 念ずる=思いを伝える、ってコトです。 毎日が安泰なのは御先祖様の御蔭。 そちらは如何ですが?お爺さん・おばあさん。 私達も「お陰さまで元気にやってますよ」。 と言うのを手を合わせて思うのですよ。 私も曹洞宗ですがオヤジの仏前では胡坐をかいて酒を酌み交わしますね。 リンだってリズム感たっぷりに鳴らしたりします(笑 仏壇では無く「そこにオヤジが居る」って感じですよ。 まぁ嫁の立場としてはそこまで出来ないでしょうから、線香は2つに折って火を付けそのまま(2本を)立てれば良いかと思います。 リンだって2回ほど鳴らして手を合わせ『南無釈迦無弐仏』(なむしゃかむにぶつ)と唱えりゃ良いのですよ。 求められるのは「拝み方の型式」では無く「先祖および無き人を如何に弔うか」なのですよ。 最後に仏事のマナーですが・・・ 判らない時は「前の人と同じ事をする」が無難です(笑 そして言葉にならない程度にブツブツと念仏を唱えるコトですね。 線香の本数や立て方・・・ リンの叩く場所・・・ リンを叩く回数・・・ そう言う「形式的なコト」に拘るのではなく「御先祖様・仏様に如何に念ずるか」なのですよ。 念ずる=思いを伝える、ってコトです。 毎日が安泰なのは御先祖様の御蔭。 そちらは如何ですが?お爺さん・おばあさん。 私達も「お陰さまで元気にやってますよ」。 と言うのを手を合わせて思うのですよ。 私も曹洞宗ですがオヤジの仏前では胡坐をかいて酒を酌み交わしますね。 リンだってリズム感たっぷりに鳴らしたりします(笑 仏壇では無く「... A ベストアンサー 良い悪いの判断は難しいですが、昔からの建物で仏壇の上を踏んではいけないと言われますし、その上にはたいてい屋根で踏まないようになっています。 神棚は殆ど部屋の真ん中で、上に2階がある場合が殆どで、踏んではいけないとはあまり聞いた事はありません。 最近の限られた土地で限られた大きさの家で仏壇の上を踏まないようにするには、かなりプランが難しいと思いますが、仏壇の上が部屋になっても、その上に洋服ダンスを置いて踏まないようにするとかの工夫で何とかなるかも知れません。 それも無理な場合はNo. 1さんのお答えのように張り紙をすれば良いのかもしれません。 お仏壇の位置はなるべく今の近くで寂しくない所にして、いつもご先祖を忘れず、敬う気持ちが一番だとは思いますが・・ Q お世話になります。 家の神棚を毎日よく見える場所に移動させました。 風水で場所を移動させましたが、それはそれで良いと思っています。 ただ、神様へお供えするお酒や米・塩などは、どれくらいのインターバルでお供えして、お供えした後はどのように扱うのでしょうか? 苦しい時の神頼みかも知れませんが、かなり頻度を上げて今年は参拝しようと考えています。 仮にお酒を毎日お供えすると毎日お酒を飲むことになってしまいます。 それは少しできないので困っています。 米や塩は戻せばいいと考えていますが、ダメでしょうか? ちなみに、榊は庭で育てていますのでいつでも切ってお供えすることはできます。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 神様へのお供えは洗米(洗い米)塩、水、お神酒、生花としてお榊です。 洗米は私たちに云うところの「ごはん」粗塩は「おみそしる」こちらは毎日、交換、お供え致します。 お水も同様です。 その他に、季節の野菜、魚などは、初めて捕れたとき「初物」としてお供え致します。 通常はよろしいかと・・・ お下がりとしてお米、塩は毎日お供えしたお下がりを使用して食卓に並べた方が良いかと思います。 お神酒につきましては、月の一日、十五日にお供えして、お下がりを頂く様にすれば良いです。 (毎日でなくても良いです) 但し、特に神様にお願いのある日はお神酒もお供えしましょう。 お榊につきましては、こちらも月の一日、十五日に新しいものに取り換えてあげましょう。 一般論ですが、ご参考まで。 Q 仏前やお墓にあげるお線香の本数には、何本が好ましいというような決まりがあるのですか? 49日までは、(49日まで用の)祭壇に毎日お線香を1本だけ(起きている時間)絶やさず着けていましたが、春の彼岸ということでお寺さんが来てお経を上げてもらった時は、お坊さんがお線香を2本同時に着けていました。 お墓参りの時は、10数本~1束まとめてお線香を着けていような記憶があります。 そこで質問なのですが、49日までは1本で、それ以降は2本(又は2本以上)といった決まりがあるのですか? また、仏前とお墓の前とでは、お線香をあげる本数に違いがあるのですか? ご存知の方、詳しい方、少しでも知っている方、 教えてくださいますようお願いします。 