アイス コーヒー 作り 置き。 美味しいアイスコーヒーの作り方!器具・分量と大量の作り置き方法

インスタントコーヒーのアイスコーヒー!作り置きの保存の仕方は?

アイス コーヒー 作り 置き

豆の挽き方 アイスコーヒーの豆の惹き方は、細挽きが基本です。 さらにあっさり味なら中挽き、濃い味なら細挽きにしても良いです。 究極のアイスコーヒーの作り方 ハンドドリップでいれる 豆本来の味、香りを出すには抽出後、一気に冷やすことがポイントです! ドリップで作るコーヒーは市販とは違う格別の味わいです。 今回は、一瞬で冷却することが出来る究極の方法を紹介します。 氷の入ったサーバーにドリップをセット サーバーには、氷をたっぷり入れておく。 ネルを敷いたドリッパにコーヒー粉を入れたら、左右にゆすって表面が平らになるようにする。 お湯は、冷めても美味しいものを。 湿らせたら、そのまま1分ほど蒸らす 1分ほどの蒸らしを行う。 麦茶のようにバッグを入れるだけの簡単な水出しコーヒーの淹れ方をご紹介。 手頃にまろやかな味を楽しむことが可能です。 ポットに水出しバッグを一袋入れる。 ポットに1リットルの水を入れたら、中に深入り豆(中挽木 を詰めた水出しバッグを入れて、 しっかりとフタを閉める。 お水は常温を用意しましょう。 フタをして、冷蔵庫に2日~3日置く 豆が新鮮なほど、抽出時間が長くかかります。 新鮮な豆をじっくり抽出すると味わいも格別。 忘れたころに出来上がるくらいの気持ちで、冷蔵庫に放っておきましょう。 濃い茶色になるくらいが出来上がりの目安です。 熱による酸化を防ぐことができるため、抽出後に時間をおいても味も変わらず、 美味しくいただけますよ! ベトナムアイスコーヒー ベトナムアイスコーヒーを飲んだことがありますか? ベトナムの伝統的なコーヒーの淹れ方で、フランス式のフィルターで抽出して、 コンデスミルクを入れて飲みます。 蒸し暑いベトナムにあるカフェでは、甘いアイスコーヒーが人気のようですね。 ホットコーヒーとアイスコーヒーの入れ方の違い *ポイント1 焙煎の風解コーヒーを使う冷たくてもコクのある味わいが出せるように、 ホットコーヒーを入れる時よりも 焙煎度が深めのコーヒーを選びます。 *ポイント2 ホット、コーヒー粉は多めで、お湯は少なめに! 一杯分当たりのコーヒー量は、ホットの時よりやや多めの12~15g程度。 注ぐお湯の量はホットの時よりやや少なめに注ぐのがポイントです。 アイスコーヒーは、熱いコーヒーを抽出してから最後に氷を注いで一気に冷やすことで完成します。 氷が解けて薄まることを考慮し、はじめから濃いコーヒーになるように抽出します。 気分を変えてアメリカンコーヒーはいかがですか? アイスコーヒーの作り方 まとめ アイスコーヒーの入れ方、いかがでしたでしょうか? 手間をかければ、すっきりと美味しいアイスコーヒーが作れますね。 豆は深煎りを選ぶ• 2倍濃縮を抽出• たっぷりの氷で急冷 ポイントさえ押さえさえれば本格的なアイスコーヒーができますね。 「ストレスフリーに生き!なりたい自分になる!」を目指している自宅コーヒーが大好きなユリペです。 「ストレスフリーな生活に自宅で楽しめるコーヒーを」をコンセプトに作ったRionon. Coffeeを運営しています。 ブログからはストレスフリーな情報、コーヒーの情報、健康に関する情報、茨城の情報などを提供します。 コーヒーとの出会いはストレスがたくさんかかる子育ての合間で、飲んでいたコーヒーがストレスを癒やしてくれていると気づいて以来、どはまり。 それからずっと、自分で美味しい一杯のコーヒーを追求中。 現在は、パートナーとミニチュアドックスと生活しながらいかにストレスとうまく付き合うかを考えて楽しく生活しています。

