引き こもり ブログ。 引きこもりの原因は親? ~対処支援ブログ~

外こもり 人気ブログランキング OUTポイント順

引き こもり ブログ

3923人• 118• 599• 531• 558• 492• 171• 139• 152• 134• 306• 172• 144• 118• 159• 113• 187• 引きこもり日記 78• 560• 324• 101• 131• 127• 240• 125• 143• 188• 444•

次の

ひきこもりニートで過ごすと人生カラッポすぎて後悔がヤバイ

引き こもり ブログ

このページのもくじ• 【「ひきこもり」は世界ワード】 ひきこもりは世界でも「Hikikomori(ひきこもり)」と呼んでる国もあって、 Kawaii(かわいい)みたいに日本語がそのまま世界デビューした言葉だよ。 共通の原因でよく挙げられるのが病気以外に ネット依存やオンラインゲーム(ネットで世界中の人とできるゲーム)。 ゲーム詳しい人は知ってると思うけど、韓国もプロゲーマーって職業があるゲーム大国。 最近は「e-スポーツ」って言い方で日本でも報道されることがあるね。 それとひきこもり関連のセミナーで聞いた事あるのが 「儒教文化と関係があるんじゃないか」って事。 「家族が優しく包み込む文化がひきこもりやすい環境なのではないか?」 って研究されてます。 実際、家族が優しい場合、 受け入れすぎてひきこもりが長期化する場合も、まああるよね。 (真逆もあるけど) 日本の場合、そんなに儒教を意識するシーン少ない人が多いと思うけど、 ひきこもり本人を家族が包み込んだり、世間体を気にする人が多いから、 ひきこもりを世間から隠したり、家にいやすい状況を作っちゃうよね。 つまり環境としては 「(共依存も含め)家族間の結びつきが強い国」が ひきこもりになりやすい国、と言えるんじゃないかな。 【超自己責任国家アメリカ様の対応ぶり】 ひきこもりがあんまり言われないアメリカとかだと(おらんことはないハズだが) 極端な例だとアメリカは学校卒業して、ある程度の年齢になると 「もう貴方は立派な大人よ。 これからの人生は家を出て自分で決めなさい。 私は夫ともう一度燃え上がるのウフフ」 みたいなノリで、家から出るのが当たり前になってる。 ちなみに、さすが裁判国家アメリカ。 実家から出て行かなかった 30歳・無職の子どもに「親が」裁判おこして、しかも勝ってますw 参考記事: 「今すぐ実家を出なさい」無職の30歳男性に裁判所が退去通知 家族であっても、一人の独立した人間として扱うみたいね。 物理的に出て行くから、ひきこもりにはなりにくいけど、 それで社会に適応できない子どもは、ヤングホームレスとかになっていく 超自己責任アメリカ社会。 ホームレスになったとしても 「ホームレスを貴方が選択しただけ」です。 というか、アメリカとか欧米は、赤ん坊が夜泣きしても放置するのが当然だったりする。 かまったら子どもが「泣いたら親が来てくれる」と覚えてしまうからだそう。 そもそも部屋が別な事もあります。 (もちろん家庭別に例外あるだろうけどね) 日本だと夜泣き放置したら近所から「うるせーぞボケ!」とか 虐待で通報されちゃうからなぁ・・・ 日本式とアメリカ式、どちらもいい所、悪い所あるけど、 家族的には日本がひきこもりやすい環境であることは間違いないみたい。 まあ、強制的に追い出されたら、そりゃひきこもりようがないわな。

次の

ひきこもり主婦 人気ブログランキングとブログ検索

引き こもり ブログ

池上正樹 [ジャーナリスト] 通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。 1997年から日本の「ひきこもり 」界隈を取材。 東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したの かを調査。 新刊は『ルポ「8050問題」高齢親子〝ひきこもり死〟の現場から 』 河 出新書 他に『ルポ ひきこもり未満』(集英社新書)『ひきこもる女性たち』(ベ スト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『あのとき、大川小学校で何 が起きたのか』(青志社)など多数。 TVやラジオにも多数出演。 KHJ全国ひきこも り家族会連合会本部広報担当理事。 東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会 委員なども務める。 YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』• 彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。 理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。 親子が80代(70代)と50代(40代)を迎え、親が万一の事態になったときに息子・娘が直面する「80-50(70-40)」問題の現実とは?(写真はイメージです) 親亡き後に真の苦難が…… 引きこもり当事者の「80-50」問題 引きこもる子と親の高齢化が進み、親亡き後に残された子が、情報やノウハウのない中で課題を解決できずに生きていけなくなる。 親子が80代(70代)と50代(40代)を迎え、万一の事態になって直面する、そんな「80-50(70-40)」問題が最近、注目されるようになった。 30になる前に会社を辞めたまま仕事に就けず、20年近く引きこもってきた40代後半の男性は、今年に入り、80歳近くになる父親と母親が相次いで病気で急逝。 1人暮らしになった男性の元には、父親名義の持ち家とローン、1000万円ほどの貯金が残された。 しかし、長年社会との関係性を遮断してきた男性には、亡くなった親の介護や病院への支払い、年金や貯金、借金の精算などの対応、土地や建物の名義変更などの手続きができず、孤立を深める中で生活に行き詰まった。 早くに実家を飛び出し、自立していた兄は、家の支払い手続きや遺産相続などを拒否。 残された男性は、親の葬式にも姿を現さず、親戚と言えども、引きこもっている息子のいる自宅には入れなかった。 唯一の全国引きこもり当事者団体である「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の元には、こうした「80-50」問題の末路に直面し、残された子がどうすればいいかわからなくなっているという相談が、数多く寄せられるようになった。 冒頭のケースも、たまたまこれまで親を介護してきたケアマネジャーからの連絡で、KHJ家族会が関わり始めたものだ。 KHJ家族会の専門スタッフが男性の相談に乗って見立てたところ、もともと生きる意欲を失っていた男性は、持ち家の名義を変えて売却するよう勧めても、別の場所での賃貸生活へと環境が変わることを望まなかった。 また、名義変更しなければ、固定資産税や光熱費などを支払わなければならず、1000万円を超える貯金があったことから、生活保護を受けることもできずにいた。 こうした相談への対応が増えてきていることから、KHJ家族会は関連団体として、新しい社会資源である一般社団法人「OSDよりそいネットワーク」(池田佳世理事長)を10月に立ち上げた。 OSDとは、「親(O)が死んだら(S)どうしよう(D)」と思い悩む、ひきこもり家族のリアルな声から生まれたものだ。

次の