A ベストアンサー 詳しく書かさせていただきます。 私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、 お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。 仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。 という意味です。 ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。 なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。 ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。 それに宗派によってですが、ご本尊もそこには奉られていないはずです。 ですからこの場合、仏への1本。 ということになります。 さて、では49日を過ぎると、仏様はあの世へ到着し、本当に仏様となって、再びこの世に生を受けるための修行をなされます。 そうなると飾り棚ではなく仏壇を使用されますが、 そこからは、仏、法、僧の3本を焚いてください。 また、僧を抜かして2本でも構いません。 コレはお焼香(抹香)でも同じです。 よく、通夜式(御通夜)なんかでは3回しますが、 翌日の葬儀式(告別式)では、ホールの方に、お焼香は一回で構いません。 といわれるケースが最近ありますが、通夜では、仏・法・僧の意味で、告別式では故人との別れとのことで 仏だけの1回ということになります。 また、お墓ですが、これまた49日までは一人1本ずつ。 その後は特に決まりはありませんが、こういう基準を持つといいでしょう。 ですからお墓に3人入っていらっしゃるのならば6本。 5人なら8本ですね。 また、法事などでは一人3本ずつで構いません。 が、法事をする対象の故人の人数が2人ならば+1本ずつ。 としていけばいいでしょう。 法事のときに一人1本ずつは恥ずかしいですよ。 また、点けてしまってあまったお線香は施主か家族が全部線香受けに入れてあげてください。 ついでに言っておきますが、法事などのお墓参りには 事前に3ヶ月ほど前にお寺さんに出向き、1週間前に確認のため出向いたほうがいいです。 その時、お寺ごとは2人で行くのが常識です。 また、確認後はお墓へ行き、線香はいいので、お墓の掃除やお花を供えて、当日にやることがないようにしましょう。 ながながとすみません。 詳しく書かさせていただきます。 私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、 お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。 仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。 という意味です。 ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。 なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。 ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。 それに宗派によってですが、ご... Q 般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。 というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。 これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。 どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。 般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです 単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその辺にいる霊がどんどんやってきてしまいます。 あまりいい死に方をせずに成仏しないで浮遊している霊達が「もっと唱えてくれ~」と次から次へとやってくるのです。 唱えるのをやめても霊達はまた般若心経を聞きたくてその場にとどまってしまいます。 ですから一般の方が般若心経を唱えるのは本当は怖いことなのです。 