次の

アイスコーヒーってどうやって淹れるの?作り置きからその場で淹れるやり方までの味の特徴

アイス コーヒー 作り 置き

アイスコーヒーを作るときに必要な器具 まずはアイスコーヒーを作るときに必要な器具から説明しましょう。 必要なのは下記の器具、材料です。 ・ペーパーフィルター ・ドリッパー ・サーバー ・細口ドリップポット ・メジャースプーン ・大きめのグラス ・氷(多めに用意しておく) ・深煎りのコーヒー 以上の8点です。 少し補足しておきます。 器具は市販されている一般的なもので大丈夫です。 コーヒーを注ぐカップについてはマグカップなどではなく、グラスを用意することをおすすめします。 アイスコーヒーは冷たさや清涼感を楽しむコーヒーですので、やはりグラスに注いだ方がおいしく飲むことができます。 また、コーヒー豆は『深煎り』の豆を選びましょう。 具体的には『フルシティロースト』くらい、パッケージ商品であれば『アイス用』を使うと美味しいコーヒーが淹れられます。 挽き具合は『中細挽き』がおすすめです。 このあたりは、後半でも詳しく解説します。 アイスコーヒーの作り方11ステップ おいしいアイスコーヒーは下記の11ステップで淹れましょう。 ペーパーフィルターの底と側面を折る 2. ドリッパーに軽く押さえつけるようにしてセットする 3. メジャースプーン2杯〜2. 5杯分(1人分)のコーヒー豆を中細挽きで挽く 4. コーヒーの粉をフィルターに入れる 5. ドリッパーを軽くゆすり、粉の表面を平らにならす 6. お湯を沸かしておく 7. 20cc程度のお湯を注いで20秒蒸らす 8. 20秒後、80ccほどお湯を注ぐ 9. 水面が下がったらさらに40cc注ぐ 10. 再度水面が下がったら、さらに20cc注ぐ 11. ドリッパーを外し熱いうちに氷を入れたグラスに一気に注ぐ 『11ステップ』と聞くと工程が多くて大変そうに聞こえますが、詳しく説明するために1ステップ1工程に分解しているため、多くなっています。 実際にやってみると簡単ですので、安心してください。 それぞれ詳しく解説していきます。 ペーパーフィルターの底と側面を折る ペーパーフィルター底の接着部分を外側に折り、側面の接着部分を内側に折ります。 しっかり折っておかないとフィルターがドリッパーに密着せず、味が変わってしまいます。 折り目をつけるように、折っておきましょう。 ドリッパーに軽く押さえつけるようにしてセットする 抽出中にズレるとお湯の通り道が変わり、味が変わってしまうほか、お湯を注ぎにくくなってしまいます。 しっかりセットしましょう。 メジャースプーン2杯〜2. 5杯分(1人分)のコーヒー豆を中細挽きで挽く もし可能ならコーヒー豆はその都度、必要な分だけ挽くようにしましょう。 豆の鮮度が保たれるので、より美味しいコーヒーになります。 豆を挽く工程は、ペーパーフィルターをドリッパーにセットしてから行っても大丈夫です。 挽いたコーヒー豆をフィルターに入れる ホットコーヒーより多めの12g〜15gのコーヒーの粉を入れます。 ハンドドリップで淹れるアイスコーヒーは急冷の際に氷が溶け出して少し薄くなってしまいます。 濃いめに抽出する必要があるため、ホットコーヒーよりも多めのコーヒー豆を使います。 ドリッパーを軽くゆすり、粉の表面を平らにならす コーヒーの粉が平らになっていると、お湯を全体にムラなく注ぐことができます。 しっかり平らにならしておきましょう。 お湯を沸かしておく コーヒーを淹れるためのお湯を沸かしておきます。 このとき、フィルターに直接お湯がかからないよう注意しましょう。 お湯の通り道をつくることで美味しい成分を引き出しやすくなります。 ポタポタとコーヒーが落ちてきたら蒸らしの適量が注がれたサインです。 20秒後、80ccほどお湯を注ぐ 20秒蒸らしたら、ドリッパーの中心から「の」の字を書くように、少しずつ、ゆっくりお湯を注いでいきます。 ここでもフィルターに直接お湯がかからないように注意します。 ちなみにこの後もコーヒー豆にお湯を注ぐ工程は全て、フィルターに直接お湯がかからないように注意しましょう。 ドリッパーを外したらすぐに、氷を入れたグラスに一気に注ぐ 熱いうちに一気に注ぎ、コーヒーを急冷するのがポイントです。 急冷することで、風味豊かで濁りのない綺麗な色のコーヒーになります。 ドリッパーを外すときはお湯が落ちきる前に外します。 コーヒーが落ちているので最後まで抽出したくなるところですが、落ちきる前にドリッパーを取り外しましょう。 抽出のしすぎは雑味やエグみのもとになります。 全てのお湯が落ちきる前にドリッパーを取り外し、美味しい部分だけを抽出するようにしましょう。 これで完成です。 この後はさらに美味しいアイスコーヒーを作るために、3つのコツを紹介します。 