小 4 男子。 男子4个月没回家床头长竹子 网友:吉兆啊!_益经济

可怕!发现钥匙能开别人家门,50岁男子4次闯入对门女邻居家……_社会频道_东方资讯

小 4 男子

ぼくが学どうでおもうこと 先生のたいおうがおかしいと思うことがあります。 泣いたもの勝ちではないのかな?とか、一年生だからといって、えこひいきしているように感じてしまします(原文ママ)。 大声でいわなくてもよいことを、いちいち大声をだして、きついことばで先生が言うのがいやです。 そんなに大きな声でいわなくてもちゃんと聞こえています。 百人いっしゅとかやりたくないのに、やらないと外で遊べないといわれてやらされたのがいやでした。 これは、関西圏の学童保育に今夏まで通っていた小学4年生のシンタロウ君(仮名)が、学童指導員に宛てて書いたものだ。 ほかに、普段のあそびについての疑問や提案が書かれていて、苦心して書いた様子がうかがえる。 手紙を書くことになったきっかけは、約3週間前の指導員の言葉だった。 シンタロウ君が同学年の子と遊んでいると突然、1年生の男児からボールを投げつけられた。 ニヤっと笑って逃げた1年生をシンタロウ君は追いかけて、謝れと言った。 すると相手が泣き出し、声を聞きつけた指導員がやってきた。 シンタロウ君は事情を説明。 1年生が謝った。 そこで指導員が放った言葉は、「あなたもごめんなさいと言いなさい。 謝らないと1年生の親とややこしくなるよ」。 勝ち気なシンタロウ君は「なんで僕が謝らなきゃいけないんだ」と思ったが、指導員2人に詰め寄られ、「ごめん」と言わざるをえなかった。 翌日から、「絶対行きたくない」と登所を拒否するようになった。 最初は学童が「大好きだった」シンタロウ君 母親のアキコさん(仮名、40代)は、振り返る。 「もともと外で思い切り遊ばせてくれる学童が大好きな子だったんです。 虫が好きなので、毎日虫捕りもしていましたが、指導員はいつも見守ってくれていました。 虫の飼い方も教えてもらい、ますます虫好きになりました。 友だちとケンカしたり、もめることはありましたが、指導員が子どもたちの気持ちに寄り添いながら仲裁してくれていました。 コミュニケーションの苦手な子にも丁寧に関わっているなとも感じていました。 いろんな子がいて、一緒の仲間だよという空間を作ってくれていて、人員が足りていないなかで、ほんとによくやってくださっていると感謝していました」.

次の

小狗遭男子4次重摔受伤 因不愿跟主人回家(图)

小 4 男子

花を咲かせた桜を見つめる少年(左)と市職員の志方功一さん=神戸市灘区で2020年3月26日午前11時17分、反橋希美撮影 「ぼくのだいすきな木をきらないでください」。 2年半前、傷んで伐採される予定だった桜の幹にこんな手紙がくくりつけられた。 差出人の「小4男子」に宛て、神戸市職員は返事を幹に結んだ。 「かわりのサクラは、危なくない場所に植える予定にしているよ」。 その桜が今春、神戸市灘区で初めて開花し、手紙を書いた少年(12)と当時「文通」した市職員が26日、一緒に花を見に訪れた。 手紙が初めに桜にくくりつけられたのは2017年9月。 「ぼくのだいすきな木をきらないでください。 なるべく、みきをたくさんのこしてください。 ぎょうしゃさんへ。 小4男子より」。 前日に市の建設事務所が灘区の街道沿いに並んだ桜に「倒木のおそれがあるため撤去します」と書いた赤いテープを巻き付けた、そのうちの1本だった。 「きちんと説明しよう」。 街路樹の管理を担当していた神戸市職員、志方功一さん(42)が文案を考え、返事を木に結んだ。 「小4男子さま….