防御系に強い菩薩の真言を奏上してその後内観という心の内を澄み切った愛情で満たしたうえでかくなる方法にて般若心経を唱えなくては霊にとってはまったく意味がございません。 逆に霊を迷わす原因となります。 上のような文章をみて、どうしたらいいかこまっています。 まったくの素人です。 般若心経をとなえてしまいました。 しかも実家は浄土真宗なのに。。 きいているあいだ、なんだか体がぐらぐらしました。 パソコンから、お坊さんがとなえたものも、聞いました。 どうしたらいいでしょうか。 こわいです。 心を落ち着かせるために、写経をしようとおもっていたのですが、やめたほうがいいでしょうか。。 アドバイスください。 般若心経は邪を払ってくれると聞いたのですが、悪い霊をよびよせないで、安全な唱え方などはないですか。 般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。 というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。 これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。 どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。 般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです 単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその... Q ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。 寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。 僧侶は4人、戒名は信女です。 35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。 その費用は90万円請求されました。 その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。 タッタの5分ですよ。 それで4万円以上のお布施を請求されました。 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。 これってひどすぎると思いませんか?100万円近くの金を払ったのですよ。 これは当然ビジネスというべきです。 それなら明細書、請求書、領収書をだすべきでしょう。 このことを永平寺に質問しましたが、10日経っても返事がありません。 無視しているのです。 永平寺の修証義というお経には、貪ってはいけない、欲を出してはいけないなどと書いてあります。 それなのになんという強欲な!! 聞くところでは、永平寺系曹洞宗は一番えげつないそうです。 金をぼった繰ります。 みなさんのご意見をお聞きしたいと思いますのでよろしくお願いします。 ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。 寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。 僧侶は4人、戒名は信女です。 35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。 その費用は90万円請求されました。 その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。 タッタの5分ですよ。 それで4万円以上のお布施を請求されました。 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。 これっ... A ベストアンサー なにか話がごっちゃになっていますね。 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。 削除要求をされるかも知れません。 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括しているわけではありません。 「曹洞宗」という宗教法人が包括しています。 ですので,永平寺に質問書を出されても,永平寺はそれらの寺院を統括又は包括していませんので,永平寺にとってはお門違いの質問であり,回答がないのも然りです。 包括している「曹洞宗」としても,教義に関しては,僧侶を監督し,曹洞宗の教義と違うことを弘通すれば指導しますが,寺院の運営に関してまでは口出しできません。 法律上,別の宗教法人であるからです。 