美味しいアイスコーヒーを作るコツ3つ 美味しいアイスコーヒーを作るコツは3つあります。 ・深煎りのコーヒー豆を中細挽きで使う ・コーヒーの粉は多めに、お湯は少なめにして淹れる ・たくさんの氷で一気に冷やす それぞれ詳しく説明していきましょう。 深煎りのコーヒー豆を中細挽きで使う 先にも少し紹介しましたが、アイスコーヒーを淹れるときは『フルシティロースト』くらいの焙煎度が深めのコーヒー豆を『中細挽き』に挽いて使います。 ローストが浅い豆を使用すると酸味が出やすかったり、綺麗で透き通った琥珀色になりにくくなったりしてしまうからです。 深煎りした豆を使うことで、キンキンに冷たくても豊かな香りとコクが味わえるようになります。 ちなみにパッケージ商品を買う場合は『アイス用』にしておくと安心です。 コーヒーの粉は多めに、お湯は少なめにして淹れる アイスコーヒーは、コーヒーの粉の量は多めに、お湯は少なめにして淹れると美味しく作ることができます。 この記事でも紹介したとおり、アイスコーヒーはまず熱いコーヒーを抽出後、氷で冷やして完成します。 そのときに氷が溶けてコーヒーが薄まるので、ある程度濃いめのコーヒーを抽出しておく必要があります。 一杯分あたりのコーヒー量は、ホットの時よりやや多めの12~15g程度、注ぐお湯の量はホットより少なめの130cc〜140cc程度が目安です。 たくさんの氷で一気に冷やす アイスコーヒーは抽出後一気に急冷しましょう。 味、見た目ともにお店のような味にすることが可能です。 一気に急冷したアイスコーヒーは豊かなコクと苦味がありながらキリッとした味わい。 見た目も濁りなく透き通った、美しい琥珀色になります。 温度を一気に下げることでコーヒーの旨みや風味を逃がすことなく閉じ込めることができますよ。 逆に冷やすのに時間がかかるとコーヒーの風味が飛んだり、酸味やエグみが出てしまったりします。 おいしく、美しいアイスコーヒーを楽しむためにも、氷は惜しまずに使いましょう。 1リットル以上など大量にアイスコーヒーを作り置きする方法 アイスコーヒーを大量に作り置きするときにおすすめの作り方は『水出し』です。 『水出し』は数あるコーヒーの抽出方法の1つで、その名のとおり水を使ってコーヒーを抽出します。 苦味のもとである「タンニン」や「カフェイン」がコーヒー豆から溶け出しにくく、まろやかでやさしい味わいになるのが特徴です。 特別な器具も必要なく、とても簡単に、美味しいアイスコーヒーをたくさん作ることができます。 ただし、抽出には8時間〜10時間ほど時間がかかる点には注意しましょう。 詳しく説明していきます。 水出しアイスコーヒーの作り方 水出しアイスコーヒーの作り方はとても簡単。 下記の流れで作ります。 コーヒー豆100g、お茶パック、水1L、ピッチャー(1L用)を用意する 2. 深煎りの豆を中挽きし、お茶パックに入れる 3. ピッチャーにコーヒーが入ったパックを入れ、静かに水を注ぐ 4. 1時間ほど常温に置き、抽出する 5. 冷蔵庫に入れ、さらに8時間ほど置く 6. 8時間たったらコーヒーパックを取り出して完成 8時間かけてゆっくりコーヒーを抽出することで香り豊かなコーヒーになります。 氷を入れて飲む場合はコーヒー豆の量を増やすか、水の量を減らしてお好みの濃さに調整してくださいね。 会社や職場でも美味しいアイスコーヒーを作る方法 先に紹介した水出しコーヒーを会社の冷蔵庫で作ったり、水筒に入れて持っていくことで、会社や職場などの出先でも美味しいコーヒーを飲むことができます。 「コンビニのアイスコーヒーって苦くて苦手なんだよね…」という方にはピッタリの方法です。 持ち運び方は簡単で、水筒に氷を数個入れ、水出ししたアイスコーヒーを注ぐだけです。 このとき、水筒は保温性の高いものを使用してください。 保温性の低いものだと氷がすぐに溶けてしまい、コーヒーが薄く、さらにはぬるくなってしまいます。 また、紅茶など香りの強い飲み物とは水筒を分けておきましょう。 水筒に残った他の飲み物の香りとケンカしてしまい、まろやかな水出しアイスコーヒーの風味や香りが台無しになってしまうからです。 ぜひ保温性が高いコーヒー専用ボトルを用意し、出先でも美味しくキリッと冷えたコーヒーを飲んでください。 まとめ ここまで美味しいアイスコーヒーの淹れ方を紹介してきました。 紹介した内容を振り返っておきましょう。 ・アイスコーヒーをハンドドリップで淹れるときは11ステップで ・美味しいアイスコーヒーを作るコツは3つ。 「深煎りのコーヒー豆を中細挽きで使用する」「コーヒー豆は多めに、お湯は少なめにして淹れる」「たくさんの氷で一気に冷やす」 ・大量に作り置きしたいときは『水出し』がおすすめ ぜひこの記事を参考に『琥珀色に輝く美味しいアイスコーヒー』を作って味わってみてください。