次の

昆明协警劝阻散发小广告 被4名男子打成重伤

小 4 男子

だんだん成長していく我が子は頼もしいものですが、何度言ってもやるべきことをやらなかったり、理屈をこねられたりされるとママたちはイライラすることもありますよね。 小学校も高学年になると、子どもたちの気持ちが揺れ動きはじめる年齢でもあります。 そんな小4の息子さんに振り回されるママさんからBBSに投稿がありました。 『小4の息子と毎日のように言い合いになります。 朝からテレビに夢中で着替えない。 ご飯を食べて歯を磨かない。 靴は踏むし電気はつけっぱなし。 部屋は汚い、忘れ物がひどいなど、毎日毎日言わないとやらないので疲れます。 最近は返事もしないし、うざいって部屋へ行ったり……もう何にも言わないでいいですかね? そんなに自分勝手にやるならあなたのお母さんをやめると言いました。 それもシカトしたので今日はご飯を作らなくていいですかね? もう毎日怒って私自身も疲れました。 どうしたらいいの……』 同じような悩みを持っているママはたくさんいるようで、みなさん長く丁寧なコメントをしてくれました。 わかる!すっごくわかる!共感してくれるママたち 『そりゃ疲れちゃうよね。 ご飯作らなくていいよ。 小4だもん、お腹空いたら自力でなんとかできるし』 『お疲れ様。 男の子の反抗期、大変だよね。 うちも親子関係荒れ果てて大変だった。 イライラするけど、毎日コツコツ言って行くしかないんだと思うよ。 うちの息子もう中3だけど、うちも周りも未だに色々できないよ』 何度言ってもやろうとしない息子さん。 小学生のお子さんを持つママたちの中には、投稿者のママの気持ちがよくわかるという方もいるのではないでしょうか。 何度言っても、怒っても、言うことを聞いてくれなければさらに怒りは倍増していきますよね。 投稿者の息子さんはパパの言うことは聞くのだとか。 でも、ママさんが止めに入るくらいパパが厳しく叱るようで、パパに言うのをためらってしまうのだそうです。 『我が家も旦那がすごく怖いこともあって、旦那の前と学校では褒められるくらいお利口さん。 けど私しかいない時は人が変わったかのよう。 旦那に言いたくても叱り方が半端なく見ていられないぐらい叱るから言いにくい。 うちはまだ小1だからある程度聞きわけはあるけどこれからが不安……』 『うちの長女がそう。 父親が厳しいからいない時に思いっきり息抜きしているのかなー。 私も頭にきた時は、ご飯とおかずあるから温めて食べなさいってしている』 相手がパパとママとでは態度が違うという子どもも少なからずいるようです。 ママの言うことを聞かない子どもたちは多いようですが、同時に「家の外では問題ないみたい」とママたちは言います。 どうやら問題は、家でのママに対する態度のようです。 お母さんに甘えたいという気持ちを汲んであげて 『もう4年生で自分の思いとか考えとかもあるんだから、素直にハイハイ従う子どもの方が気持ち悪くないかな? 私も投稿者のママみたいに怒ることもあるけれど、よく考えたら親のそういうところが嫌いだったし』 『たぶんママを試してるというか甘えたいというか。 うちの小4の次男がそうで、下に赤ちゃんができてからさらなる加速。 学校へはちゃんと行ってる? たまにママとじゃれたら喜ばない? 自分がイライラするのが伝わっていくんだな』 あんまり怒りすぎて、家の中で子どもが委縮してしまうのは可哀そうですよね。 4年生にもなれば自分の考え方があり、人から何かを押し付けられたらいやになってしまいます。 学校や塾など家ではないところで子どもも頑張っているので、お母さんに甘えたい気持ちも出てくるのかもしれません。 スキンシップをとったりじゃれたりして、しっかりと子どもに甘えさせてあげることも大切なことかもしれませんね。 家庭は子どもがくつろげる一番の場所 『おうちが安心するから何をしてもいい場所ととらえてしまっているんですかね……。 でもそれってお母さんがずっとあたたかく見守ってきたからだと思いますよ。 うちも言うこと聞きませんが、これだけは! ってところは主人にも伝えて2人でうまく修正していくように頑張っています。 お互い気を揉み過ぎず、長い目でがんばりましょう』 『学校での生活が特に問題なければ大丈夫なんじゃない? 内容を見る限りでは、お母さんに甘えたいって気持ちがつたわってくるのですが。 人間関係を円滑にするために、子どもも外では本音を隠していろいろな仮面をつけています。 時と場合でいろいろな仮面を付け替えることは上手に生きるコツなのかもしれません。 ママにだけわがままを言えるのは、仮面をとって息抜きができているからでしょう。 何度言っても我が子が言うことを聞かないとママも疲れますが、子どもも外で頑張っているのだと思って、ママもケーキを食べたり、友人と話したりしてまあ仕方がないと思えるよう、なるべくストレスをためないようにしたいものです。 筆者の、やはり小4の男の子がいるママ友は、子どもに紙にやるべきことを箇条書きで書いて「これをやってね」と渡すそうです。 幼児期の漢字教育法の創始者で著名な石井勲先生の著書『かなから教えていませんか?』(家庭教育研究会)によると、知識の83%が目から入るのだそうです。 耳からによるものは11%で、その他の合計が6%とありました。 『やってもらいたいことを耳だけに訴えるのではなく、目にも訴えると効果は抜群』 とあるように、子どもが何度言ってもやるべきことをやらない場合は、やるべきことを書いた紙を子どもに渡したり壁に貼ったりして、目に訴える方法は効果があるかもしれません。 子どもはそれぞれにタイプが違いますから一概には言えませんが、ためしてみるのもいいかもしれませんね。

次の