うちの菩提寺では,院号なしの信士又は信女の場合,戒名料はありません。 曹洞宗では,施食法要が営まれます。 新亡施餓鬼と言って,前の施食法要以降に亡くなられた方のある檀家が施主となり,お布施を包むのですが,からお盆の法要と並修するお寺もあれば,彼岸法要と並修するお寺もあり,全く別の日程で営むお寺もあります。 うちの菩提寺と比較すれば,「高いなぁ」とは思いますが。 同じ曹洞宗の寺院でも,それぞれの地域性や檀家の状況にもよりますので,1ケ寺をもってして,曹洞宗寺院全部がそうであるかのような誤解はしないでください。 質問者ご自身が,御母様を亡くされ,初めて菩提寺と接されたのではないでしょうか。 寺院は住職のものではなく,檀家のものです。 宗教法人としての代表役員は住職が就いているでしょうが,檀家(その中の総代)が寺院を支えているのです。 檀家の多い寺院であればなおさらです。 きちんと会計担当の責任役員が居り,お寺に納めたお布施などは,住職の懐に入るのではなく,宗教法人の会計に入り,そこから住職は給料を貰っています。 所得税等の源泉徴収もされています。 お寺から示された額も施食法要のお布施の額も,檀家総代会(寺院護持会)が決めた額であると思われます。 お布施などは個人のプライベートな支出なので,領収証を貰ったところで,経費で落とせるわけではないので,領収証を求める人が少ないのが実情ですので,求められれば領収証を出すというスタンスの寺院が多いと思います。 求めれば領収証を出してくれることが多いようです。 特に葬儀に掛かった費用については,遺産分割協議の際に揉めないように,喪主が相続人全員に葬儀費用を示すために領収証を求められる方もいらっしゃると聞いています。 また,曹洞宗大本山永平寺ですと必ず領収証をくださいます。 それから,お寺が相続税を脱税するということはありえません。 法人に相続税が発生することがないからです。 お寺が相続税を脱税したのではなく,そのお寺の住職が相続税を脱税したのでしょう。 曹洞宗寺院及び僧侶全体を貶めようとなさっているようで,悲しくなりました。 なにか話がごっちゃになっていますね。 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。 削除要求をされるかも知れません。 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括して... A ベストアンサー 神道式で葬儀をされたか、仏式で葬儀をされたかわかりかねますが、故人の方が大切にお祀りされてきたものですので、「神棚封じ」を行うことが必要かと思います。 基本的には亡くなられた日より五十日間、神棚の上部にあるしめ縄にセロハンテープなどで「半紙」を貼り付け吊り下げます。 これを「神棚封じ」といいます。 この五十日間は一切のお供え物はできません。 五十日を過ぎた後、半紙をはずしてから通常に戻します。 五十日を過ぎて「忌明け」となるからです。 地域性もあることですので、ご依頼になった葬儀社に確認されてみてもよろしいかと思います。 神道式で葬儀を行ったのであれば、その神社さんに問い合わせてもいいかと思います。 ただ仏教のお寺さんでは神棚のことはわかりかねます。 なお仏壇についても扉を閉めてしまったりすることがあるようですが、基本的に仏教ではこのようなことは教えられておらず、神道におけるこの「神棚封じ」の影響により、混同されて同じように閉めるように伝えられている地域もございます。 期間もまちまちです。 初七日法要がおわるまでとか、四十九日がおわるまでとかもともとの根拠がないものですから、どうしようもないものです。 本来なら仏壇については閉める必要はないことです。 ただ地域性やご親族からの指摘もある場合がございます。 ある程度の意見も聞きながら神棚封じを行ったほうがよろしいかと思います。 神道式で葬儀をされたか、仏式で葬儀をされたかわかりかねますが、故人の方が大切にお祀りされてきたものですので、「神棚封じ」を行うことが必要かと思います。 基本的には亡くなられた日より五十日間、神棚の上部にあるしめ縄にセロハンテープなどで「半紙」を貼り付け吊り下げます。 これを「神棚封じ」といいます。 この五十日間は一切のお供え物はできません。 五十日を過ぎた後、半紙をはずしてから通常に戻します。 五十日を過ぎて「忌明け」となるからです。 地域性もあることですので、ご依頼になった葬儀... Q 妻と別居してから、妻が行っていた神棚の榊が枯れたままになっております。 神棚の手入れも全然やっていません。 尚、枯れた榊には、よく神社とかで見かける紙が付いてます。 