次の

アイスコーヒー作り置きってどうやるの?作り方、保管方法、賞味期限について解説

アイス コーヒー 作り 置き

暑さを感じる日が増えて、本格的な夏シーズンの到来が迫ってきていますね。 気温が高くなったら飲みたいものといえば、やっぱり アイスコーヒー。 おいしいアイスコーヒーを手軽に飲める方法があればうれしいなあ。 アイスコーヒー作りに最適なハリオのコーヒーポット Image: Amazon. jp ハリオ(HARIO)の「 水出し コーヒーポット」は、そんな期待に応えてくれそうなアイテム。 容量は、との2種類があり、600mlで 約5杯分、1000mlは 約8杯分のアイスコーヒーを一度に作れるのだそう。 Image: Amazon. jp 作り方は、まずポットの内側に引っかけられる ストレーナーにコーヒー豆を挽いたコーヒー粉を投入し、水を全体にまんべんなく行き渡るように少しずつ注いでいきます。 このとき、「の」の字を描くように 中央から外側に向かってグルグルと水を注ぐのがポイントとのこと。 その後、冷蔵庫に約8時間ほど置いておくと、ポットいっぱいの美味しいアイスコーヒーができあがるのだそう。 ちなみに、コーヒー粉の量は、容量の場合は 50g、容量の場合は 80gが推奨されているので、これを基準に好みで調整すると良さそうです。 水で抽出する「 コールドブリュー製法」は、お湯のように高温でコーヒー豆が酸化することがなく、苦味のもとになるタンニンやカフェインが溶け出しにくいため、雑味が少なく、まろやかな味になるそう。 また、味わいに変化を付けるには、粉末に水を注ぎながらマドラーで丁寧に混ぜたり、抽出する時間の長さを変えたりすると良さそうです。 耐熱ガラス製品で定評のあるハリオ製 Image: Amazon. jp ハリオの耐熱ガラスは、重金属などの混ぜ物がなく、日本国内の工場で製造されている安心の品質。 また、重さがは 約350g、は 約465gで軽量なので、取り回ししやすそうです。 それに、 大きなハンドルつきで、冷蔵庫から取り出しやすいし、スムーズに注げそうですね。 お手入れが簡単 Image: Amazon. jp さらに、お手入れが楽そうです。 食器洗い乾燥機に対応しているのはもちろん、 ストレーナーは底フタを外せるため、抽出後のコーヒー粉を捨てやすくなっています。 このほか、 ストレーナーを外せば普通の冷水ポットとしても使える汎用性の高さも見逃せません。 今年の夏は、ハリオの「 水出し コーヒーポット」が大活躍しそうですね。 寝る前に仕込んでおけば、朝が待ち遠しくなって、早起きも難なくできるようになるかもしれませんね。 なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。 変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

次の