神棚には毎日、米と塩を捧げ、ろうそくを灯してお参りするべきでしょうか? 神棚の中に御札がありますが、こちらは、どうするべきでしょうか? そのまま静かに放置しておくべきでしょうか? 上記は妻がやっていたことをおぼろげに覚えていただけです。 全く無知なので、正しい神棚のことを ご存知の方、ご教示、お願いします。 A ベストアンサー ずっと神棚を祀るつもりはあるのでしょうか? ないのであれば捨てればよろしい。 信じないのなら、維持する必要も畏れる必要もないでしょう。 以下はずっと祀るとしての最低限の話です。 もちろんより以上という事になればいくらでも上がありますけど、まずは最低限でいいと思います。 榊は毎月31日と14日に新しいものを購入して、その晩か翌朝取り替えます。 でも、最低限生気を失ったらでも構いません。 勤め人なら都合よく1日・15日に取り替えることが難しいでしょうから。 最近ではスーパーやホームセンターでも置いてある所があります。 近くに花屋でもあれば定期的に運んでくれるようにお願いしてはいかがでしょう。 神棚の前は米、水、塩を捧げます。 酒を付け加えても構いません。 広さに従ってどちらかにしましょう。 米を真ん中にして、向かって左に水、右に塩というのが基本で、三角に置くように神社本庁の冊子では示しています。 酒を加える場合は米の両側に酒を置き、その手前に水塩を五角形になるようにしています。 しかし広さが取れない場合は横並びでも構いません。 捧げる気持ちを最優先にして下さい。 祀り方は人それぞれのようです。 基本的に供物には生のものを捧げる場合と調理したものを捧げる場合があります。 神棚も同様で、毎日米を捧げ、拝礼した後に下げて自分達のご飯をたくときに一緒に炊く人。 ご飯が炊けてから神棚に捧げ、拝礼してから下げて食べる人、或いはご飯が終わったら最後に食べる人などそれぞれです。 水はご飯を炊くときに使ったり、お茶で飲んだり、そのまま飲む人も居ます。 塩も調味料として使う人や外に撒く人も居ます。 お酒も同様に朝に捧げて調味料としたり、晩酌にしたり、外にまく人も居ます。 神棚に供えたものを頂くのは祭事の際の「直会(なおらい)」といって神様と一緒に食事をすることを意味します。 独りでは食しきれないので、また塩は取りすぎがよくないので、外に撒く人は清めの意味もあるのでしょう。 我が家では塩や酒は概ね撒きます。 (食事制限が厳しくて、塩断ちしていますから)米は雀が喜びますしね。 ですからあまり多くても大変なので、専用の器でもいいですがなければ専用に決めた小皿でも構いません。 アルバイトで生計を立てている友人は月の最初と最後の土曜日にのみコップ酒を捧げて、晩酌にしています。 私が知っているもっともずぼらな人は、毎月1日15日にだけ全部を取り替えるという人です。 でもどれが正しくて、それが間違っているとは言いたくありません。 作法に則っていても心を沿わせていなければ何の意味もありませんし、自分の生活様式に合わせて、ずぼらでいても毎日朝晩神様を意識している人のほうがはるかに信仰深いと私は考えるからです。 その方は祠でも地蔵でも見かけると必ず頭を下げる人なのです。 道の向こうやバスに乗っているときでもお宮が見えると頭を下げます。 神棚を祀るのはあくまでも神様を家の中に招く事、神様と共に暮らすことが第一ですから、あまり律儀に考えて無理すると長続きしなくなります。 生活パターンにあわせて、慣れてきたら少しずつ替えていけばいいんです。 昔の人だって全国統一などではなく、地域ごとに特色があったのですからね。 御神札は、ずっとそのままであれば、氏神様に行ってとりあえず新しい御神札を頂いてきましょう。 あとは毎年暮れになったら新しい御神札に取り替えます。 取替え時期や古札の納め方は神社で聞いてください。 これも地域によって多少の差がありますから。 氏神様は私達の土地と生活を見守って頂く神様です。 氏神様が分らなければ、町内会の人や地元の人に聞けば分ります。 神社詣ではわざわざ拝殿まで行かねばならないわけじゃありません。 通りすがりにでもちょこっと頭を下げる。 見える場所から頭を下げることも立派な拝礼です。 参拝というのは本来は、今で言うところの昇殿参拝(拝殿に上がり祝詞をあげていただく参拝)をいい、日常私達が行っているのは自由参拝という略式の参拝法です。 敬神崇祖が神道の基本であり、あまり形式に固執せずに、常に神様の存在を感じることが重要です。 儀礼などは昇殿参拝などの祭事だけが、明治時代までに定められたものなのです。 神道では祈願といい、祈祷とは異なります。 災難や苦難は受け入れるべきものであり、避けるものではありません。 人に限らず活けるもの全ては苦難を乗り越えることによってのみ進化や進歩を得ているので、避けていては進化しません。 そこで、苦難を乗り越えるための助力を「大難を小難に、小難を無難に」と替えて頂く。 これは神道の基本理念です。 灯明ですが、これはろうそくにこだわる人も居ますけど、私はやめました。 やはり火災は自宅だけではなく隣家などにも被害を及ぼしますから、自分の都合だけで考えることはできません。 またろうそく型の電灯を使う人も居ます。 これでもいいでしょうね。 いずれも「ろうそくは途中で消してはいけない」という言い伝えもありますけど、防災を考えれば拝礼が終わったら消しても構わないです。 拝礼というのは「再拝・二拍手・一拝」或いは「再拝・四拍手・一拝」することを言います。 二礼という言葉は使いません。 四拍手は出雲大社の拝礼というのも間違い、明治時代に神祗庁から離脱した神道のいくつかは四拍手をしています。 今でも神祗庁の流れを汲む神社本庁に属さない神道は多く、この中には四拍手にこだわっているところも多いので、氏神様に拝礼法を聞いてみて下さい。 神社本庁と和解した神社でも出雲大社や宇佐八幡、弥彦神社など四拍手をしているところ、或いはどちらでも構わないとしているところも多いです。 出雲大社も自由参拝であればどちらでも構わないとしています。 ずっと神棚を祀るつもりはあるのでしょうか? ないのであれば捨てればよろしい。 信じないのなら、維持する必要も畏れる必要もないでしょう。 以下はずっと祀るとしての最低限の話です。 もちろんより以上という事になればいくらでも上がありますけど、まずは最低限でいいと思います。 榊は毎月31日と14日に新しいものを購入して、その晩か翌朝取り替えます。 でも、最低限生気を失ったらでも構いません。 勤め人なら都合よく1日・15日に取り替えることが難しいでしょうから。 最近ではスーパーやホームセンターで... Q 転職祈願のため、神社で御祈祷をして頂きました。 その後に紙のお札、御神酒、絵馬、お守り、箸などを頂きました。 これらを祀る場所を考えています。 一人暮らしで賃貸マンション(間取りは1K)に住んでいて、神棚はありません。 賃貸なので神棚を作ることはできません。 ウチの中に大きなタンスなどはありません。 小さめなキャビネットがあるので、その上に置いています。 その場所ですと、私の目線よりもかなり下の位置になってしまいます。 やはり、自分の目の位置よりも高い位置に祀る方がいいんですよね? 壁の上の方にお札を付けた方がいいんでしょうか? その場合、御神酒はどこに祀ったらいいのでしょうか? 神棚が無いので疑問だらけです。 詳しい方、教えて頂けますか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 神主さんから説明は無かったのでしょうか? 神社から頂くお札には祀るための御神札と祈願や祓えを受けた証、身護りの護符とがあります。 期限は同じものですけど、現代では二つに分かれているんです。 そして神社というか神道によってその扱いも神棚に祀る場合とそうで無い二つに分かれます。 (神道って一つじゃないんですよ) ここでは一般的な回答をします。 たぶんこれでいいはずです。 質問に「ご祈祷して頂いた」とあります。 ですからこれは御神札ではなく、護符と考えられます。 御神札であれば神棚に祀る、あるいは専用の棚を設けて祀るなどの必要がありますが、護符であればそのような必要はありません。 また部屋を見渡せる場所が一番良いのですが、キャビネットの上でもどこでもかまいません。 護符には二通りあり、一つは分厚くしっかりしたもの、もう一つは一枚の紙に書かれているものです。 分厚いものであればそのまま立てかけてもかまわないし、両面テープか紙用の糊でで軽く台に貼っておいてもかまいません。 でもセロテープなどで表面から見えないようにしましょう。 一枚の紙に書かれているような場合は、100均などで適当な写真立て、あるいは白か黒などの無地のブックエンドを用意し、そこに挟む(見えるように)か貼り付けて立てて飾れるようにします。 あるいはボール紙に半紙など白い紙で包むように貼り付け、その上にお札を貼ります。 神様の札に糊付けなどしていいのか・・大丈夫です。 昔はそのまま家の板壁や柱に貼り付けていたんです。 もちろん貼り付けていいような家であれば直接貼ってしまってかまいません。 これはあくまでも借家など貼り付けたり傷つけられない場合の方法です。 次に場所ですけど護符の場合は必ずしも目線より上と言う規定はありません。 古民家などでは分かりますが、神棚の下に少し凹んだ板壁、関東地方では押板と呼ばれる場所に貼っていました。 これは人間と同じくらいの高さです。 さらにお札によっては足元に貼るものもあります。 さらに別の地方では深さの浅い床 床の間)があって、そこに飾っていました。 ですからせいぜい正座した目の高さです。 この場合は祈願の為のものですから、毎日ちょっと手を合わせられる程度の高さで十分です。 また方位も関係ありません。 基本的に護符には供物は不要です。 ご祈祷の後、お神酒は飲みましたか?食事は出ましたか? お神酒を頂いていないのであれば頂いたお神酒はその代わり、祭事の最後に重きを飲んだのであれば頂いたお神酒は直会(なおらい)の代わりです。 もし食事が振舞われたのであればお土産だと思って下さい。 直会とは神様にささげた供物を神様と一緒に頂く祭事です。 ただし密教寺院などの祈祷の護符はきちんと祀るようにしているところも多いです。 これは古い習慣がそのまま残っているためです。 もしお札の前にスペースがあり、毎日一生懸命祈願したければそれもかまいません。 その際には神棚と同じように白い無地の皿に塩と米(またはご飯)を置いて、更に日本酒をささげます。 これは専用の器じゃなくてもかまいません。 私も当初は普通の小皿とぐい飲みでしたよ。 それを盆の上においてささげればいいんです。 三方を買う必要もありません。 供物は自分の食事の前にささげ、食事が終わったら下げる、あるいは先にささげ、すぐに下げて料理に使ってもかまいません。 それが直会となります。 (お寺の場合はささげっぱなしが多いように感じます。 ) 実は神棚の御神札の起源は「御祓いさん」という下級の神職や巫女に祓ってもらった時の幣束を祀ったことにあります、つまり今説明したことですね。 本来は分霊ではありませんが、いつの間にか分霊と同じ扱いになったのが家庭内の神棚なんです。 つまり護符として扱うもよし、御神札に準じて扱うも善しということなんです。 そして満願(事が成就するか頂いてから一年)の日まで置いておきます。 満願が来たら通常はお焚き上げのために神社に帰しますが、近年では古札を年末年始にしか受け入れない神社も多いです。 この場合は白い封筒に入れるか、半紙でくるんで横にして保管し、お礼参りだけをしておいて、札は年末に神社に返せばいいです。 神主さんから説明は無かったのでしょうか? 神社から頂くお札には祀るための御神札と祈願や祓えを受けた証、身護りの護符とがあります。 期限は同じものですけど、現代では二つに分かれているんです。 そして神社というか神道によってその扱いも神棚に祀る場合とそうで無い二つに分かれます。 (神道って一つじゃないんですよ) ここでは一般的な回答をします。 たぶんこれでいいはずです。 質問に「ご祈祷して頂いた」とあります。 ですからこれは御神札ではなく、護符と考えられます。 御神札であれば神棚に祀る...

次の

神棚のお供え物の順番

神棚 お供え 順番

【スポンサードリンク】 神棚の飾り方 では、実際に神棚の飾り方はどのようにしたらよいのでしょうか? 神棚の作り方 神棚の本体は「神様」ですが、この神様というのは、神社でいただいた「お札」です。 お札の中に、神様が入ってらっしゃるのです。 神棚を作るときには、一般的には、3柱の神様、つまり、3枚のお札をお祀りすることが多いですが、1社だけ、5社、7社とお祀りする場合もあります。 このお札を入れておくためと、お供えをするために、神棚が必要になります。 神棚は手作りしても良いですが、今は、神棚セットが販売されているので、セットを揃えたほうがお手軽で、間違いも無いでしょう。 セットを買えば、神棚に必要な神具もついてきます。 神棚の設置場所と位置・方角 神棚を設置する場所は、不浄な場所はいけません。 基本的には家族がいつも集まる場所におくのが良いとされています。 リビングなどが一番良いでしょう。 方角は南か東に向けて設置するのが一般的です。 あまり下の位置に設置すると、神様に失礼にあたってしまうことから、設置する高さは、大人が見上げる高さが良いとされています。 神様の上を人が歩くのは失礼なので、もしも2階建ての1階に設置する場合は、2階の人がその上を歩き回らないような場所に設置するのが良いとされています。 しかしこれが難しい場合は天井に、「雲」と書いた紙を貼り付ける場合があります。 必要な神具 神具は、神様にお供えをするための器のことを指します。 神具には、以下のものがあります。 瓶子二本(お酒用) 水玉一個(お水用) 高杯一個(お米用) 平皿一枚(お塩用) 神具の並べ方には、いくつかの種類がありますが、並べる順番は基本的に同じです。 並べ方については、お供えについての説明のところに記述しました。 神棚へのお供え 神様には基本的に米・塩・水をお供えします。 このお供えのことは、日供と呼ばれています。 また、神様はお酒も好きですから、お酒も供えます。 お酒は瓶子に、お水は水玉に、お米は高杯に、お塩は平皿に盛ってお供えします。 供え物によって、そなえる順番も決まっています。 米・塩・水を供えるときは、左から、水、米、塩の順で備えます。 さらにこれに、お酒もつけるときは、二列にします。 神様側の列に左から酒・米・酒の順で供え、二列目に左から、水・塩の順で供えます。 お供えは基本的に、毎日新しくするのが基本ですが、それが難しければお水だけでも毎日取り替えるようにしましょう。 週に1度、1日か15日、10日ごとなど、期間を決めてお供えを新しくするやり方もあります。 お供えは、供え終わったら、家族で食べます。 「お下がり」と呼ばれ、神様の力を体に取りいれるための作法です。 神棚の棚板 神棚を壁に取り付けるために、棚板が必要になります。 棚板のサイズは、設置場所や神棚の大きさによっても変わってきます。 3尺6寸5分が8畳の一般的なお部屋にちょうど良いといわれています。 よくわからないときは、業者の人に聞いてみるとよいかもしれませんね。 神棚のサイズ 神棚のサイズには、いくつもの種類があります。 サイズも、大・中・小とありますので、中にお祭りしたい祭具や、祭るスペースの都合によって決めると良いと思います。 お札のおさめる宮型の種類 神棚には「一社造」の神棚と「三社造」の神棚の、2タイプあります。 「一社造」は扉はひとつですから、色々な神社でもらったお札を一つの扉に納める事になります。 おさめる順番は、一番手前が神宮大麻や伊勢神宮でいただける「授与大麻」です。 その次に、氏神様のお札、最後にそれ以外のお札(崇敬神社)の順番になります。 「三社造」の神棚は三つの扉があります。 真ん中の扉に神宮大麻や伊勢神宮でいただける「授与大麻」を納めます。 向かって右側の扉には氏神様のお札、向かって左側には崇敬神社のお札を納めます。 「三社造」の神棚のほうが、サイズは大きくなりますので、それにあわせて大きなケースが必要になります。 一社造も三社造も、伊勢神宮や神宮大麻の神様が一番格上で、次が氏神様、その次が崇敬神社の順で祀ることになります。 【スポンサードリンク】 モダン神棚 部屋が現代的でファッショナブルなので古臭い神棚は似合わない・・・でも神様はお祭りしたいという人に向けて、今は、モダン神棚というものも販売されています。 モダン神棚は、今風のインテリアに違和感無く溶け込むので、若い人でも抵抗感無く神棚を祭ることが出来るでしょう。 初めて神棚を祀る人は、おしゃれなモダン神棚を選ぶのも良いかもしれませんね。 神棚の処分はどうしたらいいの? 神棚を処分したら、ばちがあたるのではないかと心配される方も多いかと思います。 しかし、神棚処分に共通のルールは無いようです。 神棚は神道の祭壇ですが、神道の教えそのものが戒律のある宗教ではなく、ひとりひとりの良心に任せるものであることから、神棚の処分についても特に決まりは無いそうです。 したがって、神社によって、処分の仕方が違うようです。 処分の仕方にはいくつかの方法があるようです。 神社で祈祷してもらう 神棚に神様が宿っていると考えている神社では、神棚処分の際に、祈祷を行うようです。 処分する神棚を神社に持っていき、祈祷を申し込めば、祈祷してくれます。 お札を神社に返納する 祈祷が不要な神社の場合は、お札を神社に返納すれば良いようです。 そして、神棚はお炊き上げするそうです。 お札を返納するところは、お守りなどを返納する場所とおなじところです。 お炊き上げする お炊き上げする神社もあります。 つまり、お札も返納必要なし、神棚に祈祷しなくてもOKという神社です。 お炊き上げする場合は、年に数回のお炊き上げの日に神棚をお炊き上げしてもらってください。 ゴミに捨てる お炊き上げすら必要ないと考える神社も有るようです。 そのような神社では「ゴミとして処分してOK」という神主さんもいるようです。 ただ、そういわれても、なんとなく気になる方は、お炊き上げしても良いかもしれません。 神棚をゴミに出す事が全く気にならない方は、ゴミとして捨ててもOKだと思います。 神棚が燃えるゴミなのか、大型ゴミなのかは、お住まいの地域によって違うと思いますので、地域のゴミ収集のサイトなどでしっかり調べてください。 神棚デビューしてみませんか? さて、今回は、神棚の祭り方から処分の方法まで、簡単にまとめましたが、いかがでしたでしょうか?自宅に神棚が無い方は、この機会に、神棚を作ってみても良いかもしれませんね。

次の